ドキュメント、ブック、またはブック内で選択したドキュメントを単一の PDF ファイルとして書き出す方法を説明します。

Adobe PDF について

Portable Document Format(PDF)は、文書の作成元のアプリケーションやプラットフォームに依存せずに文書のフォント、画像、レイアウトを保持する汎用的なファイル形式です。Adobe PDF は、電子文書とフォームを配布および交換するための安全で信頼できる世界標準です。Adobe PDF ファイルはコンパクトかつ完結したフォーマットであり、無料の Adobe Reader® ソフトウェアを使用して誰でも共有、表示、プリントできます。

Adobe PDF は印刷出版のワークフローにおいて非常に効率的です。アートワークのコンポジットを Adobe PDF で保存すると、ユーザーと出力センターの両方で表示、編集、管理、校正を行える、コンパクトで信頼性の高いファイルを作成できます。ワークフローの適切なタイミングで、出力センターは入稿された Adobe PDF ファイルをそのまま出力するか、各種ツールを使用してプリフライトチェック、トラップ、面付け、色分解など後工程の処理を行います。

Adobe PDF で保存するときは、PDF/X に準拠したファイルも作成できます。PDF/X(Portable Document Format Exchange)とは、Adobe PDF のサブセットで、印刷上の問題となるカラー、フォントおよびトラップ変数の多くが削除されています。PDF/X は、PDF/X をサポートしているアプリケーションや出力デバイスで、ワークフローの作成または印刷工程におけるデジタルマスターとして PDF をやり取りする場合に使用します。

Adobe PDF により、電子ドキュメントに関する以下の問題が解消されます。

一般的な問題

Adobe PDF ソリューション

ファイルを受け取っても作成元のアプリケーションを持っていないとファイルを開けない。

PDF は作成元のアプリケーションがなくても誰でも開くことができます。必要なのは無償の Adobe Reader ソフトウェアだけです。

紙原稿を電子化した保存文書は検索しにくく、容量が大きくなり、文書を作成したアプリケーションがないと開けない。

PDF はサイズが小さく検索にも手間がかからず、Reader を使用していつでもアクセスできます。また、リンク機能により、PDF 内の移動も容易です。

モバイルデバイスでは文書が正しく表示されない。

タグ付き PDF を使用すると、Palm OS®、Symbian™、Pocket PC® などのモバイルプラットフォームでもテキストが正しくリフローされます。

文書のフォーマットが複雑になると視覚障害者は利用できない。

タグ付き PDF にコンテンツと構造情報を含めることで、スクリーンリーダーでの読み取りが可能です。

PDF への書き出し(プリント用)

ドキュメントやブックを Adobe PDF に書き出す操作は、デフォルトの高品質印刷設定を使用して簡単に行うことができ、目的に応じて設定をカスタマイズすることもできます。PDF 書き出し設定がアプリケーションに保存されるので、設定を変更しない限り、その後すべての InDesign ドキュメントまたはブックの PDF 書き出しに適用されます。カスタム設定を PDF ファイルに適用するには、プリセットを使用します。

ドキュメント、ブック、またはブック内で選択したドキュメントは、単一の PDF ファイルとして書き出すことができます。また、InDesign でレイアウトした内容をクリップボードにコピーし、自動的に Adobe PDF ファイルを作成することもできます。この操作は、Adobe Illustrator など他のアプリケーションに PDF ファイルをペーストする場合に便利です。

InDesign ファイルを PDF に書き出すとき、目次や索引項目などのナビゲーション要素、ハイパーリンク、ブックマーク、メディアクリップ、ボタンなどのインタラクティブ機能をそのまま維持できます。非表示レイヤー、印刷しないレイヤーおよび印刷しないオブジェクトを PDF に書き出すためのオプションもあります。ブックを書き出す場合、ブックパネルを使用すると、同じ名前のレイヤーを結合できます。

アクセシビリティに対応した PDF ドキュメントの作成については、Adobe InDesign のアクセシビリティ(英語)を参照してください。

開いているドキュメントの PDF への書き出し(プリント用)

  1. ファイル/書き出しを選択します。
  2. ファイルの名前と場所を指定します。
  3. ファイルの種類」(Windows)または「形式」(Mac OS)から「Adobe PDF(プリント)」を選択し、「保存」をクリックします。

    「Adobe PDF(プリント)」オプションを選択した場合、PDF にインタラクティブ要素を含めることはできません。インタラクティブドキュメントを PDF に書き出すには、PDF 用インタラクティブドキュメントの作成を参照してください。

  4. 次のいずれかの操作を行います。
    • 定義済みのジョブオプションセットを使用する場合は、「PDF 書き出しプリセット」からプリセットを選択します。
    • PDF/X ファイルを作成する場合は、「PDF 書き出しプリセット」から PDF/X のプリセットを選択し、「標準」で定義済みの PDF/X のフォーマットを選択します。
    • オプションをカスタマイズするには、左側のリストから項目を選択し、オプションを設定します。
  5. 互換性ポップアップメニューから、作成するファイルを開くために必要な最下位の PDF バージョンを選択します。
  6. 詳細設定」タブにある以下のアクセシビリティのオプションを必要に応じて設定します。

    表示タイトル

    PDF を開いたときに Acrobat のタイトルバーに表示する内容を選択します。ドキュメントタイトルとファイル名を選択できます。

    言語

    PDF 文書の言語を選択します。PDF 書き出しのデフォルトの言語となります。必要な言語が一覧にない場合は、標準言語の ISO コードを入力することもできます。

  7. 「書き出し」をクリックします。

注意:

オプションをデフォルト設定に戻すには、Adobe PDF を書き出しダイアログボックスで、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら「リセット」をクリックします(「キャンセル」が「リセット」ボタンに変わります)。

ブックを PDF に書き出す前のレイヤーの準備

ブックを PDF に書き出す場合、PDF ドキュメント内の InDesign レイヤーを表示または非表示にすることができます。PDF のレイヤー名の重複を避けるために、書き出し時にレイヤーを結合することができます。

「書き出し時に同一名のレイヤーを結合する」オプションが選択されている場合、レイヤー名は Acrobat または Reader の同じブック名の下に表示されます。このオプションが選択されていない場合は、レイヤー名が各ドキュメント名の下に別々に表示されます。

  1. 特定のレイヤーを結合したくない場合は、各ブックドキュメントごとに異なる名前を付けておきます。

    レイヤー名は大文字と小文字を区別するため、「Art」と「art」レイヤーは結合されません。

  2. ブックパネルメニューから、「書き出し時に同一名のレイヤーを結合する」を選択します。

    注意:

    ブックを PDF に書き出す場合は、「Acrobat レイヤーを作成」が選択されていることを確認します。このオプションを選択するには、Acrobat 6(PDF 1.5)以降の互換性のある形式を使用する必要があります。

PDF へのブックの書き出し

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ブック全体の PDF を作成するには、ブックパネルの空白部分をクリックしてドキュメントの選択を解除し、ブックパネルメニューの「ブックを PDF に書き出し」を選択します。
    • ブック内のドキュメントの PDF を作成するには、ブックパネルでドキュメントを選択し、ブックパネルメニューから「選択したドキュメントを PDF に書き出し」を選択します。
  2. PDF ファイルの名前と保存場所を指定して「保存」をクリックします。
  3. 「PDF 書き出しプリセット」からプリセットを選択するか、Adobe PDF を書き出しダイアログボックスの左側にあるリストで項目を選択し、オプションをカスタマイズします。
  4. 「書き出し」をクリックします。

PDF ファイルサイズの低減

表示のみを目的として配布される PDF ファイルの場合、InDesign から PDF ファイルを書き出すときにそのサイズを低減したい場合があります。以下に、Adobe PDF を書き出しダイアログボックスで使用できるサイズ低減方法をいくつか紹介します。

  • PDF 書き出しプリセットメニューから「最小ファイルサイズ」を選択します。

  • 「圧縮」セクションで画像を 72 ピクセル/インチ(ppi)にダウンサンプリングし、自動圧縮を選択。カラー画像およびグレースケール画像で、「低」または「中」の画質を選択します。写真画像の場合は、自動(JPEG)圧縮を使用します。チャートやグラフなど、ほとんどがベタ領域である画像の場合は、ZIP 圧縮を使用します。

  • 「色分解」セクションで、インキ管理を使用して特色をプロセスカラーに変換します。

注意:

PDF のサイズを小さくするには、Acrobat 8.0 以降で PDF を開き、文書/ファイルサイズを縮小(Acrobat 8.0 および 9.0)またはファイル/別名で保存/サイズが縮小された PDF(Acrobat X)を選択して、互換性のレベルを指定します。より精密に調整するには、アドバンスト/PDF の最適化(Acrobat 8.0 および 9.0)またはファイル/別名で保存/最適化された PDF(Acrobat X)を選択します。

PDF ファイルのサイズ低減について詳しくは、Acrobat のヘルプおよびアドビ システムズ社の Web サイトを参照してください。

Adobe PDF プリセット

PDF プリセットとは、PDF 作成処理を制御する各種設定を 1 つにまとめたものです。これらの設定は、PDF の用途に合わせてファイルサイズと品質とのバランスをとるように設計されています。 定義済みのプリセットのほとんどは、InDesign、Illustrator、Photoshop、Acrobat などの Adobe Creative Suite コンポーネント間で共有されます。また、独自の出力条件に合わせてカスタムプリセットを作成し、それを共有することもできます。

次に示すプリセットのいくつかを使用するには、必要に応じて Extras フォルダー(プリセットがデフォルトでインストールされる場所)から Settings フォルダーに移動する必要があります。 通常、Extras フォルダーと Settings フォルダーは、Windows Vista と Windows 7 では ProgramData¥Adobe¥AdobePDF に、Windows XP では Documents and Settings¥All Users¥Application Data¥Adobe¥Adobe PDF に、Mac OS ではライブラリ/Application Support/Adobe/Adobe PDF にあります。 プリセットの中には、一部の Creative Suite コンポーネントで使用できないものがあります。

カスタム設定は、Windows XP では Documents and Settings¥[ユーザー名]¥Application Data¥Adobe¥Adobe PDF¥Settings に、Windows Vista と Windows 7 では ユーザー¥[ユーザー名]¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Adobe PDF¥Settings に、Mac OS では ユーザー/[ユーザー名]/ライブラリ/Application Support/Adobe/Adobe PDF/Settings にあります。

注意:

PDF 設定は定期的に確認するようにしてください。設定が自動的にデフォルトの状態に戻ることはありません。アプリケーションやユーティリティで PDF を作成するときは、最後に定義または選択された PDF 設定のセットが使用されます。

高品質印刷

デスクトッププリンターや校正デバイスでの高画質印刷に適した PDF を作成します。このプリセットは PDF 1.4 を使用し、カラー画像とグレースケール画像を 300 ppi に、モノクロ画像を 1200 ppi にダウンサンプリングします。さらに、全フォントのサブセットを埋め込み、カラーを変更せず、(透明をサポートしているファイルタイプで)透明部分を統合しません。このプリセットを使用して作成した PDF は、Acrobat5.0 および Acrobat Reader 5.0 以降で開くことができます。 InDesign ではこれに加えて、タグ付き PDF が作成されます。

Illustrator 初期設定(Illustrator のみ)

Illustrator データがすべて保持された PDF を作成します。 このプリセットを使用して作成した PDF は、Illustrator で再度開いたときにもデータの損失はありません。

オーバーサイズページ(Acrobat のみ)

200 x 200 インチより大きい図面や設計図の表示と印刷に適した PDF を作成します。このプリセットを使用して作成した PDF は、Acrobat および Acrobat Reader 7.0 以降で開くことができます。

PDF/A-1b: 2005(CMYK および RGB)(Acrobat のみ)

電子文書の長期保存(アーカイブ用)に使用します。PDF/A-1b は PDF 1.4 を使用し、選択された規格に応じて、すべてのカラーを CMYK または RGB に変換します。このプリセットを使用して作成した PDF は、Acrobat 5.0 および Adobe Reader 5.0 以降で開くことができます。

PDF/X-1a(2001 および 2003)

PDF/X-1a では、全フォントを埋め込むこと、適切なトンボと裁ち落としを指定すること、および、カラーを CMYK と特色のいずれか一方または両方で表示することが必要になります。この規格に準拠したファイルには、使用する印刷条件に関する情報を含める必要があります。PDF/X-1a に準拠して作成された PDF ファイルは、Acrobat 4.0 および Acrobat Reader 4.0 以降で開くことができます。

PDF/X-1a は PDF 1.3 を使用し、カラー画像とグレースケール画像を 300 ppi に、モノクロ画像を 1200 ppi にダウンサンプリングします。さらに、全フォントのサブセットを埋め込み、タグなし PDF を作成し、「高解像度」設定を使用して透明部分を統合します。

注意:PDF/X-1a:2003 および PDF/X-3:2003 プリセットはインストール時にコンピューターにインストールされますが、Extras フォルダーから Settings フォルダーに移動しないと使用できません。

PDF/X-3

ISO 標準規格の PDF/X-3:2002 に準拠したPDFを作成します。この設定で作成された PDF ファイルは、Acrobat 4.0 および Acrobat Reader 4.0 以降で開くことができます。

PDF/X-4(2008)

ISO PDF/X-4:2008 ファイルを作成するこのプリセットは、透明効果(透明が分割、統合されない)と ICC カラーマネジメントをサポートします。このプリセットで書き出した PDF ファイルは、CS5 では PDF 1.4形式、CS5.5 では PDF 1.6形式となります。 画像はダウンサンプルおよび圧縮され、フォントは PDF/X-1a および PDF/X-3 設定と同じ方法で埋め込まれます。PDF/X-4:2008 準拠 PDF ファイルは、Creative Suite 4 および 5 のコンポーネント(Illustrator、InDesign、Photoshop)から直接作成できます。Acrobat 9 Pro 以降は PDF ファイルの PDF/X-4:2008 への準拠を検証およびプリフライトし、可能であれば、非 PDF/X ファイルを PDF/X-4:2008 に変換します。

信頼性の高い PDF 印刷出版が求められる場合は、最適な PDF ファイル形式として PDF/X-4:2008 を使用することをお勧めします。

プレス品質

高画質の印刷工程用の PDF ファイルを作成します(デジタル印刷やイメージセッターまたは CTP への色分解など)。ただし、PDF/X 準拠のファイルは作成されません。このプリセットでは、コンテンツの品質が最優先されます。そのため、印刷・出力会社でドキュメントを正しく印刷するために必要となるすべての情報が PDF 内に保持されます。このプリセットは PDF 1.4 を使用し、カラーを CMYK に変換、カラー画像とグレースケール画像を 300 ppi に、モノクロ画像を 1200 ppi にダウンサンプリングします。さらに、全フォントのサブセットを埋め込み、(透明をサポートしているファイルタイプにおいて)透明を維持します。

このプリセットを使用して作成した PDF ファイルは、Acrobat 5.0 および Acrobat Reader 5.0 以降で開くことができます。

注意:印刷・出力会社に送る Adobe PDF ファイルを作成する場合は、あらかじめ出力解像度などの設定をどのようにするかを確認するか、推奨設定を含む .joboptions ファイルを入手してください。印刷・出力会社によっては、Adobe PDF の設定をカスタマイズし、独自の .joboptions ファイルを提供する必要があります。

最小ファイルサイズ

Web やインターネットでの表示、または電子メールでの配信に適した PDF ファイルを作成します。このプリセットは、圧縮、ダウンサンプリングおよび比較的低い画像解像度を使用します。すべてのカラーを sRGB に変換し、フォントを埋め込みます。また、Web サーバーから一度に 1 ページずつ送信(バイトサービング)するための最適化を行います。PDF ファイルを印刷する場合、最適な結果を得るには、このプリセットを使用しないでください。

このプリセットを使用して作成した PDF ファイルは、Acrobat 5.0 および Acrobat Reader 5.0 以降で開くことができます。

雑誌広告送稿用

雑誌広告デジタル送稿推進協議会によって策定されたデータ制作ルールに基づいて、雑誌広告送稿用の PDF ファイルを作成します。

標準(Acrobat のみ)

デスクトッププリンターやデジタルコピー機での印刷、CD での配布、クライアントに送付する校正刷りの作成を目的とした PDF ファイルを作成します。このプリセットは圧縮とダウンサンプリングを使用してファイルサイズを縮小しますが、それと同時に、ファイル内で使用されていて埋め込みが許可されている全フォントのサブセットを埋め込み、すべてのカラーを sRGB に変換し、中解像度に出力します。 Windows フォントのサブセットはデフォルトでは埋め込まれません。 この設定ファイルを使用して作成した PDF ファイルは、Acrobat 6.0 および Acrobat Reader 6.0 以降で開くことができます。

Adobe PDF プリセットのカスタマイズ

デフォルトの PDF プリセットは最良実施例に基づいていますが、組み込みプリセットでは利用できない特殊な PDF 設定を必要とするワークフローまたはプリンターのワークフローも存在する可能性があります。この場合、印刷・出力会社はカスタムプリセットを作成することができます。Adobe PDF のプリセットは .joboptions ファイルとして保存されます。

  1. ファイル/PDF 書き出しプリセット/定義を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 新しいプリセットを作成する場合は、「新規」をクリックします。新規プリセットの基準を既存のプリセットにする場合は、プリセットを先に選択します。必要な PDF オプションを設定し、「OK」をクリックします(詳しくは、Adobe PDF プリセットを参照してください)。
    • 既存のカスタムプリセットを編集するには、プリセットを選択し、「編集」をクリックします(初期設定は編集できません)。必要な PDF オプションを設定し、「OK」をクリックします。
    • プリセットを削除する場合は、そのプリセットを選択して、「削除」をクリックします。
    • デフォルトの Adobe PDF フォルダーの Settings フォルダー以外の場所にプリセットを保存する場合は、そのプリセットを選択して「別名で保存」をクリックします。場所を指定して「保存」をクリックします。

または、Adobe PDF を書き出しダイアログボックスの下部にある「プリセットを保存」をクリックして、PDF ファイルを保存するときにカスタムプリセットを作成することもできます。プリセットの名前を入力して、「OK」をクリックします。

Adobe PDF プリセットの読み込み

作成した新規 PDF プリセット(.joboptions ファイル)は、次の場所の Settings フォルダーに保存されます。

Windows XP

Documents and Settings¥[ユーザー名]¥Application Data¥Adobe¥Adobe PDF

Windows Vista および Windows 7

Users¥[ユーザー名]¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Adobe PDF

Mac OS

ユーザー/[ユーザー名]/ライブラリ/Application Support/Adobe/Adobe PDF

これらのプリセットは、Adobe PDF 書き出しプリセットメニューに自動的に表示されます。

付属の InDesign PDF プリセットは、Adobe PDF¥Extras フォルダーにインストールされます。その他の .joboptions ファイルの保存場所は、システムの検索ユーティリティを使用して検索してください。カスタム PDF プリセットを印刷会社や同僚から受け取ることもありえます。これらのプリセットを PDF 書き出しプリセットメニューに一覧表示するには、手動で、または「読み込み」コマンドを使用して、Settings フォルダーに移動する必要があります。

PDF プリセットの読み込み

「読み込み」コマンドは、送信された PDF プリセットを読み込んだり、InDesign から PDF プリセットを読み込んだりする場合に役立ちます。

  1. ファイル/PDF 書き出しプリセット/定義を選択します。
  2. 「読み込み」をクリックし、読み込む .joboptions ファイルを選択します。

新規 PDF プリセットが保存される Settings フォルダーに .joboptions ファイルがコピーされます。

注意:

または、Adobe PDF プリセットが保存されている Settings フォルダーにファイルをドラッグして、PDF 書き出しプリセットメニューに .joboptions ファイルを表示することもできます。

InDesign CS からの PDF プリセットの変換

InDesign CS およびそれ以前のドキュメントでは、PDF プリセットに .pdfs の拡張子を付けて書き出し、InDesign CS2 およびそれ以降のドキュメントでは、PDF プリセットに .joboptions の拡張子を付けて書き出します。PDFS ファイルを読み込むと、.joboptions ファイルに変換され、必要に応じて、設定が上書きされます。例えば、InDesign CS の「色分解」セクションで出力先プロファイルとして Monitor RGB を選択している場合、InDesign CS4 の Document RGB に自動的に変更されます。

  1. ファイル/PDF 書き出しプリセット/定義を選択します。
  2. 「読み込み」ボタンをクリックします。
  3. 「ファイルの種類」から「以前のバージョンの PDF 設定ファイル(.pdfs)」を選択するか(Windows)、「選択対象」から「すべてのファイル」を選択します(Mac OS)。
  4. 変換するファイルをダブルクリックします。

ファイルが Adobe PDF のプリセットのリストで選択された状態になります。

バックグラウンドタスクパネル

PDF ファイルの書き出しをバックグラウンドで行うと、書き出しが完了するまで待たなくてもドキュメントでの作業を継続できます。複数の PDF 書き出しをバックグラウンドで待機させることもできます。書き出しの進捗状況を表示するには、バックグラウンドタスクパネルを使用します。

  1. ドキュメントを Adobe PDF に書き出します。

  2. 書き出しの進捗状況を表示するには、ウィンドウ/ユーティリティ/バックグラウンドタスクを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー