Creative_Cloud_mnemonic_RGB_128px

Adobe Media Encoder CC へのアップデートをご利用いただけます。

詳しくは、新機能の概要を参照してください。


Adobe® Media Encoder CC(2013 年 6 月)では、高度なビデオエンコーディングのエクスペリエンスを実現するための新機能と機能強化を提供します。詳細を紹介するリソースへのリンクから、新機能に関する簡単なガイドをお読みください。


また、アドビの Kevin Monahan によるブログで、このリリースの最新機能の一部について知ることができます。

「ソースの一致」プリセット

H.264 または MPEG-2 形式でビデオファイルを書き出す場合、Adobe Media Encoder では、「ソースの一致」プリセットを使用して、ソースファイルのビデオ設定を自動的に合わせることができます。「ソースの一致」プリセットを選択すると、書き出し設定ダイアログ内のビデオ設定タブに含まれる適切なオプションが自動的に有効になります。

Adobe Media Encoder には、H.264 および MPEG-2 Exporter の両方に対して、次の 2 つの「ソースの一致」プリセットが用意されています。

  • ソースの一致 - 高速ビットレート高精細(HD)のビデオソース用。このプリセットは、H.264 および MPEG-2 Exporter の両方に対する初期設定の「ソースの一致」プリセットです。
  • ソースの一致 - 中速ビットレート標準画質(SD)のビデオソース用。

「ソースの一致」プリセットは、ソースからいくつかのビデオ属性を渡し、他の属性について具体的な値を選択する場合に便利です。「ソースの一致」設定を新しいプリセットとして保存して、キューまたは監視フォルダーパネル内のあらゆるソースにそれらを適用できます。

例えば、フレームサイズやフレームレートの異なるアセットを含む監視フォルダーがあるとします。監視フォルダー内のすべてのアセットを 24 fps で単一の形式に変換します。これを行うには、フレームレート(24 fps に設定)以外のすべてのプロパティに対してソースの一致が有効にされたプリセットを作成します。

H.264 および MPEG-2 ビデオを書き出し中にソースを合わせる

  1. Adobe Media Encoder で、編集書き出し設定を選択します。

  2. 書き出し設定ダイアログボックスで、「ビデオ」タブを選択します。

  3. 「ソースの一致」をクリックして、ソースの一致機能を有効にします。ソースの一致機能が次の基本的なビデオ設定に対して有効になります。

    • フレームサイズ
    • フレームレート
    • フィールドオーダー
    • 縦横比(アスペクト比)
    • テレビ規格
    • プロファイル
    • レベル

    ソースの一致機能は、各プロパティの横にあるチェックボックスをクリックすることで、個別のプロパティに対してオンまたはオフに切り替えることができます。「ソースの一致」の選択を解除すると、各設定に対して一致するソース値が表示され、必要に応じて値を編集できるようになります。

    「ソースの一致」設定

クローズドキャプションデータの書き出し

クローズドキャプションは通常、この機能をサポートするテレビや他のデバイスで、ビデオのオーディオ部分をテキストとして表示するのに使用されます。

Adobe Media Encoder では、Premiere Pro シーケンスから、キャプションデータを含む別個の「サイドカー」ファイルとしてクローズドキャプショントラックを書き出すことができます。QuickTime の書き出しでは、別個のサイドカーファイルとしてデータを書き出すか、出力ファイル内にデータを埋め込むか選択できます。

Adobe Media Encoder を使用した Adobe Premiere Pro からのクローズドキャプションの書き出しについて詳しくは、クローズドキャプションを参照して、次のビデオをご覧ください。

Video tutorial: Export closed captions from Premiere Pro to Adobe Media Encoder

Video tutorial: Export closed captions from Premiere Pro to Adobe Media Encoder
キャプションデータを含む「サイドカー」ファイルの Premiere のシーケンスからクローズドキャプショントラックを書き出す方法を学びます。
Jeff Sengstack

書き出し設定ダイアログボックスを使用したクローズドキャプションの書き出し

書き出し設定ダイアログボックス内の新しい「キャプション」タブでは、クローズドキャプションデータを書き出し中に、形式とフレームレートを指定できます。フレームレートのオプションは、書き出し中に選択するファイル形式に依存します。

Adobe Media Encoder では、次のサイドカー形式が用意されています。

  • Scenarist クローズドキャプションファイル(.scc) - CC 標準: CEA-608
  • MacCaption VANC ファイル(.mcc) - CC 標準: CEA-608 または CEA-708
  • SMPTE タイム付きテキスト(.xml) - CC 標準: CEA-608 または CEA-708
  • EBU タイム付きテキスト(.xml) - CC 標準: テレテキスト
  • EBU N19 字幕(.stl) - CC 標準: テレテキスト
クローズドキャプションの書き出しオプション

  1. クローズドキャプションデータと一緒に Premiere Pro シーケンスをキューに送信するには、次のいずれかの操作を行います。

    • Premiere Pro で、ファイル/書き出し/メディアを選択します。
    • クローズドキャプションアセットをソースモニターでロードするか、プロジェクトパネルで選択します。次に、ファイル/書き出し/メディアを選択します。

    書き出し設定ダイアログボックスで、「キュー」をクリックして、シーケンスを Adobe Media Encoder キューに送信します。

    代わりに、Premiere Pro から Adobe Media Encoder のキューパネルにシーケンスをドラッグ&ドロップすることもできます。

  2. Adobe Media Encoder で、ファイルのコンテキストメニューから「書き出し設定」を選択します。

  3. 書き出し設定ダイアログボックスで、「キャプション」タブを選択します。

  4. 次のように書き出しオプションを選択します。

    • サイドカーファイルの作成、または
    • 出力ファイルへの埋め込み(QuickTime ムービーのみ)。

    クローズドキャプションデータの書き出しを選択しない場合は、「なし」を選択します。

  5. サイドカーファイルのファイル形式を指定できます。提供されるフレームレートオプションは、選択したサイドカーファイル形式に依存しています。

Avid DNxHD アセットの読み込みと書き出し

Avid DNxHD は、いくつかの非線形ビデオ編集システムで使用されるコーデックです。これは編集する際に中間の形式として使用できます。Avid DNxHD コーデックについて詳しくは、Avid のこの記事を参照してください。

DNxHD アセットの簡単な読み込みと書き出し

Adobe Media Encoder では、Avid DNxHD アセットの読み込みと書き出しが可能で、追加のコーデックをインストールする必要はありません。

DNxHD アセットは次の形式で読み込むことができます。

  • MXF(MXF OP1a および MXF Op Atom のバリエーション)
  • QuickTime(圧縮されていないアルファチャンネル)

あらゆるソースを DNxHD MXF 形式(MXF OP1a のバリエーション)にエンコードすることもできます。

新しい DNxHD MXF プリセット

Adobe Media Encoder には、いくつかの DNxHD MXF プリセットが追加されました。これらのプリセットは、ブロードキャストカテゴリーの下にあるプリセットブラウザーで使用できます。

DNxHD プリセットは、8 ビット/チャンネルまたは 10 ビット/チャンネルの深度として使用できます。8 bit サイズのバリエーションは、YUV カラースペース内にあります。10 bit サイズのバリエーションは、YUV または RGB カラースペース内にあります。名前に「X」が含まれるプリセットは、サイズが 10 bit であることを示しています。

関連項目

Adobe Media Encoder を使用したアセットの読み込みと書き出し

更新された MPEG-2 Exporter

Adobe Media Encoder には、更新された MPEG-2、MPEG-2 Blu-ray および MPEG-2-DVD 書き出し形式が存在します。

更新内容には、パフォーマンスの強化と次のユーザーインターフェイスの変更が含まれます:
注意: これらの Exporter の機能に変更はありません。

  • Exporter 間で統一された外観を実現するため、H.264 や他の新しい Exporter のレイアウトに一致するように、フィールドの順序が調節されました。
  • 画質スライダーの範囲は 0~100(以前の範囲は 1~5)になりました。新しい範囲でのおおよその値は 1=0、2=25、3=50、4=75、5=100 と計算されます。

注意:

CS6 バージョンから MPEG-2 プリセットを読み込むには、手動でプリセットを再作成する必要があります。直接プリセットを読み込むことはできません。

SurCode for Dolby Digital オーディオコーデックの強化

SurCode for Dolby Digital オーディオコーデックは、MPEG-2、MPEG Blu-ray、MPEG-2-DVD、H.264 および H.264 Blu-ray Exporter 向けに使用できるようになりました。

書き出し設定ダイアログボックスから、SurCode for Dolby Digital オーディオコーデックを選択できます。

SurCode for Dolby Digital オーディオコーデックの設定

  1. Adobe Media Encoder で、編集書き出し設定を選択します。

  2. 書き出し設定ダイアログボックスで、「オーディオ」タブを選択します。

  3. 「オーディオ形式の設定」の下で、オーディオ形式として「Dolby Digital」を選択します。

  4. 「オーディオの基本設定」の下で、オーディオコーデックとして「SurCode for Dolby Digital」を選択します。

  5. SurCode for Dolby Digital エンコーダーのインストールの詳細およびその他の追加情報については、「コーデック設定」をクリックします。

    注意:

    Adobe Media Encoder では、初期設定で SurCode for Dolby Digital エンコーダーの体験版がインストールされます。試用期間が切れた後で SurCode for Dolby Digital エンコーダーの使用を継続するには、Minnetonka Audio Software からサードパーティのライセンスを購入する必要があります。

After Effects との緊密な統合

After Effects から直接 Adobe Media Encoder にコンポジションを送ることができるようになりました。次の 2 つの新しいメニューコマンドとキーボードショートカットを使用して、プロジェクトパネルで選択したコンポジションを Adobe Media Encoder エンコーディングキューに送ることができます。

  • Adobe After Effects で、コンポジションAdobe Media Encoder キューに追加を選択するか、ファイル書き出しAdobe Media Encoder キューに追加を選択します。
  • Ctrl + Alt + M(Windows)および Command + Option + M(Mac OS)のキーボードショートカットを使用します

以前のバージョンの Adobe After Effects で使用できたいくつかの書き出し形式を Adobe Media Encoder で使用できるようになりました。

注意:これらの書き出し形式は、After Effects 内では初期設定で無効になります。必要に応じて、環境設定ダイアログボックスにある「出力」の環境設定を使用して、After Effects 内でこれらの古いバージョンの形式を再び有効にすることができます。ただし、アドビでは、Adobe Media Encoder で使用できる次に示した新しいバージョンの形式を使用することを推奨しています。

  • H.264
  • H.264 Blu-ray
  • MPEG2
  • MPEG-2 Blu-ray
  • MPEG2 DVD
  • MPEG4
  • Windows Media(Windows でのみ使用可能)

これらの形式を使用するには、Adobe After Effects から Adobe Media Encoder にコンポジションを書き出します。

詳しくは、アドビの Todd Kopriva が執筆しているこのブログ記事を参照してください。

コミュニティリソース:

Adobe After Effects | Encoding via Adobe Media Encoder

Adobe After Effects | Encoding via Adobe Media Encoder
Josh Weiss

その他の変更

追加のシステムプリセット

Adobe Media Encoder CC には、次のモバイルデバイス向けの新しいシステムプリセットがあります。

  • Amazon Kindle Fire
  • Barnes & Noble Nook
  • Android タブレット

Adobe Media Encoder には、次の新しい Apple デバイス向けに 1080p プリセットも用意されています。

  • iPad Retina ディスプレイ(第 3 世代および第 4 世代)
  • iPad Mini
  • iPhone 5
  • Apple TV(第 3 世代)

MXF ラッパーに含まれる XDCAM EX と AVC-Intra 向けの新しいプリセットもあります。これらのプリセットの使用とインストールについて詳しくは、アドビの Todd Kopriva によるこのブログを参照してください。

MXF OP1a と MXF 形式向けの初期設定のスマートレンダリング

スマートレンダリングは、MXF OP1a と DNxHD MXF 形式向けに初期設定で有効になっています。スマートレンダリングについて詳しくは、この記事を参照してください。

新しい形式のサポート

Adobe Media Encoder では、次の新しい形式が読み込めるようになりました:

  • Sony 4K AVC-Intra(XAVC)
  • Panasonic AVCI-200
  • RED Epic Monochrome
  • MXF コンテナの DNxHD
  • QuickTime(.mov)コンテナの DNxHD
  • QuickTime(.mov)コンテナの ProRes コーデック
  • QuickTime(.mov)コンテナの XDCAMHD
  • QuickTime(.mov)コンテナの XDCAMEX
  • OP1a ファイル
  • OP-Atom の DNxHD ファイル

複数の選択項目に対して出力フォルダーを変更する機能

複数の出力に対する出力ディレクトリを一度に変更するには、次の手順に従ってください。

  1. キューパネルで、2 つ以上の出力を選択します。同じソースまたは異なるソースから出力を選択できます。
  2. 出力ファイル列で、選択された出力のいずれかの出力パスをクリックします。
  3. ダイアログからフォルダーを選択して、「選択」をクリックします。選択項目の各出力の出力パスが新しいフォルダーに変更されます。

ARRIRAW(.ari)カメラファイルを読み込む機能

ARRIRAW(.ari)カメラファイルを直接 Adobe Media Encoder に読み込めるようになりました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー