ビデオおよびオーディオアイテムをエンコードキューに追加したら、プリセットまたはカスタム設定を使用してエンコードし、キューから書き出すことができます。

プリセットを使用したエンコード

  1. キューパネルに項目を追加します。詳しくは、アイテムのエンコードキューへの追加と管理を参照してください。

  2. 形式ポップアップメニューから、出力に最も適したビデオ形式を選択します。

  3. プリセットポップアップメニューから、出力に最も適したビデオプリセットを選択します。プリセットブラウザーからプリセットをドラッグし、キューにドロップします。

  4. 書き出したファイルの保存場所を選択します。出力ファイルのテキストをクリックし、別名で保存ダイアログボックスで書き出したファイルを保存するディレクトリまたはフォルダーを指定します。「保存」をクリックします。

  5. エンコードが自動的に開始されます。または、「キューを開始」ボタンをクリックします。

選択したプリセットを使用して、指定した形式でのエンコードが開始され、選択した場所に保存されます。

カスタム設定を使用したエンコード

  1. キューパネルに項目を追加します。詳しくは、アイテムのエンコードキューへの追加と管理を参照してください。

  2. 1 つまたは複数のアイテムをキューで選択し、編集/書き出し設定を選択して書き出し設定ダイアログボックスを開きます。ファイルを右クリックして、書き出し設定を選択するか、または形式またはプリセット名をクリックして、書き出し設定ダイアログボックスを開くこともできます。

  3. 書き出しオプションを設定します。詳しくは、書き出し設定リファレンスを参照してください。
  4. 「OK」をクリックします。書き出し設定ダイアログボックスを閉じ、「キューを開始」をクリックしてエンコードを開始します。

注意:

エンコード時に最適なパフォーマンスが得られるように、エンコーディングパネルは閉じてください。エンコードプロセスの進行状況は、キューパネルのプログレスバーで確認できます。

書き出し設定ダイアログボックスでは、次のいずれかの操作を実行できます。

  • 形式メニューから、ビデオ、オーディオ、または静止画の形式を選択します。詳しくは、書き出しでサポートされるファイルの形式を参照してください。

  • (オプション)プリセットメニューからエンコードプリセットを選択します。

  • 「ビデオを書き出し」「オーディオを書き出し」またはその両方を選択します。

  • (オプション)切り抜き、トリミングなどのエンコード前のオプションを指定します。詳しくは、エンコード前のソースの切り抜きとトリミングを参照してください。

  • (オプション)XMP メタデータの書き出しのオプションを設定します。詳しくは、XMP メタデータの書き出しと簡略化を参照してください。

  • (オプション)「最高レンダリング品質を使用」または「最大深度でレンダリング」を選択します。

    注意:高い色深度でレンダリングすると、RAM 容量の消費量が多くなり、レンダリングが大幅に遅くなります。

  • (オプション)「フレーム合成を使用」を選択します。

  • エンコードされたファイルのファイル名と場所を指定します。指定するには、書き出し設定ダイアログボックス右上の「出力名」の横にある下線付きテキストをクリックし、ファイル名と場所を指定します。ファイル名を指定しなかった場合、Adobe Media Encoder はソースビデオクリップのファイル名を使用します。

    注意:形式を P2 ムービーに設定すると、ユーザーが割り当てたファイル名は適用されません。この場合は、Adobe Media Encoder によって 6 つの英数字の名前がエンコードに与えられます。出力名はクリップのメタデータに保存され、Adobe Premiere Pro にクリップ名として表示されます。

    ソースビデオクリップが格納されているフォルダーを基準として、エンコードしたファイルを保存する出力先フォルダーを指定できます。出力先フォルダーを指定するとき、指定した出力先フォルダーが存在していることを確認してください。存在しないフォルダーを指定すると、エラーメッセージが表示され、フォルダーが見つからないのでファイルをエンコードできないことが通知されます。

注意:

環境設定/出力ファイルの保存先を指定を確認し、「参照」をクリックしてエンコードされたファイルの出力先を指定します。詳しくは、環境設定を参照してください。

エンコードの進行状況の監視

ファイルのエンコード中は、エンコードキューの「ステータス」列に各アイテムのステータスに関する情報が表示されます。 Adobe Media Encoder では 1 つのソースから複数の出力を同時にエンコードできます。ただし、ソースファイルはキュー内の順序に基づいて順次処理されます。

エンコード中は、エンコーディングの進行中に、アプリケーションで操作を続行できます。キューまたは監視フォルダー内のアイテムを追加、削除または並べ替えることができます。ただし、現在エンコードされている出力は編集できません。

準備完了

アイテムはエンコードキューにありますが、まだエンコードされていません。まだエンコードされていないファイルやエンコード中ではないファイルはキューから削除できます。

終了

 アイテムは正常にエンコードされました。

警告が表示されて終了 アイテムは正常にエンコードされましたが、警告状態が存在しています。詳しくは、エンコーディングとエラーのログを参照してください。

停止

 アイテムのエンコード中に、ユーザーによってエンコード処理がキャンセルされました。

エラー

 指定されたアイテムをエンコードしようとしたときに、Adobe Media Encoder でエラーが発生しました。

スキップ

選択した 1 つまたは複数のファイルをスキップできます。ファイルを選択した状態で、編集選択項目をスキップを選択します。

ジョブ完了時のアラーム音(成功およびエラー発生)

Adobe Media Encoder には、アラーム音の機能があります。キュー内のジョブが完了すると、アラーム音が鳴ります。エラー状態が検出されると、異なるアラーム音が鳴ります。アラーム音を鳴らす必要がない場合は、初期設定で無効にすることができます。

注意:

エンコード中に、エンコードプロセスを一時停止する場合は、「キューを開始」ボタンをもう一度クリックします。

注意:

ステータスアイコンの上にポインターを置くと、エラーメッセージとともにツールチップが表示されます。エンコードが正常に完了、停止または失敗した任意のアイテムのステータスをクリックしてログを開きます。

並列エンコーディング

Adobe Media Encoder はすべてのソースを順番にエンコーディングしますが、ソースの出力はすべて並列でエンコードされます。

注意:

初期設定では、並列エンコーディングがオンになっています。並列エンコーディングを無効にするには、編集/環境設定を選択して、並列エンコーディングを有効にするの選択を解除します。

複数の出力を同時にエンコードする場合、エンコーディングパネルには、各エンコーディング出力のサムネールプレビュー、プログレスバーおよび推定完了時間が表示されます。

場合によっては、書き出し設定ではエンコードを並列モードではなく順次行うよう出力に要求されます。この場合、キューは、一時的な順次エンコーディングを行った後で、並列エンコーディングを返します。

重要事項

並列エンコーディング
キューパネル

A. ソースを追加 B. 出力を追加 C. ソース/出力を削除します。 D. 複製 
  • ソースに複数の出力を関連付けることができます。各出力には、異なる形式、プリセットおよび出力ファイルの場所を割り当てることができます。
  • 出力は出力リスト内で並べ替えができます。キュー内でソースをレンダリングすることもできます。しかし、他のソースに移動することはできません。
  • 出力ファイルのパスをクリックすると、エンコードされたファイルを含むフォルダーが開きます。ただし、エンコーディングの前に名前を付けて保存ダイアログが表示されます。
    • 出力パスとファイル名を変更するには、その出力の出力ファイルリンクをクリックします。 
    • エンコードされたファイルにアクセスするには、その出力の出力ファイルリンクをクリックします。
  • 出力を追加」ボタンを使用すると、簡単に出力をソースに追加できます。
  • ソースと出力は両方とも複製できます。複製したソースには、オリジナルのソースからのすべての出力が使用されます。

注意:

次の手順を実行して、複数の出力の出力ファイルパスを(同時に)変更します。

  1. Shift キーを押したままクリックするか、ドラッグして選択することによって、キュー内の複数の出力を選択します。
  2. 現在の選択内容の 1 つの出力の 出力ファイルリンクをクリックします。
  3. 出力フォルダーを選択ダイアログでパスを選択し、「選択」をクリックします。

選択された出力はすべて新しいディレクトリをポイントしますが、固有の出力ファイル名が維持されます。

Adobe Premiere Pro のプレビューファイルの使用

Adobe Premiere Pro シーケンスのエンコード時に、既存のプレビューファイル(既にレンダリングおよびエンコード済み)を使用可能なシーケンスの一部でファイルを使用するには、「プレビューの使用」を選択します。

注意:

Adobe Premiere Pro から Adobe Media Encoder を起動し、プレビューファイルを使用します。Premiere Pro でファイル/書き出し/メディアを選択し、Adobe Media Encoder を起動します。「シーケンス設定を一致」が選択されていることを確認します。

既存のプレビューファイルを使用することで、エンコード時間を大幅に短縮できます。ただし、プレビューファイルが、シーケンスの他の部分とは異なる設定でエンコードされている場合があるという欠点もあります。例えば、プレビューファイルが非可逆圧縮でエンコードされている可能性があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー