Media Encoder でビデオとオーディオをエンコードして書き出す

Adobe Media Encoder では、既存のプリセットまたはカスタム設定を使用して、様々なビデオ形式およびオーディオ形式のメディアファイルをエンコードおよびトランスコードします。

エンコーディングプロセス

Adobe Media Encoder でビデオアイテムまたはオーディオアイテムをエンコードし、アイテムをエンコーディングキューに追加するには、次の操作を実行します。既存のエンコードプリセットを選択するか、独自のカスタム設定を作成します。アイテムをキューに追加した後にエンコードを開始するよう指定することができます。またはユーザーがアプリケーションに開始を指示するまでエンコードを待機するよう指定することができます。Adobe Media Encoder を使用して、次のアクションを実行できます。

  • エンコードキューへのアイテムの追加:ビデオファイルまたはオーディオファイルを Adobe Media Encoder のキューパネルにドラッグします。詳しくは、エンコードキューへのアイテムの読み込みを参照してください。
  • プリセットを使用したアイテムのエンコード:キューに含まれているアイテムについて、形式ドロップダウンリストおよびプリセットドロップダウンリストを使用して、形式とプリセットを選択します。または、プリセットブラウザーからプリセットを選択し、キュー内の任意のアイテムにドラッグします。詳しくは、プリセットを使用したエンコードを参照してください。
  • カスタム設定を使用したアイテムのエンコード:キューパネル内の対象のアイテムを選択し、編集/書き出し設定を選択するか、キューパネルに一覧表示されている形式およびプリセットをクリックしてから設定を選択します。詳しくは、カスタム設定を使用したエンコードを参照してください。

指定されたデュレーションの経過後にキュー内のアイテムのエンコードを自動的に開始するには、「次の時間アイドルだった場合にキューを自動的に開始」オプションを選択します。環境設定ダイアログボックスで、アイドル状態の対象のデュレーションを設定します。

環境設定
環境設定

有効にすると、エンコードパネルにカウントダウンが表示されます。詳しくは、環境設定を参照してください。

エンコードカウントダウン
エンコードカウントダウン

エンコードキューへのアイテムの読み込み

ビデオファイルまたはオーディオファイルをエンコードキューに追加するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • デスクトップまたはメディアブラウザーからキューパネルに 1 つまたは複数のファイルをドラッグします。
  • キューパネルの「ソースを追加」ボタンをクリックし、 1 つまたは複数のファイルを選択します。
  • キューパネルの空いている領域をダブルクリックし、1 つまたは複数のファイルを選択します。

Premiere Pro からの読み込み

Adobe Premiere Pro シーケンスを追加するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • メディアブラウザーの Adobe Premiere Pro プロジェクトに移動し、シーケンスをクリックしてキューパネルにドラッグします。
  • ファイル/Premiere Pro シーケンスを追加を選択します。Premiere Pro プロジェクトを選択し、そのプロジェクトの 1 つまたは複数のシーケンスを選択します。
  • Adobe Premiere Pro のプロジェクトパネルでシーケンスをクリックしてキューパネルにドラッグします。
  • デスクトップで Premiere Pro プロジェクトをクリックしてキューパネルにドラッグします。

After Effects からの読み込み

Adobe After Effects コンポジションを追加するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • メディアブラウザーの Adobe After Effects プロジェクトに移動して、キューパネルにコンポジションをドラッグ&ドロップします。
  • ファイル/After Effects コンポジションを追加を選択して、After Effects プロジェクトを選択し、そのプロジェクトのコンポジションを選択します。
  • After Effects のプロジェクトパネルでコンポジションをクリックしてキューパネルにドラッグします。
  • デスクトップで After Effects プロジェクトをクリックしてキューパネルにドラッグします。

エンコーディングを停止

エンコーディングを停止するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • 現在のアイテムのエンコーディングを停止するには、ファイル/現在のアイテムを停止を選択します。Adobe Media Encoder はキュー内の残りのアイテムのエンコーディングを続行します。
  • キュー内のすべてのアイテムのエンコーディングを停止するには、ファイル/キューを停止を選択します。

クリップの組み合わせ

複数のメディアファイルをキューに追加するときに、それらのメディアファイルを 1 つのファイルに組み合わせることができます。メディアファイルを組み合わせるには、次のいずれかの操作を実行します。

  1. ファイル/ソースを追加を選択するか、キューパネルで「ソースを追加」ボタンをクリックします。File Explorer が開きます。

  2. 組み合わせるアセットを選択します。

  3. クリップを組み合わせ」チェックボックスをオンにします。

    クリップを組み合わせ
    クリップを組み合わせ

  4. 開く」をクリックして、クリップの組み合わせをキューに追加します。

または、組み合わせるクリップを選択します。それらをキューパネルにドラックし、「クリップを組み合わせるにはここにドロップ」オプションの上でリリースします。

クリップを組み合わせるにはここにドロップ
クリップを組み合わせるにはここにドロップ

クリップの組み合わせがキューに読み込まれます。個別のクリップを表示するには、「ソースを表示」をクリックします。初期設定では、クリップはアルファベット順に並べ替えられます。好みに応じて並べ替えることができます。

クリップの組み合わせの名前は、自動的にシリーズの最初のクリップに設定されます。クリップの名前を変更するには、名前をクリックします。詳しくは、Adobe Media Encoder を使用したクリップの組み合わせを参照してください。

注意:

クリップの組み合わせは、メディアブラウザー内に設定されたインポイントとアウトポイントに従います。ただし、クリップの組み合わせに追加されたソースのデュレーションは編集できません。

エンコードキュー内の不明なアイテムの特定

エンコードを開始する前に、不明なアイテムを含むキュー内のアイテムを特定できます。このプロセスは、エンコードする前に問題を特定して修正するために役立ちます。不明なアイテムを含むソースまたは出力の横には、警告ステータスが表示されます。この問題に関連付けられているエラーの概要を表示するには、アイコンにマウスポインターを合わせます。

Adobe Media Encoder では、次の場合に警告アイコンが表示されます。

  • Premiere Pro プロジェクトにオフラインメディアが含まれている。この場合、Adobe Media Encoder は不明なメディアの代わりにプロキシメディアを使用します。プロキシがない場合、「メディアがオフライン」というメッセージを表示するグラフィックが使用されます。
  • 一部のフォントが Premiere Pro プロジェクトで見つからない。
  • 一部のエフェクトが Premiere Pro プロジェクトで見つからない。
  • いくつかのファイルがオーバーレイ効果で見つからない。
エラーの概要
エラーの概要

エンコードキュー内のアイテムの解釈

Adobe Media Encoder は、ビデオアセットを読み込むときに、ビデオアセットのフレームレート、ピクセル縦横比、フィールドオーダーおよびアルファチャンネルを判断します。Adobe Media Encoder がこれらの特性を正しく判断できない場合は、正しい設定を手動で指定することができます。

  1. エンコードキューから 1 つまたは複数のビデオアイテムを選択します。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • ファイル/フッテージの解釈を選択します。
    • ファイルを右クリックして、「フッテージの解釈」を選択します。
  3. 適切な解釈設定を選択します。

フッテージの解釈
フッテージの解釈

注意:

ビデオアセットまたは画像アセット以外のアセットを選択した場合、「フッテージの解釈」オプションは利用できません。

プリセットまたはカスタム設定を使用したエンコード

プリセットを使用したエンコード

プリセット

A. 形式 B. プリセット C. 保存先 

  1. キューパネルに項目を追加します。詳しくは、エンコードキューへのアイテムの読み込みを参照してください。

  2. 出力デバイスと互換性のある形式を選択するには、Format(A) のテキストをクリックして、サポートされているファイル形式を含む形式ポップアップを開きます。

  3. 出力デバイスと互換性のあるプリセットを選択するには、Preset(B) のテキストをクリックして、業界標準のプリセットを含むプリセットポップアップを開きます。詳しくは、Media Encoder のカスタムプリセットの作成を参照してください。

    プリセットブラウザーからプリセットをドラッグし、キューにドロップします。

    プリセットを適用
    プリセットを適用

  4. 書き出したファイルの保存場所を選択するには、Output(C) のテキストをクリックし、別名で保存ダイアログボックスで書き出したファイルを保存するディレクトリまたはフォルダーを指定します。「保存」をクリックします。

  5. キューを開始」ボタンを押します。

選択したプリセットを使用して、指定した形式でのファイルのエンコードが開始され、選択した場所に保存されます。ファイルがエンコードされたら、出力ファイルパスをクリックして、エンコードされたファイルが保存されたフォルダーを開きます。

出力ファイル

A. エンコード後の出力ファイル B. エンコード前の出力ファイル 

注意:

エンコード中に、エンコードプロセスを一時停止する場合は、「キューを開始」ボタンをもう一度クリックします。

カスタム設定を使用したエンコード

カスタム設定を使用してエンコードするには、次の操作を実行します。

  1. キューパネルに項目を追加します。詳しくは、エンコードキューへのアイテムの読み込みを参照してください。

  2. 書き出し設定ダイアログボックスを開くには、次のいずれかを実行します。

    • キューパネルで形式、プリセット、出力ファイルパスを示すテキストのアイテムの行を選択し、編集/書き出し設定を選択します。
    • 形式、プリセット、出力ファイルパスを示すテキストの行を右クリックし、「書き出し設定」を選択します。
    • 形式またはプリセットの名前をクリックして、書き出し設定ダイアログボックスを開きます。
  3. 書き出しオプションを設定し、「OK」をクリックします。詳しくは、Media Encoder の書き出し設定リファレンスを参照してください。

  4. 書き出し設定ダイアログボックスを閉じ、「キューを開始」ボタンをクリックしてファイルのエンコードを開始します。

注意:

エンコーディング中に最適なパフォーマンスを実現するには、エンコーディングパネルを閉じます。代わりにキューパネルの進行状況バーを使用して、エンコードプロセスのステータスを確認できます。

書き出し設定ダイアログボックスでは、次のいずれかの操作を実行できます。

  • 形式メニューから、ビデオ、オーディオ、または静止画の形式を選択します。詳しくは、書き出しでサポートされるファイルの形式を参照してください。

  • プリセットメニューからエンコードプリセットを選択します。

  • ビデオを書き出し」、「オーディオを書き出し」またはその両方を選択します。

  • 切り抜き、トリミングなどのエンコード前のオプションを指定します。詳しくは、書き出し設定ダイアログを参照してください。

  • XMP メタデータの書き出しのオプションを設定します。詳しくは、XMP メタデータの書き出しと簡略化を参照してください。

  • 最高レンダリング品質を使用」または「最大深度でレンダリング」を選択します。

  • フレーム合成を使用」を選択します。

  • エンコードされたファイルのファイル名と場所を指定します。指定するには、書き出し設定ダイアログボックス右上の「出力名」の横にある下線付きテキストをクリックし、ファイル名と場所を指定します。ファイル名を指定しなかった場合、Adobe Media Encoder はソースビデオクリップのファイル名を使用します。

注意:

形式を P2 ムービーに設定すると、ユーザーが割り当てたファイル名は適用されません。この場合は、Adobe Media Encoder によって 6 つの英数字の名前がエンコードに与えられます。出力名はクリップのメタデータに保存され、Adobe Premiere Pro にクリップ名として表示されます。

ソースビデオクリップが格納されているフォルダーを基準として、エンコードしたファイルを保存する出力先フォルダーを指定できます。出力先フォルダーを指定するとき、指定した出力先フォルダーが存在していることを確認してください。存在しないフォルダーを指定すると、エラーメッセージが表示され、フォルダーが見つからないのでファイルをエンコードできないことが通知されます。

エンコードキューの保存

エンコードキューとエンコード設定は、Adobe Media Encoder の終了時に自動的に保存されます。エンコードキューはまた、ユーザーがエンコードプロセスを開始するときに自動的に保存されます。

エンコードキューを手動で保存するには、ファイル/キューを保存を選択します。

注意:

Adobe Media Encoder を終了して再起動したときに、キュー内のエンコードが完了したアイテムを維持する場合は、環境設定/「完了したファイルを終了時にキューから削除」チェックボックスをオフにします。

複数のソースの出力ファイルパスの変更

次の手順を実行して、複数の出力の出力ファイルパスを(同時に)変更します。

  1. キューの複数のソースを選択するには、Shift キーを押しながらクリックします。

  2. 現在選択されているいずれかのソースの出力ファイルのテキストをクリックします。

  3. 出力フォルダーを選択ダイアログでパスを選択し、「選択」をクリックします。

選択された出力は新しいディレクトリをポイントしますが、固有の出力ファイル名が維持されます。

監視フォルダー

監視フォルダーと呼ばれる特定のフォルダー内でファイルを検索するように Adobe Media Encoder を設定できます。Adobe Media Encoder は、監視フォルダーに配置されたファイルを自動的にエンコードします。Adobe Media Encoder で監視フォルダー内のビデオファイルまたはオーディオファイルが検出されると、そのフォルダーに割り当てられたエンコード設定を使用してファイルがエンコードされます。次に、エンコードされたファイルが監視フォルダー内で作成された出力フォルダーに書き出されます。

監視フォルダーを使用すると、Adobe Media Encoder でメディアファイルのキューおよびレンダリングのプロセスが自動化されます。複数バージョンのソースを作成するには、異なる形式またはプリセットを使用する異なる出力インスタンスを追加します。

監視フォルダーパネル
監視フォルダーパネル

Adobe Media Encoder の監視フォルダーパネルを使用して、フォルダーを追加および管理できます。監視フォルダーを追加するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • ファイル/監視フォルダーを追加を選択し、フォルダーを選択します。
  • 監視フォルダーパネルの空白領域をダブルクリックし、フォルダーを選択します。
  • エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)でフォルダーを作成し、そのフォルダーを監視フォルダーパネルにドラッグします。

監視フォルダーによってエンコードキューに追加されたアイテムは、キューを開始したときに、キュー内の他のアイテムと一緒にエンコードされます。

注意:

次の時間アイドルだった場合にキューを自動的に開始」が選択されている場合は監視フォルダーがアイテムをエンコードキューに追加してから指定されている時間が経過したのちにエンコードが開始されます。

監視フォルダーを自動エンコードチェックボックスをオンにしておくと、アイテムが監視フォルダーに追加されたときに自動的にエンコードされます。

監視フォルダーを使用した複数形式での出力の作成

監視フォルダーを使用して 1 回の操作で複数の出力を生成できます。例えば、ビデオアセットをトランスコードしたときに、常に AVI ムービーおよび JPEG サムネール画像が生成されるように設定できます。

1 回のユーザー操作でこれらのファイルを作成するには、次の手順に従います。

  1. File Explorer(Windows)または Finder(macOS)を使用して、「My_WatchFolder」という名前のフォルダーを作成します。

  2. 「フォルダーを追加」ボタンをクリックして監視フォルダーを作成し、作成したばかりの「My_Watchfolder」フォルダーに移動します。

    • 形式」をクリックし、ポップアップメニューで形式として「MPEG4」を選択します。
    • プリセット」をクリックし、プリセットポップアップメニューから必要な設定を選択します。
    書き出し設定
    書き出し設定

    • 出力フォルダー」をクリックします。生成したファイルの保存場所を選択します。
  3. 手順 2 と同様にして、「My_Watchfolder」フォルダーを保存先とする監視フォルダーアイテムを作成します。

    • 形式」をクリックし、ポップアップメニューで形式として「AVI」を選択します。
    • プリセット」をクリックし、プリセットポップアップメニューから必要な設定を選択します。
    • 出力フォルダー」をクリックします。成したファイルの保存先を選択します。
  4. 手順 2 および 3 と同様にして、「My_Watchfolder」フォルダーを保存先とする監視フォルダーアイテムを作成します。

    • 形式」をクリックし、ポップアップメニューで形式として「JPEG」を選択します。
    • プリセット」をクリックし、プリセットポップアップメニューから必要な設定を選択します。
    • 出力フォルダー」をクリックします。生成したファイルの保存先を選択します。
  5. ソースファイルをクリックして「My_WatchFolder」にドラッグし、「キューを開始」ボタンをクリックします。「監視フォルダーを自動エンコード」がオンになっている場合は、エンコードプロセスが自動的に開始されます。

完了すると、それぞれのファイルが指定した出力場所に保存されます。

エンコードキューでのアイテムの削除、複製およびスキップ

エンコードキューでのアイテムの削除、複製およびスキップ
エンコードキューでのアイテムの削除、複製およびスキップ

エンコードキューからのアイテムの削除

アイテムをエンコードキューから削除するには、次の操作を実行します。

  1. エンコードキューから削除するアイテムを選択します。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • ファイルを右クリックし、「削除」ボタンを選択します。
    • 編集/消去を選択するか、Delete キーを押します。
    • はい」を選択し、削除を確定します。(アイテムをキューから削除するたびに確認ウィンドウが表示されないようにするには、「次回以降表示しない」をオンにします)

エンコードキューでのアイテムの複製

エンコードキューでアイテムを複製するには、次の操作を実行します。

  1. エンコードキューから複製するアイテムを選択します。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • ファイルを右クリックして、「複製」を選択します。
    • 「複製」ボタンをクリックして、編集/複製を選択します。
    • Ctrl + D キー(Windows)、または Command + D キー(macOS)を押します

エンコードキューでのアイテムのスキップ

エンコードキューでアイテムをスキップするには、次の操作を実行します。

  1. エンコードキューでスキップするアイテムを選択します。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • 編集/選択項目をスキップを選択します。
    • ファイルを右クリックし、「選択項目をスキップ」を選択します。

エンコードキューでのアイテムのステータスのリセット

エンコードキューでファイルのステータスをリセットするには、次の操作を実行します。

  1. 準備完了の状態にリセットするアイテムをエンコードキューから選択します。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • 編集/ステータスをリセットを選択します。
    • ファイルを右クリックし、編集/ステータスをリセットを選択します。

エンコードの進行状況の監視

ファイルのエンコード中は、エンコードキューの「ステータス」列に各アイテムのステータスが表示されます。Adobe Media Encoder では 1 つのソースから複数の出力を同時にエンコードできます。ただし、ソースファイルはキュー内の順序に基づいて順次処理されます。

エンコード中は、エンコーディングの進行中に、アプリケーションで操作を続行できます。キューまたは監視フォルダー内のアイテムを追加、削除または並べ替えることができます。ただし、現在エンコードされている出力は編集できません。

  • 準備完了
    アイテムはエンコードキューにありますが、まだエンコードされていません。まだエンコードされていないファイルやエンコード中ではないファイルはキューから削除できます。
  • 完了
    アイテムは正常にエンコードされました。
  • 停止 
    アイテムのエンコード中に、ユーザーによってエンコードプロセスがキャンセルされました。
  • エラー 
    指定されたアイテムをエンコードしようとしたときに、Adobe Media Encoder でエラーが発生しました。
  • スキップ
    選択した 1 つまたは複数のファイルをスキップできます。ファイルを選択した状態で、編集/選択項目をスキップを選択します。

ジョブ完了時のアラーム音(成功およびエラー発生)

Adobe Media Encoder には、アラーム音の機能があります。キュー内のジョブが完了すると、アラーム音が鳴ります。エラー状態が検出されると、異なるアラーム音が鳴ります。これらのアラーム音が鳴らないようにするには、環境設定で無効にします。

環境設定
環境設定

ログの表示

エラーメッセージを含むツールヒントを表示するには、ステータスアイコンにマウスポインターを合わせます。エンコードが正常に完了したアイテム、停止または失敗したアイテムのログを開くには、ステータスをクリックします。

ログの表示
ログの表示

並列エンコーディング

Adobe Media Encoder はすべてのソースを順番にエンコーディングしますが、ソースの出力はすべて並列でエンコードされます。 これは同じソースに対して複数の形式を同時に書き出す場合に使用されますが、異なるソースを同時に書き出す場合は使用できません。

並列エンコーディング
並列エンコーディング

注意:

初期設定では、並列エンコーディングがオンになっています。並列エンコーディングを無効にするには、編集/環境設定を選択して、並列エンコーディングを有効にするの選択を解除します。

複数の出力を同時にエンコードする場合、エンコーディングパネルには、各エンコーディング出力のサムネールプレビュー、プログレスバーおよび推定完了時間が表示されます。

場合によっては、書き出し設定ではエンコードを並列モードではなく順次行うよう出力に要求されます。この場合、キューは、一時的な順次エンコーディングを行った後で、並列エンコーディングを返します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン