Adobe Muse CC についてよくある質問への回答です。

注意:

Adobe Muse は、新しい機能が追加されなくなり、2020 年 3 月 26 日にサポートが中止される予定です。詳細な情報と支援については、Adobe Muse のサービス終了ページを参照してください。

基本

Adobe Muse CC は、コードを記述することなく、完全にレスポンシブな HTML5 Web サイトをデザインおよびパブリッシュ(公開)できるソフトウェアです。あらゆるブラウザーまたはあらゆるサイズの画面で操作性と見栄えの良いフリーフォームの Web サイトを作成したいデザイナーに最適です。強力な Adobe CreativeSync 統合を活用すれば、Adobe Comp CC ですぐにレイアウトを開始できます。ベクトルグラフィックや Creative Cloud ライブラリのスタイルといったデザインアセットを使用し、Adobe Stock からストックされた写真にアクセスできます。

Adobe Muse は Creative Cloud の一部であるため、利用可能になった瞬間からすべての最新更新版にアクセスできます。詳しくは、Creative Cloud のページを参照してください。

詳しくは、新機能のページを参照してください。

様々なバージョンの機能を比較するには、Adobe Muse 新機能の概要を参照してください。

技術的な質問

詳しくは、「必要システム構成」を参照してください。

Adobe Muse CC 利用条件を参照してください。

Adobe Muse CC は、メインコンピューターと 1 台のバックアップコンピューターにインストールできます。ただし、両方のマシンで同時に Adobe Muse CC を使用することはできません。クロスプラットフォーム互換です(Mac/Mac、Mac/Windows、Windows/Windows)。

ソフトウェア最新版のインストールは、必須ではありませんが、強く推奨します。アップデートには、標準ベースのコンテンツを作成する際に重要となる新機能やコードの改良が含まれていることがあります。

Adobe Muse CC のユーザーインターフェイスは、Photoshop CC、Illustrator CC、InDesign CC などの他のアドビの製品との統一目的でダーク UI に設定されています。その変更は、環境設定ダイアログボックスで簡単に変更できます。編集/環境設定を選択して、別のカラーテーマを選択します。

こちらから Adobe Muse ベータプログラムに新規登録してください。

アドビまたは他のプロバイダーでホスティングしているかどうかに関わらず、Adobe Muse CC は検索エンジン用に最適化されたサイトマップを自動的に生成します。また、メタデータ、キーワード、タグ付けなどを使用して、検出率を向上させることもできます。検索エンジン用に Adobe Muse CC サイトを最適化する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Adobe Muse CC は、クロスブラウザー対応のコードを作成するので、サイト作成者はデザインに専念できます。Adobe Muse チームでは、現在、次のブラウザーへの出力をテストし、最適化を図っています。

  • Mac OS、Windows、および Android 用の Chrome の最新バージョン
  • Mac OS および iOS 用の Apple Safari の最新バージョン
  • Windows 用の Internet Explorer 11 および Edge
  • Mac OS および Windows 用の Firefox の最新バージョン
  • Android の最新バージョンのデフォルトブラウザー

サードパーティのブログを Adobe Muse の Web サイトに統合するためのいくつかの方法があります。WordPress や Tumblr などのブログエンジンでブログを作成して、埋め込みコードをキャプチャし、オブジェクト/HTML を挿入を選択してそれを Adobe Muse CC のデザインに埋め込み要素として統合することができます。Adobe Muse CC サイトでブログを表示する方法については、チュートリアル(演習用サンプルファイル付き)を参照してください。または、Adobe Muse パートナーとデザインコミュニティにより提供されている無料および有料のウィジェットをダウンロードするには、Adobe Muse Add-ons ページにアクセスしてください。

2 月に Google は、2015 年 4 月 21 日からモバイルフレンドリー対応をランキングシグナルの中に含めると発表しました。この変更の一環として、Google の Webmaster Tools が更新され、サイトの中で新しいモバイルフレンドリー対応という基準の影響を受けるページを特定できるようになりました。詳しくは、このブログ投稿を参照してください。Adobe Muse サイトをよりモバイルフレンドリーにするうえでの推奨事項が記載されています。

独自の埋め込みコードウィジェットの作成方法については、GitHub をご覧ください。

Adobe Muse CC は、HTML 埋め込みコードを使用して拡張可能です。MuCow と呼ばれるユーザー独自のウィジェットを構築することにより、カスタムの JavaScript および CSS をデザインに含めることも可能です。詳しくは、Github のこのページを参照してください。Adobe Muse パートナーおよびデザインコミュニティによって提供されている新しいカスタマイズされたウィジェットやスタイル設定されたウィジェットおよびデザインエレメントをダウンロードするには、Adobe Muse Add-on ページにアクセスしてください。

ウィジェットライブラリのフォームフォルダーにある埋め込みウィジェットを使用することにより、Adobe またはホスティングプロバイダーがホスティングするサイト用のフォームを作成して、カスタマイズすることができます。この仕組みについては、チュートリアルのコンタクトフォームを追加するを参照してください。

Adobe Muse は、ダウンストリーム編集ができるコード生成のハンドオフツールを意図したものではありません。サイトを書き出して他の場所でコードを編集するのではなく、すべてのサイト編集を Adobe Muse 内で行ってください。Adobe Muse 内に留まることにより、全機能を使用してサイトを更新し続けることができます。一度 Adobe Muse から出力してそれを変更する方法を採用すると、元に戻ることはできません。Adobe Muse から書き出すたびに変更する手間が必要になります。また、Muse からの HTML コード出力は手動での編集用に最適化されていません。

はい、Adobe Muse を使用してレスポンシブサイトを作成できます。「Adobe Muse でのレスポンシブ Web デザイン」を参照してください。

Adobe Muse では、スクロール効果を様々な方法で Web デザインに適用できます。マウスのスクロールまたは指のタッチに伴って、異なる方向と速度でオブジェクトを移動するモーションスクロール効果を適用します。スクロールによりオブジェクトをフェードイン、フェードアウトする場合の不透明度を適用します。さらに、Adobe Edge アニメーションおよびスライドショーにスクロール効果を追加します。このチュートリアルでスクロール効果の適用方法を説明しています。

ホスティング

Adobe Muse で作成した Web サイトは、アドビまたは独自に選択したホスティングプロバイダーのいずれかを選んでホスティングすることができます。

  • アドビでのホスティング:「パブリッシュ」をクリックし、Adobe ID を新規作成するか入力して、指示に従います。
  • 他のホスティングプロバイダーでのホスティング:ファイル/HTML への書き出し機能を使用して Web サイト用のすべてのファイルのローカルコピーを作成し、FTP 経由で好みのホスティングプロバイダーにアップロードします。

試用期間中は、無償で Adobe ホスティングプラットフォーム上にテストサイトをパブリッシュできます。したがって、パブリッシュ先の URL をクライアントに送りレビューを受けることができます。テストを含むすべてのサイトには、専用のドメイン(例:businesscatalyst.com)が含まれます。毎月のホスティング料金を支払って、テストサイトを本番サイトに移行させる場合は、独自のドメインを移し、businesscatalyst.com のサブドメインを消去します。HTML を書き出し、好みのホスティングプロバイダーを利用して、最終的なサイトをホスティングすることもできます。

メンバーシップを 2015 年 4 月 30 日以前にご購入いただいている場合、Creative Cloud コンプリートプランには、最大で 5 つの webBasics サイトのホスティングが含まれ、Adobe Muse CC 単体プランには、webBasics サイトのホスティングが含まれています。

Adobe ホスティングサービスは、2015 年 4 月 30 日以前にご購入いただいた Adobe Muse CC 単体プランまたは Adobe Creative Cloud メンバーシッププランにご契約の場合にのみご利用いただけます。 Adobe Business Catalyst 標準機能の詳細をご覧ください。

はい。Adobe Muse CC でデザインされたページなど、クライアントサイトのコード(パブリッシュされた HTML、CSS、JavaScript コードなど)は、一般的な FTP クライアントを使用してダウンロードできます。コンピューター上にローカルルートフォルダーのコピーを作成したら、新しいホストサーバーに接続し、FTP クライアントを使用して、サイトを新しいホスティングプラットフォームにアップロードします。

はい。Adobe Muse CC を使用してサイトを構築し、他のホスティングプロバイダーを利用してそれらをパブリッシュできます。次の手順に従います。ファイル/HTML 形式で書き出しを選択して、使用しているコンピューターのローカルフォルダーにサイトファイルを保存します。または、ファイル/FTP ホストにアップロードを選択して、ホスト FTP 情報を入力します。

言語

Adobe Muse CC は、現在、次の言語で提供されています。

  • ポルトガル語(ブラジル)
  • チェコ語
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語(米国)
  • 英語(インターナショナル)
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ノルウェー語
  • ポーランド語
  • ロシア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
  • 中国語(繁体字)
  • トルコ語
  • 簡体字中国語

Adobe Muse CC のユーザーインターフェイスは、選択された言語に応じて自動的に更新されます。以前の言語バージョンで作成されたファイルには何の影響もありません。

はい。環境設定メニューで好みの言語を選択するだけで、Adobe Muse CC のユーザーインターフェイスは自動的に更新されます。

無料体験版

無償の Creative Cloud メンバーシップでは、Adobe Muse CC および Creative Cloud に含まれる他のアプリケーションの体験版をダウンロードできます。コンプリートプランにアップグレードすると、すべての Creative Cloud アプリケーションのフルバージョンをダウンロードできます。

Adobe Muse CC をインストールして Adobe ID でログイン後、最初に起動して「体験版を開始」をクリックした時点で、体験版は開始します。

はい。Web サイトから購入して、体験版を Creative Cloud コンプリートプランまたは単体プランに変換できます。メンバーシップを購入すると、デスクトップ製品の試用版は、再起動後、自動的にライセンスされます。

はい。アドビからのメールニュースの配信登録をされている場合、体験版を存分に活用するための情報やヒントが掲載されたニュースが配信されることがあります。また、Adobe Muse CC のラーニングとサポートには、初めて使用するユーザーに役立つ詳細なチュートリアルも用意されています。

アドビのテクニカルサポートでは、アドビ製品の体験版について、インストールのサポートおよびインストール時のトラブルシューティングのサポートを提供します。追加の電話およびチャットサポートは、購入ソフトウェアの登録ユーザーの方のみご利用いただけます。さらにサポートが必要な場合は、Muse コミュニティフォーラム(Japan)で必要な回答をすばやく見つけることをおすすめします。検索対象のコンテンツには、従来の製品ごとの詳細なヘルプに加え、アドビのエキスパートやデザイン・プロダクションコミュニティがピックアップした、アドビコンテンツとサードパーティコンテンツも含まれます。

体験版をアンインストールするには、お使いのコンピューターでアドビソフトウェアを開き、次の操作を行います。Windows の場合、コントロールパネルを開き、「プログラムの追加と削除」をダブルクリックします。アンインストールする製品を選択し、「変更と削除」をクリックし、画面上の指示に従います。

Mac OS の場合、アプリケーション/ユーティリティ/Adobe Installers で製品のインストーラーをダブルクリックします。管理者として認証し、「コンポーネントの削除」を選択して、画面上の指示に従います。

ご購入について

購入オプションについて詳しくは、Creative Cloud プランのページを参照してください。

Adobe Muse CC は、Creative Cloud の単体プランまたは コンプリートプランを通じて利用でき、月々プランと年間プランのオプションが用意されています。詳しくは、Creative Cloud プランのページを参照してください。サイトを本番環境に移行する準備が整ったら、サードパーティのホスティングプロバイダーまたはアドビのいずれかを使用してサイトをホスティングできます。サイトのホスティングには、選択したホスティングプロバイダーに基づいて 2 つの料金が加算されます。メンバーシップを 2015 年 4 月 30 日以前にご購入いただいている場合、Creative Cloud コンプリートプランには、最大で 5 つの webBasics サイトのホスティングが含まれ、Adobe Muse CC 単体プランには、webBasics サイトのホスティングが含まれています。

Adobe ホスティングサービスは、2015 年 4 月 30 日以前にご購入いただいた Adobe Muse CC 単体プランまたは Adobe Creative Cloud メンバーシッププランにご契約の場合にのみご利用いただけます。 Adobe Business Catalyst 標準機能の詳細をご覧ください。

はい。Creative Cloud に登録するときに、単体プランメンバーシップオプションを選択するだけです。ただし、アドビのプラットフォームまたはサードパーティのホスティングプロバイダーのいずれかを使用して Web サイトをホスティングすると、別途追加料金が発生します。

Adobe Muse CC は Creative Cloud メンバーシップの一部として使用できます。これには、教育機関法人、および官公庁向けのプランが含まれています。

アドビストアでの注文処理とクレジットカードへの請求が完了したら、メンバーシップはすぐに開始されます。 

Adobe Muse をはじめる

Adobe Muse CC のラーニングとサポートのページをご覧ください。初めて使用するユーザーにもわかりやすいようにチュートリアルやビデオで順を追って説明します。アドビの製品サポートやコミュニティフォーラムで専門家のサポートを受けることもできます。

チュートリアル、ヘルプ記事、その他多くのリソースが Adobe Muse ヘルプページに用意されています。

Adobe Muse CC は、ネイティブではユーザー名とパスワードをサポートしていません。ただし、サードパーティの単純なカット&ペーストの JavaScript コードを含めることでページをパスワード保護できます。詳しくは、Adobe Muse フォーラムのこちらのページを参照してください。または、Adobe Muse Add-ons ページにアクセスして、Adobe Muse パートナーとデザインコミュニティにより提供されている無料および有料のパスワード保護ウィジェットをダウンロードしてください。

ショッピングカートエクスペリエンスを統合する方法については、Adobe Muse CC のプレゼンテーションHow Did You Build That Shopping Cart?(ショッピングカートをどのように作成したか)を参照してください。または、Adobe Muse Add-ons ページにアクセスして、Adobe Muse パートナーとデザインコミュニティにより提供されている無料および有料の電子商取引ウィジェットをダウンロードしてください。

アドビでホストされている Adobe Muse CC サイトの最新情報については、Muse コミュニティフォーラム(Japan)をご覧ください。

次の方法で参加できます。

  • Adobe Muse CC を開いたときのスタートアップスクリーンに表示される最新のメッセージを確認します。
  • アドビから Adobe Muse CC に関する情報を電子メールで受け取ることを選択します。
  • Twitter および Facebook でアドビをフォローします。
  • 問題点を記録し、機能をリクエストして、Muse コミュニティフォーラム(Japan)に投稿します。

Adobe Muse CC の使用に関してご不明な点があれば、Muse コミュニティフォーラム(Japan)にアクセスしてください。

新しい機能やアップデートについてのご要望は、Muse コミュニティフォーラム(Japan)までお寄せください。