Creative Cloud サポートポリシー

Creative Cloud に関するアドビのサポートポリシーを十分に理解した上で、以下に示す Creative Cloud のアプリケーションとサービスをインストールしてください。

注意:

カスタマーサポートは、製品に搭載されている機能の使い方やトラブルのお問い合わせ窓口となります。作品としてのクオリティを高めるためのアドバイス、プログラミングなど自動処理のサポートや相談はお受けいたしかねます。作品作りの技術的な相談につきましては、アドビサポートコミュニティをご活用ください。

Creative Cloud アプリについてアドビが提供するサポートのレベルは、どの Creative Cloud プランを選択するかによって異なります。Creative Cloud のサポートポリシーには、Creative Cloud プランに付属するアプリケーションのバージョンのサポート範囲と、各バージョンに適用されるサポート要素の概要が記載されています。

さまざまな役割のユーザーがこのポリシーを参照して、サポートされるアプリケーションのバージョンと、以下の Creative Cloud プランのサポート期間を確認することができます。


アドビは最新バージョンのアプリとサービスはサポートしていますが、古いバージョンのサポートには範囲に限りがあります。Creative Cloud エンタープライズ版プランには、指定された長期サポート(LTS)バージョン用のサポートも付属しています。

アプリケーションのバージョン

Creative Cloud アプリケーションでは、
N.m.p
の形式でリリースバージョンを表しています。

「N」はメジャーバージョン、「m」はマイナーバージョン、「p」はパッチバージョンです。

例えば「23.2.1」というバージョンの場合、メジャーバージョンのリリースステータスが「23」、マイナーバージョンが「2」、セキュリティパッチバージョンが「1」ということになります。

メジャーバージョンは、以下のようになります。

  • 最新バージョン(N):アプリケーションの最新のメジャーバージョン。
  • 直前のバージョン(N-1):最新バージョンの 1 つ前のメジャーバージョン。
  • 長期サポートバージョン(LTS):このバージョンは、Creative Cloud エンタープライズ版プランでのみ使用されます。このバージョンでは、追加期間として最長 1 年間にわたり、セキュリティアップデートを利用することができます。詳しくは、「長期サポートバージョン」を参照してください。
  • 古いバージョン(N-2 以前):最新バージョンよりも 2 つ以上前のメジャーバージョン。

例えば、特定のアプリケーションの最新バージョンが「23.2.1」の場合は、以下のようになります。

  • 最新のメジャーバージョン(N)は 23 です。
  • 1 つ前のバージョン(N-1)は 22 です。
  • LTS のバージョンは、22.4 などになる場合があります。
  • 古いバージョン(N-2 や N-3 など)は、バージョン 21 や 20 などになります。
注意:

Creative Cloud アプリケーションのメジャーバージョンと古いバージョンの一覧については、この記事を参照してください。  

サポートの要素

アドビは、Creative Cloud アプリケーションに対して以下のサポートサービスを提供しています。

機能のアップデート

機能のアップデートには、新機能の導入サービスと既存の機能の変更サービスが含まれます。

アドビが機能のアップデートをリリースすると、アプリのマイナーバージョンを表す数字に 1 が加算されます(N.m+1)。

バグの修正

この場合の「バグの修正」とは、アドビ製品で見つかったバグや不具合を修正することを指します。

アドビがバグ修正用のアップデートをリリースすると、アプリケーションのパッチバージョンを表す数字に 1 が加算されます(N.m.p+1)。

セキュリティアップデート

セキュリティアップデートは、アプリケーションの最新バージョンで見つかったセキュリティ上の脆弱性を解決するためのアップデートです。アドビがセキュリティアップデートをリリースすると、アプリケーションのパッチバージョンを表す数字に 1 が加算されます。選択した Creative Cloud プランに応じて、セキュリティアップデートの形式が「N.m.p+1」または「LTS.p+1」になります。

OS の互換性

アドビは、以下のオペレーティングシステムについて、アドビアプリケーションの最新バージョンの互換性サポートサービスを提供しています。

  • Windows 10:最新バージョンとその 2 つ前までのバージョンのアップデート
  • macOS:最新バージョンとその 2 つ前までのバージョンのアップデート
  • iOS:最新バージョンとその 1 つ前のバージョン
  • Android:最新バージョンとその 1 つ前のバージョン

Adobe では現在、Windows 11 および macOS Monterey とのアプリの互換性サポートを提供するために取り組んでいます。Windows 11 で動作する Adobe アプリについて確認するには、「Windows 11 で実行できる Adobe アプリ」を参照してください。 

macOS Monterey の互換性について詳しくは、「既知の問題と解決策 | macOS 12 Monterey」を参照してください。    

詳しくは、「Creative Cloud のシステム要件」を参照してください。

ブラウザーサポート

アドビの Web ベースサービスは、以下に示すブラウザーの最新バージョンでサポートされています。

  • Safari
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Firefox

詳しくは、「Creative Cloud のシステム要件」を参照してください。

支援サポート

製品に関するサポートが必要な場合や、問題を報告する場合は、アドビカスタマーケアまでお問い合わせください。

N-3 以前のバージョンの Creative Cloud は使用できません。また、N-3 以前のバージョンでは、各種のサポートサービス(機能のアップデート、バグの修正、セキュリティアップデート、OS の互換性、ブラウザーサポート、支援サポートなど)も利用できません。ただし、アドビカスタマーケアの判断により、N-3 以前のバージョンに対して限定的なサポートが提供される場合があります。

警告:

アドビは、アドビ単独の裁量により、アドビが提供するアプリケーションとそのサポートについて、いつでも変更したり中止したりすることができます。

Creative Cloud 個人版

Adobe Creative Cloud 個人版プランでは、アプリケーションの最新バージョンとその 1 つ前のバージョンがサポートされます。

最新バージョン(N)

このバージョンは、以下のリンクからダウンロードできます。

付属しているサービス

機能のアップデート

バグの修正

セキュリティアップデート

OS の互換性

支援サポート

直前のバージョン(N-1)

このバージョンは、以下のリンクからダウンロードできます。

 

付属しているサービス

支援サポート

Creative Cloud グループ版

Adobe Creative Cloud グループ版プランでは、アプリケーションの最新バージョンとその 1 つ前のバージョンがサポートされます。

最新バージョン(N)

このバージョンは、以下のリンクからダウンロードできます。

付属しているサービス

機能のアップデート

バグの修正

セキュリティアップデート

OS の互換性

支援サポート

直前のバージョン(N-1)

このバージョンは、以下のリンクからダウンロードできます。

 

付属しているサービス

支援サポート

Creative Cloud エンタープライズ版

Creative Cloud エンタープライズ版プランでは、アプリケーションの最新バージョンとその 1 つ前のバージョンがサポートされます。古いバージョンのアプリケーションもダウンロードできる場合があります。Creative Cloud エンタープライズ版の場合、指定の長期サポート(LTS)バージョンもサポートされます。

最新バージョン(N)

このバージョンは、以下のリンクからダウンロードできます。

付属しているサービス

機能のアップデート

バグの修正

セキュリティアップデート

OS の互換性

支援サポート

直前のバージョン(N-1)

このバージョンは、以下のリンクからダウンロードできます。

付属しているサービス

支援サポート

長期サポート(LTS)バージョン

LTSバージョンは、以下のリンクからダウンロードできます。

付属しているサービス

セキュリティアップデート

支援サポート

古いバージョン(N-2)

このバージョンは、以下のリンクからダウンロードできます。

付属しているサービス

支援サポート

注意:

デフォルトでは、エンタープライズ管理者が Admin Console でパッケージを作成するときに、セキュリティアップデートまたは機能アップデート(最新バージョンと LTS バージョン)が提供されるバージョンのみが表示されます。エンタープライズ管理者が古いバージョンをパッケージに含めるには、パッケージの環境設定(Admin Consoleパッケージ環境設定)で使用可能なアプリケーションのバージョンを選択する必要があります。詳しくは、「Admin Console を使用したアプリケーションのパッケージ化」を参照してください。

警告:

最新バージョンよりも 3 つ以上古いバージョンはサポートされていないため、ダウンロードすることはできません。古いバージョンを長期間使用する必要がある場合は、そのバージョンが含まれているパッケージを保持するか、安全な場所にインストーラーを保管してください。現在、古いバージョンのアプリにアクセスできる場合は、今後の使用に備えて、そのバージョンが含まれているパッケージを保持するか、インストーラーを保管しておくことをお勧めします。

長期サポート(LTS)バージョン

長期サポート(LTS)バージョンとは、アドビが指定する特定のデスクトップアプリのバージョンのことです。追加期間として 1 年間にわたり、セキュリティアップデートを利用することができます。アドビは毎年 1 回(通常は 11 月頃)、LTS バージョンを指定します。翌年に次の LTS バージョンで置き換えられるまで、LTS バージョンには引き続きセキュリティパッチが提供されます(最大で 1 年間)。

LTS バージョン
「N+1」は、今後のリリースの次のバージョンを表しています

Creative Cloud エンタープライズ版を使用している場合は、LTS バージョンを導入することにより、期間を延長してセキュリティパッチを受け取ることができます。最新バージョンにアップグレードする前に、この期間を利用してテストや細かい確認などを行うことができます。

長期サポートバージョン

  App LTS バージョン(2024 年 10 月まで)
After Effects 23.6
 Animate 23.0.2
Adobe Audition 23.6
Adobe Bridge 12.0.3
Character Animator 23.6
 Illustrator 27.9
InCopy 18.5
 InDesign 18.5
InDesign Server 16.4
Lightroom Classic 12.5
Adobe Media Encoder 23.6
 Photoshop 24.7.1
 Premiere Pro 23.6
注意:
  • Creative Cloud チーム版または Creative Cloud 個人版を使用している場合は、Photoshop の LTS バージョンも使用することができます。
  • アドビのクラウドファーストアプリ(Lightroom、Fresco、Adobe XD、Premiere Rush など)では、LTS バージョンは使用できません。これらのアプリとサービスは、機能を追加したり Creative Cloud Web サービスとの互換性を維持したりする目的で、頻繁に更新されます。
  • 開発終了(EOD)アプリケーションと販売終了(EOL)のアプリケーションで LTS バージョンを使用することはできません。EOD アプリと EOL アプリについては、製造中止製品を参照してください。
  • LTS バージョンは、Dimension や Substance などの 3D アプリケーションでは使用できません。
  • Acrobat には独自のサポートポリシーがあり、2 つのリリーストラックをサポートしています。詳しくは、Acrobat の継続トラックとクラシックトラックに関する記事を参照してください。

よくある質問

はい。Creative Cloud のサポートポリシーは、世界中のお客様に適用されます。

サポートされているバージョンにアップグレードしないと、最新の機能、バグ修正プログラム、セキュリティアップデートを受け取ることができない場合があります。支援サポートについても、限定的なサポートになる可能性があります。

サポートされていない古いバージョンの Creative Cloud の使用を継続した場合、アドビとの契約に基づき、第三者からのクレーム補償の対象外になります。

アドビとの有償サポートサービス契約を締結している場合にのみ、アドビはその契約に従ってサポートサービスを提供します。その他の支援サポートについては、サポート対象外のバージョンのアンインストールまたはサポート対象バージョンへのアップグレードだけがサポートサービスとして提供されます。

サポート対象バージョンは、最新の機能とセキュリティアップデートが提供される最新のアドビソフトウェアです。Creative Cloud エンタープライズ版の場合、サポート対象のバージョンは N(最新バージョン)と LTS(長期サポート)です。

サポート対象外のバージョンは、このポリシーに準拠していない古いバージョンです。サポート対象外のバージョンには、最新の機能やセキュリティアップデートは提供されません。

  • ユーザーが自分で Creative Cloud デスクトップアプリから Creative Cloud にアクセスできる場合は、ソフトウェアをアップグレードするようにユーザーに指示してください。

  • 製品をパッケージ化してユーザーに配布する場合は、Adobe Admin Console にアクセスし、使用可能なバージョンから新しいパッケージを作成してください。 また、Remote Update Manager を使用して、長期サポート版のアップデートを管理することも可能です。長期サポート版は、Adobe Update Server Setup Tool (AUSST) 経由でもサポートされます。

サポートされていないバージョンをアンインストールし、サポートされている Creative Cloud バージョンにアップグレードしてください。インストールされているアプリが自動的に削除されることはありません。

このポリシーに記載されているガイダンス情報が適用されます。ユーザー指定ライセンスに移行し、サポートされているバージョンにアップデートすることをお勧めします。

現在サポートされていない製品の永続ライセンスを購入したお客様は、技術的に使用可能な限り、引き続きそのライセンスを使用することができます。

Creative Cloud ソフトウェアについてサポートが必要な場合や不明な点がある場合は、アドビカスタマーケアまでお問い合わせください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合