アドビの Creative Cloud サポートポリシーについて説明します。Creative Cloud アプリケーションとサービスをインストールする前にご確認ください。
Adobe Creative Cloud のサポートポリシーに従い、2021 年 2 月 4 日より、Admin Console からダウンロード可能な Creative Cloud アプリケーションのバージョンが変更されます。Creative Cloud エンタープライズ版のお客様は、Creative Cloud アプリケーションの最新バージョンと 2 つ前までのメジャーバージョンをダウンロードできます。Creative Cloud グループ版のお客様は、最新バージョンと 1 つ前のメジャーバージョンをダウンロードできます。

アドビが Creative Cloud アプリケーションに対して提供するサポートのレベルは、Creative Cloud のプランによって異なります。Creative Cloud サポートポリシーでは、Creative Cloud プランでサポートされるアプリケーションのバージョンと、それに対して提供されるサポート要素について説明します。

どの役割のユーザーも、このポリシーでサポート対象のアプリケーションバージョンと Creative Cloud プランのサポート期間を確認できます。

アドビでは、アプリケーションとサービスの最新バージョンに対してサポートを提供しています。古いバージョンに対しては、サポート範囲に制限があります。Creative Cloud エンタープライズ版には長期サポート(LTS)バージョンもあります。 

アプリケーションのバージョン

Creative Cloud アプリケーションでは、
N.m.p の形式でリリースバージョンを表しています。

N はメジャーバージョン、m はマイナーバージョン、p はパッチバージョンです。

例えば、23.2.1 の場合、メジャーバージョンが 23、マイナーバージョンが 2、セキュリティパッチバージョン1 であることを示しています。

メジャーバージョンには次のものがあります。

  • 最新バージョン(N):アプリケーションの最新のメジャーバージョンです。
  • 前のバージョン(N-1):最新バージョンの 1 つ前のメジャーバージョンです。
  • 長期サポートバージョン(LTS):Creative Cloud エンタープライズ版プランでのみ使用されるバージョンです。セキュリティアップデートの提供期間が最大で 1 年間延長されます。詳しくは、「長期サポートバージョン」を参照してください。
  • 古いバージョン(N-2 以前):最新バージョンの 2 つ以上の前のメジャーバージョンです。

例えば、利用可能なアプリケーションの最新バージョンが 23.2.1 の場合:

  • 最新のメジャーバージョン(N)は 23 です。
  • このアプリの前のバージョン(N-1)は 22 です。
  • LTS はバージョン 22.4 になります。
  • 古いバージョン(N-2、N-3、またはそれ以前)は、バージョン 21、20、それより前のリリースになります。

サポートの要素

アドビでは、Creative Cloud アプリケーションに対して次の種類のサポートサービスを提供します。

機能のアップデート

group_80_2x

機能のアップデートには、新機能と既存の機能に対する変更が含まれます。

機能アップデートがリリースされると、アプリケーションのマイナーバージョンを表す数字が 1 つ大きくなります。例:N.m+1

バグ修正

group_85_2x

バグ修正とは、製品のバグや不具合を修正することです。

バグ修正がリリースされると、アプリケーションのパッチバージョンを表す数字が 1 つ大きくなります。例:N.m.p+1

セキュリティアップデート

group_84_2x

セキュリティアップデートは、アプリケーションの最新バージョンまたは LTS バージョンで見つかったセキュリティ上の脆弱性を解決するアップデートです。セキュリティアップデートがリリースされると、アプリケーションのパッチバージョンを表す数字が 1 つ大きくなります。お客様の Creative Cloud プランに応じて、セキュリティアップデート後のパッチバージョンは p+1 または LTS.p+1 になります。

OS の互換性

group_83_2x

アドビでは、次のオペレーティングシステムとアプリケーションの最新バージョンの互換性を提供します。

  • Windows 10:最新バージョンとその 2 つ前までのアップデート。
  • macOS:最新バージョンとその 2 つ前までのアップデート。
  • iOS:最新バージョンとその 1 つ前のバージョン。
  • Android:最新バージョンとその 2 つ前までのバージョン。

詳しくは、Creative Cloud の必要システム構成を参照してください。

ブラウザーのサポート

group_82_2x

アドビの Web ベースのサービスは、次のブラウザーの最新バージョンをサポートしています。

  • Safari
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Firefox

詳しくは、Creative Cloud の必要システム構成を参照してください。

支援サポート

group_81_2x

製品に関するお問い合わせ、問題の報告については、アドビのカスタマーケアまでご連絡ください。

バージョンが N-3 以前の Creative Cloud は利用できません。このようなバージョンについてはサポートも提供されません(機能アップデート、バグ修正、セキュリティアップデート、OS の互換性、ブラウザーのサポート、支援サポートなど)。ただし、アドビカスタマーケアが独自の判断で N-3 以前のバージョンに対して限定的なサポートを提供する場合があります。

警告:

アドビは、アプリケーションの変更、提供終了、サポート提供を独自の裁量で行う権利を有しています。

Creative Cloud 個人版

Adobe Creative Cloud 個人版プランでは、最新バージョンとその 1 つ前のバージョンのアプリケーションがサポートされています。

最新バージョン(N)

このバージョンは次の場所からダウンロードできます。

対象:

機能のアップデート

バグ修正

セキュリティアップデート

OS の互換性

支援サポート

前のバージョン(N-1)

このバージョンは次の場所からダウンロードできます。

 

対象:

支援サポート

Creative Cloud グループ版

Adobe Creative Cloud グループ版プランでは、最新バージョンとその 1 つ前のバージョンのアプリケーションがサポートされています。

最新バージョン(N)

このバージョンは次の場所からダウンロードできます。

対象:

機能のアップデート

バグ修正

セキュリティアップデート

OS の互換性

支援サポート

前のバージョン(N-1)

このバージョンは次の場所からダウンロードできます。

 

対象:

支援サポート

Creative Cloud エンタープライズ版

Creative Cloud エンタープライズ版プランでは、最新バージョンとその 1 つ前のバージョンのアプリケーションがサポートされています。アプリケーションの古いバージョンもダウンロードできます。また、Creative Cloud エンタープライズ版をご利用のお客様には、LTS(長期サポート)バージョンも用意されています。

最新バージョン(N)

このバージョンは次の場所からダウンロードできます。

対象:

機能のアップデート

バグ修正

セキュリティアップデート

OS の互換性

支援サポート

前のバージョン(N-1)

このバージョンは次の場所からダウンロードできます。

対象:

支援サポート

長期サポートバージョン(LTS)

LTS バージョンは次の場所からダウンロードできます。

対象:

セキュリティアップデート

支援サポート

古いバージョン(N-2)

このバージョンは次の場所からダウンロードできます。

対象:

支援サポート

注意:

デフォルトでは、エンタープライズ管理者が Admin Console でパッケージを作成するときに、セキュリティアップデートまたは機能アップデート(最新バージョンと LTS バージョン)が提供されるバージョンのみが表示されます。パッケージに他のバージョンを含めるには、パッケージの環境設定で使用可能なアプリケーションバージョンを選択する必要があります(Admin Console で、パッケージ環境設定を選択します)。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化を参照してください。

警告:

最新バージョンよりも 3 つ以上古いアプリケーションはサポートされません。また、ダウンロードもできません。古いバージョンを長期間使用する場合は、パッケージを保管しておくか、インストーラーを安全な場所に保存してください。現在、このような古いバージョンのアプリケーションを使用している場合は、今後の使用のため、パッケージまたはインストーラーを保存しておくことができます(ただし、このような使用はサポート対象外です)。

長期サポートバージョン(LTS)

長期サポート(LTS)バージョンは、一部のデスクトップアプリケーションに対してアドビが指定したバージョンで、セキュリティアップデートの期間を 1 年間延長できます。アドビでは、LTS バージョンを年に 1 回リリースします(通常は 11 月頃)。翌年に新しい LTS バージョンで置き換えられるまで、LTS バージョンには引き続きセキュリティパッチが提供されます(最大で 1 年間)。

LTS バージョン
N+1 は、将来リリースされる次のバージョンを表します。

LTS バージョンを導入することで、Creative Cloud エンタープライズ版に対するセキュリティパッチの提供期間を 1 年間延長できます。この延長期間の間に、最新バージョンにアップグレードする前に、テストとデューディリジェンスを行うことができます。

長期サポートバージョン

  アプリケーション LTS バージョン(2021 年 10 月まで)
After Effects 17.m*
 Animate 20.5
Adobe Audition 13.m*
Adobe Bridge 10.1
Character Animator 3.m*
 Dreamweaver 20.2
 Illustrator 24.3
InCopy 15.1
 InDesign 15.1
Lightroom Classic 9.4
Adobe Media Encoder 14.m*
 Photoshop 21.2
 Premiere Pro 14.m*

注意:

  • * このバージョンは 2021 年初めまで機能アップデートとセキュリティアップデートが提供されます。その後は、セキュリティアップデートのみが提供されます。
  • Photoshop の LTS 版は、Creative Cloud グループ版と Creative Cloud 個人版のお客様もご利用いただけます。
  • アドビのクラウドファーストアプリ(Lightroom、Fresco、Adobe XD、Premiere Rush など)には LTS バージョンがありません。これらのアプリとサービスは、新しい機能を追加し、Creative Cloud の Web サービスとの互換性を維持するため、頻繁に更新されます。
  • Adobe Prelude に LTS バージョンはありません。 
  • サポート終了のアプリケーションに LTS バージョンはありません。
  • Dimension や Substance などの 3D アプリケーションにも LTS バージョンはありません。
  • Acrobat には独自のサポートポリシーがあり、2 つのリリーストラックをサポートしています。詳しくは、「Acrobat の Continuous トラックと Classic トラック」を参照してください。

よくある質問

はい。Creative Cloud サポートポリシーは世界中のお客様に適用されま。

サポートされているバージョンにアップグレードしないと、アプリケーションに最新の機能、バグ修正、セキュリティアップデートが提供されない可能性があります。また、支援サポートも制限される場合があります。

サポートされていない古いバージョンの Creative Cloud を引き続き使用すると、アドビとの契約に従い、サードパーティのクレーム対象から除外されます。

この変更については、次のようにお知らせします。

  • 2020 年 11 月 10 日:サポートページが更新されました。エンタープライズ版のお客様向けに長期サポートバージョンの説明が追加されます。

  • 2020 年 12 月 1 日:Creative Cloud エンタープライズ版の IT 管理者の方に、重要なアップデートに関するお知らせを電子メールでお送りします。

  • 2020 年 12 月 1 日 ~ 2021 年 2 月 4 日:Admin Console の「パッケージ」タブに LTS 通知バナーが表示されます。

  • 2021 年 2 月 4 日:このポリシーに合わせてダウンロードが制限されます(Creative Cloud エンタープライズ版は N-2、Creative Cloud グループ版は N-1 にそれぞれ制限されます)。  

お客様がアドビと有償サポートサービス契約を締結している場合に限り、その契約条項に従ってサポートが提供されます。これ以外の支援サポートは、サポート対象外のバージョンをアンインストールする場合またはサポート対象バージョンにアップグレードする場合にのみ提供されます。

サポート対象バージョンは、最新の機能とセキュリティアップデートが提供される最新のアドビソフトウェアです。Creative Cloud エンタープライズ版の場合、サポート対象のバージョンは N(最新バージョン)と LTS(長期サポート)です。

サポート対象外のバージョンは、このポリシーに準拠していない古いバージョンです。サポート対象外のバージョンには、最新の機能やセキュリティアップデートは提供されません。

  • ユーザーが Creative Cloud デスクトップアプリケーションから Creative Cloud にセルフサービスでアクセスできる場合は、ユーザーにソフトウェアのアップグレードを促す必要があります。

  • 製品をパッケージ化してユーザーにデプロイしている場合は、Adobe Admin Console で利用可能なバージョンからパッケージを作成します。

サポート対象外のバージョンをアンインストールし、サポート対象の Creative Cloud バージョンにアップグレードしてください。インストール済みのアプリケーションは自動的に削除されません。

このポリシーはお客様にも適用されます。ユーザー指定ライセンスに移行し、サポート対象バージョンにアップデートすることをおすすめします。

現在サポートされていない製品の永続ライセンスを購入したお客様は、技術的に利用可能な限り、そのライセンスを引き続きご利用いただけます。

Creative Cloud ソフトウェアに関するサポートや質問については、アドビカスタマーケアまでお問い合わせください。