Microsoft Surface Book で動作する Photoshop CC のフローティングユーザー要素の周囲に表示される黒い領域を修正する方法について説明します。

問題点

(Windows のみ) NVIDIA GPU を有効にした状態で Microsoft Surface Book で Photoshop を実行する際に、検索ダイアログ、コーチマーク、履歴スクラバーなど、Photoshop CC のフローティングユーザーインターフェイス要素の周囲に黒いボックスが表示されます。

この問題は、NVIDIA GPU 「134B」モデルに同梱の Microsoft Surface Book で発生します。ご使用の Surface Book がこの問題の対象であるかどうかを確認するには、NVIDIA コントロールパネルでデバイス ID をご確認ください。対象の Surface Book には、「デバイスID: XXXX-134B-YYYYYYYY」と表示されます。

NVIDIA のサポート記事:グラフィックカードモデルとデバイス ID の特定を参照してください。

検索ボックスの周囲に表示される黒い領域
検索ボックスの周囲に表示される黒い領域
コーチマークの周囲に表示される黒い領域
コーチマークの周囲に表示される黒い領域

影響を受ける製品バージョン

Photoshop CC 2019 (20.0)

オペレーティングシステム

Windows

回避策

  1. Windows エクスプローラーで、Photoshop のインストールディレクトリに移動します。

    デフォルトの場所は C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2019 です。

  2. Photoshop.exe を右クリックし、グラフィックスプロセッサーと共に実行/デフォルトのグラフィックスプロセッサーを変更を選択して、NVIDIA コントロールパネルを起動します。

  3. このプログラムの優先するグラフィックスプロセッサーを統合型グラフィックスとして選択します。

  4. 適用」をクリックします。

  5. Photoshop を再起動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー