3D オブジェクトの結合

3D レイヤーを統合すると、複数の 3D モデルを 1 つのシーンに結合することができます。結合したら、各 3D モデルを個別に操作できます。または、すべてのモデルに対して位置ツールやカメラツールを同時に使用することができます。

  1. それぞれに 3D レイヤーが含まれている 2 つのドキュメントウィンドウを開きます。

  2. ソースドキュメント(3D レイヤーのコピー元のファイル)をアクティブにします。

  3. レイヤーパネルで 3D レイヤーを選択して、ターゲットドキュメント(結合された 3D オブジェクトを含むファイル)のウィンドウにドラッグします。

    ターゲットドキュメントに新しい 3D レイヤーとして 3D レイヤーが追加されます。このレイヤーは、ターゲットドキュメントのレイヤーパネルでアクティブなレイヤーになります。

  4. ツールパネルで、3D カメラツールを選択します。

  5. ターゲットドキュメントのオプションバーで、ビューポップアップメニューからコピーしたソースドキュメントの 3D レイヤーを選択します。

    2 つの 3D レイヤーのカメラ位置が一致したら、2 つの 3D オブジェクトがシーンに一緒に表示されます。統合を行う前に、3D オブジェクトツールを使用してオブジェクトの位置を変更します。

  6. レイヤーパネルオプションメニューから「下のレイヤーと結合」を選択します。

    2 つの 3D レイヤーが 1 つの 3D レイヤーに結合されます。各モデルの原点が揃えられます。

    注意:

    各 3D モデルのサイズによっては、3D レイヤーの統合後にモデルが他のモデルに部分的または完全に埋め込まれた状態で表示される場合があります。

2 つの 3D モデルの統合後は、各 3D ファイルのすべてのメッシュおよびマテリアルはターゲットファイルに含まれ、3D パネルに表示されます。メッシュパネルでは、パネルのメッシュ位置ツールを使用して個別のメッシュを選択して、位置を変更することができます。詳しくは、3D メッシュの設定を参照してください。

注意:

すべてのモデルを一度に移動することと、レイヤーの個別のモデルの移動を切り替えるには、ツールパネルの 3D オブジェクトツールと 3D パネル下部セクションのメッシュツールを切り替えて使用します。

3D レイヤーと 2D レイヤーの合成

3D レイヤーを 1 つ以上の 2D レイヤーと組み合わせて、合成効果を作成することができます。例えば、背景画像にモデルを配置し、背景に合わせてモデルの位置や表示角度を変更することができます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 2D ファイルを開いた状態で、3D/新規レイヤーを 3D ファイルから作成を選択して、3D ファイルを開きます。

    • 2D ファイルと 3D ファイルの両方が開いた状態で、1 つのファイルから 2D レイヤーまたは 3D レイヤーのいずれかを他のファイルの開いているドキュメントウィンドウにドラッグします。追加するレイヤーは、レイヤーパネルの一番上に移動します。

    結合された 2D レイヤーおよび 3D レイヤーを含むファイルで作業する場合、3D レイヤーの操作時に一時的に 2D レイヤーを非表示にすることができます。

パフォーマンス向上のためレイヤーを隠す

3D レイヤーの上に 2D レイヤーを含むマルチレイヤードキュメントでは、3D レイヤーをレイヤースタックの一番上に一時的に移動して、スクリーンの描画を迅速化することができます。

  1. 3D/パフォーマンスのためレイヤーを自動的に隠すを選択します。

  2. 3D オブジェクトツールまたはカメラツールを選択します。

いずれかのツールでマウスボタンを押したままにすると、すべての 2D レイヤーが一時的に非表示になります。マウスを放すと、すべての 2D レイヤーが再び表示されます。3D 軸の任意の部分を移動させても、すべての 2D レイヤーが隠されます。

3D レイヤーを 2D レイヤーに変換する

3D レイヤーを 2D レイヤーに変換すると、3D コンテンツが現在の状態にラスタライズされます。3D モデルの位置、レンダリングモード、テクスチャまたは照明を編集しない場合にのみ、3D レイヤーを通常のレイヤーに変換します。ラスタライズ処理された画像は 3D シーンの外観を保持していますが、統合された 2D 形式です。

  1. レイヤーパネルで 3D レイヤーを選択し、3D/ラスタライズを選択します。

3D レイヤーをスマートオブジェクトに変換する

3D レイヤーをスマートオブジェクトに変換すると、3D レイヤーに含まれている 3D 情報を保持できます。変換後は、変形や、スマートフィルターなどのその他の調整をスマートオブジェクトに適用できます。スマートオブジェクトレイヤーを再び開いて、元の 3D シーンを編集することができます。スマートオブジェクトに適用された変形または調整はその後すべて、更新後の 3D コンテンツに適用されます。

  1. 3D レイヤーパネルでレイヤーを選択します。

  2. レイヤーパネルオプションメニューから「スマートオブジェクトに変換」を選択します。

  3. (オプション)3D コンテンツを再編集するには、レイヤーパネルのスマートオブジェクトレイヤーをダブルクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー