マニュアル キャンセル

スマートオブジェクトの操作

  1. Photoshop ユーザーガイド
  2. Photoshop の概要
    1. 夢をカタチに
    2. Photoshop の新機能
    3. 初めての写真編集
    4. ドキュメントの作成
    5. Photoshop | よくある質問
    6. Photoshop の必要システム構成
    7. プリセット、アクションおよび設定の移行
    8. Photoshop とは
  3. Photoshop と Adobe のサービス
    1. Photoshop と Adobe Stock
    2. Creative Cloud ライブラリ
    3. Photoshop の Creative Cloud ライブラリ
    4. Photoshop での Touch Bar の使用
    5. Photoshop で Illustrator アートワークを作業する
    6. Photoshop の Capture アプリ内拡張機能の使用
    7. グリッドとガイド
    8. アクションの作成
    9. 取り消しおよびヒストリー
    10. 初期設定のショートカットキー
    11. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
  4. Photoshop iPad 版
    1. Photoshop iPad 版 | よくある質問
    2. ワークスペースについて
    3. システム要件 | Photoshop iPad 版
    4. ドキュメントの作成、表示、書き出し
    5. 写真の追加
    6. レイヤーの操作
    7. ブラシを使った描画とペイント
    8. 範囲の選択とマスクの追加
    9. コンポジットを修正する
    10. 調整レイヤーを使用する
    11. トーンカーブでコンポジットの色調を調整する
    12. 変形操作を適用する
    13. 合成画像の切り抜きと回転
    14. カンバスの回転、パン、ズーム、リセット
    15. テキストレイヤーを使用する
    16. Photoshop と Lightroom の連携
    17. Photoshop iPad 版で環境にないフォントを取得する
    18. Photoshop iPad 版での日本語テキスト
    19. アプリの設定を管理する
    20. タッチショートカットとジェスチャー
    21. キーボードショートカット
    22. 画像サイズを編集する
    23. Photoshop iPad 版での制作過程をライブストリームで配信
    24. 修復ブラシで不具合を修正する
    25. Capture でブラシを作成して Photoshop で使用する
    26. Camera Raw ファイルの操作
    27. スマートオブジェクトの作成と操作
    28. 覆い焼きと焼き込みを使用した画像の露出調整
  5. Photoshop web 版(ベータ版)
    1. よくある質問 | Photoshop web 版(ベータ版) 
    2. ワークスペースの概要
    3. 必要システム構成 | Photoshop web 版(ベータ版)
    4. キーボードショートカット | Photoshop web 版(ベータ版)
    5. サポートされるファイルの種類 | Photoshop Web ベータ版
    6. クラウドドキュメントを開いて操作する
    7. 関係者との共同作業
    8. クラウドドキュメントに対する制限付き編集の適用
  6. クラウドドキュメント
    1. Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問
    2. Photoshop クラウドドキュメント | ワークフローに関する質問
    3. Photoshop でのクラウドドキュメントの管理と操作
    4. Photoshop 用クラウドストレージのアップグレード
    5. クラウドドキュメントを作成または保存できない
    6. Photoshop クラウドドキュメントのエラーを解決する
    7. クラウドドキュメントの同期ログの収集
    8. アクセスを共有してクラウドドキュメントを編集
    9. アプリ内でファイルとコメントを共有する
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. ドキュメントの作成
    3. Photoshop での Touch Bar の使用
    4. Photoshop での Microsoft Dial のサポート
    5. ツールギャラリー
    6. パフォーマンス環境設定
    7. ツールの使用
    8. タッチジェスチャー
    9. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    10. テクノロジープレビュー
    11. メタデータと注釈
    12. 作品の手軽な配信
    13. ほかのアプリケーションへの Photoshop 画像の配置
    14. 環境設定
    15. 初期設定のショートカットキー
    16. 定規
    17. プリントしないエクストラの表示または非表示
    18. 画像のコラムの指定
    19. 取り消しおよびヒストリー
    20. パネルとメニュー
    21. ファイルの配置
    22. スナップを使用した要素の配置
    23. ものさしツールを使用した配置
    24. プリセット
    25. キーボードショートカットのカスタマイズ
    26. グリッドとガイド
  8. Web、画面、アプリデザイン
    1. デザインに最適な Photoshop
    2. アートボード
    3. デバイスプレビュー
    4. レイヤーから CSS をコピー
    5. Web ページのスライス
    6. スライスの HTML オプション
    7. スライスのレイアウトの変更
    8. Web グラフィックの使用
    9. Web フォトギャラリーの作成
  9. 画像とカラーの基本
    1. 画像のサイズを変更する方法
    2. ラスター画像とベクトル画像の操作
    3. 画像サイズと解像度
    4. カメラやスキャナーからの画像の取り込み
    5. 画像を作成、開く、読み込む
    6. 画像の表示
    7. 無効な JPEG マーカーエラー | 画像を開く
    8. 複数の画像の表示
    9. カラーピッカーとスウォッチのカスタマイズ
    10. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    11. 画像のカラーの適用
    12. カラーモードの変換
    13. カラーモード
    14. 画像の一部の消去
    15. 描画モード
    16. カラーの選択
    17. インデックスカラーのカラーテーブルのカスタマイズ
    18. 画像情報
    19. ゆがみフィルターが使用できない
    20. カラーについて
    21. チャンネルを使用したカラーおよびモノクロの補正
    22. カラーパネルとスウォッチパネルでのカラーの選択
    23. サンプル
    24. カラーモードまたは画像モード
    25. 色かぶり
    26. アクションへの条件付きモード変更の追加
    27. HTML CSS と SVG からスウォッチを追加
    28. ビット数と環境設定
  10. レイヤー
    1. レイヤーの基本
    2. 非破壊編集
    3. レイヤーとグループの作成および管理
    4. レイヤーの選択、グループ化、リンク
    5. 画像をフレームに配置する
    6. レイヤーの不透明度と描画
    7. レイヤーのマスク
    8. スマートフィルターの適用
    9. レイヤーカンプ
    10. レイヤーの移動、重なり順の変更およびロック
    11. ベクトルマスクによるレイヤーのマスク
    12. レイヤーとグループの管理
    13. レイヤー効果とレイヤースタイル
    14. レイヤーマスクの編集
    15. アセットを抽出
    16. クリッピングマスクを使用したレイヤーの表示
    17. レイヤーからの画像アセットの生成
    18. スマートオブジェクトの操作
    19. 描画モード
    20. 複数の画像のグループ写真への合成
    21. レイヤーを自動合成を使用して画像を結合
    22. レイヤーの整列と分布
    23. レイヤーから CSS をコピー
    24. レイヤーまたはレイヤーマスクの境界線からの選択範囲の読み込み
    25. ノックアウトして他のレイヤーからコンテンツを表示
    26. レイヤー
    27. レイヤーの統合
    28. 合成
    29. 背景色
  11. 選択範囲
    1. 選択とマスクワークスペース
    2. クイック選択の実行
    3. 選択の基本を学ぶ
    4. 選択ツールによる選択
    5. なげなわツールによる選択
    6. 画像内のカラーの範囲の選択
    7. ピクセル選択範囲の補正
    8. パスと選択範囲の境界線の変換
    9. チャンネルの基本
    10. 選択したピクセルの移動、コピー、削除
    11. 一時的なクイックマスクの作成
    12. 選択範囲とアルファチャンネルマスクの保存
    13. 画像の焦点領域の選択
    14. チャンネルの複製、分割、および統合
    15. チャンネルの演算
    16. 選択範囲
    17. バウンディングボックス
  12. 画像調整
    1. 遠近法ワープ
    2. カメラの振動によるぶれの軽減
    3. 修復ブラシの使用例
    4. カラールックアップテーブルの書き出し
    5. 画像のシャープとぼかしの調整
    6. カラー調整について
    7. 「明るさ・コントラスト」補正の適用
    8. シャドウとハイライトのディテールの調整
    9. レベル補正
    10. 色相と彩度の調整
    11. 自然な彩度の調整
    12. 画像領域内のカラーの彩度の調整
    13. 色調のクイック補正
    14. 画像への特殊なカラー効果の適用
    15. カラーバランスの補正による画像の演出
    16. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    17. ヒストグラムとピクセル値の表示
    18. 画像のカラーの適用
    19. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    20. カラー画像の白黒画像への変換
    21. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    22. トーンカーブの補正
    23. 描画モード
    24. 出力用画像のターゲット指定
    25. レベル補正およびトーンカーブスポイトツールを使用したカラーと色調の補正
    26. HDR の露光量とトーンの調整
    27. フィルター
    28. ぼかし
    29. 画像領域の覆い焼きまたは焼き込み
    30. 特定色域の色調の補正
    31. オブジェクトカラーの置き換え
  13. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw の必要システム構成
    2. Adobe Camera Raw の新機能
    3. Camera Raw の紹介
    4. パノラマの作成
    5. サポート対象レンズ
    6. Camera Raw の周辺光量補正、粒状、かすみの除去の効果
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. Camera Raw の自動的な遠近法の補正
    9. Camera Raw で非破壊的な編集を行う方法
    10. Camera Raw の円形フィルター
    11. Camera Raw 設定の管理
    12. Camera Raw での画像のオープン、処理、および保存
    13. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールで画像を修復
    14. 画像の回転、切り抜きおよび調整
    15. Camera Raw でのカラーレンダリングの調整
    16. 機能の概要 | Adobe Camera Raw | 2018 年リリース
    17. 新機能の概要
    18. Camera Raw のプロセスバージョン
    19. Camera Raw での部分補正
  14. 画像の修復および復元
    1. コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して写真からオブジェクトを削除
    2. コンテンツに応じたパッチと移動
    3. 写真のレタッチと修復
    4. 画像のゆがみとノイズの修正
    5. 多くの問題を解決するための基本的なトラブルシューティング手順
  15. 画像変換
    1. オブジェクトの変形
    2. 切り抜き、回転およびカンバスサイズを調整
    3. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    4. パノラマ画像の作成と編集
    5. 画像、シェイプ、パスのワープ
    6. Vanishing Point
    7. ゆがみフィルターの使用
    8. コンテンツに応じた拡大・縮小
    9. 画像、シェイプ、パスの変形
    10. ワープ
    11. 変形
    12. パノラマ
  16. 描画とペイント
    1. 対称パターンのペイント
    2. 長方形の描画とストロークオプションの変更
    3. 描画の概要
    4. シェイプの描画と編集
    5. ペイントツール
    6. ブラシの作成と修正
    7. 描画モード
    8. パスへのカラーの追加
    9. パスの編集
    10. 混合ブラシによるペイント
    11. ブラシプリセット
    12. グラデーション
    13. グラデーション補間
    14. 選択範囲、レイヤーおよびパスの塗りつぶしおよび境界線の描画
    15. ペンツールによる描画
    16. パターンの作成
    17. パターンメーカーを使用したパターンの生成
    18. パスの管理
    19. パターンライブラリとプリセットの管理
    20. グラフィックタブレットによる描画またはペイント
    21. テクスチャブラシの作成
    22. ブラシへの動的な要素の追加
    23. グラデーション
    24. アートヒストリーブラシによる、スタイル化されたストロークのペイント
    25. パターンによるペイント
    26. 複数のデバイスでのプリセットの同期
  17. テキスト
    1. OpenType SVG フォントの操作
    2. 文字の書式設定
    3. 段落の書式設定
    4. テキスト効果の作成方法
    5. テキストの編集
    6. 行と文字の間隔
    7. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
    8. フォント
    9. フォントのトラブルシューティング
    10. 日本語、中国語、韓国語のテキスト
    11. テキストの入力
    12. Photoshop で文字ツールを使用したときのテキストエンジンエラー | Windows 8
    13. アジア言語スクリプト用多言語対応コンポーザー
    14. Photoshop でのテキストの追加および編集方法
  18. ビデオとアニメーション
    1. Photoshop でのビデオの編集
    2. ビデオおよびアニメーションレイヤーの編集
    3. ビデオとアニメーションの概要
    4. ビデオとアニメーションのプレビュー
    5. ビデオレイヤーのフレームのペイント
    6. ビデオファイルと画像シーケンスの読み込み
    7. フレームアニメーションの作成
    8. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    9. タイムラインアニメーションの作成
    10. ビデオ用の画像の作成
  19. フィルターと効果
    1. ゆがみフィルターの使用
    2. ぼかしギャラリーの使用
    3. フィルターの基本
    4. フィルター効果リファレンス
    5. 照明効果の追加
    6. 広角補正フィルターの使用
    7. 油彩フィルターの使用
    8. レイヤー効果とレイヤースタイル
    9. 特定フィルターの適用
    10. 画像領域をこする
  20. 保存と書き出し
    1. Photoshop でのファイルの保存
    2. Photoshop でのファイルの書き出し
    3. サポートされているファイル形式
    4. グラフィック形式でのファイルの保存
    5. Photoshop と Illustrator 間でのデザインの移動
    6. ビデオとアニメーションの保存と書き出し
    7. PDF ファイルを保存
    8. Digimarc 著作権保護
  21. プリント
    1. 3D オブジェクトのプリント
    2. Photoshop を使用したプリント
    3. カラーマネジメントを使用したプリント
    4. コンタクトシートと PDF プレゼンテーション
    5. ピクチャパッケージレイアウトでの写真のプリント
    6. スポットカラーのプリント
    7. ダブルトーン
    8. 業務用プリンターでの画像のプリント
    9. Photoshop からのカラー印刷の改善
    10. 印刷問題のトラブルシューティング | Photoshop
  22. 自動化
    1. アクションの作成
    2. データ駆動型グラフィックの作成
    3. スクリプト
    4. ファイルのバッチ処理
    5. アクションの再生と管理
    6. 条件付きアクションの追加
    7. アクションおよびアクションパネルについて
    8. アクションへのツールの記録
    9. アクションへの条件付きモード変更の追加
    10. プラグインとスクリプト用の Photoshop UI ツールキット
  23. カラーマネジメント
    1. カラーマネジメントの設定
    2. 一貫した色の保持
    3. カラー設定
    4. カラープロファイルの操作
    5. オンライン表示用ドキュメントのカラーマネジメント
    6. 印刷時におけるドキュメントのカラーマネジメント
    7. 読み込んだ画像のカラーマネジメント
    8. 色の校正
  24. コンテンツ認証情報
    1. コンテンツ認証情報の詳細
    2. NFT の ID と来歴
    3. クリエイティブ属性のアカウントの接続
  25. 3D と技術的な画像の処理
    1. Photoshop の 3D 機能 | 廃止された 3D 機能に関するよくある質問
    2. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    3. 3D オブジェクトのプリント
    4. 3D ペイント
    5. 3D パネルの拡張機能 | Photoshop
    6. 3D の基本概念とツール
    7. 3D レンダリングと保存
    8. 3D オブジェクトおよび 3D アニメーションの作成
    9. 画像のスタック
    10. 3D ワークフロー
    11. 計測
    12. DICOM ファイル
    13. Photoshop と MATLAB
    14. 画像内のオブジェクトのカウント
    15. 3D オブジェクトの結合と変換
    16. 3D テクスチャ編集
    17. HDR の露光量とトーンの調整
    18. 3D パネルの設定

スマートオブジェクトについて

スマートオブジェクトは、Photoshop や Illustrator ファイルなどのラスター画像やベクトル画像からの画像データを含むレイヤーです。スマートオブジェクトでは、すべてのデータ特性とともに元の画像のコンテンツを保持するため、非破壊編集をおこなうことができます。

Photoshop では、画像のコンテンツを Photoshop ドキュメントに埋め込むことができます。Photoshop では、外部の画像ファイルが参照するコンテンツを含む、リンクされたスマートオブジェクトも作成できるようになりました。ソースの画像ファイルに変更があると、リンクされたスマートオブジェクトのコンテンツが更新されます。

リンクされたスマートオブジェクトは、Photoshop ドキュメントに含まれるスマートオブジェクトの重複インスタンスとは異なります。リンクされたスマートオブジェクトを使うと、複数の Photoshop ドキュメント間で共有ソースファイルを使うことができます。これは、Web デザイナーにとって馴染みのある、歓迎すべきコンセプトです。

スマートオブジェクトの利点

スマートオブジェクトを使用すると、次のことができます。

  • 元のデータを損なわずに変形を行えます。元の画像データへの変更はおこなわずに、元画像データや画質を保持したまま、レイヤーに拡大・縮小、回転、ゆがみ、変形、遠近法、ワープを適用することができます。

  • Illustrator のベクトルアートワークなどのベクトルデータを処理できます(スマートオブジェクトを使用せずに読み込んだ場合、Photoshop ではラスタライズされます)。

  • 元のデータを損なわずにフィルターを適用できます。スマートオブジェクトに適用されたフィルターはいつでも編集できます。

  • 1 つのスマートオブジェクトを編集するだけで、コピーした複数のインスタンスがすべて自動的に更新されます。

  • リンクされたレイヤーマスク、またはリンクされていないレイヤーマスクをスマートオブジェクトレイヤーに適用します。

  • 低解像度のプレースホルダー画像に様々なデザインを試します。このデザインは後で最終的な画像に置き換わります。

ピクセルデータを変更する処理(ペイント、覆い焼き、焼き込み、コピースタンプなど)、つまりスマートオブジェクトのレイヤーを直接編集する処理は実行できません。スマートオブジェクトから通常のレイヤーに変換すると、ラスタライズされるため可能になります。ピクセルデータを変更する処理は、スマートオブジェクトのコンテンツを編集したり、スマートオブジェクトレイヤーの上に新規レイヤーをコピーしたり、スマートオブジェクトのコピーを編集したり、新しいレイヤーを作成することで実行できます。

注意:

スマートフィルターが適用されたスマートオブジェクトを変形する場合、Photoshop は変形が実行される間フィルター効果をオフにします。フィルター効果は、変形が完了すると再度適用されます。詳しくは、スマートフィルターの適用を参照してください。

Photoshop スマートオブジェクトの利点
通常のレイヤーとレイヤーパネルのスマートオブジェクト。サムネールの右下隅のアイコンは、スマートオブジェクトを示します。

Photoshop レイヤーパネル内のスマートオブジェクト
(Photoshop)レイヤーパネル内のリンクされたスマートオブジェクト

埋め込みスマートオブジェクトの作成

埋め込みスマートオブジェクトは、「スマートオブジェクトとして開く」コマンドの使用、ファイルの配置(Photoshop CS6)、埋め込みとしてのファイルの配置(Photoshop、および Photoshop CS6)、Illustrator からのデータのペースト、Photoshop レイヤー(複数可)のスマートオブジェクトへの変換によって作成できます。

  1. 必要に応じて次のいずれかの操作を行います。
    • (Photoshop)ファイル/埋め込みを配置を選択して、開いている Photoshop ドキュメントに、スマートオブジェクトとしてファイルを読み込みます。
    • ファイル/スマートオブジェクトとして開くを選択します。ファイルを選択して「開く」をクリックします。
    • (Photoshop CS6)ファイル/配置を選択して、開いている Photoshop ドキュメントにスマートオブジェクトとしてファイルを読み込みます。
    注意:

    JPEG ファイルは配置できますが、レイヤーの追加、ピクセルの修正およびデータを失わないファイルの再保存が可能な PSD、TIFF、PSB ファイルを配置することをお勧めします(修正した JPEG ファイルを保存すると、複数の新規レイヤーを統合して画像を再圧縮する必要があるため、画質が低下します)。

    • レイヤー/スマートオブジェクト/スマートオブジェクトに変換を選択して、選択したレイヤーをスマートオブジェクトに変換します。
    • Bridge で、ファイル/配置/Photoshop 内を選択し、開いている Photoshop ドキュメントに、スマートオブジェクトとしてファイルを読み込みます。
    • 1 つまたは複数のレイヤーを選択し、レイヤー/スマートオブジェクト/スマートオブジェクトに変換を選択します。レイヤーが、1 つのスマートオブジェクトにまとめられます。

    • PDF または Adobe Illustrator レイヤーまたはオブジェクトを Photoshop ドキュメントにドラッグします。

    • Illustrator のアートワークを Photoshop ドキュメントにペーストし、ペーストダイアログボックスでスマートオブジェクトを選択します。柔軟性を最大限にするため、Adobe Illustrator の環境設定ダイアログボックスの「ファイル管理・クリップボード」セクションで「PDF」と「AICB(透明サポートなし)」の両方を有効にしてください。

リンクされたスマートオブジェクトの作成 | Photoshop

注意:

リンクされたスマートオブジェクト機能は、Photoshop CC バージョン 14.2 (2014 年 1 月)以降で使用可能です。

Photoshop では、リンクされたスマートオブジェクトを作成できます。ソースの画像ファイルに変更があると、リンクされたスマートオブジェクトのコンテンツが更新されます。リンクされたスマートオブジェクトは、複数のデザイン間でアセットを再利用する必要がある場合や、チームにとって特に便利です。

リンクされたスマートオブジェクトを作成するには、次の手順に従います。

  1. ファイル/リンクを配置
    を選択します。
  2. 適切なファイルを選択して、「配置」をクリックします。

リンクされたスマートオブジェクトが作成され、リンクアイコン()の付いたレイヤーパネルに表示されます。

注意:

また、次のキーを押しながら適切なファイルをドラッグアンドドロップして開かれたドキュメント内でリンクされたスマートオブジェクトを作成することもできます。

(Windows) Alt キー
(Mac OS) Option キー

この初期設定の動作を変更するには、環境設定/一般/配置時にスマートオブジェクトを常に作成をオフにします。

リンクされたスマートオブジェクトを使用したファイルサイズの縮小

リンクされたスマートオブジェクトは、スマートオブジェクトを含むドキュメントにソースファイルを埋め込むのではなく、外部ファイルとの依存関係を維持するため、通常、ファイルサイズは大幅に小さくなります。リンクされたスマートオブジェクトでは、オブジェクトが含まれるドキュメント内に元のファイルが格納されることはありませんが、元のファイルの画像データを統合し、拡大・縮小したバージョンが格納されます。場合によっては、このデータのサイズが元のファイルのサイズより非常に大きく、ファイルサイズの削減がごくわずかに見えることがあります。

リンクされたスマートオブジェクトの更新

外部ソースファイルを参照している Photoshop ドキュメントが開いている最中に、この外部ソースファイルに変更があった場合、関連のあるリンクされたスマートオブジェクトは自動的に更新されます。同期していないリンクされたスマートオブジェクトを含む Photoshop ドキュメントを開くと、次のいずれかの操作でスマートオブジェクトを更新できます。

  • リンクされたスマートオブジェクトのレイヤーを右クリックして、「変更されたコンテンツを更新」を選択します。
  • レイヤー/スマートオブジェクト/変更されたコンテンツを更新を選択します。

ソース画像に変更のあった、リンクされたスマートオブジェクトは、レイヤーパネル内で強調表示されます。

Photoshop レイヤーパネル内で強調表示されている、同期していない、リンクされたスマートオブジェクト
同期していない、リンクされたスマートオブジェクトは、レイヤーパネル内で強調表示されます。

注意:

レイヤー/スマートオブジェクト/変更されたすべてのコンテンツを更新
を選択すると、現在の Photoshop ドキュメントに含まれる、すべてのリンクされたスマートオブジェクトを更新できます。

Photoshop レイヤーパネル内で強調表示されている、外部ソースファイルが見つからない、リンクされたスマートオブジェクト
外部ソースファイルが見つからない、リンクされたスマートオブジェクトは、レイヤーパネル内で強調表示されます。

注意:

リンクされたスマートオブジェクトへの変更を検出中、またはリンクされたスマートオブジェクトの更新中に、Photoshop は直近のリンクされたファイルのみを認識します。スマートオブジェクト内でネストしたリンクは更新されません。

見つからない外部ソースにリンクされたスマートオブジェクトを解決するには、次の手順に従います。

  1. リンクされたスマートオブジェクトレイヤーアイコンを右クリックし、「破損したリンクを解決」を選択します。
  2. 見つからないオブジェクトの新しい位置へ移動します。
  3. 配置」をクリックします。

リンクされたスマートオブジェクトの属性の表示

レイヤーパネル内で選択した、リンクされたスマートオブジェクトレイヤーで、ウィンドウ/属性を選択します。

次の属性が表示されます。

  • リンクされたスマートオブジェクトの外部ソースファイルのパス
  • リンクされたスマートオブジェクトのサイズと位置座標(X, Y)

次のアクションは属性パネル内から直接実行できます。

  • 外部画像ファイルのコンテンツの編集。必要な場合は、Photoshop によって、ソース画像ファイルを処理できる外部アプリケーションが開かれます。例えば、Photoshop は、外部ソース画像が .ai ファイルの場合、Adobe Illustrator を開きます。
  • 現在のドキュメント内へのリンクされたスマートオブジェクトの埋め込み

リンクされたスマートオブジェクトを埋め込む

次のいずれかの操作をおこないます。

  • レイヤーパネル内でリンクされたスマートオブジェクトレイヤーを右クリックし、「リンクされたアイテムの埋め込み」を選択します。
  • レイヤー/スマートオブジェクト/リンクされたアイテムの埋め込みを選択します。
  • 属性パネルで、「埋め込み」をクリックします。
注意:

レイヤー/スマートオブジェクト/リンクされたすべてのアイテムの埋め込みを選択して、Photoshop ドキュメントにすべてのリンクされたスマートオブジェクトを埋め込みます。

リンクされたスマートオブジェクトのパッケージ化

ソースファイルがコンピューター上のフォルダーに保存されるように、リンクされたスマートオブジェクトを Photoshop ドキュメントにパッケージ化できます。Photoshop ドキュメントのコピーは、ソースファイルと一緒にフォルダーに保存されます。

  1. ファイル/パッケージを選択します。
  2. ソースファイルと Photoshop ドキュメントのコピーを配置する場所を選択します。

ドキュメント内のオーディオとビデオがリンクされたスマートオブジェクトも同様にパッケージ化されます。

注意:

リンクされたスマートオブジェクトをパッケージ化する前に、スマートオブジェクトを含むファイルを保存する必要があります。

Photoshop がリンクされたファイルを検索する方法

Photoshop は常に最後に認識した相対位置でリンクされたファイルを検索します。その場所でリンクされたファイルが見つからない場合、Photoshop は次のように検索します。

  • 最後に認識した絶対位置
  • 保存されたエイリアスを使用(Mac OS のみ)
  • ドキュメントの保存フォルダーと同じフォルダー

この動作によって、破損したリンクが生じるリスクを最小限に抑えて、プロジェクトフォルダーとファイルを移動、コピー、および共有できます。

注意:

不足しているアセットを解決するダイアログには、見つからないソースファイルが最後に認識された絶対パスが常に表示されます。

埋め込みスマートオブジェクトをリンクされたスマートオブジェクトに変換

埋め込みスマートオブジェクトをリンクされたスマートオブジェクトに変換することができます。埋め込みスマートオブジェクトに適用されている変形、フィルターおよびその他の効果は、スマートオブジェクトを変換した際も保持されます。

次の操作を行います。

  1. Photoshop ドキュメントで埋め込まれたスマートオブジェクトレイヤーを選択します。
  2. レイヤー/スマートオブジェクト/リンクされたアイテムに変換を選択します。
  3. ソースファイルを保存するコンピューター上の場所を選択します。サポートされる拡張子を含むファイルの名前を入力します。link_file.jpg などです。

スマートオブジェクト | Photoshop によるレイヤーパネルのフィルター

  1. レイヤーパネルで、フィルタリングポップアップメニューから「スマートオブジェクト」を選択します。
Photoshop スマートオブジェクトによるレイヤーのフィルター
スマートオブジェクトによるレイヤーのフィルター

  1. 次のアイコンのいずれかをクリックします。
  •     リンクされた最新のスマートオブジェクト用フィルター
  •     リンクされた古いスマートオブジェクト用フィルター
  •     リンクされた不足しているスマートオブジェクト用フィルター
  •     埋め込みスマートオブジェクト用フィルター
注意:

切り替えスイッチ()を使用して、レイヤーのフィルタリングをオフにすることができます。

埋め込まれたスマートオブジェクトの複製

  1. レイヤーパネルでスマートオブジェクトレイヤーを選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • 元の画像にリンクされたスマートオブジェクトの複製を作成するには、レイヤー/新規/選択範囲をコピーしたレイヤーを選択するか、またはレイヤーパネル下部にある新規レイヤーを作成ボタンにスマートオブジェクトレイヤーをドラッグします。元の画像に加えた変更はコピーにも影響します。また、逆の場合も同じです。

    • 元のスマートオブジェクトにリンクされない複数のスマートオブジェクトを作成するには、レイヤー/スマートオブジェクト/スマートオブジェクトを複製を選択します。元の画像に加えた変更はコピーには影響しません。

    レイヤーパネルに、元のスマートオブジェクトと同じ名前の後に「のコピー」という接尾辞の付いた、新しいスマートオブジェクトが表示されます。

スマートオブジェクトのコンテンツの編集

スマートオブジェクトを編集する場合、Photoshop(コンテンツがラスタライズされたデータまたは camera raw ファイルの場合)または初期設定で配置された形式を処理するアプリケーション(例えば、Adobe Illustrator または Adobe Acrobat)のいずれかでソースコンテンツが開きます。元のコンテンツへの変更を保存すると、Photoshop ドキュメント内にある、リンクされたコピーを含むすべてのスマートオブジェクトに編集が反映されます。

  1. レイヤーパネルからスマートオブジェクトを選択して、次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤー/スマートオブジェクト/コンテンツを編集を選択します。
    • レイヤーパネルで、スマートオブジェクトのサムネールをダブルクリックします。
    • 属性パネルで、「コンテンツを編集」をクリックします。
  2. 「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  3. 元のコンテンツファイルを編集し、ファイル/保存を選択します。

    Photoshop は、変更内容を反映するようにスマートオブジェクトを更新します(変更が反映されない場合、スマートオブジェクトを含む Photoshop ドキュメントをアクティブにしてください)。

スマートオブジェクトの内容の置き換え

1 つのスマートオブジェクトや複数のリンクされたインスタンスの画像データを置き換えることができます。この機能により、ビジュアルデザインの更新や、低解像度のプレースホルダー画像の最終的な画像への置き換えがすばやく行えます。

注意:

スマートオブジェクトを置き換えると、拡大・縮小やワープ、最初のスマートオブジェクトに適用された効果は保持されます。

  1. スマートオブジェクトを選択し、レイヤー/スマートオブジェクト/コンテンツを置き換えを選択します。
  2. 使用するファイルがある場所に移動して、「配置」をクリックします。
  3. 「OK」をクリックします。

    新しいコンテンツがスマートオブジェクト内に配置されます。

埋め込まれたスマートオブジェクトまたはリンクされたスマートオブジェクトのレイヤーへの変換

Photoshop 21.0(2019 年 11 月リリース)で導入

Photoshop ドキュメント内で直接、埋め込まれたスマートオブジェクトやリンクされたスマートオブジェクトをコンポーネントレイヤーに変換できます。スマートオブジェクトに複数のレイヤーがある場合、それらのレイヤーはレイヤーパネル内の新しいレイヤーグループに展開されます。複数のレイヤーを含むスマートオブジェクトの変形およびスマートフィルターは、展開時に保持されません。 

スマートオブジェクトをコンポーネントレイヤーに変換
スマートオブジェクトをコンポーネントレイヤーに変換

  1. レイヤーパネルからスマートオブジェクトレイヤーを選択します。

  2. 必要に応じて次のいずれかの操作をおこないます。

    • スマートオブジェクトレイヤーを右クリック(Win)または Control キーを押しながらクリック(Mac)して、コンテキストメニューからレイヤーに変換を選択します。
    • メニューバーから、レイヤー/スマートオブジェクト/レイヤーに変換を選択します。
    • 属性パネルで、レイヤーに変換をクリックします。
    • レイヤーパネルのオプションメニューから、レイヤーに変換を選択します。
  3. レイヤーパネルのレイヤーグループにレイヤーが展開されます。

埋め込まれたスマートオブジェクトまたはリンクされたスマートオブジェクトのラスタライズ

スマートオブジェクトデータを編集する必要がなくなった場合は、スマートオブジェクトのコンテンツをラスタライズして通常のレイヤーにすることができます。スマートオブジェクトがラスタライズされた後は、そのスマートオブジェクトに適用された変形、ワープ、フィルターは編集できなくなります。

スマートオブジェクトを選択し、レイヤー/スマートオブジェクト/ラスタライズを選択します。 

注意:

スマートオブジェクトを再び作成するには、元のレイヤーを再選択して、最初からやり直します。新しいスマートオブジェクトには、元のスマートオブジェクトに適用されていた変形は引き継がれません。

埋め込まれたスマートオブジェクトのコンテンツの書き出し

  1. レイヤーパネルからスマートオブジェクトを選択し、レイヤー/スマートオブジェクト/コンテンツを書き出しを選択します。

  2. スマートオブジェクトのコンテンツの場所を選択して、「保存」をクリックします。

    Photoshop は、スマートオブジェクトを元のファイル形式(JPEG、AI、TIF、PDF およびその他の形式)で書き出します。スマートオブジェクトが複数のレイヤーから作成された場合は、PSB 形式で書き出されます。

スマートオブジェクト変形のリセット

スマートオブジェクトを変形した場合は、次のいずれかの操作を行って、以前に適用したすべての変形をリセットできます。

  • スマートオブジェクトレイヤーを右クリックし、「変形のリセット」を選択します。
  • レイヤースマートオブジェクト変形のリセットを選択します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン