iPad 版 Photoshop 2020 年 5 月リリース(バージョン 1.4)の新機能について説明します。
トーンカーブの色調補正

トーンカーブの色調補正でコンポジットを修正

iPad 版 Photoshop で、トーンカーブを使用して色調補正を行い、コンポジットを修正できるようになりました。

Apple Pencil の筆圧感度

Apple Pencil の筆圧を調整

Apple Pencil の筆圧感度を調整し、ブラシでより繊細な線を描くことができます。この設定は、iPad 版 Photoshop のアプリケーションの設定で行います。

トーンカーブの色調補正でコンポジットを修正

デスクトップ版の Photoshop と同様に、iPad でもトーンカーブの色調補正を使用して Photoshop ドキュメントの色調を編集できます。適用した色調補正はいつでも削除できます。元のドキュメントに簡単に復元できます。色調補正は新しいレイヤーとして追加されるので、外観を壊さずにコ編集することができます。

トーンカーブの色調補正を適用する手順は次のとおりです。

  1. タスクバーの を長押しし、追加のレイヤーオプションを開きます。「新規レイヤー」、「調整レイヤー」、「新しい空白グループ」「新規レイヤーとしてペースト」が表示されます。「調整レイヤー」を選択します。
  2. 色調補正」で補正オプションを選択します。「明るさ・コントラスト」、「白黒編集」、「カラーバランス」、「トーンカーブ」、「露光量」、「色相・彩度」、「レベル補正」または「自然な彩度」を選択できます。「トーンカーブ」を選択します。
  3. レイヤーのプロパティ パネルの「トーンカーブ」で、ヒストグラムに表示されている斜めの直線上の任意の部分をタップしてノードを追加します。斜線上にノードを追加して移動すると、カーブの形状が変わり、補正が反映されます。ノードを設定せずに、入力値と出力値を直接入力して色調補正を適用することもできます。
  4. をタップしてノードを削除します。
  5. 初期化」をタップして、トーンカーブをリセットし、適用した色調補正を削除します。
iPad 版 Photoshop でトーンカーブの色調補正を使用する
iPad 版 Photoshop でトーンカーブの色調補正を使用する

トーンカーブの使い方については、次の文書を参照してください。

Apple Pencil の筆圧感度を調整

iPad 版 Photoshop で Apple Pencil の筆圧感度を調整できるようになりました。ブラシやコピーなどで、より繊細な操作を行うことができます。 

Apple Pencil の設定を調整するには、ホーム画面の右上隅にあるアプリの設定アイコンをタップし、入力/Apple Pencil の順に選択します。必要なブラシ操作に合わせて、筆圧感度スライダーで感度を調整します。

スライダーを左端へ動かすと、Pencil の感度が上がり、軽いタッチで濃い線を描くことができます。スライダーを右端へ動かすと、Pencil の感度が鈍くなり、濃い線を引くには強くタッチする必要があります。スライダーを右端に設定すると、ブラシの線は細くなり、左端に設定すると太くなります。

Apple Pencil の筆圧感度でブラシストロークを調整
Apple Pencil の筆圧感度を設定して、ブラシ操作を調整できます。

Apple Pencil の筆圧感度の詳細については、「ブラシを使った描画とペイント」を参照してください。

お客様からご指摘のあった問題の修正

詳しくは、「Photoshop で解決された問題」をご覧ください。