iPad 版 Photoshop でデフォルトのブラシを使って描画とペイントを行う方法について説明します。

アイデアが浮かんだときに、iPad 版 Photoshop では、ブラシを使って描画とペイントを行うことができます。

何から始めればよいでしょう。まず、ブラシの種類を選んでコンポジットを作成します。

ブラシの種類を選択する方法

1.ツールバーから をタップし、ブラシツールを選択します。

2.ブラシアイコンの右下隅に小さな三角形があります。これは、非表示のツールオプションがあることを意味します。ブラシアイコンを長押しすると、ブラシパネルが表示されます。

3.表示されたブラシパネルに、デフォルトのブラシの種類が表示されます。目的のブラシの種類をタップして選択し、キャンバスに適用します。

注:ブラシツールを開いたときに、前のセッションで使用したブラシの種類が選択されています。いつでもブラシパネルに戻り、ブラシを変更できます。

さまざまなブラシオプションから選択

ブラシプロパティの調整

フローティングオプションパネルで、作業に合わせてブラシのプロパティを調整できます。

ツールオプションを表示するには、ツールバーのブラシアイコンをタップします。

ツールオプションでアイコンをタップし、次の属性を選択して変更します。
  • カラーチップ:カラーチップでは、カラーピッカーから色を選択することも、16 進のカラーコードを入力することもできます。また、HSB、RGB、Lab または CMYK を数値で設定することもできます。カラーチップを上下にスワイプするだけで、前景色と背景色が切り替わります。
  • ブラシサイズ:ブラシの直径を選択します。1 ~ 1000 ピクセルの間で設定できます。ブラシのサイズを変えると、ツールオプションバーの横にブラシの先端がプレビューされます。
  • 不透明度:ブラシストロークに適用する色の最大透明度を設定します。100% に設定すると、不透明になります。領域の上からペイントするときに、ストロークが完了するまで、設定レベルを超える不透明度になることはありません(領域の上を何度ペイントしても同じです)。
  • 硬さ:ブラシの中心のサイズを設定します。ブラシの直径を表す値をパーセンテージで選択します。
  • その他のブラシ設定:3 つのドットアイコンをタップして、設定パネルを表示します。ブラシ設定の詳細については、「その他のブラシの設定」を参照してください。
iPad 版 Photoshop のブラシツールのオプション
iPad 版 Photoshop のブラシツールのオプション
カラーチップを上下にスワイプして色を切り替えます。
ツールオプションで、カラーチップを上下にスワイプして色を切り替えます。

その他のブラシ設定の適用

その他のブラシ設定にアクセスするには、ツールオプションバーの下部にある 3 つのドットアイコン()を選択します。必要に応じて、ブラシの設定を変更します。

  • 描画モード:アクティブなレイヤーとその下のレイヤーの描画方法を指定します。描画モードのアイコンをタップすると、使用可能なモードの一覧が表示されます。詳細については、「描画モード」を参照してください。
  • 真円率:ブラシの短軸と長軸の比率で表します。値をパーセンテージを選択します。値を 100% にすると、円ブラシになります。値を 0% にすると線形ブラシになります。中間値は楕円形のブラシになります。
  • 角度:楕円形ブラシまたはサンプルされたブラシの長軸が水平から回転する角度を指定します。角度の値(度数)を選択します。
  • インク流量:ドキュメントの領域に指やペンで色を塗るときのインクの量を設定します。
  • 滑らかさ:ブラシストロークの曲線を滑らかにします。値を高くすると、ストロークがより滑らかになります。スタイラスですばやくペイントした場合は便利なオプションですが、ストロークがレンダリングされるまで若干時間がかかることがあります。
  • 筆圧でサイズを設定:「筆圧でサイズを設定」を選択すると、ペイント時にブラシに加える圧力によってブラシの直径が変わります。
  • 筆圧で不透明度を設定:「筆圧で不透明度を設定」を選択すると、ペイント時にブラシに加える圧力によってブラシの透明度が変わります。
Photoshop モバイル版でのブラシの設定
ブラシの設定を変更します。

Apple Pencil の筆圧調整

iPad 版 Photoshop では、Apple Pencil の筆圧感度を調整して、より繊細なブラシ操作を行うことができます。Apple Pencil の設定手順は次のとおりです。

  1. ホーム画面の右上隅にある をタップします。
  2. アプリケーションの設定 ダイアログで、入力/Apple Pencil の順に選択します。
  3. Apple Pencil」で、筆圧感度スライダーを動かし、iPad 版 Photoshop でのブラシ操作を調整します。
    スライダーを左端へ動かすと、Pencil の感度が上がり、軽いタッチで濃い線を描くことができます。スライダーを右端へ動かすと、Pencil の感度が鈍くなり、濃い線を引くには強いタッチが必要になります。スライダーを右端に設定すると、ブラシの線は細くなり、左端に設定すると太くなります。
  4. 目的の効果が出るように、適切な感度を選択します。設定が完了したら、アプリケーションの設定ダイアログを閉じて、ブラシを使ってみましょう。
Apple Pencil の感度(強弱)を調整する
Apple Pencil の感度(強弱)を調整する

タッチショートカットの使用

ブラシツールのタッチショートカット
左:プライマリ タッチ ショートカット右:セカンダリ タッチショートカット

ブラシツールを使用しているときにプライマリタッチショートカットを有効にすると、消しゴムブラシを使用できます。セカンダリタッチショートカットを有効にすると、スポイトツールに切り替わります。

タッチショートカットの使い方については、「タッチショートカットとジェスチャー」を参照してください。