Photoshop の最新リリースで修正された問題をご確認ください。

Photoshop デスクトップ版

この文書では、お客様から報告され、各リリースで修正された問題の一覧を示します。問題を報告するには、フィードバックサイトまで問題を送信してください。

Photoshop で導入された機能の概要については、新機能の概要を参照してください。

2020 年 12 月(バージョン 22.1.0)リリース

2020 年 11 月(バージョン 22.0.1)リリース

2020 年 10 月(バージョン 22.0.0)リリース

2020 年 9 月(バージョン 21.2.4)リリース

2020 年 9 月(バージョン 21.2.3)リリース

2020 年 8 月(バージョン 21.2.2)リリース

  • 修飾キーパネルで修飾キー(Shift、Ctrl、Alt)をダブルクリックしても、ロック機能を適用できない

2020 年 7 月(バージョン 21.2.1)リリース

2020 年 6 月(バージョン 21.2)リリース

2020 年 5 月(バージョン 21.1.3)リリース

2020 年 4 月(バージョン 21.1.2)リリース

2020 年 3 月(バージョン 21.1.1)リリース

2020 年 2 月(バージョン 21.1.0)リリース

2020 年 1 月(バージョン 21.0.3)リリース

  • macOS)macOS アプリケーションに対する Apple の公証要件を満たすため、Hardened Runtime 機能を有効にしました。
  • Windows)「被写体を選択」で発生するクラッシュの問題を修正しました。

2019 年 12 月(バージョン 21.0.2)リリース

2019 年 11 月(バージョン 21.0.1)リリース

  • ホームまたは新規ドキュメントダイアログを長時間開いたままにするとフリーズする問題とパフォーマンスの問題を修正
  • Windows で別名保存ダイアログにアクセスしたときのパフォーマンスの問題を修正

2019 年 11 月(バージョン 21.0)リリース

以前のバージョン

2020 年 7 月(バージョン 20.0.10)リリース

  • セキュリティフィックス

2020 年 3 月(バージョン 20.0.9)リリース

2019 年 12 月(バージョン 20.0.8)リリース

2019 年 10 月(バージョン 20.0.7)リリース

  • macOS 10.15(Catalina)でプリセットの保存時に発生する問題またはプログラムエラーを修正
  • macOS 10.15(Catalina)でレイヤーをファイルへ書き出し、レイヤーカンプからファイル、レイヤーカンプから PDF が機能しない問題を修正

その他の互換性の問題については、「Photoshop と macOS Catalina(10.15)を参照してください。

統一を取るため、Windows のバージョン番号を 20.0.7 に変更しました。

2019 年 8 月(バージョン 20.0.6)リリース

  • セキュリティフィックス詳細については、この記事を参照してください。

2019 年 6 月(バージョン 20.0.5)リリース

2019 年 3 月(バージョン 20.0.4)リリース

2019 年 2 月(バージョン 20.0.3)リリース

2019 年 1 月(バージョン 20.0.2)リリース

2018 年 11 月(バージョン 20.0.1)リリース

2018 年 10 月(バージョン 20.0)リリース

2019 年 8 月(バージョン 19.1.9)リリース

  • セキュリティフィックス詳細については、この記事を参照してください。

2019 年 3 月(バージョン 19.1.8)リリース

  • セキュリティフィックス詳細については、この記事を参照してください。

2018 年 11 月(バージョン 19.1.7)リリース

  • セキュリティフィックス詳細については、この記事を参照してください。

2018 年 8 月(バージョン 19.1.6)リリース

  • .tga ファイルと .pct ファイルを開く際のメモリ破損の問題に対するセキュリティ修正。詳細については、この記事を参照してください。

2018 年 6 月(バージョン 19.1.5)リリース

2018 年 5 月(バージョン 19.1.4)リリース

2018 年 4 月(バージョン 19.1.3)リリース

2018 年 3 月(バージョン 19.1.2)リリース

2018 年 2 月(バージョン 19.1.1)リリース

  • プロパティパネルを使用中の問題:既定のトラッキング値は 1 で、負の値が機能しない
  • (Windows のみ)レンズフレアのプレビューが 175% と 225% で繰り返される。
  • ブラシツールでホバリングする際に Vanishing Point ピクセルデータが歪む
  • CanoScan 9000F Mark II スキャナーに指定されたパスを見つける際に発生する問題
  • (Windows のみ)フォントで矢印を指定すると、キャラクターパネルのフォント名フィールドで古いフォント名が点滅する

2018 年 1 月(バージョン 19.1)リリース

2017 年 11 月(バージョン 19.0.1)リリース

注意:

重要 - バージョン情報ダイアログとヘルプ/システム情報に正しいバージョンが表示されないという問題があります。詳細については、この文書を参照してください。

2017 年 10 月(バージョン 19.0)リリース

 

iPad 版 Photoshop

この文書では、お客様から報告され、各リリースで修正された問題の一覧を示します。引き続き Web のフィードバックフォーラムまたはアプリ内からバグの報告と機能リクエストをお願いいたします。

iPad 版 Photoshop で導入された機能の概要については、新機能の概要を参照してください。

2020 年 12 月(バージョン 2.0.2)リリース

今月のアップデートでは、iPadOS 14.x との互換性を改善するいくつかの修正が行われています。カメラロールへのアクセスが許可されていないときに写真を配置すると発生する「サポートされていないファイルタイプです」エラーも修正されています。

2020 年 10 月(バージョン 2.0)リリース

今月のアップデートには、クラウドドキュメントやその他の部分のパフォーマンスと安定性を向上させる修正が含まれています。

2020 年 9 月(バージョン 1.6.2)リリース

今月のアップデートでは、お客様から報告された問題の修正とアプリの改良が行われています。アドビでは、今後もお客様からのフィードバックを基に更新および改善を行っていきます。引き続きフィードバックやご感想をお送りください。

2020 年 8 月(バージョン 1.6.1)リリース

  • 調整レイヤーを使用するとアプリがクラッシュする問題を修正しました。
  • よりスムーズな操作を実現するため、ユーザーインターフェイスのいくつかの機能が強化されました。
  • アプリのパフォーマンスを向上させる修正を行いました。

2020 年 7 月(バージョン 1.6)リリース

調整レイヤーをダブルタップまたは追加するとクラッシュする問題を修正しました。

2020 年 6 月(バージョン 1.5)リリース

  • 文字ツールのフォント選択に関する問題を修正しました。
  • 「共有」ボタンをタップすると不要なブラシストロークが発生する問題を修正しました。

2020 年 5 月(バージョン 1.4.1)リリース

iPad 版 Photoshop がクラッシュする問題を修正しました。

2020 年 5 月(バージョン 1.4)リリース

  • 32 ビットファイルでテキストレイヤーを編集する際のバグを修正しました。
  • 新しい iOS の規格に合わせてツールバーが更新されました。以前よりもスムーズで、使いやすくなっています。

2020 年 2 月(バージョン 1.2.1)リリース

  • iPadOS 13.3 で、カラーピッカーを操作したり、レイヤーを複製するとクラッシュすることがあります。この問題を修正するには、iPadOS 13.4 にアップデートします。
  • デスクトップのモードに合わせてオーバーレイの選択範囲表示モードが反転します(ヒント:キーボードが接続されている場合は、F キーを押すと、選択範囲の表示モードが順番に切り替わります)。
  • メモリの少ない古い iPad モデルで「被写体を選択」のパフォーマンスが向上しました。
  • ぼかし(ガウス)ツールを表示したときの UI のバグが修正されました。

2020 年 1 月(バージョン 1.1.1)リリース

今回のリリースでは、スムーズな操作性を実現するため、いくつかのバグ修正を行いました。

  • 被写体を選択でアプリケーションがクラッシュする問題の一部を解決しました。
  • ドキュメントを開くときに Creative Cloud アカウントのストレージが 100% に達し、アプリケーションがクラッシュする問題の一部を解決しました。

新しい機能に対するリクエストやバグの報告をいただき、ありがとうございます。

2019 年 12 月(バージョン 1.1)リリース

このリリースでは、多くのバグが修正されています。改善された主な問題は次のとおりです。

  • クラウドドキュメント:クラウドドキュメントのアップロードとダウンロードの時間が短縮されるようにパフォーマンスを最適化しました。
  • ユーザーインターフェイス:レイヤーサムネール、ポップアップの表示、オフライン中の更新、ツールオプションに関する問題を修正するため、UI を調整しました。
  • ブラシ:マスキングで、不要なブラシストロークが表示されたり、ブラシストロークが予期したとおり機能しない問題を解決しました。
  • 画像の配置:フォルダーが正しく同期されるように Creative Cloud ライブラリを更新しました。また、Adobe Stock のライセンス写真と透かしの問題も解決しました。
  • テキスト:大文字と小文字、新規レイヤーの「取り消し」アクション、日本語テキストに関する問題の一部を解決しました。
  • 入力:ぼかし(ガウス)とタッチショートカットツールを改善し、キーボードと UI のバグに関する問題を解決しました。
  • その他:ファイルの表示、画像サイズの設定、分割表示で発生した UI のバグの一部を修正しました。

2019 年 11 月(バージョン 1.0.2)リリース

アドビでは、製品サービスに対するご意見をもとに、品質の向上に務めています。皆様からのフィードバックの実現、バグの解決を行うため、小規模なアップデートを頻繁に提供し、Photoshop のエクスペリエンスを継続的に向上させています。

  • 登録方法が分からないというご意見をいただきましたので、登録プロセスを見直し、初めてアプリケーションを利用する場合の登録方法だけでなく、既存のユーザーとしてログインする方法についても改善しました。
  • Photoshop について皆様から頂くご意見、ご要望はアドビにとって非常に重要な情報です。また、アプリ内でレビューを行い、機能リクエストやフィードバックを迅速に送信できるようにプロセスを変更しました。

引き続き、フィードバックやご意見をお送りください。フィードバックを送信する場合は、アドビの Web サイトでフィードバックフォーラムを参照してください。

2019 年 11 月(バージョン 1.0.1)リリース

おかげさまで今週 iPad 版 Photoshop をリリースすることができました。新しい Photoshop モバイル版を発表できて大変うれしく思います。このリリースの重要な機能には皆様からのフィードバックが反映されています。アドビでは、皆様からのフィードバックに基づいて定期的な更新で製品の改善を行い、新しいリリースで機能を追加しています。最初のリリースでは次のような改善を行っています。
  • ソフトウェアを使いづらくしている要因の一つがログインです。iPad 版 Photoshop を簡単に利用できるように、ログインの方法を改善しました。
  • 「問題が発生しました。アドビのサーバーに接続できません。後でもう一度お試しください」というエラーが表示される問題を修正しました。
  • リンクをタップできないときや、前後に移動できない場合、ヘルプはあまり役に立ちません。この点を改善するため、Photoshop のユーザーガイドを修正しました。エディターで「?」をタップすると、このガイドが表示されます。