コンピューターの任意のフォルダーや、カメラ、カードリーダー、スキャナーなどのデバイスから、すべての写真やビデオを Elements Organizer に取り込みます。次に、多様な方法でこれらの写真を整理し、すばらしい外観にすることができます。

カタログの変換

icon_catalog previous version

メディアを読み込むと、Adobe Premiere Elements は読み込まれたファイルの詳細情報をカタログに保存します。カタログには、ファイルへのリンクや、メディアに付加したタグなどの詳細情報の記録へのリンクが含まれます。

以前のバージョンの Premiere Elements を使用してカタログを作成した場合、現在のバージョンとの互換性がとれるように、Premiere Elements からカタログの変換を指示するプロンプトが表示されます。カタログの変換は一度だけ実施します。詳しくは、以前のバージョンのカタログの使用(変換)を参照してください。


Elements Organizer を起動するには、次のいずれかを実行します。

  • Windows の場合
    • デスクトップで Elements Organizer アイコン  を見つけてダブルクリックします。
  • Mac の場合
    • Dock から Finder を起動します。
    • Elements Organizer  を探してダブルクリックします。
video_collage_homescreen

ホーム画面で、「Organizer」をクリックして Elements Organizer のワークスペースを起動します。

写真とビデオの読み込みの開始

一括で読み込み

一括読み込みは、メディアを短時間で読み込む場合に役立ちます。すべてを一度に読み込むことができるほか、フォルダーやサブフォルダーに何が含まれているかを確認してから読み込むものを選択することもできます。

  1. Elements Organizer ワークスペースで、読み込み一括をクリックします。

  2. メディアの読み込みダイアログボックスで、該当するメディアを含むサブフォルダーが含まれているフォルダーを選択します。該当するフォルダーが表示されない場合は、「フォルダーを追加」を選択して、写真の読み込み元のフォルダーを参照します。

    Import-in-bulk
    A. フォルダーを追加 B. 選択したフォルダーを削除 C. フォルダーを選択 D. OneDrive を選択(Windows のみ) E. フォルダーを閲覧(Windows のみ) 
  3. 右側のウィンドウで、読み込む対象の写真やビデオを含むサブフォルダーを選択して「読み込み」をクリックします。

注意:

読み込みファイルやフォルダーからを選択して、コンピューター上のフォルダーからファイルを読み込むこともできます。

カメラやカードリーダーからの読み込み

カメラやカードリーダーからメディアファイルを簡単に取り込んで、Elements Organizer に直接読み込むことができます。

  1. カメラまたはカードリーダーをコンピューターに接続します。

  2. Elements Organizer ワークスペースで、読み込みカメラまたはカードリーダーからを選択します。

  3. フォトダウンローダーダイアログボックスの「ソース」で、「写真の取り込み」ドロップダウンリストを使用してコピー元または読み込み元を選択します。初期設定を使用するか、「取り込み設定」領域でオプションを設定します。

     

    Import
  4. 取り込み」をクリックします。

  5. 写真に添付されているキーワード名札を取り込みダイアログボックスで、読み込む対象のキーワードタグを選択して「OK」をクリックします。

  6. ファイルを正常にコピーしました」ダイアログボックスで、「OK」をクリックします。

    注意:

    写真のコピー中に Elements Organizer が起動された場合は、ファイルを正常にコピーしましたダイアログボックスで「はい」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー