import in bulk_1497958671252

注意:

Elements Organizer 14 以降で、以前のリリースの検索結果から読み込み機能が一括読み込み機能に置き換わりました。

Elements Organizer では、簡単に大量のメディアファイルを一度に読み込めます。

一括読み込み機能の直感的なビジュアルインターフェイスにより、メディアファイルの読み込み先フォルダーを簡単に選択できます。また、メディアファイルのプレビュー、読み込み先フォルダーまたはサブフォルダーの選択、読み込むキーワードタグの選択も実行できます。

一括読み込みインターフェイスの起動

Elements Organizer の使い始め体験の一環として、Elements Organizer の初回起動時または新規カタログ作成時には一括読み込み機能が自動で起動されます。

また、この機能は読み込み一括を選択することでいつでも起動できます。

自動起動

一括読み込み機能は、Elements Organizer の初回起動時または新規カタログ作成時に自動で起動されます。

Screen Shot 2015-08-18 at 1.52.30 pm_1497958671510

読み込みを開始」をクリックします。ファイルの読み込みダイアログボックスが表示されます。初期設定では、読み込み元として「ピクチャ」フォルダー(Mac OS)、「ピクチャ」または「マイピクチャ」(Windows)フォルダーが選択されます。

EO_1

メディアファイルを読み込むには、「読み込む」をクリックします。

詳しくは、次のメディアファイルの読み込みセクションを参照してください。

読み込み/一括を選択する

一括読み込み用のインターフェイスは、読み込み一括を選択することでいつでも起動できます。

メディアの読み込みダイアログボックスが表示されます。

EO_1

メディアファイルの読み込みを開始するには、「読み込む」をクリックします。

詳しくは、次のメディアファイルの読み込みセクションを参照してください。

メディアファイルの読み込み

  1. メディアの読み込みダイアログボックスの左パネルで、メディアファイルの読み込み元フォルダーを選択します。

    EO_1
    直感的なビジュアルインターフェイスにより、簡単に様々なフォルダーから大量のメディアファイルを読み込めます。

    初期設定では、マイピクチャまたはピクチャフォルダー(Windows)、ピクチャフォルダー(Mac OS)が表示されます。メディアファイルが含まれているサブフォルダーがあれば、含まれているファイルと共にそのサブフォルダーも表示されます。

    トラック右下の数字(前図の「48」など)は、フォルダー内に存在していて読み込みが可能だがトラックに表示されていないメディアファイルの数を示しています。 フォルダー内の全メディアファイルの一覧をプレビューするには、トラック右下の矢印(>)をクリックします。

  2. 初期設定では、すべてのサブフォルダーが選択されます。読み込み対象から 1 つ以上のサブフォルダーを削除する場合は、サブフォルダーの名前をクリックします。名前が青くハイライトされているものが削除されるサブフォルダーで、そのサブフォルダー内のメディアファイルが読み込まれないことを示しています。

    EO_2

    注意:

    ハイライトが削除されたフォルダー名を確認する場合は、マウスカーソルがそのフォルダーの名前の上にないようにしてください。

  3. メディアファイルの読み込み元フォルダーを追加するには、「フォルダーを追加」をクリックします。 追加するフォルダーへ移動し、「OK」をクリックします。

    次の例では、Photo Collateral という新しいフォルダーが表示されています。Photo Collateral フォルダー内のサブフォルダー(Thanksgiving 2014 や Down memory lane 2010-15)が初期設定で選択されています。

    EO_3
  4. 一覧からフォルダーを削除するには、削除するフォルダーを選択し、「削除」をクリックします。

  5. メディアファイルの読み込み元となるフォルダーとサブフォルダーを選択したら、「読み込み」ボタンをクリックします。

    指定したフォルダーとサブフォルダーからメディアファイルが読み込まれます。

キーワードの読み込み

メディアファイルに関連付けられているキーワードがある場合は、ファイルの読み込み後にそのキーワードを保持するかどうかの確認が求められます。

Screen Shot 2015-08-18 at 2.33.40 pm_1497958675172

読み込むメディアファイルに含まれているキーワードを選択し、「OK」をクリックします。

読み込み中にメディアファイルのキーワードを置き換える

また、メディアファイルのキーワードを、選択した他のキーワードに置き換えることもできます。例えば、「被写界深度」を「遠近」という新しいキーワードに置き換えることができます。または、キーワードを「自然」など以前作成したいずれかのキーワード(タグ)に変更することができます。

キーワードを置き換えるには、「詳細設定」をクリックします。写真に添付されているキーワードタグを取り込みダイアログボックスが更新され、キーワードを変更できるオプションが表示されます。

Screen Shot 2015-08-18 at 7.09.04 pm_1497958675239

キーワードは次のいずれかの方法で変更できます。

新しいキーワードタグの読み込み

メディアファイルに含まれているキーワードをまったく新しいキーワードに置き換えるには:

  1. キーワードタグコラムのキーワード名を選択します
  2. 新規キーワードタグとして取り込み」列のラジオボタンを選択して、新しいキーワード名を入力します。
  3. OK」をクリックします。

次の例では、キーワードタグ「Too Bright」(明るすぎる)が「Overexposed」(露出オーバー)という新しいキーワードに置き換えられています。

Screen Shot 2015-08-19 at 11.41.08 am_1497958671417

既存のキーワードタグの使用

メディアファイルに含まれているキーワードタグを Elements Organizer に存在するキーワードタグに置き換えるには:

  1. キーワードタグ列のキーワードを選択します(最初の列)。
  2. 既存のキーワードタグの使用列(3 番目の列)の対応するラジオボタンを選択し、既存のキーワードを選択します。
  3. OK」をクリックします。
次の例では、「Delicious」(美味)というキーワードが「Food」(食べ物)に置き換えられています。
Screen Shot 2015-08-19 at 1.00.38 pm_1497958674913

注意:

ドロップダウンメニューに表示されるキーワードは、作成済みのすべての既存のキーワードと、Elements Organizer に初期設定で収録されている次のキーワードです。

  • 自然
  • カラー
  • 写真
  • その他 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー