Elements Organizer でファイルおよびフォルダーからメディアを読み込む手順を説明します。

お使いのコンピューター、CD/DVD、リムーバブルドライブまたはネットワーク上の場所から写真やビデオを Elements Organizer に読み込み、様々な方法で管理することができます。例えば、写真でアルバムを作成したり、写真に写っている人物にタグを付けたりできます。

コンピューターのハードディスクに保存されたフォルダーからメディアファイルを読み込むときに、Elements Organizer はカタログ内にメディアファイルへのリンクを作成します。指定するまでは、オリジナル画像のコピーや移動は行いません。CD や DVD またはスキャナー、カメラ、カードリーダー、携帯電話などの周辺機器からメディアファイルを読み込む場合、初期設定では、Elements Organizer によってメディアファイルがハードディスク上のフォルダーにコピーされた後で、このコピーへのリンクが作成されます。

注意:

オリジナルファイルをハードディスクから削除すると、カタログにサムネールが残っていても、画像を編集できなくなります。

フォルダーから写真とビデオを読み込み

  1. Elements Organizer で、「読み込み」をクリックします。

  2. 「ファイルやフォルダーから」を選択すると、特定のファイルやフォルダーからメディアを読み込みます。フォルダーには、お使いのコンピューター、外部ドライブ、ペンドライブ、またはネットワークを指定できます。

    注意:

    その他に、ファイルやフォルダーからメディアを読み込むには、ファイル写真とビデオの取り込みファイルやフォルダーからを選択することもできます。

    get-photos-and-videos
    写真とビデオの取り込み

  3. ファイルやフォルダーから写真とビデオを取り込むダイアログボックスで、メディアを選択します。

  4. (オプション)目的のオプションを選択します。

    • 自動赤目修正:ファイルの読み込み時に赤目の問題を解決します。
    • 自動的に写真をスタック:日付と類似性に応じて写真スタックを提示させます。
    • 取り込み時にファイルをコピー:外部ドライブから読み込むファイルのコピーを作成します。
    • プレビューを生成:読み込み中に、解像度の低いプレビューファイルと呼ばれるコピーを作成します。
    GetPictures
  5. 「取り込み」をクリックします。

  6. メディアに追加されているキーワードタグも読み込むことができます。読み込むタグを選択し、「OK」をクリックします。

    Import Attached Keyword Tags

    注意:

    Elements Organizer でメディアを読み込んでから、そのメディアファイルを選択して、タスクパネルで「編集」をクリックし、Photoshop Elements または Adobe Premiere Elements で写真やビデオを編集します。

メディアファイルに付けられたタグの読み込み

キーワードタグまたはキーワードメタデータが添付されているメディアファイルを読み込むとき、メディアファイルとあわせてそれらも読み込むことができます。添付されているキーワードタグは、そのまま保持するか、名前を変更したり別のキーワードタグに付け替えることができます。新しいキーワードタグを読み込むと、そのタグはキーワードタグパネルに表示されます。この新しいタグを使用して他のメディアファイルにタグを付けることができます。

  1. Elements Organizer でのメディアファイルの読み込み詳細については、フォルダーから写真とビデオを読み込みを参照してください。

    注意:

    メディアファイルにキーワードタグまたはキーワードメタデータが含まれている場合、写真に添付されているタグの取り込みダイアログボックスが表示されます。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 読み込むキーワードタグを選択します。選択したキーワードタグは、メディアファイルを読み込むときにキーワードタグパネルに追加されます。タグにアスタリスク(*)が付く場合、カタログには既に同じ名前のタグがあります。既存のタグがメディアファイルに付けられます。
    • 追加オプションを設定するには、「詳細設定」をクリックします。
  3. 「詳細設定」を選択した場合は、次のいずれかの操作を行い、「OK」をクリックします。

    • 「キーワードタグ」セクションの名前の左横にあるチェックボックスをクリックして、読み込むキーワードタグを選択します。キーワードタグを選択すると、キーワードタグの右側にあるオプションが使用可能になります。
    • 読み込むキーワードタグの名前を変更するには、キーワードタグ名の横にあるボックスをクリックして、読み込むキーワードタグを選択します。「新規キーワードタグとして取り込み」の下のタグの右側にあるボタンをクリックし、テキストボックスに名前を入力します。Elements Organizer により新しい名前のキーワードタグがカタログに追加され、そのキーワードタグが読み込んだメディアファイルに適用されます。
    • 読み込んだタグをカタログ内の既存のタグにマップするには、読み込むタグを選択します。「既存のキーワードタグを使用」の下の右側のボタンをクリックして、ポップアップメニューからタグを選択します。読み込んだメディアファイルには、元のタグ名の代わりに、選択したタグ名が付きます。
    • 「基本設定」をクリックすると、変更内容をクリアして、写真に添付されているキーワードタグを取り込みダイアログボックスに戻ります。
    Advance-keyword-tags
    キーワードタグの読み込みの追加オプション

    注意:

    読み込み中のメディアファイルに付いているタグの数が多いと、ダイアログボックスが表示されます。すべてのキーワードタグを読み込むことも、キーワードタグを 1 つも読み込まないこともできます。読み込むタグを個々に選択する場合は、ダイアログボックスを閉じ、編集メディアの読み込みを取り消しを選択して、読み込みを取り消します。1 回の読み込み分全体を選択し、カタログから削除する方法でも、読み込みを取り消すことができます。その後に、メディアファイルをもっと小さな単位の処理に分けて、読み込み直します。

ファイルの環境設定

ファイルの環境設定で、Elements Organizer でのファイルの管理方法を定義します。

  1. Elements Organizer で、次のいずれかの操作を行います。

    • (Windows)編集環境設定ファイルを選択します。
    • (Mac OSElements Organizer環境設定ファイルを選択します。
    Preferences-final
    ファイルの環境設定

    注意:

    「参照」ボタンは、Windows アプリストア版の Photoshop Elements では使用できません。

  2. 次のいずれかのオプションを選択し、「OK」をクリックします。

    EXIF キャプションを取り込む

    デジタルカメラでメディアファイルに付けられていたキャプションを読み込みます。この情報を削除するには、このオプションの選択を解除し、各メディアファイルに独自のキャプションを入力します。

    注意:

    キャプションデータはファイル内の複数の場所に保存されている場合があります。このオプションの選択を解除したときにブロックされるのは、EXIF キャプションデータだけです。

    見つからないファイルを自動的に検索して再リンク

    見つからず、再リンクできなかったファイルを検索します。再リンクできないファイルに関するメッセージを表示しないようにする場合は、このオプションを選択します。

    ビデオファイルのサムネールを自動的に生成

    読み込んだビデオファイルのプレビューサムネールを生成します。

    ファイルとカタログのバックアップ作成時に自動的にメッセージを表示

    読み込み中に、ファイルとカタログを自動的にバックアップすることができます。

    CD/DVD へのマルチセッションの書き込みを有効にする(Windows のみ)

    ディスクに複数回の追加のファイルを書き込みできるようにして、ディスクスペースを最大限使用することができます。通常、CD または DVD には一度だけ書き込みすることができ、未使用領域はそのままになります。

    メタデータの情報を使用して JPEG ファイルを回転/メタデータの情報を使用して TIFF ファイルを回転

    これらのオプションがオンになっている場合、画像の方向のメタデータを更新して画像を回転させます。画像データが付いていない場合、回転はメタデータを変更するだけで指定できます。メタデータを使った画像の回転処理は、画像自体を回転させるより速くなります。

     すべてのアプリケーションが、このメタデータを認識できるわけではありません。そのようなアプリケーションに画像を読み込む予定がある場合、このオプションは選択解除しておきます。

    ファイル保存先

    プロジェクトやその他のファイルの初期設定の保存先フォルダーを指定します。この場所を変更するには、「参照」をクリックして新しい場所に移動します。

    プレビューファイルのサイズ

    メディアファイルをオフラインで保存するときに Elements Organizer が使用するプレビューファイルのサイズを指定します。

    注意:

    環境設定を変更した後で、メディアファイルの読み込みに問題が起きた場合は、環境設定ダイアログボックスの「初期設定値に戻す」ボタンをクリックして初期設定に戻してください。

    メディアキャッシュ

    ビデオとオーディオを Elements Organizer に読み込むと、より高速にアクセスできるようにファイルのバージョンが処理されます。これらは「メディアキャッシュ」ファイルとも呼ばれ、メディアキャッシュファイルフォルダーに保存されます。Elements Organizer 内のメディアキャッシュファイルは削除することができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー