各種メーカーのファイルベースのビデオカメラで録画や録音されたビデオやオーディオは、特定のディレクトリ構造の特定の形式のファイルに取り込まれます。このような形式のビデオカメラには、Panasonic P2 ビデオカメラ、Sony XDCAM HD および XDCAM EX ビデオカメラ、Sony CF ベース HDV ビデオカメラおよび AVCHD ビデオカメラがあります。

このような形式で録画するビデオカメラでは、通常、ハードディスク、光学メディアまたはフラッシュメモリに録画され、ビデオテープには録画されません。このため、このようなビデオカメラは、テープベースに対してファイルベースまたは非テープ方式のビデオカメラと呼ばれます。

ファイルベースのビデオカメラで録画および録音されたビデオとオーディオは、既にこれらのデジタルファイルに保存されているため、Premiere Pro に取り込むためのキャプチャデジタイズの操作は必要ありません。記録メディアからデータを読み取って、プロジェクトで使用可能な形式に変換する手順はインジェストとも呼ばれます。Premiere Pro では、各種メディアのファイルをファイルベースの形式にインジェストします。

P2、RED、XDCAM、AVCCAM および DSLR の各カメラとフッテージのワークフローガイドについては、アドビ システムズ社の Web サイトを参照してください。

XDCAM と AVCHD 形式

XDCAM HD ビデオカメラで撮影したビデオファイルは、MXF 形式で CLIP フォルダーに保存されます。XDCAM EX ビデオカメラは、MP4 ファイルを BPAV という名前のフォルダーに書き込みます。

XDCAM 形式について詳しくは、Sony の Web サイトに掲載されている PDF ドキュメントを参照してください。

AVCHD ビデオファイルは STREAM フォルダーにあります。AVCHD 形式について詳しくは、AVCHD の Web サイトを参照してください。

Panasonic P2 形式

P2 カードは、AG-HVX200 などの Panasonic P2 ビデオカメラの PCMCIA スロットに挿入する半導体メモリデバイスです。ビデオカメラで記録したデジタルビデオおよびオーディオデータは、MXF(Media eXchange Format)という構造化されたコーデック非依存の形式で記録されます。Premiere Pro では、DV、DVCPRO、DVCPRO 50、DVCPRO HD または AVC-I 形式のビデオで、MXF の一種である Panasonic の Op-Atom 形式をサポートしています。オーディオとビデオが Panasonic Op-Atom MXF ファイルに含まれている場合、クリップは P2 形式とみなされ、これらのファイルは特定のファイル構造に配置されます。

P2 ファイル構造のルートフォルダーは、CONTENTS フォルダーです。各本質的要素(ビデオやオーディオの要素)は、個別の MXF ラッパーファイルに含まれています。ビデオ MXF ファイルは VIDEO サブフォルダー、オーディオ MXF ファイルは AUDIO サブフォルダーに含まれています。CLIP サブフォルダーに入っている XML ファイルには、本質的ファイルとそれに関連するメタデータ間の関連性が含まれています。

注意:

Premiere Pro は、一部の Panasonic P2 ビデオカメラで録画された、P2 カードの PROXY フォルダーにあるプロキシをサポートしていません。

お使いのコンピューターで P2 カードを読み取るためには、適切なドライバーをインストールする必要があります。このドライバーは、Panasonic の Web サイトからダウンロードできます。また、Panasonic は、P2 カードに保存されているメディアを参照および再生することが可能な P2 ビューアアプリケーションも提供しています。

注意:

P2 ファイルで特定の機能を使用するには、最初にファイルのプロパティを読み取り専用から読み取りおよび書き込みに変更します。例えば、タイムコードダイアログボックスを使用してクリップのタイムコードメタデータを変更するには、最初にファイルのプロパティを読み取りおよび書き込みに変更します。オペレーティングシステムのファイルエクスプローラーを使用して、ファイルのプロパティを変更します。

Avid キャプチャ形式

Avid 編集システムは、フッテージを MXF ファイルにキャプチャします。このファイルは、通常、Avid Media files という名前のフォルダーに入れられ、オーディオは、ビデオファイルとは別のサイズの小さいファイルとしてキャプチャされます。Avid ビデオファイルを読み込むと、関連付けられているオーディオファイルが自動的に読み込まれます。ただし、個別の Avid MXF ビデオファイルを判別して読み込むよりも、Avid プロジェクトファイル(Advanced Authoring Format(AAF)形式)を読み込むほうが簡単です。

DVD 形式

DVD ビデオカメラと DVD レコーダーは、ビデオとオーディオを MPEG エンコード VOB ファイルにキャプチャします。VOB ファイルは、VIDEO_TS フォルダーに書き込まれます。また、付属のオーディオファイルが AUDIO_TS フォルダーに書き込まれることもあります。

注意:

Premiere Pro と Premiere Elements は、暗号化された DVD ファイルの読み込みまたは解読を行いません。

メディアブラウザーを使用したファイルベースソースのアセットの読み込み

非テープ方式のメディアから Premiere Pro に直接アセットを読み込むこともできますが、読み込みを行う前に、非テープ方式のメディアのコンテンツをハードディスクに転送した方が効率的です。また、一般的に、専用の内蔵ハードドライブや RAID で再生する方が、カメラやメモリカードリーダーで再生するよりも画質がよくなります。メディアブラウザーでクリップをプレビューするために、大きなアイコンを使用できます。スクラブでき、「動画をスクラブに合わせて表示する」を使用すると、フッテージを読み込む前に簡単にプレビューできます。詳しくは、アイコン表示での操作を参照してください。

ファイル/読み込みからではなく、メディアブラウザーを使用して非テープ方式のソースを読み込みます。メディアブラウザーは、関連ファイルを関連付けられたクリップに取り込みます。非テープ方式メディアが保存されているフォルダーに含まれることの多い、関連性のない非メディアファイルは読み込みません。

選択したアセットを、メディアブラウザーから直接プロジェクトパネルにドラッグすることができます。また、アセットを選択してからファイル/メディアブラウザーから読み込みを選択することや、右クリックしてコンテキストメニューから「読み込み」を選択することもできます。

注意:

デフォルトのワークスペースにプロジェクトパネルがあり、メディアブラウザーは同じパネルにドッキングされています。このワークスペース設定では、クリップをプロジェクトパネルにドラッグすることができます。アセットをメディアブラウザーからプロジェクトパネルに読み込むには、読み込むクリップを選択してから「プロジェクト」タブにドラッグします。これで、アセットが読み込まれます。

  1. (オプション)1 つまたは複数の P2 カード、Sony Compact Flash カード、XDCAM メディア、XDCAM EX SxS カード、HD ビデオカメラ、DVD または AVCHD メディアのコンテンツ全体をハードディスクに転送します。これらのメディアの転送について詳しくは、ファイルの転送についてを参照してください。

    注意:

    XDCAM EX を使用する場合は、1 つの MP4 ファイルだけでなく、BPAV フォルダー全体とそのコンテンツをコピーします。

  2. メディアブラウザーが開いていない場合は、ウィンドウ/メディアブラウザーを選択します。

    注意:

    メディアブラウザーは、Premiere Pro のその他のパネルと同様、ドッキングやグループ化ができます。

  3. メディアファイルを含むフォルダーを参照します。

    メディアブラウザーには、形式に応じてサムネールまたはアイコンとフォルダー内の各ショットのショット名が表示されます。スパンドクリップとサブフォルダーのショットメタデータは自動的に 1 つのクリップに統合されます。メディアブラウザーには、異なるメタデータのセットがそれぞれの形式で表示されます。

  4. (オプション)ショットを読み込む前にプレビューするには、メディアブラウザーでショットをダブルクリックします。

    Premiere Pro では、プロジェクトパネルにクリップを読み込まずにソースモニターでクリップを再生します。

  5. ファイル/ブラウザーから読み込みを選択するか、クリップをメディアブラウザーからプロジェクトパネルまたはタイムラインへドラッグします。

1 つまたは複数のアセットが、完全なクリップとしてプロジェクトパネルに読み込まれます。

スパンドクリップについて

メディアのファイルサイズ制限を上回る容量が必要なショットテイクを録画すると、ファイルベースのビデオカメラでは別のファイルを作成して、そのショットを中断せずにそのファイルに録画し続けます。この動作は、ショットが複数のファイルまたはクリップにわたる(スパンする)ことから、クリップのスパンと呼ばれています。同じように、カードやディスクが複数枚装填されている場合、ファイルベースのビデオカメラはショットを複数のカードやディスク上のクリップにスパンすることがあります。ビデオカメラは、1 枚目のメディアの空き容量がなくなるまで録画すると、次のメディアの空き容量を使用して新しいファイルを作成し、ショットをそこに録画し続けします。1 つのショットやテイクを複数のスパンドクリップのグループに録画することもできますが、ショットやテイクは 1 つのクリップとして処理するようにデザインされています。

P2 および XDCAM EX の場合、Premiere Pro では 1 つのショットまたはテイク内のすべてのスパンドクリップが 1 つのクリップとして読み込まれます。クリップの 1 つを選択すると、カード上のショット内のすべてのクリップが読み込まれます。ただし、欠けているスパンドクリップがなく、関連する XML が存在している必要があります。ショットのスパンドクリップが 1 つでも欠けている場合、欠けているクリップが該当するショットのどの部分に当たるかに応じて、スパンドクリップが 1 つまたは複数読み込まれます。

スパンドクリップのグループを読み込む場合、クリップの 1 つを選択すると、すべてのクリップが読み込まれます。複数のスパンドクリップを選択すると、スパンドクリップのグループ全体が重複して読み込まれ、プロジェクトパネルに重複するクリップとして表示されます。

スパンドクリップのグループ自体を 2 つの P2 または XDCAM EX カードにスパンする場合は、読み込む前にディレクトリツリー全体をハードディスク上の同じレベルのフォルダーにコピーします。P2 メディアの場合のみ、2 つのカードがコンピューターに同時にマウントされている場合に、2 つの P2 カードにスパンするクリップを読み込むことができます。

ProVideo Coalition Web サイトでは、Colin Brougham が Premiere Pro による非テープ方式のメディアを(トランスコーディングなしで)そのまま扱う手順をこの記事で紹介しています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー