サポートされているファイル形式

Premiere Pro では、多くのビデオ形式やオーディオ形式を読み込むことができます。Premiere Pro では、ここに挙げられた形式のファイルを読み込むことができます。ただしそのためには、特定のファイルを生成するために使用されるコーデックがローカルにインストールされている必要があります。これらのソフトウェアモジュールのほとんどは、Premiere Pro とともに自動的にインストールされます。

Premiere Pro で読み込みがサポートされているファイル形式の一覧については、サポートされているファイル形式を参照してください。

ファイルの転送について

別のコンピューターからのプロジェクトの転送

After Effects プロジェクトファイル、Premiere Pro プロジェクトファイル、Final Cut Pro プロジェクトファイルなどのプロジェクトファイルを、あるコンピューターから別のコンピューター(これらのプロジェクトファイルを Premiere Pro に読み込むコンピューター)に転送する場合は、プロジェクトファイルに関連付けられているすべてのアセットを転送してください。また、プロジェクトファイルとそれらに関連付けられているアセットは、元のコンピューターと同じファイル名およびフォルダー構造のフォルダーに保存してください。

ファイルベースのメディアからのアセットの転送

P2 カード、XDCAM カートリッジ、SxS カード、DVD などのファイルベースのメディア上のアセットを編集することができます。ただし、Premiere Pro では、あらかじめアセットをローカルハードディスクに転送するほうが処理時間は短くなります。Windows エクスプローラー(Windows)または Finder(Mac OS)を使用して、ファイルベースの取得メディアからファイルを転送します。次に、ハードディスク上のファイルを Premiere Pro プロジェクトに読み込みます。

ファイルベースのメディアからハードディスクにファイルを転送する場合は、目的のフォルダーを、そこに含まれるすべての関連ファイルとサブフォルダーごと転送し、フォルダー構造を同じ状態に保ちます。例えば、AVCHD ファイルベースのメディアからファイルを転送する場合は、BDMV フォルダーとそのすべての内容を転送します。DVCPRO HD メディアからファイルを転送する場合は、CONTENTS フォルダーとそのすべての内容を転送します。XDCAM EX メディアからファイルを転送する場合は、BPAV フォルダーとそのすべての内容を転送します。DVD からファイルを転送する場合は、VIDEO_TS フォルダーのすべての内容(存在する場合)と AUDIO_TS フォルダーのすべての内容を転送します。

注意:

ファイルベースのメディアのビデオファイルは、プロジェクトのスクラッチディスクの設定で指定した、キャプチャしたビデオ用のフォルダーと同じフォルダーに転送します。

AVCHD アセットのフォルダー構造
AVCHD アセットのフォルダー構造

DVCPRO HD アセットのフォルダー構造
DVCPRO HD アセットのフォルダー構造

XDCAM EX アセットのフォルダー構造
XDCAM EX アセットのフォルダー構造

DVD ビデオアセットのフォルダー構造
DVD ビデオアセットのフォルダー構造

ファイルの読み込みについて

読み込みキャプチャとは異なります。「読み込み」コマンドを使用して、ハードディスクや接続されているその他のストレージデバイス上に保存されているファイルをプロジェクトに取り込むことができます。ファイルを読み込むと、Premiere Pro プロジェクトで使用できるようになります。Premiere Pro では、様々な種類のビデオ、静止画およびオーディオを読み込むことができます。さらに、Premiere Pro プロジェクトを After Effects から書き出して、Premiere Pro に読み込むことができます。

Premiere Pro プロジェクトには、様々なファイル形式のビデオ、オーディオおよび静止画ファイルを読み込むことができます。ファイルは 1 つずつ読み込むか、複数のファイルやファイルのフォルダー全体を一度に読み込むことができます。フレームサイズは 16 メガピクセルを超えてはいけません。

スパンドクリップがある場合は、ファイルメニューからではなく、メディアブラウザーから読み込んでください。

注意:

クリップの作成に使用するソフトウェアでピクセル単位の指定ができない場合は、ポイント単位で指定します。

Premiere Pro では、メディアブラウザーまたは読み込みコマンドを使用してファイルを読み込めます。

Premiere Pro では、特定のタイプのファイルにインデックスを付け、その他のファイルを読み込んだ後でトランスコードします。これらの種類のファイルは、これらの処理が完了するまで完全に編集することはできません。完全にインデックス付けまたはトランスコードが完了するまで、クリップのファイル名はプロジェクトパネルに斜体で表示されます。

Premiere Pro がネイティブサポートしていない種類のファイルを読み込むには、適切なキャプチャカードまたはサードパーティ製プラグインソフトウェアをインストールします。詳しくは、インストールされているカードまたはプラグインのマニュアルを参照してください。


注意:

ファイルやフォルダーを Windows エクスプローラ(Windows)または Finder(Mac OS)からプロジェクトパネルにドラッグして読み込むこともできます。Windows Vista では、ユーザーアカウント制御(UAC)がアクティブな場合、Windows エクスプローラなどのプログラムから管理者モードで実行されているプログラムへのドラッグアンドドロップが無効になります。プラグインのアクティブ化、特殊なディスクアクセスおよびネットワークアクセス許可には、Premiere Pro を管理者モードで実行します。Premiere Pro を管理者モードで実行しながらドラッグアンドドロップを有効にするには、UAC を無効にします。Windows のコントロールパネルで、「ユーザーアカウント」を選択します。選択したユーザーの UAC を無効にします。

Premiere Pro でオーディオおよびビデオファイルを読み込む方法については、このチュートリアルを参照してください。

メディアブラウザーでのファイルの読み込み

メディアブラウザーを使用すると、ファイルの参照や種類別の検索が簡単に行えます。読み込みダイアログボックスとは異なり、メディアブラウザーはその他のパネルと同様、開いたままにしておいたりドッキングすることができます。また、同じワークスペース内に複数のメディアブラウザーパネルを読み込み、複数のプロジェクトの既存のクリップを編集したり再利用したりすることもできます。

メディアブラウザーを使用することで、編集中にすべてのアセットにすばやくアクセスできます。また、メディアブラウザーを使用して、P2 カード、SxS カード、XDCAM ディスク、DVD のようなビデオストレージメディアからコピーしたクリップを読み込むこともできます。アセットを読み込むと、アセットは現在の場所に残り、アセットの場所を示すクリップがプロジェクトパネルに作成されます。初期設定では、メディアファイルがあるディレクトリに XMP ファイルを書き込みますが、環境設定でこの動作をオフにできます。最高のパフォーマンスを得るには、最初にファイルベースのメディアからローカルハードディスクにファイルを転送します。次に、ローカルハードディスクから Premiere Pro プロジェクトにファイルを読み込みます。

  1. ウィンドウ/メディアブラウザーを選択します。
  2. 目的のファイルを参照するには、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 最近開いたフォルダーを開くには、最近使用したディレクトリメニューの三角形をクリックし、フォルダーを選択します。
    • メディアブラウザーのハードドライブおよびフォルダーのリストで、フォルダー名の横の三角形をクリックして、フォルダーを開きます。
  3. 特定の種類のファイルのみを表示するには、ファイルの種類メニューで三角形をクリックし、ファイルの種類を選択します。別の種類を選択するには、メニューをもう一度開き、別の種類を選択します。目的のすべての種類が選択されるまで繰り返します。

  4. ファイルのリストから 1 つまたは複数のファイルを選択します。複数の連続していないファイルを選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらファイル名をクリックします。複数の連続しているファイルを選択するには、Shift キーを押しながらファイル名をクリックします。
  5. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • ファイル/メディアブラウザーから読み込みを選択するか、メディアブラウザーでファイルを右クリックして「読み込み」を選択します。または、メディアブラウザーからプロジェクトパネルにファイルをドラッグするか、メディアブラウザーからタイムラインにファイルをドラッグします。

    ファイルはプロジェクトパネルに読み込まれます。

    • メディアブラウザーでファイルを右クリックし、「ソースモニターで開く」を選択します。または、ブラウザーでファイルをダブルクリックして、ソースモニターでファイルを開きます。

    メディアブラウザーのソースモニターでファイルが開かれます。

「読み込み」コマンドを使用したファイルの読み込み

注意:

コンピューターに接続されているファイルベースのデバイスから、メディアをクリップとして直接読み込むこともできますが、これらのメディアをまずハードディスクに転送し、その後ハードディスクから読み込むことをお勧めします。 

  • ファイル/読み込みを選択します。複数のファイルを選択できます。
  • 最近読み込んだファイルをもう一度読み込むには、ファイル/最近使用したファイルを読み込む/[ファイル名]を選択します(Premiere Pro の環境設定がリセットされている場合、ファイル名は表示されません)。
  • ファイルをフォルダーごと読み込むには、ファイル/読み込みを選択します。目的のフォルダーを探して選択し、「フォルダーを読み込み」をクリックします。新しいビンとして、選択したフォルダーがフォルダーの内容とともにプロジェクトパネルに追加されます。
  • 連番付き静止画シーケンスをクリップとして読み込む方法については、画像シーケンスとしての画像の読み込みを参照してください。

チャンネルのサポート

Premiere Pro では、4 チャンネルのアセットがサポートされています。レンダリングパイプライン内で処理されるすべてのピクセルに 4 チャンネルが使用されます。DV、HDV または MPEG フッテージなどの 3 チャンネルのアセットが処理されるとき、アセットは自動的に 4 チャンネルに変換されます。3 チャンネルのアセットは、エフェクトまたはトランジションをアセットに追加するときに変換されます。

Premiere Pro では 10 bit 色深度をサポートしており、スタンダードデフィニションおよびハイデフィニションのフッテージを編集するのに便利です。

インジェスト中の編集

Premiere Pro のメディアブラウザーパネルで、編集を開始しながら、バックグラウンドでメディアを自動的にインジェストできます。 

インジェスト中の編集
インジェスト中の編集

メディアブラウザーパネルのインジェストチェックボックスを使用して、自動インジェスト動作のオン/オフを切り替えます。このチェックボックスの横にある設定ボタンをクリックすると、プロジェクト設定ダイアログが開き、インジェスト設定を調整できます。プロジェクト設定ダイアログにある同様のインジェストチェックボックスは、メディアブラウザーパネルの設定との同期が維持されます。自動インジェスト動作をオンにした場合は、ファイルがプロジェクトに読み込まれたときに自動的に開始される操作を次の 4 つから選択できます。インジェスト処理がバックグラウンドで完了しても、引き続き編集が可能です。

  • コピー - メディアを新しい場所にコピーできます。コピーは通常、リムーバブルメディアからローカルのハードドライブにカメラのフッテージを転送するのに使用します。この設定の「プライマリ保存先」オプションの転送パスは、設定の「プライマリ保存先」オプションと同じです。メディアのコピーが終了すると、プロジェクトのクリップはこれらのファイルのコピーを指します。  
  • トランスコード - メディアを新しい形式で、新しい場所にトランスコードできます。トランスコードを使用して、元のカメラのフッテージをポストプロダクション施設内で使用されている特定の形式にトランスコードできます。ファイル名パスは、設定の「プライマリ保存先」オプションと同じです。形式は、選択したプリセットによって指定されます。メディアをトランスコードした後、プロジェクトのクリップはこれらのトランスコードされたファイルのコピーを指します。 
  • プロキシ作成 - このオプションを使用すると、プロキシを作成してメディアに追加できます。このオプションを使用して、編集中のパフォーマンス向上のための低解像度クリップを作成します。最終出力用には、元の最大解像度ファイルに再び切り替えることができます。プロキシの作成先のファイル名パスは、設定の「プロキシ宛先」オプションと同じです。形式は、選択したプリセットによって指定されます。プロキシが作成されると、プロジェクトのクリップに自動的に追加されます。
  • プロキシをコピーして作成 - このオプションを使用して、メディアをコピーし、前述の手順で見てきたように、プロキシを作成します。 

4 つすべてのオプションに、ファイルの保存先が「プロジェクトファイルと同じ」に設定されたデフォルトのプリセットが用意されています。その代わりに、ユーザー定義の宛先や、ファイルがクラウドと自動的に同期される Creative Cloud ファイルフォルダーを選択することもできます。Adobe Media Encoder を使用して、独自の「インジェスト」プリセットを作成します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー