プロジェクトを RoboHelp から Adobe RoboHelp Server 10 に公開する

以下に示す手順に従って、プロジェクトを Adobe RoboHelp (2015 release アップデート 3 以降)から Adobe RoboHelp Server 10 に公開します。

 

注意:

以下の手順は、レスポンシブ HTML5、WebHelp Pro、および FlashHelp Pro の出力に適用されます。

  1. レスポンシブ HTML5、WebHelp Pro、または FlashHelp Pro のレイアウトを作成または編集します。

  2. 以下のいずれかの手順を実行して、レイアウトプロパティに移動します。

    • シングルソースレイアウトポッドで「レスポンシブ HTML5」「WebHelp Pro」、または「FlashHelp Pro」のレイアウトを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
    • シングルソースレイアウトポッド「レスポンシブ HTML5」「WebHelp Pro」、または「FlashHelp Pro」のレイアウトをダブルクリックします。
  3. オプションダイアログボックスで、「次へ」をクリックしてサーバー選択画面に移動します。

  4. 「新規作成」をクリックし、プロジェクトを公開する RoboHelp Server の宛先を作成します。RoboHelp Server に接続して認証するための記述名サーバー名ユーザー ID、およびパスワードを入力します。

  5. 「リフレッシュ」ボタンをクリックして、サーバーからの更新済み領域一覧を表示します。領域を選択しない場合、プロジェクトは初期設定の領域に公開されます。

    注意:

    デフォルトのコンテキスト(robohelp)に公開するには、http://<サーバー名>:<ポート番号>形式でサーバー名を入力します。RoboHelp ではこれに /robohelp/server が追加されます。そのほかに、robohelp 以外のコンテキストに公開するには、http://<サーバー名>:<ポート番号>/<コンテキスト名>/server の形式で完全な URL を指定します。

  6. 「OK」をクリックしてサーバー構成を保存し、新規保存先ダイアログを閉じます。

  7. 「保存して生成」をクリックし、出力を生成します。

  8. 出力が生成されたら、「公開」をクリックして、プロジェクトを RoboHelp Server に公開します。

  9. サーバー上のプロジェクトを表示するには、RoboHelp Server Web Administratorプロジェクトに移動して、プロジェクトを公開した領域を選択し、「プロジェクトの表示」をクリックします。

    RoboHelp Server Web Administrator の「プロジェクト」タブ

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン