Adobe RoboHelp のアクセシビリティ

概要

アクセシビリティとは、視覚、聴覚、運動、その他の障害を持つ方も製品を使用できるようにすることです。 

ソフトウェア製品のアクセシビリティ機能には、スクリーンリーダーのサポート、グラフィックの代替テキスト、キーボードショートカット、表示色のハイコントラストへの変更などがあります。  

アクセシビリティの現在のサポートについては、RoboHelp アクセシビリティ適合性レポート(ACR)を参照してください。

ACR では、第 508 条、EN 301 549、WCAG 2.0/2.1 に基づいて、RoboHelp のアクセシビリティ適合性について説明しています。 

ACR は、RoboHelp でアクセシブルなナレッジベースのコンテンツを作成する際のリファレンスとして使用できます。また第 508 条規格準拠の検証用にも提供されています。

視聴覚障害、可動性障害、またその他の障害を持つユーザー向けに、第 508 条規格準拠の出力を作成することができます。また、障害のある人が Adobe RoboHelp プロジェクトを見るために妨げになるものを、設計段階で取り除くことも可能です。  

これらのソリューションは、政府機関が第 508 条規格準拠によりユーザーのニーズを満たすことをサポートします。また、アクセシビリティの改善を公約する企業もサポートします。

世界のアクセシビリティ基準

米国、オーストラリア、カナダ、日本および EU の国々を含む多くの国では、World Wide Web Consortium(W3C)によるアクセシビリティ規格を採用しています。W3C の Web コンテンツアクセシビリティガイドラインは、Web コンテンツをアクセス可能にするために、設計者が実施するべきアクションの優先順位を示しています。Web アクセシビリティ構想について詳しくは、W3C の Web サイト(www.w3.org/WAI)を参照してください。

米国では、アクセシビリティを規制する法律として、米国リハビリテーション法第 508 条が一般に知られています。第 508 条は、障害のある人が利用できない電子情報技術の購入、開発、保守管理、または使用を連邦政府機関が行うことを禁じています。規格準拠の執行に加えて、第 508 条は公的機関や政府機関で働く障害者が、連邦裁判所に対して不服を申し立てる権利を認めています。 

第 508 条規格準拠とは?

1973 年に定められたリハビリテーション法の一部である第 508 条では、連邦政府機関が開発、保守管理、購入または使用する電子情報技術が障害のある人でも利用できるものであることを義務づけています。第 508 条の最新版(1998)では、この規格が政府機関全体に義務付けられました。

アクセシブルとは?

一般的に、単一の感覚や能力に依存せずに多様な方法で利用できるようにすれば、障害がある人も情報技術のシステムにアクセスできます。例えば、ユーザーはマウスだけでなくキーボードを使用しても移動できます。また、ユーザーインターフェイスの視聴覚面では、目や耳が不自由なユーザーに対応する必要があります。

このほかにエンドユーザーが必要な支援ソフトウェアは?

アクティブウィンドウのコンテンツ、メニューオプション、または入力したテキストを読み上げる、スクリーンリーダーまたはスピーチテキストユーティリティや、スクリーンレビューエイドでは、画面上のテキストを音声出力したり、リフレッシュ機能のある点字で表示します。この支援技術により、キーボード支援またはショートカット、音声のキャプション、およびフラッシングツールバーなどのビジュアルな忠告を提供できます。Window-Eyes および JAWS などのツールを利用できます。

Adobe RoboHelp アクセシビリティ Web ページ

アクセシブルな Adobe RoboHelp コンテンツの作成や表示方法に関する最新情報は、Adobe の Web サイトの「Adobe RoboHelp のアクセシビリティ概要」のページをご覧ください。

RoboHelp でのアクセシブルなコンテンツの作成

第 508 条規格準拠プロジェクトの作成

出力を視聴およびテストするために、「第 508 条規格準拠」オプションを使用して Adobe RoboHelp プロジェクトを作成します。Adobe RoboHelp プロジェクトを作成すると、プロジェクトの情報が含まれるソースファイルが更新され、ユーザーのためにパブリッシュできる出力ファイルが作成されます。オーサリングに関してのヒントを読んで、次の手順に従います。

RoboHelp では、以下の出力を生成できます。

  • フレームレス HTML
  • Microsoft HTML Help
  • EPUB

RoboHelp での出力の生成については、「出力の生成」を参照してください。

RoboHelp の新しいバージョンでは、出力は第 508 条に準拠しています。

RoboHelp をご使用の場合は、これらのヒントを参照して、フレームレス HTML、レスポンシブ HTML などのアクセシブルな Web 出力を作成してください。

  • プロジェクトには意味のあるタイトルを付けます。
  • 聴覚障害のあるユーザーのために、WebHelp には、オーディオの代替テキスト(キャプション、字幕、スクリーンヒントなど)を用意するようにしてください。
  • 色だけでなく他にも情報を伝える手段を工夫します。例えば、アクティブなリンクを青で表示するだけでなく、ボールド、イタリック、下線などの他の視覚的な手掛かりを提供します。また、色覚障害および視力の弱いユーザーのために、前景と背景のコントラストが十分であることにも配慮します。
  • フォームのボタンでスクリーンヒントを使用します。
  • 視覚または可動性の障害があるユーザーのために、コントロールは独立したデバイスか、キーボードでのアクセスが可能なデバイスにします。
  • 補助ソフトウェアが画像または画像リンクを読み取ることができるように、トピックに追加する画像および画像マップのスクリーンヒント(または「テキストラベル」)を作成します。
  • キーボードショートカットおよびその他のユーザー補助機能をドキュメント化します(例えば、WYSIWYG エディターを使用するためのキーボードショートカットを参照します)。

詳細については、Adobe RoboHelp のアクセシビリティのベストプラクティスを参照してください。

スクリーンリーダーとスクリーン拡大鏡のサポート

スクリーンリーダーは、コンピューターの画面に表示されるテキストを音声で読み上げます。また、アクセシビリティのタグまたは属性で提供される文字以外の情報(アプリケーション内のボタンラベルや画像説明など)も読み上げます。 

RoboHelp では、(スクリーンリーダーとスクリーン拡大鏡を含む)ユーザー補助テクノロジーを制限付きでサポートしています。

Adobe RoboHelp では、以下のスクリーンリーダーをサポートしています。

  • JAWS + Firefox
  • NVDA + Chrome
  • Voiceover + Safari

キーボードナビゲーションのサポート

ユーザーは Tab キーと矢印キーを使用して、ページを移動できます。これによりユーザーは、ページ上の要素を移動し、スクリーンリーダーを使用してコンテンツを読むことができます。 

カラーコントラストのサポート

Adobe RoboHelp では、ユーザーインターフェイスのコントロールについては 3:1 のカラーコントラストをサポートし、テキストベースのコンテンツとグラフィックについては 4.5:1 のカラーコントラストをサポートしています。 

上記の機能に関する Adobe RoboHelp のサポートの詳細については、Adobe RoboHelp アクセシビリティ適合性レポートを参照してください。

特定のニーズに対応するアクセシビリティのサポート

ユーザーが特定のニーズに応じて利用できるアクセシビリティ機能を見てみましょう。

視覚障害を持つユーザー

  • NVDA や JAWS などのスクリーンリーダーを使用して、Web ページ上の情報を読み上げることができます。 
  • キーボードを使用して、Web ページを移動することができます。
  • スクリーン拡大鏡を使用して画面をズームし、読みやすくすることができます。
  • カラーコントラストは WCAG 標準に準拠しています。
  • すべてのフィールドにラベルまたは説明テキストが表示されます。

光過敏性てんかんのあるユーザー

Adobe RoboHelp には、発作を引き起こす可能性のあるコンテンツは含まれていません。

色覚障害のあるユーザー

Adobe RoboHelp では、WCAG 2.1 標準に準拠した、明瞭でわかりやすいユーザーインターフェイスをユーザーに提供できるように取り組んでいます。

手の届く範囲が限られているユーザー

Adobe RoboHelp は、キーボードユーザーを総合的にサポートすることで、手の届く範囲が限られているユーザーも利用できるようにしています。 

RoboHelp(2020 release)アップデート 4 で追加されたアクセシビリティ(508 条に準拠)関連の機能強化

アクセシビリティに関連する機能を強化しました。 今回改善された機能のほとんどは、508 条に厳格に準拠した新たなユーザーインターフェイスに関連しています。次のような機能が追加されました。

  • Tab キー、Shift + Tab キー、矢印キー、Enter キーを使用したナビゲーション。
  • コンテキストメニューのキーボードショートカット
  • メインメニューの Alt キーのサポート
  • ハイライトカラーのカラーコントラスト改善

将来のリリースで対応されるもの

以下については、さらなる強化が予定されています。

  • 508 条に準拠のフレームレス出力、HTML5 出力、PDF 出力。
  • 508 条に準拠のオーサリングアプリケーションとその他の分野。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン