ここでは、RoboHelp で提供される各種出力プリセットについて説明します。また、これらのプリセットを使用して、レスポンシブ HTML5、WebHelp、モバイルアプリなど、様々な形式で出力を生成する方法についても説明します。

RoboHelp には強力な公開機能が備わっているため、様々な形式で出力を生成できます。 レスポンシブ HTML5、PDF、モバイルアプリなど、幅広いタイプの出力プリセットからお好きなものを選択し、各種プラットフォーム向けに配信できます。 出力プリセットの設定は簡単です。各種設定を使用し、異なるコンテンツ、レイアウト、エクスペリエンスを組み合わせて、同じプロジェクトから多数のヘルプシステムを作成できます。

RoboHelp (2019 release) を使用すると、プロジェクトの使用を続けながら出力をスムーズに生成できます。

出力プリセットのタイプ

プロジェクト出力は、任意のタイプの出力プリセットを使用して生成できます。 RoboHelp では以下のタイプの出力プリセットを使用できます。

出力プリセットを使用した出力の生成

RoboHelp でプロジェクト出力を生成する前に、出力プリセットを作成して設定する必要があります。 出力プリセットの準備ができると、プリセットを使用して出力を生成できます。

出力プリセットの作成

RoboHelp で出力プリセットを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. 開いているプロジェクトで、以下に示すいずれかの操作を実行します。

    • 標準ツールバーの右上隅に表示されているクイック生成アイコン()をクリックし、設定を編集アイコン()をクリックします。
    • 標準ツールバーの左側に表示されている「出力」タブをクリックします。

    出力ビューが表示されます。

  2. 出力ツールバーで、「出力プリセット」をクリックします。出力プリセットパネルが表示されます。

  3. 出力プリセットパネルで、 をクリックします。

  4. 新しいプリセットダイアログボックスで、以下を指定します。

    名前:出力プリセットの名前を指定します。

    タイプ:出力プリセットのタイプを選択する場合は、このドロップダウンリストを使用します。レスポンシブ HTML5、PDF、Microsoft HTML Help、WebHelp、モバイルアプリ、eBook から選択できます。

  5. 終了」をクリックします。

    出力プリセットには、出力ツールバーの出力プリセットパネルからアクセスすることができます。または、オーサリングウィンドウのクイック生成ダイアログボックスから出力プリセットにアクセスすることもできます。

    注意:

    出力プリセットパネルまたはクイック生成ダイアログボックスで出力プリセットのタイプを識別するには、出力プリセット名の前に表示されるアイコンを確認します。以下のアイコンは出力プリセットの特定のタイプを表しています。

     レスポンシブ HTML5

     印刷ドキュメント

     Microsoft HTML Help 

     WebHelp

     モバイルアプリケーション

     eBook

出力プリセットの設定

出力プリセットの設定を構成するには、以下の手順を実行します。

  1. 開いているプロジェクトで、以下に示すいずれかの操作を実行します。

    • 標準ツールバーの右上隅に表示されているクイック生成アイコン()をクリックし、設定を編集アイコン()をクリックします。
    • 標準ツールバーの左に表示されている「出力」タブをクリックします。
  2. 出力ツールバーで、「出力プリセット」をクリックします。出力プリセットパネルで、以下に示すいずれかの操作を実行します。

    • 目的の出力プリセットをダブルクリックします。
    • 目的の出力プリセットの横に表示されている アイコンをクリックし、「編集」を選択します。
  3. 選択した出力プリセットのタイプに基づいて全般、コンテンツなどのタブを表示し、設定を構成できます。

    出力プリセットのタイプを設定する方法について詳しくは、以下のリソースを参照してください。

    注意:

    生成された出力にプロジェクト全体は含まれません。 「コンテンツ」タブ/「目次」フィールドで選択された目次によって何を含めるかが決まります。 つまり、選択された目次ファイルのトピック(およびトピック内の参照ファイル)のみが含まれます。

  4. 設定を保存するには、標準ツールバーの左上隅に表示されているすべて保存アイコン()をクリックします。

出力の生成

必要な出力プリセットを設定すると、出力を生成することができます。

出力を生成するには、以下の手順を実行します。

  1. 開いているプロジェクトのオーサリングウィンドウで、標準ツールバーの右上隅に表示されているクイック生成アイコン()をクリックします。

  2. クイック生成ダイアログボックスで目的の出力プリセットを選択し、「生成」をクリックします。

    注意:

    または、以下の操作を実行して出力を生成することもできます。

    1. 標準ツールバーの左側に表示されている「出力」タブをクリックします。
    2. 出力ビューの出力ツールバーで、「出力プリセット」をクリックします。
    3. 出力プリセットパネルで出力プリセットを選択し、「プリセットを生成 」をクリックします。
      または、出力プリセットに対して「オプション 生成」を選択します。

    進行状況バーは出力生成の進行状況を表示します。 出力の生成をキャンセルするには、 をクリックします。出力の生成が完了した後、出力を表示するには、 をクリックします。 出力の生成が失敗する場合は、 をクリックしてエラーログを表示します。

    注意:

    出力を生成する前に、クイック生成ダイアログボックスで、複数の出力プリセットを編集することもできます。 これを行うには、次の手順を実行してください。

    1. 編集する出力プリセットを選択して、「編集」をクリックします。各出力プリセットのプリセットエディターは、出力ビューに表示されます。
    2. 各出力プリセットのプロパティを編集するには、「全般」、「コンテンツ」、「レイアウト」などのタブを使用します。 
    3. 出力ビューの出力プリセットパネルを使用して、出力を生成します。
      または、作成者ビューに戻り、クイック生成ダイアログボックスを開き、編集済みの出力プリセットを選択し、「生成」をクリックします。

コマンドラインユーティリティを使用した出力の生成

RoboHelp GUI を起動せずに出力を生成するには、コマンドラインユーティリティで以下のコマンドを指定します。

<path_of_Robohelp.exe> --cl "<project_path>" -o "<output_preset>" -l "<logfile_path>" -p "<output_path>"

コマンドの説明 :

  • path_of_Robohelp.exe RoboHelp の実行可能ファイルのパスを示します。
  • --cl コマンドラインモードで RoboHelp を起動します。
  • project_path 生成するプロジェクトのパスを示します。
  • -o 出力プリセットを含みます。
  • output_preset 出力を生成するために使用する出力プリセットの名前です。
  • -l または --log(オプション)ログファイルの引数を含みます。
  • logfile_path ログファイルの引数を含める場合は、ログが生成されたログファイルのパスを指定してください。ログは HTML 形式であるため、ログファイルは HTML 形式である必要があります。
  • -p または --path(オプション)出力パスの引数を含みます。
  • output_path 出力パスの引数を含める場合は、生成した出力の保存先のパスを指定します。この引数を含まない場合は、選択した出力プリセットのプロパティで指定された出力パスに出力が生成されます。

以下に例を示します。

Robohelp.exe --cl "C:\Latte.rhpj" -o "My Responsive Output" -l "C:\logfile.html" -p "C:\outputfolder"

注意:

パスと出力プリセット名のようにスペースを含む引数値は、二重引用符で囲んでください。

出力プリセットの管理

出力プリセットは簡単に複製することも、出力プリセットパネルやクリック生成ダイアログボックスから削除することもできます。

出力プリセット名の変更

  1. 標準ツールバーの左側に表示されている「出力」タブをクリックします。

    出力ビューが表示されます。

  2. 出力ツールバーで、「出力プリセット」をクリックします。出力プリセットパネルが表示されます。

  3. 出力プリセットパネルで、名前を変更する出力プリセットに対して「オプション 名前を変更」を選択します。

  4. プリセットの名前を変更ダイアログボックスで、出力プリセットの名前を指定します。

  5. 終了」をクリックします。

出力プリセットの複製

  1. 以下に示すいずれかの操作を実行します。

    • 標準ツールバーの右上隅に表示されているクイック生成アイコン()をクリックし、設定を編集アイコン()をクリックします。
    • 標準ツールバーの左側に表示されている「出力」タブをクリックします。

    出力ビューが表示されます。

  2. 出力ツールバーで、「出力プリセット」をクリックします。出力プリセットパネルが表示されます。

  3. 出力プリセットパネルで、目的の出力プリセットの横に表示されているオプションアイコン()をクリックします。

  4. オプション」ドロップダウンリストで、「複製」を選択します。

  5. 複製する出力プリセットの名前を指定し、「終了」をクリックします。

出力プリセットの削除

  1. 以下に示すいずれかの操作を実行します。

    • 標準ツールバーの右上隅に表示されているクイック生成アイコン()をクリックし、設定を編集アイコン()をクリックします。
    • 標準ツールバーの左側に表示されている「出力」タブをクリックします。

    出力ビューが表示されます。

  2. 出力ツールバーで、「出力プリセット」をクリックします。出力プリセットパネルが表示されます。

  3. 出力プリセットパネルで目的の出力プリセットを選択し、オプションアイコン()をクリックします。

  4. オプション」ドロップダウンリストで、「削除」を選択します。確認ダイアログボックスで、「はい」をクリックします。

コンピューターで出力プリセットファイルの検索

  1. 標準ツールバーの左側に表示されている「出力」タブをクリックします。

    出力ビューが表示されます。

  2. 出力ツールバーで、「出力プリセット」をクリックします。出力プリセットパネルが表示されます。

  3. 出力プリセットパネルで、検索する出力プリセットに対して「オプション エクスプローラーで表示」を選択します。

    Windows エクスプローラーに、出力プリセットファイルとその場所が表示されます。

最適な出力生成のためのヒント

  • システムに十分なメモリがあることを確認します。詳しくは、「必要システム構成」を参照してください。
  • モバイルアプリ出力を生成するには、インターネット接続が必要になります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー