以下に、RoboHelp (2017 年リリース)とその後のパッチリリースで解決した問題をリストしています。

RoboHelp フォーラムで解決策や次善策、最新情報をご確認ください。

RoboHelp (2017 年リリース)アップデート 2 - 2017 年 9 月 11 日

機能拡張

改善されたレスポンシブ HTML5 レイアウト

すべてのレスポンシブ HTML5 レイアウトに多くの改善が行われました。RoboHelp (2017 年リリース)で旧バージョンのレイアウトを使用している場合は、ご使用のプロジェクトに新しいレイアウトを作成して使用することを強くお勧めします。現在のアップデートでの主要な改善点の 1つは、文脈依存型ヘルプでの完全なレイアウト表示のサポートです。

RoboHelp (2015 年リリース)をご使用の場合は、「Upgrade RoboHelp (2015 release) responsive HTML5 layout to RoboHelp (2017 release)(RoboHelp (2015 年リリース)のレスポンシブ HTML5 レイアウトを RoboHelp (2017 年リリース)にアップグレードする」の記事に記載された手順に従って古いレイアウトを簡単にアップグレードできます。 

解決された問題

  1. 日本語の文書から出力を生成しているときには、一部の相互参照が機能しない。
    (参照番号 - 168
  2. TOC エントリの末尾に数字が含まれている Word 文書をリンクまたはインポートする際、そのような TOC エントリは RoboHelp で正しくインポートされない。
    (参照番号 - 334367
  3. レスポンシブ HTML5 出力で、TOC が制限を超えて拡張されると、TOC の項目が重複する。
    (参照番号 - 395
  4. インディゴレイアウトを使用して生成した出力に、重複する TOC エントリが検出された。
    (参照番号 - 411
  5. モバイルデバイスでの出力表示時に、ブックマークしたトピックを開いた後もインディゴレイアウトで「お気に入り」パネルが非表示にならない。
    (参照番号 - 799
  6. インディゴレイアウトのブレッドクラムリンクが機能しない。
    (参照番号 - 397
  7. トピック/フレームの印刷機能がレスポンシブ HTML5のインディゴレイアウトにない。
    (参照番号 - 805
  8. インディゴレイアウトの 2、3 のリンクの周りに青い境界線が表示される。
    (参照番号 - 842
  9. RoboHelp バージョン 2015.4.460 で作成したプロジェクトを起動すると、RoboHelp がクラッシュする。
    (参照番号 - 378388
  10. RoboHelp は、default.css ファイルに複数の @font-face パラメータを追加するとクラッシュする。
    (参照番号 - 451
  11. マージされたプロジェクトで、マスタープロジェクトのすべてのトピックが「検索から除外」に設定されていると、RoboHelp が 出力生成時にクラッシュする。
    (参照番号 - 721
  12. WebHelp 出力に、クロスサイトスクリプティングとオープンリダイレクトの脆弱性が存在する。
    (参照番号 - 438615
  13. オプションの Output Generator with Restyling を使用してポップアップを選択している際に、いくつかの用語集はポップアップに変換されずにツールチップとして表示される。
    (参照番号 - 379
  14. 特定のプロジェクトでは、検索を行ってもプロジェクトの一部である特定のトピックは返されない。
    (参照番号 - 405
  15. Indigo レイアウトにおいて、お気に入りのポッドの説明に無関係なテキストが含まれている。
    (参照番号 - 410
  16. 文脈依存型ヘルプコールを使用して開いたトピックが完全なレイアウトなしで表示される。
    (参照番号 - 449689
  17. Indigo レイアウトを使用して生成した出力から長いトピックを印刷できない。
    (参照番号 - 447
  18. インディゴレイアウトで生成された出力では、検索リスト項目ポイント時のカラー設定が保持されない。
    (参照番号 - 675
  19. プロジェクトを RoboHelp 2015 から 2017 にアップグレードし、Azure Blue レイアウトまたは Charcoal Gray レイアウトを使用してレスポンシブ HTML5 出力を生成すると、親プロジェクトの新しいタブでトピックを開いたときにロゴが読み込まれない。
    (参照番号 - 671
  20. 用語集のフォント設定で行ったカスタマイズが保存されない。
    (参照番号 - 385
  21. Indigo レイアウトを使用して新しい出力をパブリッシュするたびに、エンドユーザーによって保存されたお気に入りが失われる。
    (参照番号 - 448
  22. 著作権要素が言語ファイル((RoboHHRE.lng)にない。
    (参照番号 - 617
  23. レスポンシブ HTML5 出力の生成時に、複数の @font-face ルールが組み合わさり、CSS ファイル内の情報が失われる。
    (参照番号 - 343
  24. 検索語に演算子(and、or、not)が含まれていると、その検索テキストは検索されたトピックで強調表示されない。
    (参照番号 - 412
  25. レスポンシブ HTML5 レイアウトの場合、検索ボックスに複数のワードが入力されていて、OR 検索が有効にされていないと、初期設定で AND 検索が実行される。
    (参照番号 - 843
  26. サブストリング検索オプションが有効または無効になっていると、レスポンシブ HTML5 出力の検索が予期どおりに動作しない。
    (参照番号 - 613
  27. 群青色レイアウトとチャコールグレーレイアウトの検索ボックスがサイドバーを折りたたんだとき非表示にならない。
    (参照番号 - 755
  28. マージされたプロジェクトで、レスポンシブ HTML5 出力で一部の子プロジェクトが検索されない。
    (参照番号 - 831
  29. すべてのレスポンシブ HTML5 レイアウトのトピックをプレビューすると、スクリプティングエラーが表示される。
    (参照番号 - 762
  30. サイドバーの「展開/折りたたみ」ボタンがサイドバーの上部で正しく並ばない。
    (参照番号 - 827
  31. サムネイル設定を構成しないと、レスポンシブ HTML5 出力プリセットは作成されない。
    (参照番号 - 459
  32. サムネイルスタイルに大きな画像が適用されている場合、展開画像では画像の縦横比が保持されない。
    (参照番号 - 461
  33. テキストラップ機能は MP4 ファイルでは動作しない。
    (参照番号 - 533
  34. RoboHelp のオンラインヘルプのテキストサイズは Surface Pro では小さすぎるため、サイズの変更はいずれもユーザーセッションで保持されない。
    (参照番号 - 616
  35. 結合したプロジェクトにおいて、RoboHelp は、条件付きビルドタグが付いたトピックを読み込めない。
    (参照番号 - 629
  36. 500 を超えるインデックスキーワードが含まれる大規模なプロジェクトにおいて、いくつかのキーワードを検索した後に、検索が応答しなくなる。
    (参照番号 - 632
  37. 3つ以上の子プロジェクトがある場合は、インデックスキーワードが親プロジェクトとマージしない。
    (参照番号 - 824
  38. インディゴレイアウトの子インデックスキーワードにインデントがない。
    (参照番号 - 726
  39. レスポンシブ HTML5 オーシャンレイアウトが SSL ギャラリーで入手できなくなり、サポートされなくりました。ただし、「RoboHelp のスクリーンプロファイルとレイアウト」ページからオーシャンレイアウトをダウンロードし、使用できます。
  40. インディゴレイアウトのホーム(カスタムアイコン)コンポーネントが利用できなくなりました。このため、「レイアウトのカスタマイズ」インターフェイスでランディングページの TOC アイコンをカスタマイズすることは不可能です。ただし、CSS を使用してランディングページアイコンをカスタマイズすることは可能です。

RoboHelp (2017 年リリース)アップデート 1- 2017 年 5 月 2 日

解決された問題

  1. 動的フィルターがトピックに適用され、そのフィルターが非表示に設定されている場合でも、トピックのインデックスエントリは表示されたままになる。
    (参照番号 - 295
  2. インディゴレイアウトを使用して生成した出力を、Safari の「出力をフルコンテキストで表示」リンクをクリックして開くと、空の TOC が表示される。
    (参照番号 - 263
  3. インディゴレイアウトを使用して生成したレスポンシブ HTML5 出力が Safari (Sierra Os)で表示されるとき、存在しないクロールバーが検出される。
    (参照番号 - 297
  4. インディゴレイアウトを使用して生成した出力の場合、動的コンテンツフィルターパネルのタイトルは、パブリッシュ設定での設定どおりには表示されない。
    (参照番号 - 345
  5. インディゴレイアウトで、お気に入りを追加/削除ボタンのタイトルが変更されない。
    (参照番号 - 386
  6. 複数のカスタマイズの問題がオーシャンレイアウトに検出される。
    (参照番号 - 288
  7. オーシャンレイアウトにおいて「デフォルトトピックを表示」オプションがオフになっていると、TOC からリンクをクリックしてもトピックが表示されない。
    (参照番号 - 294
  8. オーシャンレイアウトにおいて、「バナー」タブで表示される SVG 画像プレビューがない。
    (参照番号 - 296
  9. FrameMaker (2017 年リリース)が実行されていない場合、RoboHelp は .fm ファイルの読み込みまたはリンクに失敗する。
    (参照番号 - 332
  10. レスポンシブ HTML5 出力が RoboHelp Server 10 でホストされるとき、TOC と検索は読み込まれない。
    (参照番号 - 314
  11. RoboHelp のローカライズ版では、Starter 画面に RoboHelp の誤ったバージョン番号が表示される。
    (参照番号 - 352
  12. CSS ファイルのリンクを別の CSS ファイル内に追加すると、予期どおりに動作しない。
    (参照番号 - 284
  13. 状況依存のヘルプテストツールまたは Internet Explorer 11 で「出力をフルコンテキストで表示」リンクをクリックすると、スクリプトエラーが表示される。
    (参照番号 - 303
  14. マルチスクリーン HTML5 出力を開いている際にスクリプトエラーが検出される。
    (参照番号 - 374
  15. RoboHelp に同梱されているサンプルプロジェクトにはいくつかの問題が検出される。
    (参照番号 - 324
  16. ズーム可能とマークされた画像に大きな画像ポップアップウィンドウが表示される。
    (参照番号 - 328
  17. プロジェクトを DocBook に書き出す際に、またはトピックを DocBook 形式に書き出す際にエラーが発生する。
    (参照番号 - 341
  18. RoboHelp で RoboHelp スクリーンキャプチャーツールを起動できない。
    (参照番号 - 351
  19. 特定のケースで、モバイルアプリケーション出力を生成すると、ランタイムエラーをスローする。
    (参照番号 - 390

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー