Adobe Sign でドメイン名を安全に保つ方法

デフォルトでは、新規ユーザーは、アカウント管理者によって Adobe Sign アカウントに追加されます。

ただし、ユーザーの電子メールアドレスが Adobe Sign システムに既に存在する場合、そのユーザーの電子メールドメインがそのアカウントの「セーフリスト」に記載されるまで、管理者はユーザーを追加できません。

アカウントには、電子メールドメインに基づいてユーザーを追加する次の 2 つのオプションがあります。

  • 手動での追加 - アカウントの管理者は、その電子メールドアドレスが XXX ドメインである既存のフリーなユーザーを所定のアカウントに移動できます。
  • 自動追加 - これ以降に作成された、その電子メールアドレスが XXX ドメインであるすべての新規ユーザーは、所定にアカウントに自動的にプロビジョニングされます。

 

ドメインを要求するプロセス

これらの設定を調整するために、リクエストと次の情報を含めて、サポートチケットを送信してください

1. Adobe Sign アカウント管理者の電子メールアドレス

2. 追加する電子メールドメイン。

► 各サブドメインは、一意のドメインと見なされるので、各ドメインには個別のトークンおよび確認が必要になることに注意してください。

 

アドビは、サポートチケットを受け取ると、所定のドメインの DNS テキストレコードで発行されたトークンを検証する、安全なプロセスを取ります(ローカル IT チーム/管理者がこの件について支援してくれるでしょう)。

1. Adobe Sign サポートエージェントが、ランダムに生成されたトークン(例:adobe-sign-verification=f9ccbThisIsNotARealNumber832)でリクエストチケットに返信します。

2. アカウント管理者は、DNS テキストレコードに検証トークンを発行する必要があります。次に、サポートチケットに返信し、この手順が完了したことをアドビに通知します。

a. これは、完了するまでに数日またはそれ以上かかる場合があります。DNS の伝達の遅延は、DNS に発行された値が 1 時間またはそれ以上表示されない可能性があることを意味します

注意:アドビでは、IT 管理者が DNS テキストレコードでのこのトークンの発行に精通していることを求めています。 **

トークンが発行されることがアドビに通知され、サポートチケットの返信を受け取ると、アドビは検証し、ドメインをアカウントに追加します。

 

** DNS レコードにトークンを発行する一般的な手順。

1. ドメインアカウントにログインします。

2. DNS レコードを更新するページを見つけます。このページは、DNS 管理、ネームサーバー管理または詳細設定と呼ばれることがあります。

3. ドメインの TXT レコードを見つけます。

4. アドビから提供された完全なトークン値を含む TXT レコードを追加します。

例:adobe-sign-verification=f9ccbThisIsNotARealNumber832

5. 変更内容を保存します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー