Adobe Sign アカウントのトランザクション使用量を理解する

このページでは、Adobe Sign のビジネスおよびエンタープライズのお客様向けに、Adobe Sign のトランザクションがどのようにカウントされ、エンタイトルメントごとに課金されるかについて説明します。 

Adobe によるトランザクションの定義

トランザクションは、Adobe Sign PSLTAdobe Sign 追加利用条件で定義されています。トランザクションを処理するためにサービスが使用されると、トランザクションが使用されたと見なされます(課金対象)*。

トランザクション使用量にカウントされる製品の使用:

機能

ユーザーアクション

署名を依頼

契約書を用意して「送信」をクリックします。

署名を対面で依頼

モバイルアプリで、対面での署名フローの実行時に、契約書を用意して「署名」をクリックします。

一括送信

複数の受信者を読み込んで、「送信」をクリックします。Adobe Sign トランザクションの数は、送信された契約書数に等しくなります。各受信者に契約書が送信されます。

Giga サイン                                           

複数の受信者を読み込んで、「送信」をクリックします。Adobe Sign トランザクションの数は、送信された契約書数に等しくなります(一括送信同様)。Giga サインでは、1 つの契約書に複数の署名者が署名できます。

Web フォーム署名

エンドユーザーが Web フォームに入力して送信する場合(認証ステータスの設定にかかわらず)

カスタムワークフローの使用

カスタムワークフローを使用して契約書を生成する場合

ホームページ - トランザクションが利用できる場合

署名を対面で依頼

 

サードパーティ統合とアプリケーション

トランザクション(Salesforce、Workday、Microsoft Teams など)を送信するためにサードパーティ統合を使用すると、上記の詳細に従ってトランザクションの使用量にカウントされます。署名用に送信される契約書は、Adobe Sign Web アプリケーション、サードパーティアプリケーション(Salesforce、Workday、Microsoft Teams など)、または Adobe Sign API によって実装されたお客様独自のアプリケーションを使用して作成されたかどうかに関係なく、課金対象のトランザクションです。カスタム実装とサードパーティ統合で Adobe Sign API を使用すると、Adobe Sign の署名用に送信機能が使用されます。

 

エンタイトルメントに対するトランザクションの使用量としてカウントされない製品の使用:

機能

ユーザーアクション

Web フォームの作成

Web フォームテンプレートを作成します。

カスタムワークフローの作成

ワークフローテンプレートを作成します。

 

Adobe Sign アプリケーションと Web UI 内から入力と署名

送信者が唯一の署名者であるドキュメントに署名を追加します。

送信者が唯一の署名者の場合に Acrobat 製品への入力と署名

アーカイブ

外部署名付きドキュメントを Adobe Sign エコシステムにアップロードします。

ライブラリテンプレートの作成

契約書を送信するのためのテンプレートを作成します。

ホームページ - トランザクションなし

 

Adobe Sign レポート:合計送信件数

Adobe Sign ヘッダー

ビジネスおよびエンタープライズサービスプラン用の Adobe Sign では現在、アクティビティレポートを実行して、Adobe Sign アプリケーションで処理されたトランザクションの数を確認することができます。この指標は、「合計送信件数」指標と呼ばれます。

「合計送信件数」指標は、Adobe Sign サービスの変更(追加機能など)に応じて更新されない履歴指標で、トランザクションの契約上の定義への変更にも対応していません。したがって、課金対象トランザクションの使用量を正確に測定することはできません。この指標は、使用量の測定に使用するべきでないため、段階的に廃止中です。

注意:

合計送信件数は、トランザクションの使用数と同一のこともあれば、多いことも少ないこともあります。トランザクションの使用数は、正しい使用量を求めるうえでのソースです。

 

合計送信件数とトランザクション使用量の不一致

Adobe Sign の使用方法によっては、「合計送信件数」指標と新しいトランザクション使用量指標が一致しない場合があります。大きな相違点は次のとおりです。

  1. 送信者が唯一の署名者の場合に入力と署名を行うと、「合計送信件数」指標にはカウントされますが、課金対象トランザクションとしてカウントされず、トランザクション使用量指標の課金対象トランザクションとしてもカウントされません
  2. Web フォームで認証が有効になっていると、「合計送信件数」指標はフォームが認証された場合にのみ契約書を送信済みとしてカウントします。一方、トランザクション使用量は、フォームが送信された時点で、認証ステータスに関係なく契約書を正確にカウントします。
    • ルックバックの観点から、Web フォームの使用と設定により合計送信件数が変わることがあります。たとえば、認証が有効になっていると、Web フォームが認証された日時に応じてスナップショットが別々の時点で取られるため、合計送信件数の履歴数が増加する可能性があります。この問題は、新しいトランザクション使用量指標で解決されています。

 

2 要素認証アドオンの使用量:

上記の指標のいずれにも、2 要素認証アドオンによるトランザクション(ナレッジベース認証電話認証政府 ID 認証など)の使用は含まれていません。これらの認証アドオンによるトランザクションの使用量は、Adobe Sign アプリケーションの「送信設定」で確認できます。

管理メニューの「送信設定」

注意:

*この情報は、契約上のトランザクションの定義が異なる場合は適用されないことがあります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン