Adobe Sign 認証方法:電話(音声および SMS)

概要

電話認証は、(要求に応じて)電話に配信されるコードで受信者を認証することで、ID の強力な検証を確約する、プレミアムの 2 要素認証方式です。

この認証プロセスでは、最初に、契約書にアクセスするために認証コードを入力する必要があるという通知が受信者に提示されます。この通知には、次の情報が含まれます。

  1. 受信者の電話番号の下 4 桁(契約の作成時に入力された番号)。これにより、受信者はコードの送信先デバイスを知ることができます。
  2. 発信者の名前(リンク付き)。受信者が何らかの理由(電話番号の変更など)で発信者に連絡する必要がある場合に備えて提供されます。リンクをクリックすると、契約書を送信したユーザーのアドレス宛ての電子メールが開きます。
    • このリンクは、受信者をサポートチームのような明示的なアドレスに誘導するように変更できます
  3. コードを音声通話またはテキストメッセージで配信するための受信者向けオプション。
ユーザーが認証コードを受け取る準備ができたら、「コードを送信」ボタンをクリックします。
電話認証チャレンジ

 

コードを送信」ボタンをクリックすると、次のようになります。

  • ページが更新され、アクセスコードの入力が許可されます
  • 指定された電話番号で、自動通話またはテキストにより 5 桁の認証コードを受信します
    • コードは 5 分間有効です。5 分を経過したら、受信者は電子メールに戻って新しいコードを送信する必要があります
    • 受信者が正しいコードを入力する回数には制限があります。受信者が失敗の上限に達すると、契約書は自動的にキャンセルされ、送信者に通知が届きます
認証コードを入力する

認証に成功すると、受信者には契約書を表示して操作するためのアクセス権が付与されます。

受信者が何らかの理由で、アクションを完了する前に契約書を閉じた場合、再認証が必要となります。

注意:

電話認証方法は、ビジネスサービスプランおよびエンタープライズサービスプランでのみご利用いただけます。

電話認証は、使用ごとに課金されるプレミアム認証方法です。

  • 新規アカウントには、50 件の無料 トランザクションが含まれています
  • オプションをこれ以上使用するには、追加のトランザクションを購入する必要があります


新しい契約書の作成時の電話認証方法の設定

電話認証が有効になっている場合、送信者は受信者の電子メールアドレスの右側にある「認証」ドロップダウンから「電話」を選択できます。

認証方法を選択

ユーザーが認証方法として「電話」を選択したら、受信者の認証プロセスに使用する電話番号を入力する必要があります。

注意:

  • 受信者が契約における自分の役割を委任している場合は、新しい受信者の電話番号を入力する必要があります。
  • 認証試行に関連付けられた電話番号は、送信者の管理ページで認証タイプを編集することによって、進行中の契約書で変更できます。

契約書の作成時に正しくない電話番号が検出されると、プロセスが停止し、ページの上部にエラーメッセージが表示されます。

偽の電話番号の警告


プレミアム認証トランザクションの消費

プレミアム認証方法では、電話認証方法を設定した状態で契約書を送信する前に、電話認証トランザクションを購入し、アカウントで利用できる状態になっている必要があります。

電話認証トランザクションは、受信者ごとに消費されます。

例えば、電話によって認証される 3 人の受信者が設定された契約書では、3 つの認証トランザクションが消費されます。

 

契約書に複数の受信者を設定した場合、電話認証によって認証される各受信者に対して、アカウントで使用可能な合計数から 1 つのトランザクションが差し引かれます。

  • 下書きの契約書を取り消した場合、すべての電話認証トランザクションが、アカウントで使用可能な合計数に返されます
  • 進行中のトランザクションを取り消しても、認証トランザクションはアカウントで使用可能な合計数に返されません
  • その他の任意の認証方法から電話に認証方法を変更した場合、1 つのトランザクションが消費されます
    • 同じ受信者に対して電話認証と他の方式を何度か切り替えた場合、1 つのトランザクションのみ消費されます
  • 電話からその他の方法に認証方法を変更しても、トランザクションは返されません
  • 電話認証を使用して認証する受信者ごとに、プロセスの試行回数にかかわらず、1 つのトランザクションのみが消費されます

 

使用可能な数の追跡

アカウントで使用可能な電話認証の数を監視するには、次の手順を実行します。

  • アカウント設定/送信設定/ID 認証方法に移動します。
  • 使用状況を確認」リンクをクリックします。
使用状況を確認


監査レポート

監査レポートには、電話番号を使用して ID の認証が行われたことが明記されます。

  • 電話番号の最後の 4 桁のみ表示されます。

受信者が認証に成功しなかったために契約が取り消された場合、理由が明示的に示されます。

認証失敗 - 監査ログ


ベストプラクティスと考慮事項

  • 内部受信者に 2 要素認証を使用する場合は、電話認証の代わりに Adobe Sign 認証方法を使用して、署名の手間を減らし、プレミアム認証トランザクションの消費を節約することをお勧めします
  • 認証試行に関連付けられた電話番号は、送信者の管理ページで認証タイプを編集することによって、進行中の契約書でのみ変更できます
  • テキストメッセージを設定して、顧客の問合せや質問を効率化します


設定オプション

電話認証には、次の 2 つのコントロールセットがあり、アカウントレベルとグループレベルで設定できます。

  • 送信設定:送信者による「電話」認証オプションへのアクセス、および SMS オプションへのアクセスと設定を制御します
  • セキュリティ設定:受信者が正しいトークンを入力する試行回数を制限します


送信設定で認証方法を有効にする

電話ベース認証を使用するオプションを送信者に対して有効にするには、送信設定/ID 認証方法に移動します

  • 電話認証」チェックボックス - オンにすると、契約書の作成時に「電話」オプションを使用できます
  • デフォルトでは、次の国コードを使用 - 管理者は、設定しているグループを通じて送信される契約書のデフォルトの国コードを選択する必要があります
  • (オプション)会社名を使用して電話認証メッセージをカスタマイズ - オンにすると、Adobe Sign ではなく、ユーザーのプロファイルの会社名がテキストメッセージで使用されます
  • (オプション)サポート連絡先 - 契約書の作成者宛ての埋め込みリンクを、サポートチームへのメールアドレスなどの他のリテラル値に置き換えます
SMS ID 認証コントロール

注意:

電話認証オプションのカスタマイズの詳細については、この記事を参照してください


セキュリティ設定の構成

電話認証では、管理者は、契約書がキャンセルされるまでの試行の失敗可能回数を、ゼロ以外で設定する必要があります。デフォルトは 5 です。

この設定は、セキュリティ設定ページで設定できます。

電話のセキュリティコントロール

注意:


受信者が認証に失敗した場合の契約書の自動取り消し

制限された回数の電話認証が失敗すると、契約書は自動的にキャンセルされます。

契約の作成者には、認証に失敗した受信者を示すメモを含んだ、取り消しを通知する電子メールが送信されます。

その他の当事者には通知されません。

ID の失敗により取り消された契約書