Adobe Stockの素材とAfter Effectsのアニメーションスタイルで、テキストに命を吹き込もう。

最適な画像を検索

Adobe Stockでテキストに合った魅力的な画像を探します。

ブラウザーにAdobe Stock webサイトが表示され、検索フィールドに「シューリアルラジオ」が入力されている

スクリーンサイズに合わせて追加のピクセルを作成

画像のサイズを変更した後に、スマートオブジェクトをラスタライズし、コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して背景でキャンバスを埋めます。

コンテンツに応じた塗り潰しパネルが開き、選択範囲が塗りに設定されているラジオのPhotoshopファイル

文字にマスクを追加

「被写体を選択」機能を使用してラジオを選択し、選択範囲を反転してレイヤーマスクを文字レイヤーに適用します。

プロパティパネルが開かれ、「被写体を選択」ツールを使用する選択領域が示されたラジオのPhotoshopファイル

After EffectsでPhotoshopファイルを直接開く

「新規コンポジション フッテージから」ボタンをクリックし、PSDファイルを見つけて、読み込みの種類に「コンポジション」を選択します。

「新規コンポジション フッテージから」で読み込まれ、読み込みの種類が「コンポジション」に設定されているPSDを示すAfter Effects

アニメーションエフェクトを適用

エフェクト&プリセットパネルで波形ワープエフェクトを探し、波形ワープを文字レイヤーに直接ドラッグ&ドロップします。

エフェクト&プリセットパネルが開き、波形ワープのアニメーションエフェクトが適用されている、After Effectsのラジオと「static」という単語の画像

エフェクトのプロパティを調整

エフェクトコントロールパネルで波形の種類を「ノイズ」に設定し、波形の幅と波形の高さの値を調整します。

staticの外観のエフェクトを作成するために波形の幅と波形の高さの調整が適用されている、ラジオと「static」という単語の画像

エフェクトを複製して動きを強調する

エフェクトを複製し、波形の種類を「のこぎり波」に変更して、大げさすぎないようにエフェクトの幅と高さを調整します。

波形ワープエフェクトが複製され、エフェクトの強弱が調整されたラジオとSTATICという単語の画像

プロジェクトをレンダリング

コンポジションをAdobe Media Encoderキューに追加し、レンダリング前にフォーマット、プリセット、および場所を選択します。

ビデオのエンコードと書き出しについて詳しくは、Adobe Media Encoderの「書き出し設定リファレンス」を参照してください。

コンポジションの最終レンダリングのフォーマット、プリセット、および場所が選択されているAdobe Media Encoderキューのインターフェイス

完成

画像とメッセージングが一体化した魅力的なアニメーションが完成しました。

ビンテージラジオと、ピンクと青のネオンカラー、および静止しているように見えるエフェクトが適用された「static」という言葉を映し出している壁掛けテレビ

Adobe Stockの厳選されたコレクションから、次回のプロジェクトに活用できる素材を見つけましょう。

06/30/2021
このページは役に立ちましたか。