トラブルシューティングとヘルプ

Designer は、Creative Cloud Web サイトからダウンロードできます。プロンプトが表示されたら、お客様の Adobe アカウントでログインして、「ダウンロード」または「インストール」をクリックします。詳細については、「Creative Cloud アプリケーションのダウンロード」を参照してください。

「インストールに失敗しました」エラーの解決には、エラー: Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「インストールに失敗しました」を参照してください。その他のダウンロード、インストール、アップデートなどについての問題を解決するには、この「ダウンロードおよびインストールに関する問題のトラブルシューティングガイド」を参照してください。

Adobe ID とログインの一般的な問題の単純な解決策を参照して、アカウントへのアクセスを再取得してください。

Designer と他の Creative Cloud アプリケーションは、最大 2 台のコンピューターにインストールできます。3 台目のコンピューターにインストールする場合は、インストール済みのマシンのいずれかでライセンス認証を解除します。詳しくは、「Creative Cloud アプリケーションの認証と認証解除」を参照してください。

Designer は、ノードベースのインターフェイスで 2D テクスチャ、マテリアル、エフェクトを作成するためのアプリケーションです。プロシージャル生成、パラメーター化、非破壊ワークフローを重視した設計になっています。

Substance 3D Designer のドキュメントに、既知の問題に関する情報とその解決策が記載されています。ドキュメントは、こちらから入手できます。

また、フォーラムに参加すると、他の Designer ユーザーやアドビのデベロッパーと情報を交換できます。フォーラムへは、こちらからご参加ください。

HBAO ノードについては、こちらの情報をご確認ください。

ノードの解像度は解像度モードに依存します。解像度モードについては、こちらのドキュメントをご覧ください。

2 つのノードを接続するには、最初のノードの出力タイプが 2 番目のノードの入力タイプと一致している必要があります。たとえば、グレースケール出力をカラー入力に接続することはできません。グレースケール変換ノードとグラデーションマップノードを使用すると、出力タイプを変換できます。

必要最小スペックと推奨構成については、こちらをご覧ください。

SBSAR ファイルを公開するか、イメージを書き出します。詳細については、こちらをご覧ください。

リソースの読み込みにはいくつかの方法があります。よく使われているのは、ファイルブラウザーから Substance 3D Designer にリソースをドラッグしてプロジェクトに読み込む方法です。ファイルの更新時にリソースも更新されるように、リンクを使用することもできます。詳しくは、リソースのリンクと読み込みに関する記事をご覧ください。

他のアプリケーション用にマテリアルを最適化することは良い考えです。特に複数の人とマテリアルを共有する場合は、最適化は重要です。マテリアルを最適化する方法については、こちらをご覧ください。

パラメーターを公開すると、アプリケーション間で移動することなく、他のアプリケーションでマテリアルを動的に更新することができます。パラメーターの公開方法については、こちらをご覧ください。

グラフ作成のベストプラクティスに従うと、グラフを読みやすくすることができます。ノードの編成方法については、こちらのベストプラクティスをご覧ください。

Flood Fill は、短時間で結果を改善できる強力なノードです。Flood Fill の詳細については、こちらをご覧ください。

コミュニティ

アドビサポートコミュニティ 困ったときは気軽に質問!