Adobe Connect 9.7 と、Events モジュール、AEM、テレフォニーアダプター、データベースなどの関連コンポーネントをインストールまたはアップグレードします。

この記事では、Adobe Connect 9.7 とその関連コンポーネントをインストール、設定、導入する方法について説明します。他のバージョンの Adobe Connect については、該当バージョンのインストールガイドを www.adobe.com/go/learn_Connect_doclisting_jp で参照してください。

Adobe Connect 9.7 は既存の Adobe Connect9.6 システムにのみ追加できるパッチとして配布されています。

  • 既存の Adobe Connect 9.x(x = 0 ~ 6)インストールをアップグレードするには、最新の Adobe Connect 9.6 にアップグレードしてから Adobe Connect 9.7 パッチを導入してください。v9.6 にアップグレードするには、この記事を参照してください。
  • フレッシュインストールを作成するには、インストーラーを使用して Adobe Connect 9.6 をインストールし、バージョン 9.6 に適用可能な最新のパッチを適用してから、Adobe Connect 9.7 をパッチとして導入してください。v9.6 をインストールするには、この記事を参照してください。

注意:

AEM ライセンスがない既存の Adobe Connect 9.x のインスタンスを、AEM ライセンスを持つ Adobe Connect 9.7 インスタンスにアップグレードする場合、AEM が有効なライセンスを持つ Adobe Connect 9.6.2 にアップグレードしてから Adobe Connect 9.7 パッチを適用します。

新しいインストールのワークフローを次のフローチャートに示します。

Adobe Connect 9.7 のインストールのワークフロー
Adobe Connect 9.7 のインストールのワークフロー

各種アップグレードパスを次のフローチャートに示します。

Adobe Connect 9.7 のアップグレードパスとワークフロー
Adobe Connect 9.7 のアップグレードパスとワークフロー

Adobe Connect 9.7 パッチを導入

注意:

このパッチを導入するには、Adobe Connect のインスタンスのダウンタイムが必要です。

パッチの対象となるシステムは次のとおりです。

ホストのタイプ サービス/アプリケーション 更新済み 停止済み 再起動済み
ライセンス ACS/HM Y Y Y
AEM Author
Adobe Connect CQ-Author Y Y Y
AEM Publisher Adobe Connect CQ-Publish Y Y Y
Adobe Connect アプリケーション
Adobe Connect サービス
Y Y Y
Adobe Connect アプリケーション
Adobe Media Server
Y Y Y
Adobe Connect アプリケーション Adobe Media Administration Server
Y Y Y
Adobe Connect アプリケーション Adobe Connect Telephony Service
Y Y Y
Adobe Connect アプリケーション(TS) Arkadin TA
Y Y Y
Adobe Connect アプリケーション(TS) InterCall TA N Y Y
Adobe Connect アプリケーション(TS) MeetingOne TA N Y Y
Adobe Connect アプリケーション(TS) Premiere TA N Y Y
DB DB Y N N
ダウンロード Adobe Connect アドイン(Windows)
Y N 該当なし
ダウンロード Adobe Connect アドイン(Mac)
Y N 該当なし
FMG FMG N N N

Adobe Connect 9.7 をフレッシュインストールまたは既存の Adobe Connect インスタンスへのパッチとして導入するには、次の手順に従います。

  1. フレッシュインストールの場合、インストーラーを使用して Adobe Connect 9.6 をインストールの手順に従って Adobe Connect 9.6 をインストールします。

    既存の Adobe Connect インスタンスをアップグレードする場合、インストーラーを使用して Adobe Connect 9.6 にアップグレードの手順に従って Adobe Connect 9.6 をインストールします。

  2. バージョン 9.6.2 の最新パッチにアップグレードするには、Adobe Connect 9 のオンプレミスパッチファイルの手順に従います。

  3. Adobe Connect サービスを停止します。Service Panel を使用して AEM Author および AEM Publisher インスタンスを停止します。

  4. 次のバックアップを作成します。

    • AEM Author インスタンスの AEM フォルダーを [AEM_install_dir]\CQ-Author\crxquickstart からコピーします。
    • AEM Publish インスタンスの AEM フォルダーを [AEM_install_dir]\CQ-Publish\crxquickstart からコピーします。
    • Adobe Connect データベースをバックアップします。
    • appservcomservjretomcat および TelephonyService フォルダーをバックアップします。
    • \appserv\common\AddInInfo.xml および \TelephonyService\conf\telephony-settings.xml の設定ファイルをバックアップします。
  5. Adobe Connect データベースをアップデートするには、データベース上の update_9_7_0_0.sql ファイルを実行します。

  6. Adobe Connect サービスが導入されるサーバーにパッチファイル update_9.6.2_9.7.0_licensed_signed.exe をコピーします。EXE ファイルをダブルクリックします。Adobe Connect がインストールされているルートディレクトリを確認します。

  7. Arkadin テレフォニーアダプターを使用している場合、ここに記載のとおり、Arkadin テレフォニーアダプターに変更を加えます。

  8. Adobe Connect サービスを起動します。 version.txt ファイルで変更が反映されているかは http://example.com/version.txt から確認してください。example.com をお使いのドメインに置き換えてください。

  9. クラスター内の各サーバーに対して、手順 1 ~ 6 を繰り返します。

  10. サーバーを起動した後、Adobe Connect コンソールのライセンス設定に移動して、Adobe Connect 9.7 のライセンスを更新してください。

    注意:

    コンソールで指定された URL からライセンスファイルをダウンロードできます。

  11. AEM Author および AEM Publish サーバーをアップグレードします。

    1. AEM サーバーで、管理者としてログインします。
    2. AEM Author のスレーブサービスがある場合は停止します。
    3. http://[サーバー名]:[ポート番号]/crx/packmgr/index.jsp で AEM Author マスターパッケージマネージャーにアクセスします。既存の ConnectEventApp.zip ファイルと既存の AEM ソーシャルパッケージ cq-social-plugins-pkg-1.0.4.zip を削除します。
    4. http://[サーバー名]:[ポート名]/crx/de/index.jsp の CRXDE Lite を使用して、/apps/connect/install/cq-social-plugins-pkg-1.0.4.zip から AEM ソーシャルパッケージを削除します。
    5. パッチアーカイブの一部に含まれる新しい ConnectEventApp.jar ファイルをアップロードします。
    6. AEM Author マスターインスタンスで http://[サーバー名]:[ポート番号]/crx/packmgr/index.jsp にアクセスして、AEM のソーシャルパッケージの cq-socia -plugins-pkg-1.0.4.zip をインストールします。
    7. インストール中に、「アクセス制御を処理」の「統合」の値を選択して「インストール」をクリックします。
    8. AEM Publish インスタンスに対して、上記の手順 1 ~ 6 を繰り返します。
    9. AEM Publish インスタンスサービスおよび AEM Author マスターサービスを停止します。
    10. AEM Publish サーバーに AEM ソーシャルパッケージをインストールするには、上記の手順を繰り返し実行します。
    11. AEM Author マスターサービスおよび AEM Publish インスタンスを再起動し、サービスの再起動後に AEM マスターサーバーにログインできることを確認します。
    12. AEM Author のスレーブサービスがある場合は、これを起動します。
    13. AEM Publish インスタンスのサービスを起動します。
  12. インストールを確認するには、Adobe Connect のインストールの確認の手順に従います。

移行後の新しいライセンスファイルのアップロード

Adobe Connect を移行した後に、次の手順で license.txt ファイルをアップロードします。

  1. Adobe Connect Server にログインします。
  2. Web ブラウザーで http://[サーバー名]:8510/console/ にアクセスして、Application Console Manager を起動します。
  3. 「ライセンスの設定」をクリックします。
  4. 「参照」ボタンをクリックして、license.txt ファイルを選択します。「保存」をクリックします。

パッチのロールバック

注意:

Adobe Connect 9.7 パッチを導入セクションのバックアップ手順が完了している場合のみ、ロールバックが可能です。

Adobe Connect 9.7 パッチをロールバックするには、次の手順に従います。この手順では、インスタンスが Adobe Connect バージョン 9.6.2 に戻されます。

  1. Adobe Connect サービスを停止します。
  2. Service Panel を使用して AEM Author および AEM Publish のインスタンスを停止します。
  3. 既存の appservcomservjretomcat および TelephonyService フォルダーを削除します。
  4. appservcomservjretomcat および TelephonyService フォルダーをバックアップから復元します。
  5. バックアップから Adobe Connect データベースインスタンスを復元します。
  6. \[AEM_install_dir]\CQ-Author\crx-quickstart の AEM Author フォルダーをバックアップからコピーします。
  7. \[AEM_install_dir]\CQ-Publish\crx-quickstart の AEM Publish フォルダーをバックアップからコピーします。
  8. Adobe Connect サービスを再起動します。
  9. AEM Author および AEM Publish のインスタンスを再起動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー