この用語集では、Animate の様々なタイプのトゥイーンについて説明します。

クラシックトゥイーン

Classic-Tween

クラシックトゥイーンとは、Flash CS3 以前でのトゥイーン処理を指しており、主に移行のために維持されています。

このトゥイーンは、新しい方法のモーショントゥイーンと似ていますが、モーショントゥイーンよりも作成方法が複雑で、柔軟性に劣ります。クラシックトゥイーンを作成するには、開始位置のキーフレームと終了位置のキーフレームを設定します。

補足情報

モーショントゥイーン

Motion-Tween

モーショントゥイーンは、Animate でアニメーションの動きを作成するために使用します。モーショントゥイーンアニメーションは、最初のフレームと最後のフレームの間のオブジェクトプロパティに異なる値を指定することで作成されます。使用できるオブジェクトプロパティには、位置、サイズ、カラー、エフェクト、フィルター、回転などがあります。

モーショントゥイーンを作成するには、トゥイーン内の任意のフレームを選択し、そのフレームのモーションシンボルを移動します。クラシックトゥイーンやシェイプトゥイーンとは異なり、最初のフレームと次のキーフレームの間にあるフレームをアニメーション化するモーションパスが Animate によって自動的に作成されます。モーショントゥイーンでは、各フレームにアセットを配置する必要がないので、ファイルサイズを最小限に抑え、ドキュメント内のアセット数を減らすことができます。

補足情報

シェイプトゥイーン

Shape-Tween

Adobe Animate では、シンボルインスタンス、グループおよびテキストの位置、サイズ、回転、傾斜をトゥイーンできます。インスタンスやテキストの色をトゥイーンして、色が変化したり、徐々に透明または不透明になるアニメーションを作成することもできます。

シンボルインスタンス、グループおよびテキストのプロパティの変化をトゥイーンするには、クラシックトゥイーンを使用します。グループまたはテキストの色をトゥイーンする前に、オブジェクトをシンボルに変換する必要があります。 

補足情報

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー