Animate CC では、モーショントゥイーンとクラシックトゥイーンの 2 種類のトゥイーンアニメーションが作成されます。 

モーショントゥイーンはシンボルを使用するタイプのアニメーションで、移動、サイズ、回転の変化、フェード、カラー効果を作成できます。

クラシックトゥイーンとは、Flash CS3 以前でのトゥイーン処理を指しており、主に移行のため維持されています。 

モーショントゥイーンアニメーションとクラシックトゥイーンアニメーション

関連項目

モーショントゥイーンとクラシックトゥイーン

モーショントゥイーン クラシックトゥイーン
強力でありながら作成が容易で、トゥイーンアニメーションを最大限に制御できます。 クラシックトゥイーンは、作成方法が複雑で、以前のバージョンの Animate で作成されたすべてのトゥイーンを含みます。 
トゥイーンをきめ細かく制御できます。 ユーザー固有の機能を提供します。
キーフレームを使用します。 プロパティフレームを使用します。
トゥイーン全体が 1 つのターゲットオブジェクトで構成されます。 同じまたは異なるシンボルを含む 2 つのキーフレーム間でトゥイーンします。
テキストをトゥイーン可能であり、テキストオブジェクトをムービークリップに変換しません。 テキストオブジェクトをグラフィックシンボルに変換します。
フレームスクリプトを使用しません。 フレームスクリプトを使用します。
タイムライン内でトゥイーンの延長やサイズ変更ができ、トゥイーンが単一オブジェクトとして扱われます。  タイムライン内の個別に選択可能なフレームのグループによって構成されます。
モーショントゥイーンスパン全体の長さにわたってイージングを適用します。モーショントゥイーンの特定のフレームをイージングするには、カスタムイージング曲線の作成が必要です。
トゥイーン内のキーフレーム間のフレームのグループにイージングを適用します。 
トゥイーンごとに 1 つのカラー効果を適用します。 濃淡とアルファ透明度など、2 つの異なるカラー効果を適用します。
3D オブジェクトをアニメーション化できます。  3D オブジェクトをアニメーション化できません。 
モーションプリセットとして保存できます。 モーションプリセットとして保存できません。シンボルを入れ替えたり、グラフィックシンボルのフレーム番号を設定して、プロパティキーフレームに表示できます。 

モーショントゥイーンとクラシックトゥイーンの類似点

  • 同じレイヤーにクラシックトゥイーンまたはモーショントゥイーンのどちらか 1 種類を複数配置することはできますが、2 種類を同じレイヤーに混在させることはできません。
  • どちらのトゥイーンでも、特定の種類のオブジェクトのみをトゥイーン処理できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー