始める前に

アニメーションの作成を開始する前に、次の概念について理解しておきます。

前提条件 説明
タイムライン モーショントゥイーンを使用する前に、タイムラインの使用およびプロパティの編集について理解します。ステージ、プロパティインスペクターまたは再設計されたモーションエディターを使用して、個々のプロパティキーフレームを編集できます。
シンボルインスタンス Animate がトゥイーンするのは、シンボルインスタンスとテキストフィールドのみです。その他のオブジェクトにトゥイーンを適用すると、それらのオブジェクトはシンボル内にラップされます。シンボルインスタンスにはネストしたシンボルを含めることができ、それらのネストしたシンボル自体も独自のタイムラインでトゥイーンすることができます。
トゥイーンスパン トゥイーンレイヤーの最小構成要素は、トゥイーンスパンです。トゥイーンレイヤー内のトゥイーンスパンには、1 つのシンボルインスタンスまたはテキストフィールドのみを含めることができます。そのシンボルインスタンスは、トゥイーンスパンのターゲットと呼ばれます。ただし、単一のシンボルに複数のオブジェクトを含めることは可能です。
ターゲットオブジェクト

トゥイーンスパンに別のシンボルまたはテキストフィールドを追加すると、最初に追加したシンボルが置き換えられます。トゥイーンのターゲットオブジェクトを変更するには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • ライブラリから別のシンボルをタイムラインのトゥイーンスパンにドラッグします。
  • 修正/シンボル/シンボルの入れ替えコマンドを使用します。

トゥイーンレイヤーを削除したり、トゥイーンを分解したりしなくても、トゥイーンレイヤーからシンボルを削除することができます。 その後で別のシンボルインスタンスをトゥイーンに追加することもできます。また、ターゲットシンボルのタイプの変更やシンボルの編集はいつでも行うことができます。

モーションパス トゥイーンにモーションが含まれる場合、ステージにはモーションパスが表示されます。モーションパスは、各フレームのトゥイーンオブジェクトの位置を示します。モーションパスはステージ上でコントロールポイントをドラッグすることで編集できます。トゥイーン/インバースキネマティックレイヤーにモーションガイドを追加することはできません。 

関連項目

モーショントゥイーンのコンポーネント

トゥイーンスパン

  • オブジェクトの 1 つ以上のプロパティを時間経過に沿って変更できる、タイムライン内のフレームのシーケンスです。
  • モーショントゥイーンスパンは、背景色のある単一レイヤーに含まれるフレームのグループとしてタイムラインに表示されます。
  • トゥイーンスパンを単一のオブジェクトとして選択し、タイムライン上のある位置から別の位置(別のレイヤーを含む)にドラッグできます。
  • 各トゥイーンスパンでアニメーション化できるのは、ステージ上の 1 つのオブジェクトのみです。このオブジェクトはトゥイーンスパンの「ターゲットオブジェクト」と呼ばれます。

プロパティキーフレーム

  • トゥイーンスパン内のフレームで、ここではトゥイーンのターゲットオブジェクトの 1 つ以上のプロパティ値を明示的に定義します。
  • これらのプロパティには、位置、アルファ(透明度)、カラーの濃淡などがあります。
  • 定義されたプロパティごとに固有のキーフレームがあります。
  • 1 つのフレームに複数のプロパティを設定すると、各プロパティのプロパティキーフレームはそのフレームに置かれます。
  • トゥイーンスパンの各プロパティおよびそのプロパティキーフレームを参照するには、モーションエディターを使用します。
  • トゥイーンスパンのコンテキストメニューからタイムラインに表示するプロパティキーフレームのタイプを選択するには、いずれかのプロパティキーフレームを右クリックして、「キーフレームを表示」を選択します。 

トゥイーンのターゲットオブジェクト

モーショントゥイーンには、トゥイーンスパンの中に 1 つのオブジェクトがあります。これをトゥイーンのターゲットオブジェクトと呼びます。トゥイーンにターゲットオブジェクトが 1 つしかないことには、いくつかの利点があります。

  • トゥイーンをプリセットとして保存し、再利用することができます。
  • タイムライン上(トゥイーンスパンをドラッグ)またはステージで簡単にモーショントゥイーンを移動できます。
  • 既存のトゥイーンに新しいインスタンスを適用するには:
    • トゥイーンにペーストして入れ替えます。
    • ライブラリから新しいインスタンスをドラッグします。
    • シンボルの入れ替えを使用します。 

トゥイーン可能なオブジェクトおよびプロパティ

モーショントゥイーンを適用できるオブジェクトの種類には、ムービークリップ、グラフィックおよびボタンシンボル、テキストフィールドがあります。これらのオブジェクトの以下のプロパティをトゥイーンできます。

  • 2D X、Y の位置
  • 3D Z の位置(ムービークリップのみ)

  • 2D 回転(Z 軸周り)

  • 3D X、Y、Z 回転(ムービークリップのみ):パブリッシュ設定で FLA ファイルのターゲットを ActionScript 3.0 および Flash Player 10 以上のバージョンに設定します。Adobe AIR も 3D モーションをサポートしています。

  • 傾斜 X、Y

  • 伸縮 X、Y

  • カラー効果:アルファ(透明度)、明度、濃淡および高度なカラー設定などがあります。シンボルと TLF テキストに適用されているカラー効果のみ、トゥイーンできます。これらのプロパティをトゥイーンすることで、オブジェクトがある色から別の色にフェードインまたはフェードアウトするように表示できます。クラシックテキストのカラー効果をトゥイーンするには、テキストをシンボルに変換する必要があります。

  • フィルタープロパティ(グラフィックシンボルに対しては、フィルターは適用できません)

モーショントゥイーンアニメーションの作成

モーショントゥイーンの作成方法は次の 3 通りあります。

  • トゥイーン処理するグラフィックまたはインスタンスを作成し、フレームを右クリックして「モーショントゥイーンを作成」を選択します。
  • トゥイーン処理するグラフィックまたはインスタンスを選択し、メインメニューから挿入/モーショントゥイーンを選択します。
  • トゥイーン処理するグラフィックまたはインスタンスを作成し、ステージ上でインスタンスを右クリックして「モーショントゥイーンを作成」を選択します。

注意:

アニメーションでの ActionScript の使用はオプションです。

モーショントゥイーンアニメーションの作成

プロパティインスペクターを使用して他のプロパティをトゥイーン

シンボルインスタンスまたはテキストフィールドのプロパティをアニメートするには、モーショントゥイーンを作成コマンドを使用します。プロパティには、回転、伸縮、透明、濃淡(シンボルおよび TLF テキストのみ)があります。例えば、シンボルインスタンスのアルファ(透明度)プロパティを編集して、画面上でフェードさせることができます。モーショントゥイーンを使用してアニメーション化できるプロパティの一覧については、トゥイーン可能なオブジェクトおよびプロパティを参照してください。

  1. ステージ上のシンボルインスタンスまたはテキストフィールドを選択します。

    選択アイテムに、他のオブジェクトが含まれている場合、またはそのレイヤーの複数のオブジェクトが含まれている場合は、選択アイテムをムービークリップシンボルに変換するかどうかの問い合わせが示されます。

  2. 挿入モーショントゥイーンを選択します。

    トゥイーン用に選択項目をシンボルに変換ダイアログボックスが表示されたら、「OK」をクリックして、選択アイテムをムービークリップシンボルに変換します。

    単一のフレームだけに存在するオブジェクトにトゥイーンを適用すると、再生ヘッドは新しいトゥイーンの最後のフレームに移動します。それ以外の場合は、再生ヘッドは移動しません。

  3. プロパティ値を指定するトゥイーンスパンのフレームに再生ヘッドを配置します。

    トゥイーンスパンの他のフレームに再生ヘッドを配置することができます。トゥイーンは、トゥイーンスパンの最初のフレームのプロパティ値から開始します。このフレームは常にプロパティキーフレームです。

  4. ステージ上のオブジェクトを選択し、アルファ(透明度)、回転、傾斜などの位置プロパティ以外の値を設定します。プロパティインスペクターツールパネルのツールで値を設定します。

    スパンの現在のフレームはプロパティキーフレームになります。

    注意:

    トゥイーンスパン内にある別のタイプのプロパティキーフレームを表示できます。トゥイーンスパンを右クリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)して、コンテキストメニューでキーフレームを表示<プロパティタイプ> を選択します。

  5. タイムラインで再生ヘッドをスクラブし、ステージのトゥイーンをプレビューします。

  6. 他のプロパティキーフレームを追加するには、再生ヘッドをスパン内の別のフレームに移動し、プロパティの値をプロパティインスペクターで設定します。

既存のトゥイーンレイヤーにトゥイーンを追加

既存のトゥイーンレイヤーに他のトゥイーンを追加できます。トゥイーンを追加することで、アニメーションを含む Animate コンテンツを作成する場合に使用するレイヤー数を削減できます。

  • 次のいずれかの操作をします。

    • 空白のキーフレームをレイヤーに追加し(挿入タイムライン空白キーフレーム)、キーフレームにアイテムを追加して、アイテムをトゥイーンします。
    • 別のレイヤーにトゥイーンを作成し、スパンを目的のレイヤーにドラッグします。
    • 静止フレームを別のレイヤーからトゥイーンレイヤーにドラッグし、その静止フレーム内のオブジェクトにトゥイーンを追加します。
    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグし、同じレイヤーまたは別のレイヤーから既存のスパンを複製します。
    • 同じレイヤーまたは別のレイヤーからトゥイーンスパンをコピー&ペーストします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー