Adobe Camera Raw 10.x の新機能について説明します。

Adobe Camera Raw 10.1

Adobe Camera Raw 10.1 では、新しいカメラとレンズのサポートを追加し、各種問題も解決しました。

高度な「自動」機能により、最適な編集値を写真に自動で適用

このリリースの Adobe Camera Raw の新機能

自動機能から編集を始めましょう。Adobe Sensei を使用して、写真の光やカラーの特徴をもとに、補正値が自動で適用されます。アドビの自動機能では、先進の機械学習を活かして、露光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベル、彩度、自然な彩度の各スライダーコントロールの指定に即した最適な編集値が写真に自動で適用されます。また、自動機能には、切り抜き後でも写真の編集値を最適にする機能が搭載されています。

自動機能で利用されるニューラルネットでは、プロが撮影した大量の写真や手作業で編集された写真を学習し、熟練の写真家さながらに画像を解析して修正します。

アドビの機械学習技術について詳しくは、機械学習の FAQ を参照してください。

Adobe Camera Raw 10.0

カラー範囲マスクと輝度範囲マスクですばやく選択

 Creative Cloud メンバーだけが利用可能

新しい色域マスクと輝度範囲マスクを使用すると、写真上に正確なマスキング領域をすばやく作成して、部分補正を適用することができます。これらの新しい高精度なマスキングツールでは、カラーと階調をベースに光源の変化やエッジのコントラストの変化を検出できます。補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して、初期マスク選択をすばやく作成できます。その後、範囲マスク(補正ブラシツール選択の[自動マスク]の下にあります)を使用して、選択範囲を微調整します。

カラー範囲マスク

補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して写真上に初期選択マスクを作成した後、カラー範囲マスクを使用して、マスク領域内でサンプリングしたカラーに基づいて選択マスクを微調整します。

color_mask_new_acr

輝度範囲マスク

補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して写真上に初期選択マスクを作成した後、輝度範囲マスクを使用して、選択範囲の輝度範囲に基づいてマスク領域を微調整します。

luminance_range_maskingnewacr

新しいカメラとレンズのサポート

このリリースの Adobe Camera Raw で拡張された機能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー