Adobe Camera Raw の最新リリースの新機能について説明します。

おすすめの新機能

2020 年 10 月リリース(バージョン 13.0)

カラーグレーディングツール

シャドウ、中間調、ハイライトをカラーグレーディングで制御

シャドウ、中間調、ハイライト用の強力なカラーコントロールを使用して、ユーザーのクリエイティブなビジョンに合う完璧なムードを実現したり、画像の全体的なカラーを調整したりできます。

UI の向上

新しい GPU サポートでより迅速な部分補正編集

補正ブラシの使用、段階フィルターまたは円形フィルターの適用、あらゆる部分補正のためのスライダーの調整などで、より迅速な編集が可能になりました。

Camera Raw ワークスペースのカスタマイズ

必要に応じた編集パネルの表示/非表示の切り替え

新しい「表示する編集パネル」オプションを使用すると、編集パネルの表示/非表示を簡単に切り替えることができます。ワークスペースをさらにカスタマイズする「コンパクトレイアウト」環境設定オプションもあります。

サポート対象のカメラとレンズ

新しいカメラとレンズのサポート

新たに追加されたカメラとレンズは、サポート対象プロファイルの一覧で確認できます。

Camera Raw の以前のリリース