注意:

ColdFusion、API Manager および Performance Monitoring Toolset のすべての Docker イメージのリストについては、ColdFusion Bintray を参照してください。

タグの規約

  • latest - API Manager の使用可能な最新バージョン。
  • latest-2018 - ColdFusion 2018 API Manager の使用可能な最新バージョン。
  • 2016.0.1 - ColdFusion API Manager(2016 リリース)Update 1。

ColdFusion の EULA

続行する前に、EULA を必ずお読みください。

コンテナの実行中に環境変数を使用して、EULA に同意する必要があります。

よくある質問

イメージのプル

次のコマンドを入力します。

docker pull eaps-docker-coldfusion.bintray.io/apim/<product>:<version>

次に例を示します。

  • スタンドアロン - docker pull eaps-docker-coldfusion.bintray.io/apim/standalone:latest
  • アドオン - docker pull eaps-docker-coldfusion.bintray.io/apim/addons:latest

API Manager

API Manager とそのアドオンを別個のコンテナとして実行できます。環境変数ファイルには、データストアサービスと分析サービスを起動するためのすべての設定が含まれています。

docker を実行するには、次のコマンドを入力します。

スタンドアロン

docker run --rm -it eaps-docker-coldfusion.bintray.io/apim/apimanager help 

// Stand-alone: Lists supported commands and environment variables

アドオン

docker run --rm -it eaps-docker-coldfusion.bintray.io/apim/addons help 

// Add-ons: Lists supported commands and environment variables

起動しているコンテナのリストを表示するには、次のコマンドを入力します。

docker ps -a

コンテナのステータスを確認するには、次のコマンドを入力します。

docker logs <containerID / containerName>

docker-compose.yml

version: "3"
services:

    apimanager: 
        container_name: apimanager
        image: eaps-docker-coldfusion.bintray.io/apim/apimanager:2016.0.1
        depends_on:
        - datastore
        - analytics
        ports:
        - "9000:9000"
        - "9100:9100"
        env_file:
        - apimanager.env 
        networks: 
        - webnet

    datastore:
        container_name: datastore_service 
        image: eaps-docker-coldfusion.bintray.io/apim/addons:2016.0.1
        ports:
        - "6379:6379"
        volumes:
        - "apim_datastore:/data/datastore"
        env_file:
        - datastore.env
        networks:
        - webnet

    analytics:
        container_name: analytics_service
        image: eaps-docker-coldfusion.bintray.io/apim/addons:2016.0.1
        ports:
        - "9200:9200"
        - "9300:9300"
        env_file:
        - analytics.env
        networks:
        - webnet

volumes:
    apim_datastore:

networks:
    webnet: 

環境変数

apimanager.env

acceptEULA=YES
apimPassword=APIManager123
datastoreHost=datastore
datastorePort=6379
datastorePassword=MyRedisPassword
analyticsHost=analytics
analyticsPort=9200
analyticsClusterPort=9300
analyticsClusterName=groot-analytics

analytics.env

acceptEULA=YES
startAnalyticsService=true
analyticsClusterName=groot-analytics

datastore.env

acceptEULA=YES
startDatastoreService=true
datastorePassword=MyRedisPassword

Docker compose を実行するには、次のコマンドを入力します。

docker-compose up -d

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー