InitSAMLLogoutRequest

説明

IDP を使用したログアウト処理を開始します。

シンタックス

InitSAMLLogoutRequest(options)

パラメーター

idp

ID プロバイダーの名前。

sp

サービスプロバイダーの名前。

relayState

 リクエストに添付された文字列トークン。IDP を使用した認証に成功すると、このトークンが SAMLResponse で送り返されるので、認証が完了したらユーザーを任意のページにリダイレクトできます。

template

IDP へのリダイレクトが行われる前に中間的な読み込みページとして使用できるテンプレートの場所。POST バインディングにのみ有効です。

lifetime

IDP からの応答を待つ間、SAML リクエストを保持する必要がある時間。

<cfset struct1 = StructNew()> <cfset struct1.idp = StructNew()> <cfset struct1.idp.name = &quot;idp1&quot;> <cfset struct1.sp = StructNew()> <cfset struct1.sp.name = &quot;sp1&quot;> <cfset struct1.lifetime = 600> <cfset struct1.relaystate = &quot;page&quot;> <cfscript> InitSAMLLogoutRequest(struct1); </cfscript>