ColdFusion Administrator では ColdFusion の管理タスクのほとんどを実行できるほか、データベース、Web サーバー設定および ColdFusion 検索サーバーについても管理できます。

ColdFusion Administrator について

ColdFusion Administrator には、ColdFusion 環境を管理するためのブラウザーベースのインターフェイスが用意されています。様々な設定をおこなって最適なレベルのセキュリティと機能性を維持することができます。使用可能なオプションは、ColdFusion のエディション(スタンダード版またはエンタープライズ版)によって、また、設定(サーバーまたは J2EE)によって異なります。ColdFusion の設定について詳しくは、『ColdFusion インストール』の ColdFusion をインストールする準備を参照してください。

ColdFusion Administrator ログインページのデフォルトの場所は http://servername:8500/CFIDE/administrator/index.cfm です。この URL 内の servername  は、ご使用の Web サーバーの完全修飾ドメイン名です。通常、servername  は、ローカルコンピューターの Web サーバーを指す localhost または 127.0.0.1 です。

このディレクトリとその内容は ColdFusion のインストール時に自動的に作成されます。サーバー設定のデフォルトのポート番号は 8500 です。ポートが使用されている場合は、次に利用できるポート番号が使用されます。

ColdFusion Administrator にアクセスするには、ColdFusion のインストール時に指定したパスワードを入力します。ColdFusion Administrator がリモートコンピューター上にある場合は、リモートホストの Domain Name Services(DNS)名または Internet Protocol(IP)アドレスを使用します。

詳細については、ColdFusion Administrator の使用を参照してください。

注意:

マルチホーム環境での ColdFusion の実行中に ColdFusion Administrator がうまく表示されない場合は、Web サーバーの管理で設定に関する情報を参照してください。

ColdFusion Administrator の主な機能

  • サーバー設定:Administrator のサーバー領域では、ColdFusion の機能を設定および管理できます。キャッシュ環境設定の定義、ColdFusion アプリケーションで使用するデータソースへの接続、デバッグオプションの選択、変数の管理、タスク自動化の設定、および Java アプレット、設定およびカスタムタグの登録をおこなえます。
  • セキュリティ:Administrator のセキュリティ領域では、開発環境をセキュリティ保護できます。Administrator のパスワード保護の有効化、リモートアクセスに対するパスワード保護の有効化、ColdFusion のタグおよび機能を使用したサーバーリソースへのアクセス制御をおこなえます。
  • ColdFusion のリソース:ColdFusion Administrator のホームページでは、次の情報およびサポートにアクセスできます。
    • ローカルリソース - リリースノート、新機能マニュアル、製品マニュアルおよびサンプルアプリケーション
    • テクニカルサポート - インストール、サポート、リソースおよびテクニカルノート
    • オンラインリソース - 製品登録、開発者情報、ホワイトペーパー、トレーニング、機能強化リクエストおよびセキュリティ

ColdFusion Administrator でできること

ColdFusion Administrator では、次のようなタスクを実行できます。

  • サーバーの設定と保守
  • ColdFusion クラスターの作成と管理
  • システムパフォーマンスの監視
  • リソースのセキュリティ保護
  • ログファイルの管理と分析
  • ColdFusion データソースへの接続
  • タスクのスケジュール
  • Java アプレットとカスタムタグの統合
  • Server Manager のダウンロードとインストール
  • OpenOffice の設定
  • 未配達メールの管理
  • オンライン製品マニュアル、リリースノート、製品アップグレードおよびテクニカルノートへのアクセス
  • 製品アップデートとホットフィックスのダウンロードとインストール

オプション設定の概要

Administrator のページで、基本設定タスクを実行した後、次のアクションを実行することを考慮してください。

  • Web サイト訪問者のアイデンティティの特定:ColdFusion では、クライアント変数を使用して、サイトを訪問するクライアントのアイデンティティを特定できます。クライアント変数を管理すると、この情報を使用して、クライアント向けにページのコンテンツをカスタマイズできます。ColdFusion Administrator のナビゲーションペインで、サーバーの設定/クライアント変数を選択して、クライアント変数のデフォルト保存メカニズムを指定し、オプションで、クライアント情報を保存するために使用するデータソースを指定します。
  • 物理ディレクトリに対する論理エイリアスの作成:サーバー上のディレクトリへのパスに対する論理エイリアスを作成できます。ColdFusion Administrator のナビゲーションペインで、サーバーの設定/マッピングを選択します。サーバー上のディレクトリに対するエイリアスを作成すると、ColdFusion アプリケーションでエイリアスを使用できます。これらのエイリアスをマッピングと呼びます。通常は、次の 2 つのタイプのマッピングを使用します。
  • ColdFusion マッピング:論理パス(/payroll など)が物理ディレクトリパス(C:¥finance¥payroll など)と同じと見なされます。ColdFusion では、cfinclude タグと cfmodule タグに対して、および ColdFusion コンポーネントを検索する際に、これらのマッピングが使用されます。
  • Web サーバーマッピング:Web サーバーマッピングでも、論理パスが物理パスと同じと見なされますが、Web サーバーレベルで同じと見なされます。Web サーバーマッピングは、Web サーバーに対しておこなわれるすべてのリクエストに対して有効です。多くの場合、Web サーバーマッピングを使用すると ColdFusion マッピングは不要になります。
  • Java アプレットおよび CFX タグの登録:Java アプレットおよび CFX タグを ColdFusion アプリケーションで使用できます。ColdFusion Administrator のナビゲーションペインで、拡張機能/Java アプレットまたは拡張機能/CFX タグを選択して、適切な拡張機能ページのアプレットを登録します。アプレットを登録した後、アプレットおよびタグをアプリケーションに取り込むことができます。
  • 標準デバッグオプションの設定:デバッグ環境設定を設定すると、アプリケーションページのリクエストに関する有益なデバッグ情報を取得できます。デバッグを設定するには、ColdFusion Administrator のナビゲーションペインで、デバッグとロギング/デバッグ出力の設定を選択します。
  • 詳細管理タスクの実行:ColdFusion のリソースに対してさらに細かいセキュリティ管理が必要な場合、または ColdFusion の管理責任を分散する必要がある場合には、ColdFusion Security を実装します。ColdFusion Administrator のナビゲーションペインで、セキュリティ/サンドボックスセキュリティ(エンタープライズ版)またはセキュリティ/リソースセキュリティ(スタンダード版)を選択します。サーバー上のリソース(データソース、ファイル、ディレクトリ、IP アドレスなど)に対するアプリケーションのアクセスを制御するために提供されている ColdFusion の追加機能を利用するには、サンドボックスセキュリティを設定することを検討します。詳しくは、ColdFusion のセキュリティの管理を参照してください。

サービスとプロセス

ColdFusion では、Windows オペレーティングシステムのサービスおよび UNIX システムのプロセスを使用します。

ColdFusion Administrator で、セキュリティを有効または無効にした場合、または Java と JVM の設定ページのオプションを変更した場合は、変更を有効にするために、ColdFusion を停止して再起動する必要があります。

注意:

これは、ColdFusion を J2EE サーバーにデプロイする場合には当てはまりません。

サーバー設定のインストール

Windows の ColdFusion サービス

ColdFusion をインストールすると、Windows 2000、Windows XP および Windows 2003 に次のサービスが作成されます。

サービス

説明

ColdFusion アプリケーションサーバー

ColdFusion のメインサービスです。このサービスが実行されていないと、ColdFusion ページが処理されません。注意:これは、ColdFusion を J2EE サーバーにデプロイする場合には当てはまりません。

ColdFusion .NET 拡張機能

この拡張機能では、.NET assembly クラスに ColdFusion オブジェクトとしてアクセスできるようになります。Java プロキシを使用して ColdFusion システム上の .NET クラスを表します。ColdFusion の .NET 側のエージェントが、assembly が存在するシステム上で動作している必要があります。

ColdFusion ODBC Agent

ColdFusion ODBC Server のデータソースを設定するサービスです。

ColdFusion ODBC Server

Microsoft Access および ODBC Socket 用に ColdFusion DataDirect ドライバーを使用する ODBC 接続の中間層サービスです。

ColdFusion Jetty Server

Solr の設定およびサービスを管理および制御します。

UNIX の ColdFusion プロセス

ColdFusion プロセスの説明は、ColdFusion を J2EE サーバーにデプロイする場合には当てはまりません。

UNIX の ColdFusion プロセスの管理:ColdFusion をインストールすると、cfusion という名前のプロセスが UNIX に 1 つだけ作成されます。このプロセスが実行中かどうかを調べるには、次のコマンドを使用します。
    ps - eaf | grep coldfusion
    実行中の場合は、次のような行が戻されます。
    nobody 4528 1 10 12:44 pts/0 00:00:07 /opt/coldfusion/bin/coldfusion -start

  1. root としてログインします。
  2. cd cf_root/bin というコマンドを入力します。
  3. 次の表の説明に従って、適切なコマンドを入力します。

タスク

コマンド

ColdFusion の起動

coldfusion start

ColdFusion の停止

coldfusion stop

ColdFusion の再起動

coldfusion restart

ColdFusion のステータス情報の表示

coldfusion status

ColdFusion Administrator のレイアウト

ColdFusion Administrator のページレイアウトを理解するために、Administrator を開いて、次の説明を参照してください。

領域またはボタン

説明

ヘルプボタン

表示している ColdFusion Administrator のページに対するオンラインヘルプが表示されます。

システム情報ボタン

システム情報が表示されます。

リソースボタン

情報の追加ソースへのリンクが表示されます。

左ペイン

ColdFusion Administrator のページにナビゲートできます。

 

Web サーバーが実行中であることの確認

ColdFusion をインストールする前に、Web サーバーがインストールされて実行中であることを確認します。

  1. Web ブラウザーを開きます。
  2. Web ページまたはサイトの URL をアドレス行に入力します。例えば、myindex.htm ファイルが Web ドキュメントのルートディレクトリにある場合は、次のように localhost の URL を入力してページをブラウザーに読み込みます。http://127.0.0.1/myindex.htm}} または {{http://127.0.0.1:8500/myindex.htm(ビルトイン Web サーバー)
  3. Enter キーを押します。Web サーバーが実行中であれば、ページが表示され、そうでなければ、エラーメッセージが表示されます。

システム情報

ColdFusion のシステム情報ページを使用して、次の作業をおこないます。

  • トライアル版またはデベロッパー版の ColdFusion を次のように更新またはアップグレードします。
  1. システム情報ページの「新規のライセンス」フィールドに製品のシリアル番号を入力します。
  2. 「変更の送信」をクリックします。
  • ColdFusion Administrator のトライアル版の有効期限を表示します。
  • いくつかの ColdFusion サーバー変数に対応する値を表示します。
        ColdFusion のシステム情報ページにアクセスするには、ColdFusion Administrator の右上にあるシステム情報ボタンをクリックします。

ColdFusion 11 の変更点

ColdFusion 11 Administrator には、次のような重要な新機能が搭載されいます。

WebSocket の機能強化

ColdFusion 11 には、WebSocket 用のプロキシサポートが導入されました。ColdFusion WebSocket のリクエストをインターセプトして ColdFusion サーバーにリダイレクトできる(IIS および Apache Web Server 内で実行される)新しいプロキシモジュールがあります。 

WebSocket の機能強化を参照してください。

PDF 生成の機能強化

HTML ドキュメントから高品質の PDF を生成するために、2 つの新しいタグ <cfhtmltopdf><cfhtmltopdfitem> が ColdFusion 11 に導入されました。

PDF 生成の機能強化を参照してください。

セキュリティの機能強化

ColdFusion 11 には、多くのセキュリティの機能強化とバグの修正が含まれています。この更新により、セキュリティに関するいくつかの問題が修正され、サーバーが大幅に強化されました。主なセキュリティの機能強化については、次のドキュメントに記載されています。

セキュリティの機能強化(ColdFusion 11)を参照してください。

ソーシャルの機能強化

ColdFusion 11 では、ソーシャルメディアサイトの「いいね」ボタン、ツイートボタン、コメントボックスを動的に生成する機能が導入されています。

ソーシャルの機能強化を参照してください。

REST の機能強化

ColdFusion 11 では、サイトレベルの REST アプリケーションがサポートされ、プラグ可能なシリアライザーとデシリアライザーを使用できるようになりました。

ColdFusion 11 での REST の機能強化を参照してください。

ColdFusion Administrator へのアクセス

デベロッパー版の ColdFusion を使用している場合、以前のリリースでは、ColdFusion Administrator に同時にアクセスできる IP アドレスは 2 つのみでした。両方またはどちらかの IP アドレスで ColdFusion Administrator にアクセスしていない場合でも、3 番目の IP アドレスの権限は拒否されていました。このリリースでは、任意の 2 つの IP アドレスから同時にアクセスできるようになりました。例えば、Client1 と Client2 が既に ColdFusion Administrator にアクセスしているとします。Client1 または Client2 のどちらかが ColdFusion Administrator にアクセスしなくなると、Client3 がアクセスできるようになります。

ColdFusion Administrator へのアクセスの制限

詳しくは、ColdFusion Administrator へのアクセスの制限を参照してください。

管理者のアクションのロギング

デフォルトでは、ColdFusion Administrator の大きなアクションはすべてログに記録されます。ログには、現在のユーザー、日付、時刻、実行したアクションを含む詳細が含まれています。ログに含まれるのは、ColdFusion Administrator の大半のページの次のようなアクションの概要のみであることに注意してください。

<timestamp>: <Username>: <deleted data source name>

ただし、ColdFusion Administrator の次のページについては、各ページで実行されたすべてのアクションが監査ログに書き込まれます。

  • サーバーの設定
  • リクエストの調整
  • キャッシュ機能
  • メモリ変数
  • Java と JVM
    ログのデフォルトの場所は、cfusion¥logs¥audit.log です。

デフォルト設定に対する変更

このリリースでは、以前のリリースの ColdFusion の次のデフォルト設定が見直されました。

領域/UI

パス

以前の値

新しい値

クライアント変数ストレージ名

サーバーの設定/クライアント変数/クライアントセッション用のデフォルトのストレージメカニズムを選択

レジストリ

Cookie

cftoken 用の UUID の使用

サーバーの設定/設定

チェック解除

チェック

グローバルなスクリプト保護

サーバーの設定/設定

チェック解除

チェック

同時テンプレートリクエストの最大数

サーバーの設定/リクエストの調整/リクエストの制限

10

25

同時 CFC 関数リクエストの最大数

サーバーの設定/リクエストの調整/リクエストの制限

10

15

最小 JVM ヒープサイズ(MB)

サーバーの設定/Java と JVM

 

256

送信データの最大サイズ(MB 単位)

サーバーの設定/設定/リクエストサイズの制限

100

20

ColdFusion イベントゲートウェイサービスの有効化

イベントゲートウェイ/設定

チェック

チェック解除

 

セッション Cookie の設定

ColdFusion Administrator(サーバーの設定/メモリ変数/セッション Cookie 設定)を使用して、サーバーレベルで次を設定できます。新しい設定を使用することをお勧めします。

設定

デフォルト

HTTPONLY セッション Cookie

チェック

セキュアセッション Cookie

チェック解除

セッション Cookie タイムアウト

最大 30 年、最小 2 分

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー