変数

変数

変数は、ColdFusion 式でオペランドとしてよく使用されます。変数値は設定および再設定が可能で、属性として CFML タグに渡したり、パラメーターとして関数に渡したりすることができます。多くの場合、定数の代わりに変数を使用することができます。
ColdFusion には、サーバーに関する情報を提供するさまざまなビルトイン変数が用意されています。これらは ColdFusion タグによって返されます。ColdFusion のビルトイン変数の一覧については、『CFML リファレンス』の予約語と変数を参照してください。
変数は、次の 2 つの特性によって分類できます。

  • 変数のスコープ。情報が利用可能な場所、および変数の継続期間を示します。
  • 変数値のデータ型。数値、文字列、日付など、変数が表す情報の種類を示します。
    データ型の一覧については、データ型を参照してください(データ型は定数値にも適用されます)。データ型、スコープ、それらの使用方法などの ColdFusion 変数の詳細については、ColdFusion 変数を参照してください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合