EAP

EAP をインストール

EAP をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. EAP 7.1 インストーラー jar ファイルを、コンピューター上の任意の場所にダウンロードします。

  2. jar ファイルのコンテンツを解答します。コマンドラインから次のコマンドを入力します。

    java -jar jboss-eap-7.1.0-installer.jar

  3. インストール言語を選択し、使用許諾契約に同意します。

    使用許諾契約
    使用許諾契約

    続行するには、「次へ」をクリックします。

  4. EAP のインストール先となるパスを入力します。

    EAP のインストールディレクトリ
    EAP のインストールディレクトリ

    続行するには、「次へ」をクリックします。

  5. インストールするコンポーネントを選択します。

    コンポーネントの選択
    コンポーネントの選択

    続行するには、「次へ」をクリックします。

  6. 管理者ユーザーを作成します。管理者ユーザーは、EAP の管理コンソールにアクセスできます。

    管理者の作成
    管理者の作成

    続行するには、「次へ」をクリックします。

  7. コンポーネントをインストールします。

    コンポーネントのインストール
    コンポーネントのインストール

    続行するには、「次へ」をクリックします。

  8. 適切なランタイム環境、デフォルト、または詳細を選択します。

    詳細については、EAP のインストールガイドを参照してください。

    ランタイムの設定
    ランタイムの設定

    続行するには、「次へ」をクリックし、画面の指示に従って EAP をインストールします。

EAP で ColdFusion にアクセスする

  1. JEE に ColdFusion をインストールし、WAR ファイルを生成します。

    詳細については、JEE 設定のインストールを参照してください。

  2. WAR を展開し、 <ファイル名>.war に変更します。

    例えば、ファイルに cfusion.war という名前を付けます。この名前は、ColdFusion ファイルへアクセスするときに必要なコンテキストでもあります。そのため、コンテキストは cfusion になります。

  3. フォルダー cfusion.war を、[EAP Home]\standalone\deployments ディレクトリ内に配置します。

  4. cfusion war フォルダーが配置されていた EAP ディレクトリに、cfusion.war.dodeploy という名前のファイルを作成します。

  5. EAP が既に実行されている場合は、ColdFusion が自動的にデプロイされます。EAP がまだ実行されていない場合は、EAP を再起動します。

  6. EAP で ColdFusion Administrator にアクセスするには、次のように入力します。

    http://{マシン IP、localhost または 127.0.0.1}:{EAP を実行中のポート}/{コンテキスト}/CFIDE/administrator

WildFly

WildFly をインストール

WildFly をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. WildFly 13 インストーラー zip ファイルを、コンピューター上の任意の場所にダウンロードします。

    zip アーカイブを、お使いのコンピューター上のディレクトリ(例:c:\wildfly)に展開します。 

    WildFly ファイルを含む新しいディレクトリ(例: C:\wildfly\wildfly-13.0.0.Final)が作成されます。

  2. スクリプト <WildFly directory>\bin\standalone.bat を使用して、WildFly サーバーを起動します。

  3. WildFly が正しく実行されていることを確認するには、ブラウザーに localhost:8080 と入力します。

WildFly で ColdFusion にアクセスする

  1. JEE に ColdFusion をインストールし、WAR ファイルを生成します。

    詳細については、JEE 設定のインストールを参照してください。

  2. WAR を展開し、フォルダーの名前を <ファイル名>.war に変更します。

    例えば、ファイルに cfusion.war という名前を付けます。この名前は、ColdFusion ファイルへアクセスするときに必要なコンテキストでもあります。そのため、コンテキストは cfusion になります。

  3. フォルダー cfusion.war を [WildFly Home]\standalone\deployments ディレクトリ内に配置します。

  4. cfusion war フォルダーが配置されていた WildFly ディレクトリに、cfusion.war.dodeploy という名前のファイルを作成します。

    WildFly が既に実行されている場合は、ColdFusion が自動的にデプロイされます。WildFly がまだ実行されていない場合は、WildFly を再起動します。

  5. WildFly で ColdFusion administrator にアクセスするには、次のように入力します。

    http://{Machine IP or localhost or 127.0.0.1}:{Port on which WildFly is running}/{context}/CFIDE/administrator

WebSphere

WebSphere に ColdFusion をデプロイするには、次の手順を実行します。

  1. WebSphere 管理コンソールを起動します。

    管理コンソール
    管理コンソール
  2. アプリケーションを作成するには、「新しいアプリケーション/新しいエンタープライズアプリケーション」をクリックします。

    アプリケーションの作成
    アプリケーションの作成
  3. ColdFusion WAR ファイルをアップロードします。

    WAR のアップロード
    WAR のアップロード
  4. インストールのタイプを選択します。

    • ファストパス
    • 詳細

    詳しくは、ファストパスを参照してください。

    インストールオプション
    インストールオプション
  5. インストールオプションを入力します(例えば、アプリケーションのインストール先となるディレクトリ名、アプリケーションの名前など)。

    インストールプロパティ
    インストールプロパティ
  6. アプリケーションのインストール先となるサーバーまたはクラスターを選択します。

    仮想ホストのマッピング
    仮想ホストのマッピング
  7. 仮想ホストをサーバーへマッピングします。

    仮想ホストのマッピング
    仮想ホストのマッピング
  8. アプリケーションのコンテキストルートを入力します。デフォルト値は / です。

    コンテキストルート
    コンテキストルート
  9. 「概要」を確認して「終了」をクリックします。

    インストールの概要
    インストールの概要
  10. アプリケーションサーバーを再起動します。

    インストール(Network Deployment)に応じて、WebSphere インストールディレクトリ C:\IBM\WebSphere\AppServer\Profiles\[ProfileName]\installedApps\[cell]\[file_war.ear]\[filename.war] を検証します。

  11. ColdFusion サーバー(https://localhost:[Port number]/[context]/CFIDE/administrator)にアクセスします。

Tomcat

  1. Tomcat のwebappsフォルダーにある war ファイルをコピーします。

  2. Tomcat を起動します。war は自動的に展開されます。

  3. コンテキスト名は war の名前(file_war)です。

  4. デフォルトの Tomcat ポート 8080 を使用します。

  5. localhost:[Port number]/[context]/CFIDE/administrator で ColdFusion サーバーにアクセスします。

JVM フラグ

JEE サーバーで ColdFusion アプリケーションをデプロイする際に次の JVM フラグを設定する必要があります。

JEE サーバー

Flag

EAP、WildFly、WebSphere、WebLogic、Tomcat

Djava.locale.providers=COMPAT,SPI

EAP、WildFly、WebSphere、WebLogic、Tomcat

Dcoldfusion.disablejsafe=true

EAP、WildFly、WebSphere、WebLogic、Tomcat

-Djdk.attach.allowAttachSelf=true

EAP、WildFly、WebSphere、WebLogic、Tomcat

-Djdk.serialFilter= !org.mozilla.**;!com.sun.syndication.**

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー