ColdFusion アプリケーションを開発およびデプロイする場合は、ColdFusion をインストールする際に、複数のサーバープロファイルの 1 つを使用できます。ColdFusion インストーラーでは、次のプロファイル(モード)で ColdFusion サーバーをインストールできます。

  1. 開発プロファイル
  2. 本番プロファイル
  3. 本番プロファイル(セキュア)

インストール時に選択したプロファイルのタイプに応じて、自動的にサーバーが適切な設定で設定されます。インストーラーで適切なプロファイルを選択します。

特定のプロファイルを使用してサーバーをインストールした後でプロファイルを変更することはできません。

次の表には、サポートされている 3 つのサーバープロファイルの違いを示しています。

特徴 開発プロファイル 本番プロファイル 本番プロファイル(セキュア)
すべてのタイプのデバッグのサポート はい いいえ いいえ
リモート検査のサポート はい いいえ いいえ
複雑なパスワードの厳密な強制のサポート いいえ はい はい
リモート起動/停止のサポート はい いいえ いいえ
Weinre およびその他のバンドルサーバー(Node.js など)のサポート はい いいえ いいえ
未使用のサーブレットの有効化のサポート はい いいえ いいえ
セキュアプロファイルのサポート いいえ いいえ はい

選択したオプションに応じて、一部の設定が Administrator で事前に設定されます。インストール時にこれらの設定を変更することはできません。ただし、これらの設定を後で Administrator から変更することはできます(推奨されません)。

注意:

本番プロファイルの場合、インストーラーによって、基本的なセキュリティ設定のみが事前に設定されます。安全性が高い本番サーバーが必要な場合は、本番プロファイル(セキュア)を使用するか、セキュリティ設定を手動で設定してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー