Performance Monitoring Toolset のアップデート 1 には、監視用の次のパラメーターが追加されています。

  • ディスク使用率
  • メモリ使用率
  • ヒープ使用率
  • CPU 使用率

上記の測定値は 10 秒間隔で照会されます。これらの測定値は 60 秒後ごとにチェックされ、正常値の範囲を超えた場合は、アラートが発生します。

これらのアラートは、<PMT_HOME>/config 内のファイル application.properties で設定できます。次のデフォルト値を変更します。

  • datastore.alertThreshold.disk=85
  • datastore.alertThreshold.memory=95
  • datastore.alertThreshold.heap=90
  • datastore.alertThreshold.cpu=90

通知

  • ディスク使用率:ディスク使用率が 85% を超えた場合は、アラートが発生します。
  • メモリ使用率:メモリ使用率が 95% を超えた場合は、アラートが発生します。
  • ヒープ使用率:ヒープ使用率が 90% を超えた場合は、アラートが発生します。
  • CPU 使用率:CPU 使用率が 90% を超えた場合は、アラートが発生します。

設定と必要システム構成に合わせて、これらのしきい値をカスタマイズできます。

注意:

フルインストーラーを使用して Performance Monitoring Toolset をインストールする場合、これらの監視設定は設定ファイルで設定されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー