アプリのユーザーデータおよびマーケティングキャンペーンを追跡するには、Adobe Analytics を使用します。アプリは、すべての種類のアプリの匿名利用データを収集します。このデータは、ユーザーがオンラインまたはオフラインのどちらのときでも収集されます。データがプリフライトアプリ用に収集されることはありません。解析データ収集のオプトアウトを、ユーザーに許可する必要がある場合は、アプリの作成時にオプトインオプションを有効にすることができます。(詳しくは、AEM Mobile の解析レポートガイドを参照してください。)

Analytics は、Marketing Cloud で提供されます。Analytics では Mobile Marketing Services SDK を利用します。

  • 会社の Adobe Analytics アカウントがある場合は、マスター設定でアカウント情報を指定できます(マスター管理者アカウントが必要です)。これにより、プロジェクトが Adobe Analytics アカウントにリンクされます。
  • Adobe Analytics アカウントがない場合は、マスター設定から無料の Analytics Essentials アカウントを申請できます。
  • アプリ内メッセージや獲得追跡などの Marketing Cloud 機能を追加購入することもできます。
  • AEM Mobile の解析データは Digital Publishing Suite レポートスイートでは使用できません。AEM Mobile アプリについては、新しいレポートスイートでデータを収集します。

Adobe Mobile Services は https://mobilemarketing.adobe.com で利用できます。このサービスでは、アプリケーションのライフサイクル指標を取得できます。また、アプリ内メッセージや獲得追跡を利用することもできます。どちらのサービスも、Digital Marketing Cloud の他のすべてのサービス同様、プレミアム製品のため追加のライセンス料金が必要です。

 

解析用アカウント(後述)を設定した後、これらのリンクを使用して解析データを表示します。

Analytics のオプション

Analytics Essentials は、Adobe Experience Manager Mobile のすべての契約に含まれています。

  Analytics Essentials Analytics Analytics–Mobile Apps Analytics Premium–Complete

Mobile Services UI

  • モバイルに特化
  • 直観的で簡単な操作
  • すばやい正常性分析

使用状況レポート

  • 主要パフォーマンス指標
  • ユーザーとセッション
  • 時系列のリテンション
  • ファネルおよびパス分析
  • バージョンおよび技術

Digital Publishing Reports

  • 上位 10/50 件の記事
  • バナー
  • ソーシャルシェア

Analytics UI(SiteCatalyst)

  • レポートの書き出し、保存、共有および自動化
  • セグメント化された使用状況
  • カスタムダッシュボード
  • セグメントとレポートスイートの比較
  • データのフィルターとブレークダウン
  • 計算された指標
*
Web 解析 *
ビデオのマイルストーン追跡
*

位置

  • 目標点(POI)の相関
  • POI およびデータのインタラクティブマップ
アプリ内メッセージ
プッシュ通知
獲得属性追跡

包括的な解析バンドル

  • あらゆる角度から顧客像を把握
  • 予測モデル
  • アルゴリズムに基づいたクロスチャネルアトリビューション

* Mobile Analytics ユーザーは、Web 機能とビデオ機能にアクセスできる Analytics UI は使用できません。アドビでは現在、Analytics ユーザーのみにアクセスを制限するためのソリューションの提供準備を進めています。それまでの間、Mobile Analytics のユーザーには、非認証のアクセスが許可されます。

アカウント用の Analytics の設定

マスター管理者は、アカウントとそのすべてのプロジェクト用に Analytics を設定する必要があります。

  1. マスター管理者の Adobe ID を使用してオンデマンドポータル(https://aemmobile.adobe.com)にログインします。

  2. 左のナビゲーションバーにある「マスター設定」をクリックし、さらに「一般」タブをクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 既存の Analytics アカウントがある場合は、Analytics の会社名、ユーザー名、パスワードを入力します。検証が済むと、この会社名はこのマスターアカウントで作成されるすべてのプロジェクトに使用されます。アプリケーションは、この会社によって所有されているレポートスイートに解析データを送信します。
    • Analytics アカウントがない場合は、「アカウントを申請」をクリックします。Analytics Essentials for Apps アカウントの設定方法が記載された電子メールメッセージが届きます。
    アカウント用の Analytics の設定

    解析用アカウントの設定には数日かかる場合があります。会社情報、ユーザー名、パスワードを指定する電子メールメッセージがアドビから送信されます。

  4. マスター設定/一般の「Analytics の検証」セクションに、アドビから受け取った情報(会社情報、ユーザー名、パスワード)を入力します。「確認して保存」をクリックします。

    プロビジョニングされた Analytics のログイン会社名のレポートスイート内の解析データにアクセスするには、この手順を行う必要があります。

  5. Analytics アカウントが設定されたら、作成したプロジェクトごとにレポートスイート名を指定します。

    Analytics アカウントのオプション

    マスター管理者は、各プロジェクトについて、アプリデータをアカウントの他のアプリのデータから区別するレポートスイート名も指定する必要があります。詳しくは、AEM Mobile のプロジェクトを作成するを参照してください。

  6. Mobile Marketing Dashboard(https://mobilemarketing.adobe.com)に移動し、解析証明書を使用してログインします。次のセクションの説明に従って、アプリが正しく構成されていることを確認します。

Analytics Essentials for Apps アカウントの設定

ほとんどの場合、Adobe Analytics Essentials for Apps はプロジェクトに対して正しく設定されています。ただし、アカウントが設定されていない場合は、次の手順を実行します。

1. https://mobilemarketing.adobe.com にアクセスし、ログインします。

2. アプリの管理/すべてのアプリを選択します。

3. 「追加」を選択します。

4. 「レポートスイート」ドロップダウンで、プロジェクトの設定時に指定したレポートスイート ID(RSID)を選択します。

レポートスイートは「ap.or.00.」(ap =「Adobe Publish」、or =「Oregon Data Center」、00 = instance 0)などのように表示されます。RSID を使用し、「タイプ」は「DPS」のままにすることが重要です。「名前」および「説明」フィールドは適当なものを入力できます。

 

アプリの管理/すべてのアプリを選択する

Mobile Marketing アプリの設定

Mobile Marketing Dashboard を使用してプロジェクトの解析設定をおこなえます。例えば、HTTP ではなく HTTPS ドメインを必要とするアプリを作成する場合に、設定を編集できます。

1. https://mobilemarketing.adobe.com にアクセスし、ログインします。

2. アプリの管理/すべてのアプリを選択します。

3. アプリを作成するか、アプリを選択します。

4. 必要に応じて設定を変更します。例えば、「HTTPS を使用」を選択すると、解析呼び出しが HTTPS に準拠します。

5. 設定を保存した後に、アプリを再構築します。Mobile Marketing Dashboard でおこなわれた設定の変更を反映するためには、アプリの再構築が必要です。

Mobile Marketing について詳しくは、Marketing Cloud の AEM Mobile との連携(英語)を参照してください

 

解析レポートの表示とモバイルサービスの使用

  1. オンデマンドポータルにログインし、左のナビゲーションバーの「解析」をクリックします。
  2. 適切なリンクをクリックしてログインし、解析データを表示します。

Adobe Analytics アカウントをお持ちの場合は、次のリンク先にログインして、詳細解析レポートを表示できます。

Adobe Analytics

Adobe Analytics アカウントをお持ちのユーザーで、獲得追跡、プッシュメッセージ、アプリ内メッセージなどの機能の使用を望んでいる場合、または Analytics Essentials のみにアクセスできるユーザーの場合は、次のリンク先にログインします。

Adobe Mobile Services

 

解析レポートについて詳しくは、AEM Mobile の解析レポートガイドを参照してください。

モバイルアプリの解析データについて詳しくは、Adobe Mobile Services の使用状況を参照してください。

参考情報

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー