Dreamweaver CC 2015 からのアップグレード時に環境設定を保持する場合、Dreamweaver CC 2017 では開いているドキュメントが自動的に保存されない問題に対する修正です。

問題点:

Dreamweaver CC 2015 バージョンからのアップグレード時に環境設定を保持する場合、Dreamweaver CC 2017 では開いているドキュメントが自動的に保存されない。

解決策:

ご使用のオペレーティングシステムに対応する修正プログラムをダウンロードし、ここに記載されている手順に従ってこの問題に対する修正プログラムを適用します。

Dreamweaver 向けの修正(Windows)

ダウンロード

圧縮ファイルを解凍します。 続いて、

  1. Dreamweaver を終了します。
  2. .bat スクリプトを管理者権限で実行します。

これで、Dreamweaver CC 2017 において自動保存が有効になります。

Dreamweaver 向けの修正(Mac)

ダウンロード

圧縮ファイルを解凍します。 続いて、

  1. Dreamweaver を終了します。
  2. ターミナル上で、次のコマンドを実行します。

sudo sh <スクリプトへのパス>

これで Dreamweaver CC 2017 において自動保存が有効になります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー