Document Cloud のユーザー作成コンテンツとワークフローの管理

Adobe Admin Console の管理者として、組織内のユーザーを追加または削除することができます。また、製品の使用権限(Document Cloud など)とユーザーをグループに関連付けることもできます。

一般的に、ユーザーとその使用権限の関連付けを切り離すと、ユーザー作成コンテンツやユーザーが開始したワークフローも切り離されることになります。Document Cloud のユーザー作成コンテンツとワークフローの管理の例:

  • ファイルストレージ
  • ファイルの共有
  • フォームの入力と署名
  • 署名用に送信

ID の種類によっては、使用権限が削除された後も、ユーザー作成コンテンツやワークフローへのアクセスが可能な場合があります。Adobe ID ユーザーは、「無料」または「読み取り専用」の状態でも Document Cloud サービスにログインし、ユーザー作成コンテンツやワークフローにアクセスできます。ただし、Enterprise ID または Federated ID のユーザーは、Document Cloud サービスにログインできなくなります。詳しくは、「ID の管理」を参照してください。

また、ユーザー作成コンテンツやワークフローとユーザーを再び関連付けることもできます。例えば、Document Cloud の使用権限を含むグループからユーザーを削除したり、Document Cloud の使用権限を含むグループをユーザーから削除したりした場合、後からそのユーザーと使用権限を再度関連付けることができます。これにより、ユーザーがユーザー作成コンテンツやワークフローに再びアクセスできるようになります。

また、ユーザー作成コンテンツやワークフローとユーザーを再び関連付けることもできます。例えば、Document Cloud の使用権限を含むグループからユーザーを削除したり、Document Cloud の使用権限を含むグループをユーザーから削除したりした場合、後からそのユーザーと使用権限を再度関連付けることができます。これにより、ユーザーがユーザー作成コンテンツやワークフローに再びアクセスできるようになります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン