アドビAdmin Console管理者は、所属組織のユーザーの追加や削除を行えます。また、製品資格(Document Cloud など)とグループのユーザーの関連付けも行えます。

一般的に、ユーザーと資格の関連付けを解除するとき、ユーザーが作成したコンテンツや開始したワークフローの関連付けも解除されます。Document Cloud でユーザーが作成したコンテンツとワークフローの例には次があります。

  • ファイルストレージ
  • ファイルを共有
  • フォームの入力と署名
  • 署名用に送信

ID の種類によっては、資格が削除された後でも、ユーザー作成のコンテンツとワークフローに引き続きアクセスできる場合があります。Adobe ID ユーザーは引き続き Document Cloud サービスにサインインし、状態が「無料」または「読み取り専用」のユーザー作成のコンテンツまたはワークフローにアクセスできます。ただし、Enterprise ID または Federated ID のユーザーは Document Cloud サービスにサインインできなくなります。詳細については「アイデンティティの管理」を参照してください。

ユーザーとユーザー作成のコンテンツまたはワークフローの再び関連付けることができます。例えば、Document Cloud の資格が含まれるグループからユーザーを削除した場合、あるいは Document Cloud の権利が含まれるグループをユーザーから削除した場合、後でユーザーと資格を再び関連付けることができます。再び関連付けた後、ユーザーはユーザー作成のコンテンツとワークフローに再びアクセスできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー