Admin Console では、ユーザーアカウントを作成、検索、アップデート、削除することができます。これらの管理者ユーザーアカウントによって、組織のエンドユーザーにアドビ製品およびサービスを使用する権限を与えることができます。

ユーザーの追加

組織を設定するには、ユーザーの追加から開始します。Creative Cloud エンタープライズ版の場合は、Federated ID、Enterprise ID、Adobe ID の 3 種類の利用可能な ID のタイプから選択することができます。Adobe では、Enterprise ID または Federated ID を使用してアカウントとデータの所有権を管理することをお勧めしています。Creative Cloud グループ版では、Adobe ID のみをサポートしています。

個人ユーザー

  1. Admin Console で、ユーザーユーザーに移動します。

  2. ユーザーを追加」をクリックします。

  3. ユーザーの電子メールアドレスを入力して、ドロップダウンリストから ID タイプを選択します。

    各 ID タイプについて詳しくは、下記の表をご確認ください。

    ID タイプ

    アカウントの所有権

    データの所有権

    エンタープライズ機能とストレージ

    Enterprise ID

    エンタープライズ契約の組織

    エンタープライズ契約の組織

    Federated ID

    エンタープライズ契約の組織

    エンタープライズ契約の組織

    Adobe ID 個人ユーザー 個人ユーザー 使用不可 ※ただし、Adobe ID に付帯するストレージ 2GB 及び無償範囲のクラウドサービスはご利用いただけます

    注意:

    Adobe では、企業が組織内で Adobe ID の使用数を最小限に抑えることを強くお薦めしています。大規模法人組織は、Enterprise ID および Federated ID アカウントに Creative Cloud シートを割り当てる必要があります。割り当てられる組織のストレージは、個人レベルではなく組織レベルで更新されます。

    ただし、Acrobat DC など、Creative Cloud 以外の製品が組織にある場合は、これらの製品に任意の種類のユーザーを追加できます。

  4. Enterprise ID の場合、ユーザーのを選択します。Federated ID の場合、SSO ユーザー名を入力し、ユーザーのを選択します。

    必要に応じて、ユーザーのを入力します。

    注意:

    SSO ユーザー名はお使いの SSO 構成に依存し、組織の LDAP かそのユーザーの組織の電子メールアドレスを指定できます。

  5. ユーザーに製品を割り当てるには、「製品を割り当て」に移動します。

    表示される製品のリストは、組織の購入計画に基づいています。

  6. エンタープライズ版アカウントの場合、製品をクリックし、製品のプロファイルを選択します。グループ版アカウントの場合、ユーザーに割り当てる製品を選択します。

    製品とプロファイルについて詳しくは、製品およびプロファイルの管理を参照してください。

  7. ユーザーグループにユーザーを追加するには、「ユーザーグループを割り当て」に移動し、ユーザーグループを選択します。選択したユーザーグループに関連付けられた製品が、ユーザーに割り当てられます。

  8. 保存」をクリックします。

    ユーザーが追加され、「ユーザー」リストに表示されます。

管理者ロールまたは製品プロファイルをユーザーに割り当てると、ユーザーは電子メールによって通知を受信します。ユーザーはリンクをクリックし、求められる場合は自分のプロファイルに情報を記入する必要があります。

複数のユーザー

コンマ区切りのリストをアップロードすることで、組織に複数ユーザーを一度に追加して、製品プロファイルにプロビジョニングできます。ユーザーを読み込むダイアログボックスからサンプルの CSV ファイルをダウンロードし、詳細を入力してファイルをアップロードします。一度に最大で 5,000 ユーザーを読み込むことができます。

注意:

この機能では、コンマ(,)、セミコロン(;)などの特殊文字を持つユーザー名はサポートしていません。

複数のユーザーを一括で追加するには:

  1. Admin Console でユーザーに関する作業をおこなうときは、ユーザーページの右上隅の をクリックします。

    注意:

    Admin Console の製品ページの「ユーザー」タブ内から複数のユーザーをアップロードするには別の手順があります。詳しくは、製品および製品プロファイルの管理を参照してください。

  2. ドロップダウンリストから「ユーザーを一括追加」を選択します。

  3. 「ユーザーを一括追加」ダイアログボックスで、「CSV テンプレートをダウンロード」をクリックし、現在のユーザーリスト(推奨)または標準テンプレートのどちらかを選択します。

    ユーザーを一括追加

    ダウンロードしたファイルのフィールドの説明については、CSV ファイル形式を参照してください。

  4. プロファイルに追加したいユーザーのデータを使って、ダウンロードした CSV ファイルを更新してください。

  5. 「ユーザーを一括追加」ダイアログボックスに更新した CSV をドラッグし、「アップロード」をクリックします。

    注意:

    最大 10 MB の CSV ファイルをアップロードできます。

    一括操作が完了したら、電子メールが届きます。一括操作の結果で、操作の詳細レポートを表示することもできます。

Admin Console に一括アップロードする際のトラブルシューティングのヒントについては、ユーザーの一括アップロードに関するトラブルシューティングを参照してください。

CSV ファイル形式

ダウンロードしたテンプレートファイルには、ガイドとして使用できるサンプルデータが含まれます。

フィールド名 説明

適用対象

(エンタープライズ版またはグループ版アカウント)

必須/オプション
ID タイプ

追加するユーザーのタイプを入力。

これらの値は、ユーザーに割り当てられた ID タイプを制御します。大文字と小文字を区別しません。ID タイプは、ドメインに対して有効である必要があります。

有効な値:

  • Federated ID
  • Enterprise ID
  • Adobe ID
エンタープライズ版のみ  
ユーザー名

ASCII に制限されています。

ユーザー名はそれぞれユーザー ID に該当します。

Adobe ID の場合、実際のユーザー名はユーザーだけが定義できます。

Admin Console で定義する Adobe ID のユーザー名はあくまで Admin Console 内の表示上のものとなり、ユーザー自身で姓名を変更した場合にはその内容は反映されません。電子メールアドレスおよび同じ電子メールアドレスの制限は、ドメイン所有者が課すことができます。 

最大文字数は 255 文字です。

エンタープライズ版のみ Federated ID の場合、必須。
ドメイン

Enterprise または Federated ID に対応するドメイン。

 

エンタープライズ版のみ Federated ID の場合、必須。
電子メール

最大文字数 60 文字までの有効な電子メールアドレスである必要があります。

名前とドメインの関係性について。

ID タイプが Enterprise ID か Federated ID の場合、ドメインは組織によってクレームされ、アクティブになっている必要があります。このユーザー名がアカウント名を特定します。 

他のアカウントタイプについては、ユーザー名とアカウント名に電子メールアドレスが使用されます。 

RFC 2822 sec 3.4.1 を参照してください。

すべて すべての ID のタイプ(Federated ID、Enterprise ID、Adobe ID )で、必須。

ユーザーの名前(名)。

ASCII に制限されています。

Adobe ID タイプのユーザーの場合、ユーザーの Adobe ID 用に定義された名前(名)です。

最大文字数は 255 文字です。

 

すべて Enterprise ID または Federated ID の場合、必須。

ユーザーの名前(姓)。

ASCII に制限されています。

Adobe ID タイプのユーザーの場合、ユーザーの Adobe ID 用に定義された名前(姓)です。

最大文字数は 255 文字です。

 

すべて Enterprise ID または Federated ID の場合、必須。
国コード

2 文字の国コード(例:米国 = 「US」)。

Adobe ID タイプのユーザーの場合、ユーザーの Adobe ID 用に定義された国コードを入力します。

コードがある場合、ユーザーの国が Adobe がビジネスを行っている国であることを確認してください。このコードは、エンタープライズ版で管理されたアカウントにあります。

国コードを特定するには、https://www.iso.org/obp/ui/#home.を参照してください。

詳しくは、ISO 3166-1 alpha-2 Country Codes を参照してください。

すべて Federated ID の場合、必須。
製品プロファイル

ユーザーに割り当てる製品プロファイル名。

ユーザーを割り当てる製品プロファイルのニックネームです。複数の製品プロファイルにユーザーを割り当てるには、割り当てるすべての製品プロファイルを引用符で囲み、コンマで区切って入力します。

例:"オーディエンス管理: Audience Manager - デフォルトのアクセス許可, カスタムプランのみ - カスタムプラン - デザイン"

エンタープライズ版のみ Enterprise ID および Federated ID の場合、必須。
グループ版製品

ユーザーに割り当てるグループ版製品名。

ユーザーを複数のグループ版製品に割り当てるには、割り当てるすべての製品名を引用符で囲み、コンマで区切って入力します。

例:"オーディエンス管理: Audience Manager - デフォルトのアクセス許可, カスタムプランのみ - カスタムプラン - デザイン"

注意:製品構成フィールドにグループ版製品を入力し、フィールド名をグループ版製品に変更します。

グループ版のみ  
管理ロール

ユーザーに割り当てる管理ロール。

有効な値:

  • System
  • Deployment
  • サポート
すべて  
Product
Configurations Administered

ユーザーに管理者権限を付与する製品プロファイル名。

管理者権限を複数の製品プロファイルに割り当てるには、割り当てるすべてのプロファイル名を引用符で囲み、コンマで区切って入力します。

エンタープライズ版のみ オプション
ユーザーグループ

ユーザーに追加するユーザーグループ名。

ユーザーを複数のグループに追加するには、割り当てるすべてのグループ名を引用符で囲み、コンマで区切って入力します。

すべて オプション
管理ユーザーグループ

ユーザーに管理者権限を付与するユーザーグループ名。

管理者権限を複数のグループに割り当てるには、割り当てるすべてのグループ名を引用符で囲み、コンマで区切って入力します。

すべて オプション
管理製品

ユーザーに管理者権限を付与する製品名。

管理者権限を複数の製品に割り当てるには、割り当てるすべての製品名を引用符で囲み、コンマで区切って入力します。

エンタープライズ版のみ

オプション
デベロッパーアクセス権

デベロッパーのみ

デベロッパーが追加される API アクセスを含む製品の製品プロファイルの名前。

デベロッパーに関する詳細は、このドキュメントの「複数のデベロッパーを (一括で) 追加する」セクションを参照してください。

エンタープライズ版のみ
オプション

警告:

CSV ファイルには、電子メール + ID タイプの組み合わせごとに 1 行で入力します。

ユーザーの詳細編集

管理者は、組織が所有するドメインに属するユーザーの詳細のみを更新するアクセス権を持ちます。組織が共同利用権を所有している場合でも、所有していないドメインに属するユーザーの詳細を更新することはできません。ユーザーの次の詳細を変更できます。

  • ユーザーの名前
  • ユーザーに関連付けられるユーザーグループと製品
  • 管理者権限

注意:

  • Federated ID または Enterprise ID タイプのユーザーの場合、ユーザーの詳細は、Admin Consoleユーザー同期ツール、またはユーザー管理 API を使用して変更できます。変更はすぐに反映されますが、ユーザーには通知されません。ユーザーの電子メールアドレスを変更した場合は、新しい電子メールアドレスを使用して Adobe Enterprise アカウントにログインするようにユーザーに通知します。
  • Federated ID タイプのユーザーについては、電子メールアドレスの変更は、電子メールアドレスが Adobe と組織の ID プロバイダーとの間の SAML ハンドオフで識別子として使用されている場合のみ、ユーザーのログインに影響を与えます。ハンドオフで電子メールアドレスを使用している場合、電子メールアドレスの変更は、両方で同時におこなう必要があります。行われなかった場合、ユーザーが Enterprise アカウントにログインできなくなります。

個人ユーザー

  1. Admin Console で、ユーザーユーザーに移動します。

  2. ユーザーのリストから、ユーザーの名前をクリックします。

  3. ユーザーの名前を編集するには、「ユーザーの詳細」セクションの右上隅にある  をクリックし、「ユーザープロファイルの編集」を選択します。

    ユーザープロファイルの編集

    ユーザープロファイルの編集ページで、ユーザーの詳細を編集し、「保存」をクリックします。

  4. 同様に、ユーザーに関連付けられた製品、ユーザーグループ、および管理者権限を編集できます。そのためには、関連するセクションの右上隅の  をクリックします。

    注意:

    ユーザーグループを割り当てると、そのユーザーに関連付けられた製品プロファイルも割り当てられます。

複数のユーザー

製品、ロール、ユーザー属性といったユーザーの詳細情報を編集できます。例えば、IT 管理者が多数の新しいユーザーを読み込み、その後、システム管理者が、ユーザーにプロビジョニングしている製品を一括して更新することができます。システム管理者は、ライセンス、サポート、デプロイメントの管理者権限を組織内のメンバーに一括して委任することもできます。また、ユーザーに割り当てられたユーザーグループを変更することもできます。

Admin Console に一括アップロードする際のトラブルシューティングのヒントについては、ユーザーの一括アップロードに関するトラブルシューティングを参照してください。

  1. Admin Console でユーザーに関する作業をおこなうときは、ユーザーページの右上隅の をクリックします。

  2. ドロップダウンリストで「ユーザーの詳細を一括編集」を選択します

  3. 「ユーザーの詳細を一括編集」ダイアログボックスで、「CSV テンプレートをダウンロード」をクリックし、現在のユーザーリスト(推奨)または標準テンプレートのどちらかを選択します。

    ユーザーの一括編集

    ダウンロードしたファイルのフィールドの説明については、CSV ファイル形式を参照してください

  4. ダウンロードした CSV ファイル内のユーザーの詳細を更新します。

    ユーザーの詳細の一括編集機能では、次のユーザー詳細情報を編集できます。

    • Product Profiles (製品プロファイル)
    • Product Profiles Administered (管理製品プロファイル)
    • Admin Roles (管理ロール)
    • User Groups (ユーザーグループ)
    • User Groups Administered (管理ユーザーグループ)
    • Products Administered (管理製品)
  5. ユーザーを一括編集ダイアログボックスに更新した CSV をドラッグし、「アップロード」をクリックします。

    一括操作が完了したら、電子メールが届きます。一括操作の結果で、操作の詳細レポートを表示することもできます。

ユーザーの削除

ユーザーを削除すると、組織によって付与されたサービスへのすべての権限やアクセス権が取り消されます。例えば、製品のライセンスも取り消され、ユーザーは製品を使用できなくなります。

Adobe ID タイプのユーザーは自身の ID を所有、管理するため、Adobe ID を持つユーザーを削除しても、そのユーザーは組織(Admin console)から削除されるだけです。ユーザーはその後も、Creative Cloud やその他の Adobe サービスに無料メンバーとしてアクセスできます。Creative Cloud に保存されているすべてのファイルやフォルダーにもアクセスできます。

一方で、組織は Federated IDEnterprise ID を作成、所有、管理します。管理者がユーザーを削除すると、その ID は完全に削除されます。ユーザーは関連付けられたすべてのデータにアクセスできなくなり、管理者もそのユーザーのアカウントやデータにアクセスできなくなります。例えば、ドキュメントを公開したユーザーが削除された場合、InDesign を使用してオンラインでパブリッシュされたドキュメントの URL にアクセスできなくなります。このような上記の理由から、Adobe では、管理者が Federated ID と Enterprise ID でのみユーザーを追加することをお勧めしています。

製品とサービスへのアクセスだけを取り消し、関連するデータは維持する必要がある場合、ユーザーを削除するのではなく、権限を付与している製品プロファイルからユーザーを外します

個人ユーザー

ドメインの所有者または共同利用者として所有している組織に属するユーザーを削除するには、以下の操作を実行します。

  1. Admin Console で、ユーザーユーザーに移動します。

  2. 表示されるユーザーのリストから、ユーザー名の左にあるチェックボックスをクリックして、ユーザーを選択します。

  3. ユーザーを削除」をクリックします。

  4. 表示される「ユーザーを削除」ダイアログボックスで、「ユーザーを削除」をクリックします。

    Admin Console からユーザーが削除され、組織によって付与されたすべての権限とサービスへのアクセスが取り消されます。

複数のユーザー

Admin Console から複数のユーザーを削除できます。例えば、組織が契約に基づいて他の会社を雇い、その社員に Admin Console で製品とサービスへのアクセス権限を与えているとすると、契約終了時に、それらのユーザー全員を削除する必要があります。

複数のユーザーを一括で削除するには:

  1. Admin Console でユーザーに関する作業をおこなうときは、ユーザーページの右上隅の をクリックします。

  2. ドロップダウンリストから「CSV でユーザーを削除」を選択します。

  3. 「CSV でユーザーを削除」ダイアログボックスで、「CSV テンプレートをダウンロード」をクリックし、現在のユーザーリスト(推奨)または標準テンプレートのいずれかを選択します。

    CSV でユーザーを削除

    ダウンロードしたファイルのフィールドの説明については、CSV ファイル形式を参照してください

  4. Excel で CSV ファイルを開き、削除するユーザーの行のみを含むように編集します。

  5. 「CSV でユーザーを削除」ダイアログボックスに更新した CSV をドラッグし、「アップロード」をクリックします。

    一括操作が完了したら、通知が電子メールで届きます。一括操作の結果で、操作の詳細レポートを表示することもできます。

データの書き出し

ユーザーデータ

システム管理者は、Admin Console に現在登録されているユーザーのデータを、CSV ファイルとしてダウンロードできます。次に、必要に応じて CSV ファイル内のユーザーデータを更新し、CSV ファイルを Admin Console にアップロードし直します。詳しくは、複数ユーザーの編集を参照してください。

ダウンロードした CSV ファイルには、前述の CSV ファイル形式セクションで説明したデータが含まれます。

ユーザーデータをダウンロードするには、Admin Console でユーザー/ユーザーに移動します。ユーザーページの右上隅の をクリックして、「ユーザーリストを CSV に書き出し」を選択します。

ファイルのダウンロード手順は、使用しているブラウザー、またブラウザー固有の設定によって異なります。ダウンロードが完了すると、確認画面が表示されます。

ライセンス不足レポート

VIP でエンタープライズ版製品を購入した場合、ライセンス不足レポートをダウンロードできます(.csv 形式)。購入した各製品について、使用可能なライセンス数よりも多くのユーザーを製品に割り当てた場合、このレポートにはライセンスの不足分が表示されます。

ユーザーデータをダウンロードするには、Admin Console でユーザー/ユーザーに移動します。ユーザーページの右上隅の をクリックして、「ライセンス不足レポート」を選択します。

ファイルのダウンロード手順は、使用しているブラウザー、またブラウザー固有の設定によって異なります。ダウンロードが完了すると、確認画面が表示されます。

注意:

ETLA のお客様は、このレポートにデータが表示されません。また、組織が Admin Console で Experience Cloud 製品を購入した場合、ライセンス不足データは報告されません。

ライセンスステータスレポート

VIP でエンタープライズ版製品を購入した場合、ライセンスステータスレポートをダウンロードできます(.csv 形式)。このレポートには、ユーザーごとに、製品がそのユーザーに委任されているかどうかと、そのユーザーにライセンスがプロビジョニングされているかどうかが表示されます。

注意:

委任済み製品:ユーザーに製品が割り当てられている場合、その製品は委任されている、と定義します。

プロビジョニング済み製品:ユーザーが製品を使用する権限を持っている場合、その製品はユーザーにプロビジョニングされている、と定義します。言い換えれば、製品のライセンスが利用可能です。

ETLA のお客様の場合、このレポートの「委任済み製品」フィールドと「プロビジョニング済み製品」フィールドの両方に「はい」と表示されます。これは、製品のユーザーに割り当てたライセンスとは無関係です。

組織が購入した各製品の「委任済みライセンス」と「プロビジョニング済みライセンス」のステータスを比較するには、Admin Console の「概要」タブを表示します。

ユーザーデータをダウンロードするには、Admin Console でユーザー/ユーザーに移動します。ユーザーページの右上隅の をクリックして、「ライセンスステータスレポート」を選択します。

ファイルのダウンロード手順は、使用しているブラウザー、またブラウザー固有の設定によって異なります。ダウンロードが完了すると、確認画面が表示されます。

「一括操作の結果」タブ

複数ユーザーの追加や編集などの一括操作を実行すると、操作の詳細を記載した電子メールが届きます。また、「一括操作の結果」ページで、これらの詳細を確認できます。

注意:

一括操作が結果ページに表示されない場合、最新の結果を表示ができるよう、ブラウザーページを更新してください。

  1. Admin Console でユーザーユーザーに移動し、ユーザーページの右上隅の  をクリックします。

  2. ドロップダウンリストで、「一括操作の結果」を選択します。

    一括操作の結果」ページが表示されます。

  3. 操作の詳細を表示するには、その操作の名前をクリックします。

    注意:

    アップロードファイルで指定された製品の一部が VIP プログラム下で購入されたものであり、それらの製品のライセンスが使用済みの場合、それらの製品のライセンスはユーザーに割り当てられません。製品ライセンスの不足について詳しくは、「不足レポートを表示」をクリックしてください。

  4. 結果を CSV ファイルとしてダウンロードするには、「結果をダウンロード」をクリックします。

  5. 結果を削除するには、操作の名前の左側にあるチェックボックスをクリックして、「結果を削除」をクリックします。

    「すべてのフィルターを消去」をクリックして、一括操作の結果をすべて消去することもできます。

注意:

一括操作の結果」ページには、過去 90 日以内のレポートが表示されます。90 日より前のレポートは自動的に削除されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー