ユーザーグループは、共有された一連の権限を許可する必要がある様々なユーザーの集まりです。様々な製品の様々な権限を多数のユーザーに様々な順序で割り当てる必要があります。ユーザーごとに権限を管理するのは、持続可能なモデルではありません。

例えば、ある部署のすべてのメンバーに製品を割り当てる必要があるとします。これをおこなう 1 つの方法として、部署内のすべてのユーザーの個々の権限を変更し、各ユーザーに製品を割り当てることが挙げられます。より便利な方法は、部署のすべてのメンバーが含まれるユーザーグループを作成し、そのユーザーグループに製品を割り当てることです。これにより、管理者が各ユーザーの管理をおこなう必要がなくなります。後からグループにさらにユーザーを追加したり、グループからユーザーを削除したりすることもできます。この操作ではグループ内のユーザーは変更されますが、グループの権限はそのまま保持されます。

ユーザーグループの作成

該当する役割:システム管理者

  1. Admin Console で、ユーザー/ユーザーグループに移動します。

  2. 右上隅の「新規ユーザーグループ」をクリックします。

    「新規ユーザーグループを作成」画面が表示されます。

    ceate-new-user-group
  3. 作成するユーザーグループの名前と説明を入力し、「保存」をクリックします。

「ユーザーグループ」ページに戻ります。リストに、作成したグループが表示されます。

グループへのユーザーの追加

該当する役割:製品管理者

ユーザーグループにユーザーを追加するには、次の手順を実行します。

  1. ユーザーグループを操作する際に、ユーザーグループのリストから、ユーザーの追加先のグループ名をクリックします。

  2. 「ユーザーを追加」をクリックします。

  3. 「ユーザーを追加」画面で、ユーザーの名前または電子メールを入力し、表示されるドロップダウンリストからユーザーを選択します。

    追加しようとしているユーザーが Admin Console に現在追加されていない場合は、ユーザーの電子メールアドレスを入力できます。新しいユーザーを作成するように指示されます。ユーザーの詳細を入力します。招待用の電子メールがユーザーに送信されます。

  4. 「ユーザーを追加」をクリックします。

  5. 「ユーザーを追加」画面が表示され、このグループにさらにユーザーを追加できます。

    「キャンセル」をクリックすると、ユーザーグループの詳細ページに戻ります。

複数のユーザーのグループへの追加

同時に複数のユーザーをグループに追加できます。例えば、あるグループから別のグループにユーザー(またはサブセット)をコピーする場合、グループからユーザーを書き出した後、別のグループに追加することができます。

注意:

この手順では、既存のユーザーをグループに追加します。ユーザーの組織への追加とグループへの追加を一度におこなう場合は、複数のユーザーの追加を参照してください。

  1. Admin Console でグループに対して作業をおこなうときは、グループページの右上隅の をクリックします。

  2. 「ユーザーを一括追加」をクリックします。

  3. ユーザーを一括追加ダイアログボックスで、「CSV テンプレートをダウンロード」をクリックし、現在のユーザーリスト(推奨)または標準テンプレートのどちらかを選択します。

    add-users-by-csv

    ダウンロードしたファイルのフィールドの説明については、CSV ファイル形式を参照してください

  4. グループに追加するユーザーのデータを使って、ダウンロードしたファイルを編集してください。

  5. ユーザーを一括追加ダイアログボックスで、ファイルをドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択」ボタンをクリックしてコンピューター上のファイルを選択します。

  6. 「アップロード」をクリックします。

一括操作が完了したら、電子メールが届きます。製品プロファイル/一括操作の結果ページで、操作の詳細レポートを表示することもできます。

グループへの管理者の追加

該当する役割:システム管理者

グループの管理タスクはグループ管理者に委任できます。委任された管理者は、そのグループ内のユーザーを管理することができます。

ユーザーグループに管理者を追加するには、次の手順を実行します。

  1. Admin Console で、ユーザー/ユーザーグループに移動します。

  2. ユーザーグループのリストで、ユーザーの追加先となるユーザーグループをクリックします。

    選択したユーザーグループの詳細が表示されます。

  3. 「管理者」タブに移動し、「管理者を追加」をクリックします。

  4. 「管理者を追加」画面で、ユーザーの名前または電子メールを入力し、表示されるドロップダウンリストからユーザーを選択します。

    追加しようとしているユーザーが Admin Console に現在追加されていない場合は、ユーザーの電子メールアドレスを入力できます。新しいユーザーを作成するように指示されます。ユーザーの詳細を入力します。招待用の電子メールがユーザーに送信されます。

  5. ユーザーグループに管理者として追加するユーザーを検索して選択します(複数選択可)。

  6. 「管理者を追加」をクリックします。

  7. 「ユーザーを追加」画面が表示され、このグループにさらにユーザーを追加できます。

    「キャンセル」をクリックすると、ユーザーグループの詳細ページに戻ります。

「管理者」タブに戻ります。リストには、先ほどこのグループに割り当てた管理者が表示されます。

ユーザーグループへの製品プロファイルの割り当て

該当する役割:製品プロファイル管理者

ユーザーグループに製品プロファイルを割り当てることができます。これにより、そのグループ内のすべてのユーザーに一連の同じ製品権限を付与できます。

  1. Admin Console で、ユーザー/ユーザーグループに移動します。

  2. ユーザーグループのリストで、製品プロファイルを追加するユーザーグループを選択します。

  3. 「割り当てられた製品プロファイル」タブに移動し、「割り当てられた製品プロファイル」をクリックします。

    表示される製品のリストは、組織の購入計画に基づいています。

  4. リストから製品を 1 つクリックし、この製品の製品プロファイルを入力し、選択します。

    製品とプロファイルについて詳しくは、製品およびプロファイルの管理を参照してください。

  5. 「保存」をクリックします。

「割り当てられた製品プロファイル」タブに戻ります。

リストには、先ほどこのグループに追加した製品プロファイルが表示されます。

製品プロファイル管理者は、製品プロファイルを操作する際に製品プロファイルにユーザーグループを追加することもできます。

注意:

グループ管理者がグループからユーザーを削除するには、目的のグループの「ユーザー」タブでユーザーを選択し、画面右上の アイコンをクリックします。

ユーザーグループの削除

該当する役割:システム管理者

システム管理者は、Admin Console から 1 つ以上のユーザーグループを削除することもできます。

ユーザーグループを削除しても、そのグループ内のユーザーは Admin Console に保持されます。ただし、そのグループに製品プロファイルを割り当てている場合は、グループ内のユーザーは関連付けられた製品にアクセスできなくなります。

  1. Admin Console で、ユーザー/ユーザーグループに移動します。

  2. ユーザーグループのリストで、削除するユーザーグループまたはグループの左にあるチェックボックスをクリックします。

  3. 「ユーザーグループを削除」をクリックします。

  4. 確認ダイアログボックスで、「ユーザーグループを削除」をクリックします。

グループからのユーザーの削除

  1. ユーザーグループを操作する際に、ユーザーグループのリストから、ユーザーの追加先のグループ名をクリックします。

  2. 1 人以上のユーザーを削除するには、リスト内のユーザーの左側にあるチェックボックスをクリックします。

  3. 「ユーザーを削除」をクリックします。

  4. 確認ダイアログボックスで、「ユーザーを削除」をクリックします。

詳細ページに戻ります。

グループからの複数のユーザーの削除

ユーザーの一括削除手順を使用すると、グループから複数のユーザーを同時に削除できます。例えば、あるグループから別のグループに複数のユーザーを移動する場合は、グループからユーザーを削除した後、別のグループに追加できます。

  1. Admin Console でグループに対して作業をおこなうときは、グループページの右上隅の をクリックします。

  2. 「ユーザーを一括割り当て解除」をクリックします。

  3. ユーザーを一括割り当て解除ダイアログボックスで、必要なデータの構造を提供する CSV ファイルのサンプルテンプレートをダウンロードします。

    unassign-users-by-csv

    ダウンロードしたファイルのフィールドの説明については、CSV ファイル形式を参照してください

  4. Excel で CSV ファイルを開き、このグループから削除するユーザーの行のみが含まれるように編集します。

  5. ユーザーを一括割り当て解除ダイアログボックスで、ファイルをドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択」ボタンをクリックしてコンピューター上のファイルを選択します。

  6. 「アップロード」をクリックします。

一括操作が完了したら、電子メールが届きます。製品プロファイル/一括操作の結果タブで、操作の詳細レポートを表示することもできます。

ユーザーグループのエクスポート

グループのユーザーのデータをダウンロードできます。例えば、あるグループのユーザーを別のグループに追加する場合は、元のグループのユーザーのリストをダウンロードした後、別のグループに追加できます。元のグループからユーザーを削除する場合は、同じファイルを使用して元のグループから削除できます。

ダウンロードした CSV ファイルには、CSV ファイル形式セクションで説明したデータが含まれます。

  1. Admin Console でグループに対して作業をおこなうときは、グループページの右上隅の をクリックします。

  2. をクリックし、「ユーザーリストを CSV に書き出し」を選択します。

  3. ダウンロード先のフォルダーを選択し、「OK」をクリックします。

「一括操作の結果」タブ

グループの複数のユーザーの追加や削除といった一括操作を実行すると、電子メールが届きます。また、「一括操作の結果」ページで、一括操作の詳細を確認できます。

  1. Admin Console でグループに対して作業をおこなうときは、グループページの右上隅の をクリックします。

  2. ドロップダウンリストで、「一括操作の結果」を選択します。

  3. バッチ処理の詳細を表示するには、リストで処理名をクリックします。

  4. バッチ処理の詳細レポートの CSV ファイルをダウンロードするには、詳細ページで「結果をダウンロード」をクリックします。

「一括操作の結果」ページには、過去 90 日以内のレポートが表示されます。90 日より前のレポートは、システム管理者の介入なく自動的に削除されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー