機能の概要 | Illustrator(2021 年 6 月リリース)

デスクトップ版 Illustrator の 2021 年 6 月リリース(バージョン 25.3)の新機能と機能強化について説明します。

ビューを回転

Illustrator では、回転ビューツールを使用してカンバスビューを回転させ、カンバスの方向を任意の角度に変更できるようになりました。すべてのアートボードと表示オブジェクトもカンバスビューの回転に合わせて回転します。通常のビューで作業するのと同じように、回転したビューでアートワークを簡単に変更および編集できます。

カンバスビューを元の位置に戻すには、表示/ビューを回転の初期化を選択します。回転したビューを将来使用するためにプリセットとして保存することもできます。

Rotate-view

詳しくは、ビューを回転を参照してください。

Apple Silicon のサポート

Illustrator は、Apple silicon M1チップを搭載した Apple コンピュータでネイティブに動作するようになりました。Apple のコンピュータで Illustrator を使用する際に、より速いパフォーマンスを体験できます。

詳しくは、「Apple Silicon での Illustrator の使用」を参照してください。

元の書式なしでテキストをペースト

Illustrator では、元の書式を保持することなく、あるドキュメントからテキストをコピーして別のドキュメントに貼り付けることができるようになりました。これで、ドキュメントから個別に元の書式を削除する必要がなくなりました。編集/書式なしでペーストオプションを選択するだけのワンクリックで書式全体を削除することができます。

詳しくは、書式設定の種類を参照してください。

非表示レイヤーを削除

レイヤーパネルで非表示のレイヤーとサブレイヤーを削除できるようになりました。アートワークに関係のないすべての非表示レイヤーをすぐに削除する場合に便利です。レイヤーパネルで、詳細オプションをクリックし、非表示レイヤーを削除を選択すると、非表示でマークされているすべてのレイヤーとサブレイヤーが削除されます。

詳細は、レイヤーのロック、非表示、削除を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン