オブジェクトまたはレイヤーのロック状態の切り替え

オブジェクトをロックすると、オブジェクトの選択と編集ができなくなります。親レイヤーをロックすることにより、複数のパス、グループ、サブレイヤーをすばやくロックできます。

  • オブジェクトをロックするには、レイヤーパネルで、ロックする項目(オブジェクトまたはレイヤー)の編集コラム(目のアイコンの右側)をクリックします。複数の隣接した項目をロックするには、複数の編集コラムをマウスでドラッグします。または、ロックするオブジェクトを選択して、オブジェクト/ロック/選択を選択します。

  • オブジェクトのロックを解除するには、レイヤーパネルでロックを解除するオブジェクトまたはレイヤーのロックアイコン をクリックします。

以下のコマンドを使用して、オブジェクトのロックを切り替えることもできます。

  • 選択したオブジェクトのエリアの前面に重なっているオブジェクトをすべてロックするには、オブジェクトを選択して、オブジェクト/ロック/前面のすべてのアートワークを選択します。

  • レイヤーパネルでターゲットにしたオブジェクトまたはグループを含むレイヤー以外をすべてロックするには、オブジェクト/ロック/その他のレイヤーを選択するか、レイヤーパネルメニューの「他をロック」を選択します。

  • すべてのレイヤーをロックするには、レイヤーパネルですべてのレイヤーを選択してから、レイヤーパネルメニューの「すべてのレイヤーをロック」を選択します。

  • ドキュメント内にあるすべてのオブジェクトのロックを解除するには、オブジェクト/すべてをロック解除を選択します。

  • グループ内だけですべてのオブジェクトのロックを解除するには、グループ内の表示されていてロックされていないオブジェクトを選択します。Shift + Alt キー(Windows)または Shift + Option キー(Mac OS)を押しながら、オブジェクト/すべてをロック解除を選択します。

  • すべてのレイヤーをロックしている場合は、レイヤーパネルメニューの「すべてのレイヤーをロック解除」を選択して、ロックを解除します。

注意:

編集モードではロックメニューは無効です。

オブジェクトまたはレイヤーの表示の切り替え

次のいずれかの方法を選択します。

  • レイヤーパネルで、非表示にする項目の左側にある目のアイコン をクリックします。項目を再表示するには、目のアイコンをもう一度クリックします。レイヤーまたはグループを非表示にすると、そのレイヤーまたはグループの全項目が非表示になります。

  • 複数の隣接した項目を非表示にするには、複数の目のアイコンをマウスでドラッグします。

  • 非表示にするオブジェクトを選択して、オブジェクト/隠す/選択を選択します。

  • レイヤー内の特定のオブジェクトより前にあるすべてのオブジェクトを非表示にするには、そのオブジェクトを選択して、オブジェクト/隠す/前面のすべてのアートワークを選択します。

  • 未選択のレイヤーをすべて非表示にするには、レイヤーパネルメニューの「他を隠す」を選択するか、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら表示するレイヤーの目のアイコンをクリックします。または、オブジェクト/隠す/その他のレイヤーを選択して、選択しているオブジェクトやグループを含むレイヤー以外のすべてのレイヤーを非表示にします。

  • すべてのオブジェクトを表示するには、オブジェクト/すべてを表示を選択します。隠れていたオブジェクトがすべて表示されます。選択されていたオブジェクトは、選択されたままです。

  • レイヤーとサブレイヤーをすべて表示するには、レイヤーパネルメニューの「すべてのレイヤーを表示」を選択します。このコマンドでは、非表示のオブジェクトは表示されません。非表示のレイヤーのみが表示されます。

  • グループだけのオブジェクトをすべて表示するには、グループ内の表示されていてロックされていないオブジェクトを選択します。Shift + Alt キー(Windows)または Shift + Option キー(Mac OS)を押しながら、オブジェクト/すべてを表示を選択します。

注意:

編集モードでは、すべてを表示メニューと隠すメニューは無効です。

オブジェクトの削除

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • オブジェクトを選択して、Backspace キー(Windows)または Delete キーを押します。

    • オブジェクトを選択して、編集/消去、または編集/カットを選択します。

    • レイヤーパネルで削除する項目を選択し、削除アイコン をクリックします。または、レイヤーパネルで、パネル内の削除アイコンまで項目名をドラッグするか、レイヤーパネルメニューの「<レイヤー名> を削除」を選択します。

    レイヤーを削除すると、そのレイヤーに含まれるすべてのアートワークも削除されます。例えば、サブレイヤー、グループ、パスおよびクリッピングセットを含むレイヤーを削除すると、そのレイヤーに含まれるこれらのすべてのオブジェクトも削除されます。

    注意:

    ドキュメントにはレイヤーが 1 つ以上必要です。ドキュメントに 1 つしかレイヤーがない場合は、削除ボタンと「削除」コマンドは使用できません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー