ビューを回転

回転ビューツールを使用してカンバスビューを回転させる方法について説明します。

ビューを回転機能を使用すると、カンバスのビューを任意の角度に変更して、ロゴ、パッケージ、ページレイアウト、テキスト編集、その他のイラストを便利にデザインできます。

すべてのアートボードと他の表示されているオブジェクトが、指定された角度に移動します。その後、通常のビューと同じように作業を続けることができます。

回転ビューツールを使用してカンバスビューを回転

回転ビューツールを使用してカンバスビューを回転させるには、次の手順に従います。

  1. 手のひらツール(をクリックして押したまま、ビューを回転ツール(を選択するか、Shift + H キーを押します。
  2. カンバスの任意の場所に回転ビューツールをドラッグして、カンバスの向きを変更します。
  3. 異なる角度に動かすには、カンバスビューを回転させたときに表示されるウィジェットを使用します。

トラックパッドを使用してカンバスビューを回転

トラックパッドを使用してカンバスビューを回転させるには、次の手順に従います。

  1. カンバス上の任意の場所にカーソルを置き、基準点の位置を決めます。
  2. 2 本指のジェスチャーで、基準点を中心にカンバスのビューを回転させます。

現在、2 本指のジェスチャーは Apple のトラックパッドでのみ使用できます。

Space+Shift を長押しすると、選択したツールから回転ビューツールに切り替わり、カンバス上の任意の場所にドラッグすることで、カンバスビューを回転させることができます。

注意事項

カンバスビューが回転すると、次のようになります。

  • グリッドが回転する。
  • アートボードの寸法が変更されない。
  • ガイドと定規が表示され使用される

カンバスビューを特定の角度に回転

ビューを回転
ビューを回転ドロップダウン

次のいずれかのオプションを使用して、カンバスビューを指定した角度で回転させます。

  • ステータスバーのビューを回転ドロップダウンから角度を選択するか、次のようにします。
    • ビューを回転ドロップダウンに数値を入力して、カンバスビューを任意の角度に変更します。
    • ビューを回転ドロップダウンの値をクリックして、マウスでスクロールすることで、カンバスビューを任意の角度に変更します。
  • 表示/ビューを回転を選択して、メニューから角度を選択します。

オブジェクトに合わせてカンバスビューを回転

カンバスビューを回転したオブジェクトに合わせて整列させるには次のようにします。

  1. オブジェクトまたはテキストを選択します。
  2. 表示/選択範囲に合わせてビューを回転を選択します。

回転したカンバスビューを初期化

カンバスビューをリセットする
ビューを回転の初期化

カンバスの回転したビューを元の位置に戻すには、次のいずれかのオプションを使用します。

  • 表示/ビューを回転の初期化を選択します。
  • Shift+Cmd+1 (macOS の場合)、Shift+Ctrl+1(Windows の場合)を押します。
  • Esc キーを押します。

回転したビューで別のツールまたは機能を使用している場合は、Esc キーを押して選択解除し、Esc キーをもう一度押して、回転したビューを初期化します。

回転したビューで選択したアートボードをドキュメントウィンドウに合わせるには、Cmd+0(macOS の場合)、Ctrl+0(Windows の場合)を押します。

回転したカンバスビューを保存

回転したカンバスビューをプリセットとして保存するには次のようにします。

  1. 表示/新規表示を選択します。
  2. プリセットを保存するには、ダイアログに名前を入力して OK をクリックします。
  3. プリセットを再利用するには、表示をクリックして保存したプリセットを選択します。
回転したカンバスビューを保存
新規表示

関連トピック

ご質問または共有するアイデアがある場合

ご質問がある場合や、ご共有いただけるアイデアをお持ちの場合は、Adobe Illustrator コミュニティにご参加ください。ご意見をお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン