種類の選択

文字を選択すると、文字の編集、文字パネルを使用した書式の設定、塗りや線の属性の適用、透明度の変更などができます。 このような操作は、1 文字のみ、指定した範囲の文字またはテキストオブジェクト内のすべての文字に適用できます。 文字を選択すると、ドキュメントウィンドウでは選択した文字が強調表示され、アピアランスパネルに「文字」と表示されます。

テキストオブジェクトを選択すると、オブジェクト内のすべての文字に対して一括で書式オプションを適用できます。適用できるオプションには、文字パネルおよび段落パネルでの設定、塗りや線の属性、透明の設定などがあります。 また、選択したテキストオブジェクトに対して、効果、複数の塗りと線および不透明マスクを適用できます (これらは個別に選択した文字に対して適用することはできません)。 テキストオブジェクトを選択すると、ドキュメントウィンドウでオブジェクトの周囲にバウンディングボックスが表示され、アピアランスパネルには「テキスト」と表示されます。

テキストパスを選択すると、パスの形状を調整したり、塗りや線の属性を適用したりできます。 この選択方法では、ポイント文字は選択できません。 テキストパスを選択すると、アピアランスパネルには「パス」と表示されます。

文字の選択

  • 任意の文字ツールを選択して、次のいずれかの操作を行います。
    • ドラッグして 1 つ以上の文字を選択します。 Shift キーを押しながらドラッグすると、選択範囲を拡大または縮小できます。

    • 単語にポインターを置いてダブルクリックすると、単語を選択できます。

    • 段落内にポインターを置いてトリプルクリックすると、段落全体を選択できます。

    • 1 つ以上の文字を選択して、選択/すべてを選択すると、テキストエリア内のすべての文字を選択できます。

テキストオブジェクトの選択

テキストオブジェクトを選択すると、オブジェクト内のすべての文字に対して一括で書式オプションを適用できます。適用できるオプションには、文字パネルおよび段落パネルでの設定、塗りや線の属性、透明の設定などがあります。 また、選択したテキストオブジェクトに対して、効果、複数の塗りと線および不透明マスクを適用できます (これらは個別に選択した文字に対して適用することはできません)。 テキストオブジェクトを選択すると、ドキュメントウィンドウでオブジェクトの周囲にバウンディングボックスが表示され、アピアランスパネルには「テキスト」と表示されます。

  • 必要に応じて次の操作をおこないます。
    • ドキュメントウィンドウで、選択ツール またはダイレクト選択ツール を使用してテキストオブジェクトをクリックします。 Shift キーを押しながらクリックすると、テキストオブジェクトを追加で選択できます。

    • レイヤーパネルで、選択するテキストオブジェクトを特定してから、その項目の右端(ターゲットボタンとスクロールバーの間)をクリックします。 Shift キーを押しながらレイヤーパネルの項目の右端をクリックすると、現在の選択範囲にテキストオブジェクトを追加したり削除したりできます。

    • ドキュメント内のすべてのテキストオブジェクトを選択するには、選択/オブジェクト/テキストオブジェクトを選択します。

テキストパスの選択

テキストパスを選択すると、パスの形状を調整したり、塗りや線の属性を適用したりできます。 この選択方法では、ポイント文字は選択できません。 テキストパスを選択すると、アピアランスパネルには「パス」と表示されます。

注意:

テキストパスを選択するには、アウトラインモードで操作すると簡単です。

  1. ダイレクト選択ツール またはグループ選択ツール を選択します。
  2. テキストオブジェクトが選択されている場合は、オブジェクトのバウンディングボックスの外側をクリックして選択を解除します。
  3. 文字をクリックしないように注意しながら、テキストパスをクリックします(文字をクリックすると、テキストパスではなくテキストオブジェクトが選択されます)。

注意:

環境設定ダイアログボックスの「テキストオブジェクトの選択範囲をパスに制限」では、ドキュメントウィンドウでテキストオブジェクトを選択するときに選択ツールでクリックして選択できる範囲を設定します。このオプションが選択されている場合、文字を選択するにはテキストパス上を直接クリックする必要があります。このオプションの選択が解除されている場合、文字やパスをクリックして、文字を選択することができます。この環境設定は、編集/環境設定/テキスト(Windows)または Illustrator/環境設定/テキスト(Mac OS)を選択すると設定できます。

テキストの検索と置換

  1. 編集/検索と置換を選択します。
  2. 検索する文字列と、必要に応じて置換する文字列を入力します。

    「検索文字列」オプションと「置換文字列」オプションの右側にあるポップアップメニューで、様々な特殊文字を選択できます。

  3. 指定した文字列の検索方法をカスタマイズするには、必要に応じて次のオプションを選択します。

    大文字と小文字を区別

    「検索文字列」ボックスに入力されている単語の大文字と小文字が完全に一致する単語を検索します。

    単語として検索

    「検索文字列」ボックス内のテキストと同じ単語だけを検索します。

    下から検索

    テキストオブジェクトのレイヤーでの重なり順で下から上に検索します。

    非表示のレイヤーを検索

    非表示のレイヤーにあるテキストも検索します。 このオプションを選択しない場合、非表示のレイヤーにあるテキストは無視されます。

    ロックされたレイヤーを検索

    ロックされたレイヤーにあるテキストも検索します。 このオプションを選択しない場合、ロックされたレイヤーにあるテキストは無視されます。

  4. 「検索」をクリックして、検索を開始します。
  5. 該当する文字列が検索されたら、次のいずれかの操作を行います。
    • 「置換」をクリックすると、文字列が置換されます。次の文字列を検索するには「次を検索」をクリックします。

    • 「置換して検索」をクリックすると、文字列が置換され、次の文字列が検索されます。

    • 「すべてを置換」をクリックすると、ドキュメント内の該当するすべての文字列が置換されます。

  6. 「完了」をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

    注意:

    検索と置換ダイアログボックスを閉じた後、次の文字列を検索するには、編集/次を検索を選択します。

文字のカラーとアピアランスの変更

テキストオブジェクトのカラーとアピアランスは、塗り、線、透明設定、効果、グラフィックスタイルを適用して変更できます。 テキストはラスタライズしない限りいつでも編集可能です。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • テキストオブジェクト内の特定の文字のアピアランスを変更するには、変更する文字を選択します。

    • テキストオブジェクト内のすべての文字のアピアランスを変更したり、複数の塗りや線を適用したりするには、テキストオブジェクトを選択します。

    • テキストパスに塗りまたは線を適用するには、テキストパスを選択します。

  2. 必要に応じて塗り、線、透明設定、効果およびグラフィックスタイルを適用します。

    テキストオブジェクトを選択してカラーを変更すると、テキストオブジェクト内の個々の文字の属性は変更されます。

    注意:

    コントロールパネルを使用すると、選択した文字のカラーをすばやく変更できます。

文字パネルの概要

文字パネル(ウィンドウ/書式/文字)を使用してオプションを適用し、ドキュメント内の個々の文字に書式を設定することができます。 文字を選択するか、文字ツールをアクティブにすると、コントロールパネルのオプションを使用して文字の書式を設定することもできます。

文字パネル
文字パネル

A. パネルメニュー B. フォント C. フォントスタイル D. 行送り E. トラッキング F. 水平比率 G. 文字の回転 H. アンチエイリアスの方法 I. フォントサイズ J. カーニング K. 垂直比率 L. ベースラインシフト 
文字オプション
A. フォント B. フォントスタイル C. フォントサイズ D. 左揃え E. 中央揃え F. 右揃え 

初期設定では、文字パネルには頻繁に使用されるオプションだけが表示されます。 すべてのオプションを表示するには、オプションメニューから「オプションを表示」を選択します。 パネルのタブの上下の三角形をクリックして、オプション表示を順番に切り替えることもできます。

注意:

Illustrator CC 2017 では、一般的なフォントファミリーおよび異なるスタイルを持つ、またはその逆のテキストオブジェクトを簡単に操作できます。例えば、Arial フォントファミリー(ただし、1 つが標準で、もう 1 つがボールド)を持つ 2 つのテキストオブジェクトを選択した場合、スタイルのフィールドは空白になりますが、フォントファミリーのフィールドは Arial と表示されます。

テキストの下線や打ち消し線の適用

  1. 下線または打ち消し線を適用するテキストを選択します。 テキストを選択しなかった場合、設定は作成する新しいテキストに適用されます。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • テキストに下線を適用するには、文字パネルの下線ボタン をクリックします。

    • テキストに打ち消し線を適用するには、文字パネルの打ち消し線ボタン をクリックします。

下線および打ち消し線のデフォルトの線幅は、フォントサイズによって変化します。

オールキャップスおよびすべてスモールキャップスの適用

テキストにスモールキャップスを適用すると、フォントにスモールキャップスがある場合はその文字が使用されます。 スモールキャップスがない場合は、標準の大文字を縮小してスモールキャップスを合成します。

文字キャップスの種類
標準の大文字(上)とスモールキャップス(下)

  1. 変更する文字列またはテキストオブジェクトを選択します。テキストを選択しなかった場合、設定は作成する新しいテキストに適用されます。
  2. 文字パネルメニューから「オールキャップス」または「スモールキャップス」を選択します。

合成したスモールキャップスのサイズを指定するには、ファイル/ドキュメント設定を選択します。「スモールキャップス」に、元のフォントサイズに対するスモールキャップスのサイズをパーセント値で入力します (初期設定値は 70% です)。

注意:

テキストの大文字と小文字の表記方法を、すべて大文字、すべて小文字、単語の先頭のみ大文字または文頭のみ大文字に変更するには、書式/大文字と小文字の変更を選択します。

大文字と小文字のスタイルの変更

  1. 変更する文字列またはテキストオブジェクトを選択します。
  2. 書式/大文字と小文字の変更サブメニューから、次のいずれかを選択します。

    すべて大文字

    すべての欧文文字を大文字に変更します。

    注意:「すべて大文字」コマンドを使用すると、任意の合字は標準の文字に変更されます。任意の合字が単語の先頭にある場合は、単語の先頭のみ大文字コマンドと文頭のみ大文字コマンドを使用したときにも、任意の合字が標準の文字に変更されます。

    すべて小文字

    すべての欧文文字を小文字に変更します。

    単語の先頭のみ大文字

    各単語の先頭を大文字に変更します。

    文頭のみ大文字

    各文の先頭を大文字に変更します。

    注意:「文頭のみ大文字」コマンドでは、ピリオド(.)、感嘆符(!)および疑問符(?)が文の終わりと判断されます。 略語、ファイル名、URL など、文の終わり以外でこれらの文字が使用されている場合、「文頭のみ大文字」を適用すると、意図しない大文字と小文字の変更が行われることがあります。 さらに、固有名詞が小文字に変更されることもあります。

    ヒント:OpenType フォントを使用している場合は、「オールキャップス」の書式設定を使用する方が美しい文字になります。

デザインのセットの適用

デザインのセットは、選択したテキストブロックに適用できる代替字形のグループです。デザインのセットを適用すると、選択したテキストのフォントのデフォルト字形が、そのセットで定義されている字形で置換されます。Illustrator の様々な場所に、フォントメーカーより提供されたデザインのセット名が表示されます。一部のフォントについて、Illustrator ではデザインのセット名が Set 1、Set 2 のように表示されます。テキスト範囲にデザインのセットを複数適用できます。デザインのセットをテキスト選択に適用する方法については、特殊文字を参照してください。

文字スタイルまたは段落スタイルにデザインのセットを適用するには、次の操作をおこないます。

  1. ウィンドウ書式文字スタイル段落スタイルを選択して、文字スタイルパネルまたは段落スタイルパネルを開きます。

  2. パネルメニューの「新規文字スタイル」/「新規段落スタイル」オプションを選択します。

  3. 新規文字スタイル/新規段落スタイルダイアログの左にある「OpenType 機能」タブを選択します。

  4. をクリックし、リストから目的のデザインのセットを選択します。

    Character-panel--stylistic-sets
    文字スタイルへのデザインのセットの追加
  5. OK」をクリックします。

引用符の種類の指定

活字タイプの引用符はカーリークオート(curly quotes)とも呼ばれ、フォントの曲線と合うようにデザインされています。 一般に、活字タイプの引用符は、引用符およびアポストロフィとして使用されます。 まっすぐな引用符は、一般的にフィートやインチの省略形として使用されています。

  • ファイル/ドキュメント設定を選択して、次のいずれかの操作を行い、「OK」をクリックします。
    • まっすぐな引用符を使用するには、「引用符の調節」の選択を解除します。

    • 活字タイプの引用符を使用するには、「引用符の調節」を選択して引用符を設定する言語を選択し、「二重引用符」と「引用符」のオプションを選択します。

      注意:引用符のオプションは様々な言語に対して設定できます。これらの引用符は、文字パネルまたは環境設定ダイアログボックスの「言語」で指定した言語のテキストに適用されます。

      ヒント:句読点の自動調節コマンドを使用して、まっすぐな引用符を活字タイプの引用符に置換することができます。

文字のアンチエイリアスオプションの設定

アートワークを JPEG、GIF、PNG などのビットマップ形式で保存すると、すべてのオブジェクトは 72 ピクセル/インチでラスタライズされ、アンチエイリアスが適用されます。 ただし、アートワークに文字が含まれている場合、初期設定のアンチエイリアス設定では望ましい結果が得られないことがあります。 Illustrator には、文字のラスタライズ専用のオプションがいくつかあります。 これらのオプションを使用するには、テキストオブジェクトをラスタライズしてからアートワークを保存する必要があります。

  1. テキストオブジェクトを選択して、次のいずれかの操作を行います。
    • 文字を完全にラスタライズするには、オブジェクト/ラスタライズを選択します。

    • オブジェクトの構造を変更しないで見かけだけをラスタライズするには、効果/ラスタライズを選択します。

  2. アンチエイリアスオプションを選択します。

    なし

    アンチエイリアスは適用されず、ラスタライズしたときに文字の縁がぎざぎざになります。

    アートに最適(スーパーサンプリング)

    指定された解像度でテキストオブジェクトを含めたすべてのオブジェクトをラスタライズし、アンチエイリアスを適用するデフォルトオプションです。デフォルトの解像度は 300 ピクセル/インチです。

    文字に最適(ヒント)

    文字に最適なアンチエイリアスが適用されます。アンチエイリアスを使用すると、ラスタライズ画像のぎざぎざしたエッジが目立たなくなり、画面上で文字が滑らかに表示されます。 ただし、これによって小さい文字が読みにくくなることがあります。

上付き文字または下付き文字の作成

上付き文字および下付き文字は、フォントのベースラインに対して上下される縮小サイズのテキストです。

上付き文字または下付き文字を作成すると、事前に定義されたベースラインシフト値と書体サイズが適用されます。これらの値は、現在のフォントサイズと行送りに対する縮小率に基づいています。この縮小率はドキュメント設定ダイアログボックスの「書式」セクションで設定できます。

標準フォントでの上付き文字または下付き文字の作成

  1. 変更する文字を選択します。 テキストを選択しなかった場合、新しく作成するテキストはすべて上付き文字または下付き文字として表示されます。
  2. 文字パネルメニューの「上付き文字」または「下付き文字」を選択します。文字パネルはコントロールパネルからアクセスできます。
    Superscript-and-Subscript-options-in-the-Character-panel-menu_2
    文字パネルメニューの上付き文字および下付き文字
    文字パネルメニューの上付き文字および下付き文字

    A. CALLOUT_DEFINITION B. CALLOUT_DEFINITION C. CALLOUT_DEFINITION 

OpenType フォントでの上付き文字または下付き文字の作成

  1. 上付き文字または下付き文字に変更する文字列を選択します。 テキストを選択しなかった場合、設定は作成する新しいテキストに適用されます。
  2. OpenType フォントが選択されていることを確認します。 フォントが OpenType フォントかどうかを判断する 1 つの方法は、書式/フォントメニューによる確認です。OpenType フォントには アイコンが付きます。
  3. OpenType パネルで、位置ポップアップメニューからオプションを選択します。

    デフォルトの位置

    現在のフォントのデフォルトの位置を使用します。

    上付き文字

    上付き文字を使用します(現在のフォントにある場合)。

    下付き文字

    下付き文字を使用します(現在のフォントにある場合)。

    分子

    分数の分子用の文字を使用します(現在のフォントにある場合)。

    分母

    分数の分母用の文字を使用します(現在のフォントにある場合)。

上付き文字または下付き文字のサイズと位置の変更

  • ファイル/ドキュメント設定を選択し、上付き文字と下付き文字に対して次の値を指定して、「OK」をクリックします。
    • 「サイズ」では、上付き文字および下付き文字に使用するフォントサイズをパーセント値で入力します。

    • 「位置」では、標準の行送りに対して上付き文字および下付き文字を移動する距離をパーセント値で入力します。

テキストからアウトラインへの変換

テキストはアウトライン(複合パス)に変換して、他のグラフィックオブジェクトと同じように編集および操作できます。 アウトラインとしてのテキストは、大きく表示される文字を変更する場合に便利です。ただし、本文のテキストやサイズの小さい文字の編集には適しません。

フォントアウトライン情報は、システムにインストールされた実際のフォントファイルから取得されます。 文字からアウトラインを作成すると、文字は現在の位置で変換されます。線や塗りなどのグラフィック属性はすべてそのまま保持されます。

文字の変形
文字の変形

A. アウトライン化されたテキストオブジェクト B. グループを解除し、変形を行った文字 

注意:

ビットマップフォントやアウトラインプロテクトフォントをアウトラインに変換することはできません。

文字をアウトラインに変換すると、文字のヒント情報が失われます。ヒント情報とはフォントに組み込まれた命令で、フォントの形状を調整して様々なサイズで表示またはプリントできるように最適化するものです。 文字を拡大・縮小する場合は、変換の前にポイントサイズを調整してください。

変換は選択したテキストオブジェクト全体に対して行われます。文字列内の 1 つの文字だけを変換することはできません。 1 つの文字だけをアウトラインに変換するには、その文字オブジェクトだけを個別に作成します。

  1. テキストオブジェクトを選択します。
  2. 文字/アウトラインを作成を選択します。

OpenType フォントの数字スタイルの選択

  1. 既存の数字のスタイルを変更するには、変更する文字列またはテキストオブジェクトを選択します。 テキストを選択しなかった場合、設定は作成する新しいテキストに適用されます。
  2. OpenType フォントが選択されていることを確認します。
  3. OpenType パネルで、数字ポップアップメニューからオプションを選択します。

    デフォルトの数字

    現在のフォントのデフォルトスタイルを使用します。

    等幅ライニング数字

    文字幅がすべて同じで文字高も揃った数字を使用します(現在のフォントにある場合)。 このオプションは、表などですべての行において整然と数字を配置する場合などに適しています。

    ライニング数字

    文字高が揃っており、文字幅には変化のある数字を使用します(現在のフォントにある場合)。 このオプションは、オールキャップスを使用するテキストに適しています。

    オールドスタイル数字

    文字幅だけでなく文字高も異なる数字を使用します(現在のフォントにある場合)。 このオプションは、オールキャップスを使用しない、古典的で洗練された印象を与えるテキストに適しています。

    等幅オールドスタイル数字

    固定文字幅で文字高には変化のある数字を使用します(現在のフォントにある場合)。 このオプションは、古典的な印象を与えるオールドスタイル数字を、年次報告書などで列内に整列させて使用する場合に適しています。

OpenType フォントでの分数と上付き序数の書式設定

OpenType フォントの使用時には、序数を上付き文字形式で表示するように書式を自動設定することができます( など)。スペイン語の単語 segunda)および segundo()の上付き文字「a」および「o」も適切に表示されます。スラッシュで区切られた数字(1/2 など)を 1 文字の分数( など)に変換することもできます。

  1. 設定を適用する文字列またはテキストオブジェクトを選択します。 テキストを選択しなかった場合、設定は作成する新しいテキストに適用されます。
  2. OpenType フォントが選択されていることを確認します。
  3. OpenType パネルで、上付き序数表記ボタンをクリックして上付き序数表記を使用するかどうか、分数ボタンをクリックして分数を使用するかどうかを設定することができます。 これらのボタンは、フォントに上付き序数と分数がある場合にだけ効果があります。

句読点の自動調節の使用

句読点の自動調節コマンドは、キーボードから入力された句読点文字を検索して、活字タイプの句読点に置換します。 また、フォントに合字と分数が含まれている場合、句読点の自動調節コマンドを使用して、ドキュメント内のテキストすべてに合字と分数を挿入することもできます。

注意:

OpenType フォントを使用している場合は、句読点の自動調節ダイアログボックスではなく、OpenType パネルを使用して合字と分数を調節します。

  1. ドキュメント内の全テキストではなく特定のテキストにある文字を置換する場合は、該当するテキストオブジェクトまたは文字列を選択します。
  2. 書式/句読点の自動調節を選択します。
  3. 必要に応じて、次のオプションを選択します。

    ff、fi、ffi 合字

    ff、fi または ffi という文字の組み合わせを合字にします。

    ff、fl、ffl 合字

    ff、fl または ffl という文字の組み合わせを合字にします。

    引用符の調節

    キーボードから入力されたまっすぐな引用符を活字タイプの引用符に変更します。

    注意:「引用符の調節」オプションでは、ドキュメント設定ダイアログボックスの「二重引用符」および「引用符」の設定に関係なく、まっすぐな引用符が常に活字タイプの引用符に置換されます。

    スペースの調節

    ピリオドの後ろにある余分なスペースを削除します。

    en、em ダッシュ

    キーボードから入力された 2 個のダッシュを en ダッシュに、3 個のダッシュを em ダッシュに置換します。

    省略記号

    キーボードから入力された 3 個のピリオドを省略記号に置換します。

    分数

    複数の文字で表現されている分数を 1 つの文字に置換します。

  4. 「ドキュメント全体」を選択すると、ファイル全体が置換の対象となり、「選択された文字のみ」を選択すると、選択したテキスト内だけが置換の対象になります。
  5. 置換された数をリスト表示するには、「結果をレポート」を選択します。
  6. 「OK」をクリックして、選択した文字を検索し、置換します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー