問題点

この問題は Unicode セットの正規化に関連する文字(互換性あり)に固有のものです。これらの文字は、Mac と Windows では別々に処理されます。

Windows では、URL はブラックボックスとして扱われ、ここで付けられる名前を持つファイルが作成されます。したがって、1 文字だけ異なるファイル名を持つファイルが共存する可能性があります。例えば、郎.indd と郎.indd が同一フォルダー内に共存する可能性があります。Mac では、動作が多少異なります。

HFS + を保存する前にファイルを正規化することをお勧めしましたが、OS 検証はありませんでしたので、両方のファイルを保存できます。そのため、正規化以前に別々のファイル名を持つファイルが共存できましたが、正規化以降は同じファイル名が共存できます。例えば このシナリオでは、郎.indd と郎.indd が共存できます。

ただし、APFS では、ファイルを保存する前に正規化する必要があります。したがって、正規化以前は別々のファイル名を持つファイルは共存できませんが、正規化以降は同一ファイル名は共存できません。 例えば このシナリオでは、郎.indd と郎.indd は共存できません。

ユーザーは Windows マシン上にいるが、共有ロケーションが Mac マシン上にある、共有ロケーションワークフローのシナリオがあります。これらのクロスプラットフォームのシナリオにおいて、InDesign はファイルの保存またはアクセスが可能になっています。ただし、Windows と Mac 間の特殊文字の処理が異なるため、InDesign はプラットフォーム間でこれらのファイルを保存またはアクセスすることができません。

解決策

このシナリオを処理するため、InDesign はファイルを保存する際に正規化されたフォームを使用できるようになりました。ただし、アセットを使用している際、InDesign ではそのパスがそのまま使用されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー