新機能の概要

Adobe Learning Manager の新機能と機能強化について説明します

2021 年 2 月リリースされた Adobe Learning Manager では、学習エクスペリエンス、レポート作成および管理者用のワークフローが強化されています。追加された機能の一部をここで紹介します。

  • トレーニングを検索する際に学習者が使用できる新たなフィルター
  • 管理者用のトレーニングレポートが刷新
  • 学習プランの新たな「トリガー」と「アクション」

続きを読んで、詳細を確認してください。

新機能と変更点

順序づけられると、

ソーシャルでの掲示板ビュー

学習者は、リスト表示ですべての掲示板を表示できます。 学習者アプリにサインインして「ソーシャル学習」ページに進むと、掲示板が表形式で表示されます。

詳細については、「ソーシャルでの掲示板ビュー」を参照してください。

順序づけられると、

カタログの絞り込み

クラスルームやセルフペーストレーニング、バーチャルクラスルームなど、トレーニングの方式によって学習者がトレーニングを絞り込めるようになりました。

詳細については、「カタログの絞り込み」を参照してください。

順序づけられると、

ソーシャルバナーのカスタマイズ

管理者は、ソーシャル学習ホームページのヘッダー画像に表示されるタイトルや字幕をカスタマイズできます。

詳細については、「ソーシャルバナーのカスタマイズ」を参照してください。

順序づけられると、

トレーニングの登録解除

学習プランを追加する場合、管理者は特定のトリガーに基づいて、特定のトレーニングからユーザーの登録を解除できます。

詳細については「トレーニングの登録解除」を参照してください。

その他の新機能

Salesforce の連絡先からユーザーの読み込み

Learning Manager では、Salesforce コネクターを拡張して、連絡先と Salesforce ユーザーを取得し、それらを Learning Manager に自動的に読み込めるようになりました。 

詳細については、「Salesforce の連絡先からユーザーの読み込み」を参照してください。

AEM コンポーネントのアップデート

Learning Manager 向けの AEM パッケージがアップデートされました。最新のパッケージをダウンロードする方法や手順などについては、Learning Manager と AEM の統合を参照してください。

新規 API

ユーザーグループ

GET /usergroups/<ugid>/users:ユーザーグループのユーザー全員を返します。

GET /usergorups?nameContains="Some string":文字列クエリパラメーターと一致するユーザーグループをすべて返します。 ここで例をいくつか紹介します。

アクティブな特定のフィールドを取得する:

  • GET /usergroups?activeField="Department"

アクティブな特定のフィールドと数値の組み合わせを取得する:

  • GET /usergroups?activeField="Department"&activeFieldValue="Finance"
  • GET /usergroups?activeField="manager"&activeFieldValue="foo@bar.in"

ピアアカウントのユーザーレポートを入手する

POST  primeapi/v2/jobs  - POST  primeapi/v2/jobs

トレーニングレポートを入手する

https://captivateprime.adobe.com/primeapi/v2/jobs - Export training report.

パラメーター:

  • catalogIds
  • includeCourseInfo
  • includeModuleInfo
  • isNotificationNeeded
  • isCsvNeeded
  • Object

期間や形式で学習目標を絞り込む API

  • GET /learningObjects 
  • GET /search

filter.duration.range    

カンマ区切りした範囲のリストを承認します。

例:filter.duration.range=0-200,300-1200

このフィルターはオプションで、数値は秒単位で設定します。 マイナスの数値は使用できません。 範囲は 0 から 200 までを含みます。上限と下限の数値を含む範囲ということになります。

filter.loFormat

カンマ区切りした数値のリストを承認します。 このフィルターはオプションで、数値にはセルフペース、アクティビティ、クラスルーム、バーチャルクラスルーム、ミックス済み学習を使用することが可能です。

例:filter.loFormat=Self%20Paced%2CVirtual%20Classroom%2Classroom%2CActivity

詳しくは、Learning Manager API のリファレンスを参照してください。

レポートの機能強化

このリリースの Learning Manager では、トレーニングレポートをサポートしています。管理者はこの機能により、トレーニングの詳細や関連するメタデータ(作成者、公開日、スキル、カタログラベルなど)をダウンロードできます。 

管理アプリで、レポート/カスタムレポート/Excelレポート/トレーニングレポートをクリックします。 

次のレポートをダウンロードできます。

  • 選択したトレーニング(10 個まで) - 任意のカタログから 1 つ以上のトレーニング(最大 10 個)を選択
  • 選択したカタログ内のトレーニング(5 個まで) - (選択できるカタログは 5 つまで)  
  • すべてのトレーニング(アカウント内のすべてのトレーニング)

「詳細オプション」セクションでは、次のオプションを使用できます。

  • 学習プログラム/資格認定にコースマッピングを含める
  • モジュールレベル情報を含める

フィルターを選択して「ダウンロード」をクリックすると、レポートを CSV 形式でダウンロードする通知が表示されます。

レポートには次のフィールドが含まれます。

カタログ名、トレーニングタイプ、トレーニング ID、トレーニングの固有 ID、トレーニング名、サブトレーニング、モジュール、「トレーニングやモジュールの長さ」
、形式、トレーニングのステータス、スキル、作成者、最終公開日、最終完了日、インストラクター登録数、開始数、完了数、平均 L1 スコア、平均 L2 スコア、平均 L3 スコア、受信した L1 回答、受信した L2 回答、受信した L3 回答、カタログラベルおよびタグ。

学習者トランスクリプトに含まれている列のカスタマイズ

このリリースの Learning Manager では、学習者トランスクリプトレポートに書き出す際に、管理者が列をカスタマイズすることが可能です。レポートを書き出す前に列を設定できるのは、管理者、カスタム管理者、マネージャーです。 

「学習者のトランスクリプト」ダイアログで「詳細オプション」をクリックします。 「書き出し形式を設定」セクションで、書き出す列を選択します。

タイムゾーンの機能強化

次のタイムゾーンで学習トランスクリプトを書き出せるように、管理者がアカウントレベルの設定を構成できます。

  • UTC(デフォルト動作)
  • アカウントレベルのタイムゾーン設定

ジョブ API を使用する学習者トランスクリプトのダウンロードも、選択したタイムゾーンのデータで行われます。

注意:

リリースされた状態のデフォルトでは、学習者トランスクリプトに変更はありません。管理者は、「管理者/設定/一般/レポートのタイムゾーン」から設定を構成できます。

ユーザーが希望するタイムゾーンで、学習トランスクリプトをダウンロード

学習トランスクリプトの新しいアカウントレベル設定は、管理者、カスタム管理者、マネージャー、学習者が使用できます。 このオプションは、デフォルトで UTC 時間に設定されていますが、

マネージャーには、プロファイル設定で選択したタイムゾーンに基づいて、学習者のトランスクリプトをダウンロードするオプションもあります。

マネージャーがこのオプションを有効にした場合、以下に示すように、プロファイル設定ページで設定したタイムゾーンが選択されます。

注意:新しいマネージャーの場合は、「タイムゾーン」チェックボックスがオフになっています。

ピアアカウントのユーザーレポート

管理者は、ピアアカウントのユーザーレポートを表示できます。 親アカウント管理者はレポートへのアクセスを要求できます。ピアアカウント管理者がこれを承認すると、親アカウント管理者はピアアカウントの登録済みユーザー数を表示し、ピアアカウントのユーザーレポートをダウンロードできるようになります。

詳細については、「ピアアカウントのユーザーレポートをダウンロードする」を参照してください。

このリリースの機能強化

アクセント記号がついた文字の対応

このリリースでは、アクセント記号がついた文字や発音区分の文字を、表の列で使用できるようになりました。 対応可能な分野は次のとおりです。

  • ユーザー名にアクセント記号がついた文字を使用している場合、通常の文字を使用したユーザー名と区別されます。 例えば、Râul と Raul は、別々のユーザー名として区別されます。
  • アクセント記号がついた文字を使用したメールアドレスは、通常の文字を使用したメールアドレス ID と区別されます。 例えば、Stéphane.Lancè@junk.com と Stephane.Lance@junk.com は、別のメールアドレス ID とみなされるため、メールアドレス ID が表示されなくなります。
  • アクセント記号がついた文字を使用したグループ名と、つかない文字を使用したグループ名が存在する場合、ユーザーグループ名が同じ属性値でも別のユーザーグループとみなされます。 例えば、Lôcation Bengaluru という値のグループと Location Bengaluru という値のグループがある場合は、別のユーザーグループとみなされます。

学習トランスクリプトに含まれている列の変更

「学習トランスクリプト」フィールドの変更点は、次のとおりです。

新規の列

  • トレーニング ID
  • トレーニングやモジュールの長さ (分)

ファイルが存在しない状態で提出される際の警告メッセージ 

学習者が提出していないにもかかわらず提出を承認すると、インストラクターに警告メッセージが表示されます。

ワークフロー

  1. 作成者としてログインし、アクティビティ提出モジュールを使用してコースを作成します。
  2. 管理者としてログインし、学習者をコースに登録します。
  3. インストラクターとしてログインし、提出モジュールページに移動します。
  4. 「承認」をクリックします。

次のような警告メッセージが表示されます:提出ファイルが見つかりません。 承認または拒否の操作を続行してもよいか確認してください

フィードバックのポップアップ

完了したコースや学習プログラムに関する L1 フィードバックフォームのポップアップが、没入型ビューで学習者に表示されるようになりました。 L1 フィードバックが自動で表示されるのは、ポップアップが表示されるように管理者が設定した場合のみです。

コネクターの変更

ユーザーの読み込みに対応しているすべてのコネクターに対して、ユーザーを読み込む頻度を高くすることができるようになりました。 詳細については、ご利用の CSAM にお問い合わせください。

時間

資格認定や作業計画書を作成すると、時間というフィールドが追加されます。

管理者や作成者は時間を指定してフィルターとして使用し、時間をレポートに表示することができます。 

資格認定

外部の資格認定を追加する場合は、時間を分単位で指定できます。詳細については、「資格認定」を参照してください。

アクティビティモジュール

アクティビティタイプがファイル送信のモジュールと xAPI ベースのモジュールで、コースにアクティビティモジュールを追加する際に時間を指定できます。詳細については「コース」を参照してください。

作業計画書

作業計画書を追加すると、時間を指定できます。 詳細については「作業計画書」を参照してください。

コンテンツライブラリ

オーディオコンテンツやビデオコンテンツの追加後に時間を指定できますが、 「時間」フィールドで数値を指定しない場合は、アップロードされたコンテンツの時間が数値として設定されます。 詳細については「コンテンツライブラリ」を参照してください。

クイズスコアのレポートに関する変更点

Learning Manager では、管理者が L2 クイズスコアレポートを書き出すことができます。 このレポートには、各ユーザーのクイズスコアやスコアのパーセントが含まれます。 このリリースでは、視認性を高めて分析しやすくするために、既存の列のヘッダーが調整され、新しい列が追加されました。

次の列が追加されました。

  • インタラクションスコア:コンテンツから受け取ったすべてのインタラクションスコアの合計です。
  • クイズスコア:コンテンツから受け取ったクイズスコアの点数です。
  • クイズスコア最高点:コンテンツから受け取ったクイズスコアの最高点です。

注意:「クイズスコアのパーセント」列は、「クイズスコア」と「クイズスコア最高点」の割合から算出されます。

視認性を高めて分析しやすくするために、すべての情報を個別の列で確認できるようになったため、「ユーザーの合計スコア / クイズスコア」列は、次回リリースで削除される予定です。

その他の機能強化

  • 「rootCertificationId」という属性が、「learningObject」モデルに新たに追加されました。 この属性は、loType の資格認定のみに限定されています。
  • 管理者とマネージャーの学習トランスクリプトに、「列を選択」というオプションが追加されました。これにより、選択した特定の列をトランスクリプトに表示できるようになりました。
  • マネージャーは、トランスクリプトにタイムゾーンを追加できます。

データ保存に関するアップデート

Learning Manager では、FTP コネクターや Box コネクターを利用できるため、Prime とデータを送受信するのに役立ちます。このようなコネクターで利用できるストレージは、Prime と外部システムで一時バッファーの中間領域となります。Prime と外部システムの間で送受信される CSV ファイル用のストレージとしては使用されません。 このようなコネクターはユーザーのデータ読み込みに加えて、Adobe Connect、BlueJeans、getAbstract、Harvard Manage Mentor、Zoom 用に出荷する他のコネクターにも内部で使用されます。  

Learning Manager の今回のアップデートでは、自動削除される前に様々なワークフローのコンテキストで使用されるデータ(CSV ファイル)の保存期間に関する、次のようなポリシーが適用されます。アップストリームのアプリケーション(Prime でデータを受信する用途)やダウンストリームのアプリケーション(Prime から発信されるデータを消費する用途)を記述している場合、この点は特に重要です。 参照などの目的でファイルが必要な場合は、BOX フォルダーや FTP フォルダーに保存してあるファイルをバックアップしておくこともおすすめです。  

データ保存に関する新たなポリシーは、次のとおりです。  

  • FTP コネクターや BOX コネクターでデータを読み込んだ際に使用した CSV ファイルは、読み込み完了後 7 日後にすべて削除されます。 そのため、データをアップロードしたユーザーやアプリケーションでは、Prime でデータが取り込まれた後にファイルがあるかどうかを判断できません。 このポリシーは、CSV のユーザー読み込みワークフローにも適用されます。  
  • データ書き出し中に作成された CSV ファイルは、書き出し後 7 日後に自動ですべて削除されます。 そのため、この書き出しが削除される前にユーザーやアプリケーションで消費することが必要です。  
  • Prime で利用できる移行機能では、データを Prime に転送する際に、FTP コネクターや BOX コネクターにも依存しています。 移行時に使用される CSV ファイルは、直近の使用から 7 日後に自動ですべて削除されます。

リリースノート

Learning Manager Web アプリと、デバイスアプリの既存および前リリースの詳細については、リリースノートをご参照ください。

バグの修正

このアップデートで修正されたバグを確認するには、修正されたバグの一覧を参照してください。

既知の問題

このアップデートの既知の問題を確認するには、既知の問題の一覧を参照してください。

必要システム構成

Learning Manager の以前のリリース

お問い合わせ

コミュニティで質問

Adobe Learning Manager コミュニティに参加して、ご質問やアイデアをお送りください。ご質問、お問い合わせをお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン