新機能の概要

Adobe Learning Manager の新機能と機能強化について説明します

2020 年 12 月にリリースされた Adobe Learning Manager は、以下の特徴を備えたまったく新しい学習者ホームページエクスペリエンスを提供します。

  • 管理者が管理するレスポンシブでパーソナライズされたHTMLウィジェットによる没入型エクスペリエンス。
  • 2 つの新しいタイプのアナウンスを使用したホームページのカスタマイズ
  • AI を活用したアルゴリズム(業界のスキルに関してサードパーティコンテンツを分析し、明示的データおよび暗黙的データを使用してピアアクティビティと学習者の関心のある分野を組み込むアルゴリズム)から得られるパーソナライズされたトレーニング推奨事項

新機能と変更点

学習者

パーソナライズされた学習者ホームページ

パーソナライズされたダッシュボードとカスタマイズ可能なドラッグ&ドロップウィジェットを使用して、あらゆる学習者エクスペリエンスを変革します。 バッジやマイルストーンの情報とともに、完了したコース、保留中のコース、推奨コースの概要を学習者に提供します。 

詳細については次を参照してください。

レスポンシブ

モバイル Web のレスポンシブレイアウト

完全にレスポンシブなモバイル Web エクスペリエンス。モバイルアプリをインストールしていない学習者でも、デバイスを使用してトレーニングを受けることができます。

詳細については、「モバイル Web のレスポンシブレイアウト」を参照してください。

カスタムドメイン

カスタムドメイン

学習アカデミーに新しいブランドを提供します。 Web で認知されている企業ブランドに合わせてドメインをカスタマイズできます。

詳細については「カスタムドメインのサポート」を参照してください。

AI による推奨

AI を活用したコース推奨

スキルと知識を備えた労働力を活用し、競争を勝ち抜きましょう。 AI を活用した推奨エンジンにより、スキルに基づく学習計画の導入が促進されます。 また、ゲーミフィケーションポイント、認定資格、バッジにより、積極的な再教育活動を活性化させます。 

詳しくは、「AI ベースの推奨」を参照してください。

その他の新機能

週次ダイジェスト電子メール

次のトレーニング、コース受講状況、コース推奨、リーダーボードのステータスといった重要な情報が掲載された電子メールを学習者のグループに毎週送信するコミュニケーションチャネルを使用して、学習者の学習意欲を維持します。このコミュニケーションチャネルは、何も設定せずにすぐに利用することができます。 定期的に送信されるこの電子メールによって、学習プラットフォームにトラフィックが安定して送信されます。

詳細については次を参照してください。

学習チェックリスト

作成者は、実際の作業プロセスにおける必須手順の完了と成功を評価するチェックリストコースを作成できます。 インストラクターは、スコアを提示したり合否判定を更新したりすることで、各ステップにおけるデモや達成状況について学習者を評価できます。 

詳細については次を参照してください。

Adobe Marketo Engage コネクター

Learning Manager と Adobe Marketo Engage の統合により、学習プラットフォームのデータの活用が可能となり、お客様やパートナーをターゲットにした自動マーケティングキャンペーンが推進されます。ユーザーの追加、コースの登録、コースの修了およびスキルの達成などの学習データを Learning Manager から書き出して、Adobe Marketo Engage に豊富なオーディエンスリストを作成できます。

詳細については、「Marketo Engage コネクターの設定」を参照してください。

Adobe Experience Manager サイトの学習コンポーネント

新しい学習コンポーネントを利用して、Learning Manager コースを Adobe Experience Manager(AEM)サイトに統合できるようになりました。ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるワークフローによって、複雑なコーディングや高額な導入コストが不要となり、学習状況やコース推奨といった学習者ホームページの要素を AEM サイトのフロントエンドと自動的に同期することができます。

詳しくは、Learning Manager と AEM の統合を参照してください。

このリリースの機能強化

Adobe Connect からのクイズスコアの読み込み

クイズ付きのセルフペースモジュールの場合と同様に、Prime に Connect のクイズデータを読み込んで既存のレポートワークフローと統合しています。これにより、Prime ユーザーがレポート内の Adobe Connect セッションからクイズデータ、ユーザーの回答、スコアを取得することができるようになっています。

詳細については、「Adobe Connect からクイズスコアを読み込む」を参照してください。

PDF のバッジ機能の強化

  • デフォルトのテンプレートまたはユーザーが用意したカスタムテンプレートを使用して、PDF に印刷するバッジを作成することができます。 このリリースでは、これ以外にも次のパラメーターをカスタムテンプレートで使用できます。
    • スキル名とクレジット
    • 学習者の電子メール
    • 学習者の UUID
    • トレーニング作成者名
  • このリリースの Learning Manager では、有効期限がある証明書(繰り返し使用される証明書)の期限が Prime に表示されるようになりました。UI と証明書の PDF に日付が表示されます。

スクロール可能なマイカタログページ

学習者ロールの学習状況ページとカタログページには、同時に 6 枚のトレーニングカードが常に表示されます。 さらに表示するには「その他の結果を表示」をクリックします。 今回、このエクスペリエンスの機能が強化され、学習者が現在見ているカタログを制限なくスクロールしたり、管理者がカタログの表示を無効にしたりできるようになりました。 

その他の結果を表示
その他の結果を表示

モジュールの登録と開始

学習者が個々のモジュールをクリックして登録および開始できるようになりました。

(登録前に)モジュールをクリックすると、次のポップアップが表示されます「モジュールをクリックすると、トレーニングに登録して利用を開始できます。 この動作は保存されますが、プロフィール設定で変更することが可能です。 続行しますか?

準拠ダッシュボードによる個々の LO データの表示

例えば、管理者がコンプライアンスを追跡する 3 つのトレーニングを特定したとします。 Learning Manager では、3 つのトレーニングすべてに対するコンプライアンスのスナップショットを一度に提供します。

管理者は任意のトレーニングをクリックして、選択したトレーニングのコンプライアンスをすばやく確認できます。

詳しくは、Learning Manager のレポートを参照してください。

学習者のトランスクリプト書き出し時の登録ステータスフィルター

学習者のトランスクリプトを書き出すときに、新たに「登録ステータス」オプションを利用できるようになりました。このドロップダウンには、次のオプションが含まれます。

  • すべて選択
  • 完了
  • 進行中
  • 未開始
  • 登録解除

詳細については、「学習者のトランスクリプトのダウンロード」を参照してください。

学習者向けカタログへのディープリンク

管理者は、学習者を特定のカタログページに誘導するためのディープリンクを生成できます。

カタログページで、ディープリンクを生成したカタログにマウスポインターを置き、ハイライト表示されたアイコンをクリックします。

新しいテーマ - ビビッド

Learning Manager では、ビビッドと呼ばれる新しいテーマが追加され、大胆で力強いカラーカードを利用できるようになりました。また、フォントカラー、デフォルトのアイコンおよび背景色を使用すると、コントラスト比が向上し、視力の弱いユーザーのために視認性を改善させることができます。

Power BI における、学習者のトランスクリプトのステータスフィルター

Power BI 接続の統合レポートセクションには、トレーニングを完了した学習者について以下のステータスに基づき学習者のトランスクリプトを書き出すオプションがあります。

  • すべて選択
  • 完了
  • 進行中
  • 未開始
  • 登録解除

詳細については、「学習者のステータス」を参照してください。

getAbstract から V2 API へのアップグレード

getAbstract API の GA v1 API は、2020 年 12 月までに廃止されます。 以後、Learning Manager では v2 API を使用します。

データ圧縮の有効化/無効化のサポート

FTPBox、およびカスタム FTP の各コネクターについては、学習者のトランスクリプトまたは xAPI を書き出す際に、以下のデータを zip ファイルとして書き出すことができます。

詳しくは、「 Learning Manager コネクタを選択します。

学習者のトランスクリプト

Zip-lt

最大

zip-xapi

LinkedIn 学習機能の強化

このリリースの Learning Manager では、LinkedIn Learning ライブラリに基づいてコンテンツを分けるフィルターが LinkedIn コネクターに追加されました。また言語に基づいてコンテンツをフィルタリングし、必要な言語のコースのみを読み込むこともできます。 読み込まれたコンテンツは、読み込み設定に基づいて複数のカタログに分けられます。

詳細については、「LinkedIn Learning コンテンツのフィルタリング」を参照してください。

Power BI における、時間フィルターの期間の制限

ジョブ API やその他機能(Power BI コネクターなど)の多くは、データを書き出す期間に関するパラメーターを備えています。 このリリースでは、データ書き出しの最大期間は 5 年に設定されています。 これは、プラットフォームに影響を与える恐れのある巨大なデータを書き出す際に、不正な攻撃を受けるのを防ぐためのものです。

5 年を超える期間のデータを書き出す必要がある場合は、適切な日付範囲を設定してジョブ API や Power BI コネクターを複数回実行する必要があります。

学習者ロールに関する機能の強化

  • 学習者は、トレーニングページからトレーニング URL をコピーできるようになりました。 Learning Manager で、共有アイコンがトレーニングページに表示されるようになりました。このアイコンには、「URL をコピー」「電子メールで送信」などのオプションが用意されており、それらのオプションを選択すると電子メールクライアントが開きます。
  • また、Learning Manager では、学習者が参照しているトレーニングカタログからトレーニングに素早く登録できるようにもなりました。まず、トレーニングカードのマイリストに追加ボタンを見つけます。 そして、このボタンをクリックすると、トレーニングに学習者が登録されます。
  • 学習者ロールの学習状況ページとカタログページには、同時に 6 枚のトレーニングカードが常に表示されます。 さらに表示するには「その他の結果を表示」をクリックします。 今回、このエクスペリエンスの機能が強化され、学習者が現在見ているカタログを制限なくスクロールしたり、管理者がカタログの表示を無効にしたりできるようになりました。 
  • 学習者が個々のモジュールをクリックして登録および開始できるようになりました。  (登録前に)モジュールをクリックすると、次のポップアップが表示されます「モジュールをクリックすると、トレーニングに登録して利用を開始できます。 この動作は保存されますが、プロフィール設定で変更することが可能です。 続行しますか?

既存の機能の変更点

アナウンスの変更点

アナウンス作成時のタイプドロップダウンリストに、2 つの新しいオプションが追加されました。

  • マストヘッドとして
  • 推奨として

アナウンスは、ユーザーの選択に応じてターゲティングされたマストヘッドまたはトレーニング推奨の形式で学習者エクスペリエンスのホームページに表示されます。

注意:

この機能は、没入型レイアウトが選択されている場合にのみ使用できます。

学習者ホームページ設定

  • 学習者ホームページ設定が、管理アプリのブランディングセクションに移動しました。 以前のバージョンの Learning Manager では、学習者ホームページは管理者/設定にありました。
  • 「学習者が関心のある分野を検索できるようにする」オプションが、管理アプリの、ブランディング/一般セクションに移動しました。 以前このオプションは、管理者/設定にありました。

学習トランスクリプトの変更点

  • Excel / CSV レポートから、x / y 形式のスコア列が削除されました。 スコア列と最高スコア列は廃止されました。 この変更は予定されていたものであり、以前のリリースでアナウンスされています。 この機能は、前回のリリースで導入された 4 つの列によって実現されており、スコアと合計スコアが別々の列に表示されます。
  • 管理/レポート/学習者のトランスクリプトページで、フィルターを持つ列に「はい」または「いいえ」が表示されるように変更されました。 これをクリックすると、詳細を表示するポップアップが開きます。
  • 学習者のトランスクリプトのユーザーインターフェイスに、ステータスに基づくフィルターが追加されました。 このフィルターを使用すると、選択したステータスの学習レコードのみを含む学習者のトランスクリプトレポートをダウンロードできます。

リリースノート

Learning Manager Web アプリとデバイスアプリの現在および以前のリリースについて詳しくは、リリースノートを参照してください。

バグの修正

このアップデートで修正されたバグを確認するには、修正されたバグの一覧を参照してください。

既知の問題

このアップデートの既知の問題を確認するには、既知の問題の一覧を参照してください。

必要システム構成

Learning Manager の以前のリリース

お問い合わせ

コミュニティで質問

Adobe Learning Manager コミュニティに参加して、ご質問やアイデアをお送りください。ご質問、お問い合わせをお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン