新機能の概要

Adobe Learning Manager の新機能と機能強化について

新機能と機能強化

Adobe Captivate PrimeのAdobe版

前回お伝えしたとおり、Adobe Captivate Primeは、製品内の様々な UI 要素に変更が反映され、Adobeラーニングマネージャーに名称変更されます。

すぐに利用できるAEM Sites/Adobe Commerceとの統合

Adobeラーニングマネージャー (ALM) はAdobe Experience Manager(AEM) サイトと統合します。 これにより、コーディングの労力を最小限に抑えながら、独自の Web サイトとレスポンシブなモバイルAdobeインターフェイスを作成して Learning Manager にアクセスできます。 この統合により、ユーザー向けにカスタマイズされた学習体験を作成できます。

詳しくは、「 Adobe学習マネージャーリファレンスサイト(ALM リファレンスサイト)AEM Sites用パッケージを選択します。

Adobe Commerce Connector

Adobe Commerceは、B2B と B2C の両方の顧客に向けたマルチチャネルのコマースエクスペリエンスをひとつのプラットフォームで構築できる、拡張性に優れたコマース支援ソリューションです。 Adobe Commerceコネクタを使用してAdobe学習マネージャーアカウントをAdobe Commerceに接続し、学習プラットフォーム上で e コマース機能を実現します。

詳しくは、「 Adobe Commerce connectorを選択します。

Training Data Access コネクタ

トレーニングデータアクセスコネクタにより、AEM Sitesベースのカスタムユーザーインターフェイスでトレーニング情報を取得して受講者に提示することができ、簡単かつ迅速に検索することができます。

詳しくは、「 Training Data コネクタを選択します。

その他の機能強化

コース内のオプションのスキルポイント

作成者は、コースの特定のスキルレベルに対して最大クレジットを設定するオプションを利用できます。 作成者は、新しいチェックボックスを使用して、特定のスキルレベルに対する最大クレジット数を選択するか、クレジット数を手動で入力できます。

ソーシャル投稿での返信の通知

ソーシャル学習では、学習者はコミュニティの投稿に返信するたびに電子メール通知を受け取るようになりました。

外部ユーザーの検索

管理者は、「社外ユーザー」ページで社外プロファイルを検索します。 検索バーに、ユーザーのプロファイル名を入力します。 一度に 5 つの一致するプロファイルが表示されます。

フィードバックの書き出し

generateFeedbackReport API は、6 つの新しいフィールドを含むフィードバックレポートを生成します。 。

  • L1 フィードバックの質問#1
  • L1 フィードバック応答#1
  • L1 フィードバックの質問#2
  • L1 フィードバック応答#2
  • L3 フィードバックの質問
  • L3 フィードバック応答

書き出されたレポートのインストラクターのコメント

書き出した Excel に、インストラクターのコメントを新しい列として含めることができるようになりました。

文字制限の拡張

このリリースでは、コース、資格認定、学習パスの「タイトル」フィールドの文字数の制限が 255 文字に拡張されました。

メッセージの削除時の警告メッセージ

コンテンツが変更(追加/削除)されたときに、作成者がコース/学習パス/資格認定を再公開しようとすると、警告メッセージが表示されます。

Excel のコメントを含む新しい列

インストラクタは、出席の記録、スコアの提供、学習者へのコメントの追加と編集を行うことができます。  今後および過去のセッションの出席者リストがPDFされると、この情報を確認レポートとしてキャプチャすることもできます。

 印刷しやすい PDF は、学習者の名前、電子メール、出席ステータス、スコア付きマークおよびコメントとともに、情報を表として表示します。 

エクスポートできるレポートには、次の 2 種類があります。

  • 学習者リストの書き出し (PDF):このレポートには、実際の教室セッションでの出席、マークおよびコメントを手動でキャプチャするための、すべての学習者情報のリストが表示されます。 このリストを書き出すには、「 アクション/学習者リストの書き出し (PDF)を選択します。
  • 出席レポートの書き出し (PDF):これは新しく追加されたレポートで、出席、マーク、コメントが入力された学習者のすべての情報のリストが表示されます。 このリストを書き出すには、「 「アクション/出席レポートの書き出し」(PDF)を選択します。 

「コメント」列は、学習者の出席とスコア付けに関する観察結果を追加または編集するための新しい追加機能です。 書き出されたレポートの最後に最後の列として表示されます。 

インストラクタは、完了したモジュールの出席をマークした後にのみ、学習者にコメントを追加できます。 デフォルトでは、コメントフィールドは無効になっています。

学習者のコメントを追加するには、「 アクション/スコアとコメントを編集を選択します。 これにより、「コメント」フィールドが有効になります。

月間アクティブユーザー (MAU) ライセンスの共有

ALM で MAU ライセンスモデルを使用している場合は、ピアアカウントでライセンスを共有できます。 これにより、パートナー組織全体でライセンスの柔軟性と使用率が向上します。

席を共にする

  1. ピアアカウントページで「追加」をクリックします。
  2. チェックボックスをオンにする シートの共有を選択します。
  3. 共有するシートの数を入力します。このフィールドは任意です。シート数を入力しないと、すべてのシートが共有されます。

シートを共有すると、レポートに詳細が表示されます。

マルチマネージャーのサポート

ALM で、学習者は複数のユーザーグループを管理できるようになりました。 これは、アクティブフィールドを使用して可能になります。アクティブフィールドには複数の値を格納できます。

「学習者が設定可能」チェックボックスの選択を解除すると、プロファイルページの学習者に対してアクティブなフィールドが非表示になります。

例えば、小売業の場合、店舗のスーパーバイザーが複数の小売店を管理することがあります。 以前のバージョンの ALM では、スーパーバイザを複数のストアに割り当てることはできませんでした。 このリリースでは、ユーザーに複数のアクティブフィールドを割り当てることができます。

マネージャーダッシュボードにも変更が反映されます。

関心領域に応じた推奨事項

このリリースの ALM では、管理者は、学習者の関心分野の推奨ストリップを 1 つから複数に切り替えることができます。

以前のリリースでは、すべてのレコメンデーションを表示するストリップは 1 つしかありませんでした。

各ストリップが関心のある特定の領域を表すストリップは、最大 5 つになります。

推奨事項は、ルールベースのロジックと ML ベースの推奨事項ロジックの組み合わせに基づいています。

」を 管理者アプリ/ブランディング ページで、管理者は最終的に学習者のページに表示される関心ウィジェットを切り替えることができます。

Marketo Engageの強化

ALM のこのリリースでは、Marketoに書き出すイベントが 2 つ新しく追加されています。

  • ユーザーメタデータの更新: 既存のユーザーのメタデータ(名前、プロファイルなど)が更新されます。
  • ユーザーアクティビティの更新: 最終ログインとソーシャルアクティビティのタイムスタンプを更新します。

モジュールのプレビュー

管理者は、コース内の任意のモジュールをプレビュー用にマークできます。 学習者は、コースの購入を決定する前に、コースをプレビューすることができます。

本リリースでは新たな設定が導入されました。」を 管理アプリ/設定/一般、有効にする モジュールプレビューを選択します。

作成者は、コースの作成時に、モジュールをプレビュー可能としてマークできます。 

「学習者のプレビュー」チェックボックスを選択すると、モジュールにプレビューのマークを付けることができます。

コネクタ

MarketoおよびAdobe Commerceコネクタは、FedRamp インスタンス (CoSo) ではサポートされていません。

フィードバックレポート

管理者が「レポート — カスタムレポート」からフィードバックレポートをダウンロードすると、主観的な質問に対するフィードバックが表示されない。 主観的なフィードバックの回答を取得するには、管理者がコースに移動して、「フィードバックのスコアを書き出し」から回答を書き出す必要があります。

命名規則の変更

CSV に次の 3 つの新しい列が追加されました。

  • スキルレベル
  • ソーシャル
  • ソーシャル学習機能

ただし、ソーシャルページ内のタイトルは、命名規則に従って変更されません。

学習者に関連する変更

作成者または管理者がコースの価格を設定している場合、学習者はトレーニングカードでコースの価格を確認できます。学習者は、価格帯ごとにトレーニングをフィルタリングできます。

学習者がコースを購入する場合は、「今すぐ購入」を選択します。 購入処理が完了すると Adobe Commerce にリダイレクトされ、コースを受講できます。

API の変更と機能強化

パブリック API の強化

このリリースでは、すべての公開学習者 API が大幅に強化され、エンティティのキャッシュがサポートされるようになりました。 

エンティティ・キャッシュは、最近読み取りまたは書き込みを行ったエンティティ・インスタンスをメモリーに格納する技術です。これにより、データベース・アクセスが最小限に抑えられ、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。

ALM 学習者 API は強化されたキャッシュ技術を使用するようになったため、パフォーマンスが向上しました。 これは、GETAPI の応答時間が以前よりも短いことを意味します。 

顧客は学習者 API を使用して、カスタムヘッドレスインターフェイスを作成します。 これらの API は通常、登録や利用可能なコースなど、学習者関連の多くのデータを取得します。

エンティティキャッシュは、学習者 API に対する同時呼び出しや一括呼び出しがある場合に役立ちます。 また、この手法はロードバランシングを管理し、API をよりスケーラブルにします。

e コマース

API モデルの変更:
1.ユーザーインクルードアカウントの取得 —
            — 追加のブール型フラグ"enableEcommerce"は、DB 列から値を取得します
            - lastSyncedDateCreatedForMagento
             - headlessLmsBaseUrl
2.learningObject — 価格
3.登録 — purchasedPrice
 
API の変更:
1. /learningObjects(学習者)を取得します。
            — 価格範囲フィルター。
              — 無料および有料の価格フィルター
2.検索 — /learningObjects と同じ
3. e コマース用のその他の API:
           -GET/maxPrice
           -POST/ecommerce/purhcaseInitiated
            - /ecommerce/purhcaseCompleted

複数値のアクティブフィールド

複数値を持つアクティブフィールドの場合、 フィールド プロパティには、整数型または文字列型の値を格納できます。 以下に例を示します。

"fields":{
   "office":[ "store1", "store2", "store3" ]
}

フィールドが単一の値を持つアクティブフィールドである場合は、次のようになります。

"fields":{
   "location":"london"
}

フィードバックレポート

6 つの新しいフィールドを含む L1 フィードバックレポート。 以下の 2 つです。

  • L1 フィードバックの質問#1
  • L1 フィードバック応答#1
  • L1 フィードバックの質問#2
  • L1 フィードバック応答#2
  • L3 フィードバックの質問
  • L3 フィードバック応答

API の命名規則の変更

スキルレベルとソーシャル学習の用語が追加され、変更が学習の概要ページ、ソーシャルウィジェット、ソーシャル学習ページに表示されます。 モバイル没入型ページにも変更が反映されます。

モバイル没入型コースの購入

注意: モバイル没入型アプリにのみ適用され、ネイティブモバイルアプリには適用されません。 

作成者がコースに価格を追加すると、学習者はモバイル没入型アプリを使用して、ホームページ、カタログページ、検索結果ページのカードで価格を確認できます。 学習者はコースを購入することができます。学習者がコースを購入すると、「コース概要」ページに「開始」ボタンが表示されます。

グループユーザー

このアップデートでは、複数値のアクティブフィールドに基づいてユーザーをグループ化できます。 これは既存のユーザーには影響せず、引き続き単一値のアクティブフィールドを使用できます。

複数値アクティブフィールドのサポート 

このアップデートでは、次の変更が導入されています。 

  • ユーザー API の複数値アクティブフィールドのサポート。 
  • ユーザーグループ API は、複数値のGETフィールドに対応するアクティブフィールド/ユーザーグループをサポートします。 
  • ジョブ API ユーザーレポートには、複数値のアクティブフィールドが必要です。
  • ユーザーの管理対象ストアを追加/編集します。 
  • ユーザーのすべての管理対象ストアを一覧表示します。 
  • 指定された管理リストからオフィス/ストアを削除します。

Commerce API の変更 

このアップデートには、次の API の応答に対する変更が含まれています。

2. アカウント

  • enableEcommerce
  • lastSyncedDateCreatedForMagento
  • headlessLmsBaseUrl

learningObject

  • 価格

enrollment

  • 購入価格

価格のフィルター

学習者用のGET/learningObjects API には、次の 2 つの新しいフィルターパラメーターが追加されています。

  • priceRange:指定した価格範囲を満たすコースを返します。 
  • priceFilter(無料および有料コース用)

推奨 API の変更

Recommendation API に新しいフィルターが追加されました。 filter.rectype プロパティに、新しいフィルター multi_skill_interest が追加されました。

すべてのストリップデータを取得するには、ストリップごとに filter.recType=multi_skill_interest を指定して推奨 API を呼び出す必要があります。 各ストリップ内では、次のリンクを使用してページ割り当てを行うことができます。 最大ストリップサイズは 5 です。

例,  

GET/recommendations?filter.loTypes=course&filter.recType=multi_skill_interest &strip=1&page[limit]=10

プレーヤーでのコンテンツのプレビュー

learningObjects/{id} API には、次の変更が含まれています。

  • account — 追加のブール値フラグ「enableModulePreview」は、「account_setting_extended.enable_preview」の値を取得します。
  • learningObject — 追加のブールフラグ「hasPreview」は、course.has_preview、certification.has_preview、learning_plan.has_preview から値を取得します。
  • learningObjectResource — 追加のブールフラグ「previewEnabled」は、「course_module.is_preview」から値を取得します。 
  • resource - 「account_setting_extended.enable_preview」が true で、登録に関係なくモジュールがプレビュー可能な場合、contentZipUrl、location、contentStructureInfoUrl が API 応答で返されます。

必須モジュールに関する情報

ヘルプ loResourceCompletionCount API を使用すると、完了するモジュールの数を定義することで、最小限の完了条件でワークフローを構築できます。

ユーザー通知を一括でマーク

primeapi API で、ユーザー通知を一括読み取りとしてマークできるようになりました。 

primeapi/v2/users/<user>/userNotificationsMarkRead

learningObjects および検索 API の変更点

新しいフィルター skillLevel が API に追加されました。 値は 1、2、または 3 です。

スキル別にフィルタリングされたソーシャル掲示板

指定したスキルに関連付けられているソーシャル掲示板のリストを取得できます。

要求 URL の例:

https://examplre.com/primeapi/v2/boards?page[offset]=0&page[limit]=10&sort=name&filter.board.skills=SKILLA

Zoom/BlueJeans ログイン

ライセンスを持つユーザーと既存のアカウントには開始 URL が表示されるので、ユーザーは会議に直接参加できます。 ゲストユーザーへの影響はありません。 ユーザーは引き続き登録フォームに入力し、ログインします。

loResourceGrades の ID 形式の変更

今回のアップデートでは、loResourceGrades API の ID の形式を変更し、uuids を削除しました。 ID は一意の ID のままになります。

その他の機能強化

  • 次の追加フィルターを使用して、コースを検索できます。
    • effectiveModifiedDate
    • dateCreated
    • DateUpdated
  • 「effectiveModifiedDate」プロパティには、loModifedDate.modifiedDate 値が表示されます。

  • アクティビティモジュールが送信されると、モバイルアプリと没入型アプリの両方でインストラクターに通知が届きます。 インストラクターはそれに従って確認して行動できます。
  • モバイル没入型アプリの概要ページで「スキル」をクリックすると、スキルフィルターがオンになっているカタログページが表示されます。
  • learningObject 関係が LoSkill API から削除されました。
  • 移行 CSV から次のものを削除しました:
    • course.csv - courseCreationDate
    • certification.csv - certificationCreationDate
    • learning_program.csv - dateAdded
  • 管理者は、すべての社外ユーザーまたはパートナーアカウントを検索できるようになりました。

 

リリースノート

Learning Manager Web アプリとデバイスアプリの現在および以前のリリースについて詳しくは、リリースノートを参照してください。

バグの修正

このアップデートで修正されたバグを確認するには、修正されたバグの一覧を参照してください。

既知の問題

  • AEM Web サイトでは、柔軟な学習プログラムは常に固定学習プログラムとして表示されます。 これは、AEMでは柔軟な学習プログラムがサポートされていないために設計されたものです。
  • コースに失敗した場合、複数回の試行でコースを再受講できない。
  • 複数の値を持つアクティブフィールドの値に区切り文字(コンマなど)が含まれている場合、値は 2 つの異なる値として区切られ、ユーザーは両方のユーザーグループに存在します。
  • 学習者アプリで、カレンダーウィジェットから適切にリダイレクトできない場合があります。 ユーザーがインスタンスに移動せずにリダイレクトすることはできません。

必要システム構成

Learning Manager の以前のリリース

お問い合わせ

コミュニティで質問

Adobe Learning Manager コミュニティに参加して、ご質問やアイデアをお送りください。ご質問、お問い合わせをお待ちしております。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合